000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

そして手術



そして 手術


ここからは記憶がとんでたり、意識がなくて私が知らないこともある。
後になって家族や先生に聞いたこともある。
それをわかるままに書こう。


脳血管造影検査が終わった翌日、教授の N先生 が初めて、
私のベッドのところにみえた。
名前だけは知っていたが、お顔は拝見したことがなく、
私は目が悪くて名札が見えずに困っていた。が、先生のほうから

「 N です。今日から私が担当します。」

と言われたのでよかった。

それから毎日 T先生 と N先生 は、ベッドサイドにきて様子をみたり。
 N先生 が病気の説明を簡単にしてくれるのだけど、
簡単過ぎてよくわからない。

下垂体腫瘍 ならこんな手術法でしますが、あなたの場合は、髄膜腫 ですから、
それはやめてこうしましょうとか・・・

いま思い出すと、笑えてくる。
なにも分からない人に、先生だって説明のしようがないでしょう(笑)
今だってよく分かってないけど、4年半経って、その間にすこしだけかじったのと、
自分の体のことなら興味深々。だって敵を知らなければ・・・ねぇ・・アハハ・・・


勢力を伸ばしてくるやつには、こっちだって、
それなりに先生たちの助けを借りたりして対処します。スクラム組んで。


 N先生  「 4月から予定があるそうですから、それまでに退院できるように、早くしましょう。」


( 私  「うん? なんで知ってるの?」)


N先生  「 木曜日が大手術の日なので、2月17日の木曜日にしましょう。」


(私  「うん? 大手術って? 誰のこと?、、、、私のことらしい、、、、」)


ということで、素直で従順なワタクシ の手術日は、 真近かな日の2月17日に決定。


考える暇がなくてよかった。考えてもおなじ。


2月15日(手術前々日)  「 これをやっておかないと、手術は受けられないの、、、」

と自分の都合ばかりを、いつものように言って、
小さな店の奥さんは、閉店後のタイムカードを、娘に持ってきてもらい、
給料計算のやり方を、娘に教えた。
ほかの経理の間に合わせ的なことは言ってきたけど、これはやってなかったので。
同室の方たちは皆寝てるし、時間も遅いので、談話室で。


 2月16日(手術前日)  お昼前、看護婦さんに剃髪をしてもらった。
おわって鏡を見て、はじめての自分の坊主あたまに、

「うわぁ、一休さんみたいーッ!」

と言ってしまった。が、そんなに可愛いわけない。年を忘れてた。


部屋にもどってからも、やってくる人にも、みんなに

『 わたし、悟りをひらきました 』

と言っていた。ずうずうしけど、どうせだれも信用しないので。
それに全くのウソだったし。

午後になって、九州の実家の母がやって来てくれた。
これでmy娘はだいぶ楽になる。
家事の手伝いをしてもらえるので。

一緒にやってきた私の姉に、私は

「 明日、わたしロボコップになるの 」

と言っていた。
これは、そのときの先生たちには、絶対に聞かせるわけにいかない冗談。


手術のあとは必ず ICU (集中治療室)に入るので、見学に行ってきた。
でもぜんぜん現実感なし、翌日だというのに。

それから、麻酔科の先生が説明にみえた。
手術室担当の看護士さんも説明にやってきた。
この日は、めっちゃくちゃいそがしいなぁ・・


夕方、夫と私の二人で、N先生 から手術の説明を受けた。
どの方向から開頭するかとか、どの神経が切れてしまったらどうなるかとか、
たぶん詳しく説明していただいたと思うのだが、あまり覚えてない。

夫が帰る時にエレベーターまで見送っタ。
その顔が、まるで幽霊のようで、あとから家に電話をして、息子に

「 お父さん無事に着いた?」

と聞いたのだった。




前のページはここをクリック

   パグ ホーム    パグNEXT


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.