1658114 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

私のスーパードクター(8年目)

  

【私のスーパードクター】


2008年4月5日の日記



昨日の検査結果

半年前からは、、、、、、忘れた(爆)

1年前の日記を読み返してわかった。

1.8cc → 1.7cc

v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪  y(^ー^)yブイブイッ




\(-_\)(/_-)/ ソレハコッチニオイトイテ...




myガンマナイフドクター、別の病院へ行ってしまうんだって。

だから勿論ついて行くことにした。



思い返すとあれは、再発した4年前の2004年4月。

再手術?って考えもあった。

もし手術をやってたとしたら、今の私はなかっただろうな。

頭蓋底の奥深くに血管や神経にからまってる
ブツを無理やりとっちゃったら、ブツは取れたとしても、
今のこの私はここにはいないだろうな。

目が見えなくなってるだけでなく、身体が動かないで、
ただ呼吸をしてるだけかもしれない。

あの時は、ドクターもわからなかったから、
片方の目は視力温存は諦める事を覚悟で、
ちょっと大き目の線量でガンマナイフをあてたんだ。

だけど、その予定は今のところくるって、まだ目は見えてる。

もし今後、視力がなくなっても、もう4年たってるから、
今後はおまけってことで。

(‐^▽^‐) オーホッホ


ふたたび


\(-_\)(/_-)/ ソレハコッチニオイトイテ...


再ガンマナイフの入院(といってもほんの1~2日)のとき、

ドクター、「今後何かあったらいつでもここに来てくださいね。」

私、「でも先生がいなくなっちゃったら、困りますよ~。」

ドクター、「そしたらそこに付いて来て下さい。『白い巨塔』だからどこへいくかわかりません。」

私、吹き出してしまった。その時。
あの頃、そういやTVで『白い巨塔』のドラマよくやってたな~

でもさ、あの大きなガンマの器械もってどこかへ行く?
なんて想像もあんまりできなかった。




時は過ぎ、それから4年がたった。



先生、あの病院やめちゃった。

よくわかんないけど、いろいろあるさ。

もっといい病院ですごい器械つかって、いい働きをされるらしい。

もちろん、私はついて行くさ。

先生といっぱい話ししたよ。
だって8年間もお付き合いしてもらってる。

my病気に。

それにね、こんなこと言ってくれたの。

「単に患者と医者ではなくて、個人的に一緒に闘ってきた仲間ですからね。」

って。


(TmT)ウゥゥ・・・



。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!




ってことで、だからこれからも一緒に闘うの。




          myスーパードクターの話でした by @むーむー





前のページはここをクリック

パグ ホームパグNEXT




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.