1649130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

Dr.福島 8


Dr.福島 8


人間にはそれぞれ異なった能力が与えられていて、
他人を羨ましがることもなく、
その人の、能力にあった場所、持ち場で精一杯頑張ればいい。
その能力には、上下はなく、違いがあるだけ。


今の場合は病院が例です。

1次医療、2次医療、3次時医療、とあるでしょう
どうして1次のところまで、最先端機器がおいてあるのですか
これを揃えておけば、患者を呼べるからでしょう?
それでその価格も高い器械をペイするには、
それなりに患者もこなさなければならないし。

この1次、2次、3次の住み分けが、日本の場合まだきっちりできてなくて、
過渡期だから仕方ないですよ、それは。
これは診療報酬が、どの段階でも同じと言う事が、
問題なのでしょうね、きっと。

高価な先端機器で専門医が診断しようが、
前からある器械で、専門以外の医師が診断しようが、
報酬が同じならば、何処の病院だってそれを置いて、患者を呼びたいし、
患者もそれがあるところで、診て欲しいと思うし。wwww、、、、、

でも、1次の持ち場の人が、2次、3次に任せず、
儲かりそうだからって不正を働いては、いけないでしょう?

これは器械のことだけでなく、外科医のことでも同じです。
なんかうまく使える医師がいると思って、利用しているように思えます。
Dr.福島には大変失礼なのですが、どうしてもそう思えるのです。
患者を助けるという、一見美しい言葉で、手をひろげて、
実は、儲けのためであって、患者のためではなく、
これは自分本位の考えです。

もし、本当に患者を救うためというのなら、
専門は、専門にまかせるべきです。
手術はチームで行う事でもあるからです。
術後のフォローもありますし。


【 そこで考察 】

 「 一発全治 」(1度の手術ですべてを治す)がDr.福島の最大の目標です。
しかし、Dr.福島は神様ではありません。
全治してるかどうか、Dr.福島だってわかりません。

どんな病気でもそうですが、予後が必要です。
まして、Dr.福島のところに持ち込まれる病気は、困難なものが多いです。
病気とは長く付き合わないとなりません。
時間をかけて、本人が理解をしなければならない事が、たくさんあります。
病状、症状は変化していきます。

 Dr.福島は神の手を持ってると言われるほどの、手術技術に関しては最高の方だそうで、
米国デューク大学が本拠地で、そこで後進の育成にも力を注いでおられます。
毎年何人もの脳外科医が、彼の手術を学びに、米国へ行っています。
彼の、仕事場は米国です。
(どうしてもと言う方は)Dr.福島から教えを受けた脳外科医に執刀していただけばいいのでは。

 もう1つ書いておきたいのは、治療法は1つではないと言う事です。

” 先日のテレビで放映された頭蓋底髄膜腫petroclival meningiomaなどは
全摘を考えるなら、それは圧倒的に福島さんが優れていると思います。
(ただし私なら部分切除+ガンマで同じ程度の成績は出せると思います) ”

これこれ、このことを、myドクターから説明を受けて、
私の場合は、ああ、福島先生でなくて良かったと、
胸をなでおろしました。
いろんな方法があることを、患者はわからないのですよね。
あーー何といってよいのか、、、、


この部分です。これは、私が別サイトに書いたことで、
そして、再発の時も、ガンマナイフの先生に説明をしていただいたことでもあります。

病気そのものの理解にも、時間がかかります。
1年も、2年もかかったりします。

Dr.福島の手術は最高でしょう。自他ともに、認めるところでしょう。
手術だけが、唯一の治療というのは、今のような先端医療のない時代の話のようだし、

だからと言って、ガンマナイフが切らずに治せる、夢の治療と見るのも
危ない事だと、私は思っています。

それだから、患者は自分の病気を認識する事が必要です。
それには近くの信頼できる医師との疎通です。
勿論、セカンドオピニオンも必要でしょう。納得のためにも。


【 後記 】

Dr.福島は、私のセカンドオピニオンでした。
最高の役をして頂けました。



前のページはここをクリック

パグ ホーム パグNEXT   


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.