000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

Dr.福島関連・謎 6



Dr.福島関連 謎 6


前のところで、書いたのにつけたして、もう一度書きます。(Dr.福島  8)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1次医療、2次医療、3次時医療、とあるでしょう
どうして1次のところまで、最先端機器がおいてあるのですか
これを揃えておけば、患者を呼べるからでしょう?
それでその価格も高い器械をペイするには、
それなりに患者もこなさなければならないし。

この1次、2次、3次の住み分けが、日本の場合まだきっちりできてなくて、
過渡期だから仕方ないですよ、それは。
これは診療報酬が、どの段階でも同じと言う事が、
問題なのでしょうね、きっと。

高価な先端機器で専門医が診断しようが、
前からある器械で、専門以外の医師が診断しようが、
報酬が同じならば、何処の病院だってそれを置いて、患者を呼びたいし、
患者もそれがあるところで、診て欲しいと思うし。wwww、、、、、

それに、患者は情報がないので、何処の病院にどんな医師がいて、
どの程度の治療をしていただける、などということもわかりません。

でも、1次の持ち場の人が、2次、3次に任せず、
儲かりそうだからって不正を働いては、いけないでしょう?

これは器械のことだけでなく、外科医のことでも同じです。
なんかうまく使える医師がいると思って、利用しているように思えます。

Dr.福島には大変失礼なのですが、どうしてもそう思えるのです。
患者を助けるという、一見美しい言葉で、手をひろげて、
実は、儲けのためであって、患者のためではなく、
これは自分本位の考えです。

もし、本当に患者を救うためというのなら、
専門は、専門にまかせるべきです。
手術はチームで行う事でもあるからです。
術後のフォローもありますし。

立派な建物と、設備を用意して、有名な外科医を招いて、執刀してもらい、
(その医師は術前、術後は患者を診てないのですよ。 そんな時間はありませんからね。)

そうして患者を集め、そうしないとその設備等にかかった費用は捻出できないし。

だけど、こんなことで、患者が犠牲になっていいのですか?

こんなことができてしまうのも、

やっぱり診療報酬が同じということが問題だと、
またまた思ってしまいました。

でもそれの改正に反対してるのも、、、、、もういいや。。。

(これのおかげで、患者は犠牲になっていくのに、、、、wwww)

医療機器メーカーにしたって、高価な器械を、どんな病院へも、
たくさん売った方がいいしなぁ~~~~
日本て国はとってもいい市場らしい、、、

話はタイトルから、かなりずれました(爆)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


"神の手"を持つ男・福島孝徳

驚異的なテクニックと医療にかける情熱ドクター・脳外科医

「鍵穴手術(キーホール・オペレーション)」

最新情報サイト


それはこちら

fukushima991.gif






前のページはここをクリック

パグ ホーム パグNEXT   



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.