余多歩き

河野一郎に挑戦5

昭和46年(1971年)、町井久之は在日本大韓民国民団中央本部顧問に就任した。同年7月、東亜相互企業株式会社は、城園観光株式会社に、資金を提供した。東亜相互企業株式会社は、城園観光株式会社が経営する韓国料亭「城園」の名称を「湯島秘苑」に改めた。同年9月20日、町井久之は、第8代在日本大韓体育会会長に就任した。

昭和47年(1972年)11月、東亜相互企業株式会社は、城園観光株式会社の名称を「秘苑観光株式会社」に改めた。その際、秘苑観光株式会社の代表取締役には、元横浜入国管理事務所所長・高木民司が就任した。

韓国外換銀行東京支店は、東亜相互企業株式会社に、支払い保証約60億円の信用供与を与えた。東亜相互企業株式会社は、60億円の支払い保証に基づいて、日本不動産銀行から54億円の融資を受けた。東亜相互企業株式会社は、33億円を那須・白河高原の総合開発事業につぎ込み、21億円をTSK・CCCターミナルビル建設につぎ込んだ。

昭和48年(1973年)7月、東亜相互企業株式会社は、六本木に、TSK・CCCターミナルビルをオープンさせた。

昭和51年(1976年)7月5日、東亜相互企業の黒沢勝利ら3人が、福島県県知事・木村守江に対する500万円の贈賄容疑で逮捕された。同年8月6日、福島県県知事・木村守江が収賄容疑で、福島地検に逮捕された。町井久之も任意で取調べを受けた。

昭和52年(1977年)、「湯島秘苑」が、風俗営業違反で警察の強制捜査を受けた。同年6月1日、東亜相互企業が不渡りを出して、倒産した。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.