000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛犬ジュンとのなんじゃもんじゃウォーク

PR

X

Profile


なんじゃもんじゃ0208

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

考古学出発の日 6月… New! ただのデブ0208さん

--< 鉄橋と赤い家 >-… New! いわどん0193さん

買い物しながら散歩… New! あきてもさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

富山市の小中学校&… New! tt555さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:初夏のような春(04/12) difference de prix entre viagra et cial…
http://buycialisky.com/@ Re:熊野神社-朝比奈切通し(11/14) cialis in regulare pharmacys switzerlan…
http://buycialisky.com/@ Re:犬の老いじたく(01/14) cialis 10 or 20 mgwhat is the differenc…
http://buycialisky.com/@ Re:またまたまた3度目の潮干狩り(05/04) effetti del cialis 5 mgpurchase viagra …
http://buycialisky.com/@ Re:真夏の雲(08/08) cialis generic overnight shippingcan i …
2011.04.19
XML
カテゴリ:釣り

20110417TOP.jpg
 南房総 千倉 かどや丸


今年はヤリイカが絶好釣のようで、千倉や布良あたりの遊漁船は
イサキどころではないようだ。

しかし、我が横浜好釣会の恒例、遠征イサキ釣りは断行。

例会日前日の午後船でヒラメを狙うメンバーは6名。
私は唯一の同乗者、鎌倉のMDさんを誘い2人で午後、横浜を出発。

買い換えたビッツの燃費を確かめたく、車内は狭いが後部席を倒し
タックルを満載してアクアライン経由で民宿に向かった。

MDさんの運転は安心できる。が、まだ200Kmくらいしか走っていない
車を100Km以上のスピードで走らせていいものかいな?

一人寝で留守番のジュンは、午前に福浦を2時間ほど散歩させたが
遠征釣りのときは、いつも後ろ髪を引かれる。

16日土曜日は南風が強く、先発隊は午後船に乗れたのかしらと
話をしながら、5時前に民宿・小倉ボタンに到着。

船はやはり出船できず、先発隊はすでに出来上がっていた。

私は地震以来、心身ともに思わしくないが焼酎を大分いただく。

続いて夕食。
また、飲む!

20110417-1.jpg



ヤリイカ漬けになっている船長は、果たしてイサキの好ポイントに
連れて行ってくれるのかしら?

それでなくとも私はかどや丸の船長とはリズムが会わない!
仕掛けを投入したタイミングで、ポイント移動するからと
揚げさせられる。90%位がこの調子で頭に血が上る。

私が仕掛けを落とすのを見て、ポイント移動を宣言しているのか。

ゴルフがメンタルなスポーツだと言われるが、釣りもそこそこ
メンタルな一面がある。(もちろん、腕前がものをいうが)

で、イサキ6匹、メジナ1、ウマヅラ2、小あじそこそこ。
6本作っていった仕掛けはすべて使い切った。
ハリスを切る外道(フグ!?)に悩まされた釣りだった。

20110417-2.jpg


午後イサキの釣り客もあり、11時半ごろ沖上がり。

20110417-3.jpg


船宿では初めておみやげとして、冷凍ヤリイカを頂き
富浦インター手前の「健人館」で野菜・花を買い、
ラーメンの昼食で15時前に帰途についた。

3人分くらいは釣っておすそ分けに行きたかったが、
外道すべてとイサキ2匹をジュンを連れてIZ夫人宅に届け、
その帰りにまたジュンを富浦で散歩。

夜遅く、35cmのイサキはカルパッチョにして1杯飲む。

昨、18日は塩焼き。

20110417-4.jpg


来月の例会はのっこみ真鯛だが、別途、布良港の
松栄丸がイサキを始めたら出かけてみよう。

20110417BOT.jpg


「かぜにはるる」さんが、ジュンを描いてくださったので
こちらにも転載させていただきます。重ね重ね有難うございます。

東日本大震災の、マスコミには出ない現場の情報が色々耳に入ります。
被災地のペットにまつわる情報も入ります。
「ひとりじゃない」、「Pray for Japan」・・とTVでも
しきりに励ましの言葉が飛び交っています。

言葉はただとはいえ、その思いの深さのありがたみを
被災者でない私も毎日味わっています。

被災者のために鶴を折る海外の人々・・
世界中の人々が暖かくなっているような気がします。

震災で不幸に落ちたとはいえ、世界中からの励ましが
日本に届いたのは国史以来初めての事ではないのかしら。

筆が立たず、思いを記せないのが、まどろっこしい。

20110417BOT2.jpg






Last updated  2011.04.20 00:53:54
コメント(0) | コメントを書く
[釣り] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.