000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

留学生のためのスタディスキルズ推進ブログ

2005.04.25
XML
カテゴリ:メルマガ
=============================================================

     留学OBが語る留学とその後の "生"体験記
                vol.10

=============================================================


 <<<<速報!!!>>>

junquito初のEブックが出版になりました。

「大学留学を成功させる英文レポート作成のコツ」

http://www.e-pub.info/afshop/02d0602C4F4004.htm

詳しくは本文の後のお知らせを見てくださいね。

====留学体験(サバイバル)編:Input→Processing→Output実例=====

前回は、大学の授業のコンセプトについて、食物の消化になぞらえ

  Input→Processing→Output

という過程を全て強化しなければいけない、というお話をしました。

考え方としては面白いけど、具体的にどういうものか、というのが明快でなかったかもしれませんね。

この号からは、この過程を実際に大学で勉強する内容に合わせて説明を行っていきましょう

大学の授業で課されるものには

  リーディング
  講義
   →ノートテイキング
  ディスカッション
  リサーチ
  テスト
  ペーパー(レポート)

があります。他に、授業外で重要になってくるのが前に触れたタイムマネジメント、そしてストレスマネジメント。こんなところでしょうか?

これら全てにInput→Processing→Outputの概念を組み入れることが可能です。

いや、この概念を組み入れることが大学で成果を挙げるカギといっていいでしょう。これが分かると「アメリカの大学で学ぶために必要な要素」というものが分かってくるはずです。

リーディングの例で見てみます。

大学の課題で読まされるリーディングであれば

 読んで(Input)、
 内容を吟味し(Processing)、
 授業で学ぶ内容に応用する(Output)。

と、最低これだけはしなくてはいけません。

各プロセスで行うことには以下のようなものが挙げられます。

===Input===

○ 読む
○ 速読する(時間をかけない)
○ 精読する
○ 分からない語を調べ、意味を確認する
○ 本のトピックについての背景知識をもつ

===Precessing===

○ 他の資料との関連付けする
○ 個人的な意見(感想、批判)をもつ。
○ 関連事項について、記事を読んだり他人と話し合ったりする

===Output===

○ 読んだ内容について、授業中意見を述べる
○ 自分の感想を上手く表現する
○ テストやリサーチペーパー上に、上手く取り入れる


これらが全て出来てはじめて、リーディングをしたことになります。

海外の大学で奮闘している留学生の皆さんは、「リーディング=英語が苦手」で、苦労を重ねているかもしれません。

しかし、このInput→Processing→Outputの各プロセスの重要さを見極めておけば、「リーディングが不得意」なのでなく、「リーディングの"どこが"不得意」なのかを見極めることが出来ます。そうすれば、その欠点だけをフォローしていけばリーディング力も上がることになりませすね。

英語力が重要視されるのはInputとOutputのプロセスにおいてです。

その中でも、Input=読む 際には、すばやく読んでも意味や意図が把握できるだけの語彙力、文法の理解力が必要です。これは、難易度と量こそ違いますが、基本的には日本の英語学習の基礎がしっかり出来ていれば、努力次第で伸びるはずです。

Output=読んで学んだことを表現する ことについては、語彙や文法を超えた知識と能力が必要になります。ここでは、難しい言葉を羅列するのでなく、自分の言葉で、自分の考えを相手にわかるように説明する必要があります。

これは、日本語でもできない人が多いですよね。ただ、これも、テクニックというか、メソッドみたいのがあるので、習得することが可能です。現地(英語ネイティブ)の学生でも苦労するプロセスなので、大学でもこのメソッドを教えることに力を入れています。

Processingの過程は、英語力というより皆さんの創造性、分析・批判の能力が問われます。英語力は関係ない、というと、ほっとするかもしれませんが、これは、日本の詰め込み教育に欠けていると長年批判されている点であり、個人的には、海外の学生と日本人の学生との間に、英語力より遥かに開いたギャップだと思います。

高校生の読書感想文などを読めば分かりますが、読んだ→ここが良いと思った→そのまま感想文 というものが多いです。レベルの高いものではかなり読み込み、上手く表現されているものもありますが、「読んだ内容を分析、批判しているか」という視点でみると、彼らはそのような訓練をつんでいないことが明白です。

このように見て行くと、リーディング一つとっても「すべきこと」がたくさん見えてくると思います。巷にあふれる留学準備の教材は英語に焦点を当てていますが、英語ができるだけでは留学先で成果を挙げることは出来ないのだということは、頭に入れておいて欲しいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おしらせ

junquito初のEブックが出版になりました。

「大学留学を成功させる英文レポート作成のコツ」

「大学留学を成功させる英文レポート作成のコツ」

(電子書籍出版サイトのE★パブさんからダウンロードできます)

発行人が実際に留学先の大学で身につけた「Aが取れる」レポートの作成ノウハウをまとめたものです。興味がある人はサイトを覗いてみてくださいね。

販売開始に伴い、発行者サイトの方で無料のメールによるミニ・コースも用意しました。下のページから登録していただくと5回のメールが届きます。まずはこちらを読んで、意見をお聞かせくださいね!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あとがき

10号を迎えて、未だにトピックが絞りきれないでいます(汗)。
書きたいことはいっぱいあるのに、読者の皆さんに本当にためになること、自分の体験談に終わらない普遍的な内容を考えると、どうも、まだまだ改善が必要なようで…

というわけで。来週から手始めにタイトルを変えてみるつもりです。(できるんだっけ??)

もうちょっと良いネーミングで、新たなスタートを切りたいと思いますので、末永くお付き合いください。ご意見、感想などありましたら気軽にメールしてくださいね。

====================================================================

このマガジンは、まぐまぐより発行されています。
http://www.mag2.com/

登録の解除は以下のページより行ってください。
http://www.mag2.com/m/0000149477.htm








Last updated  2005.04.25 21:03:00
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Profile


junquito55

Recent Posts

Freepage List

Category

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Comments

DC在住@ Re:留学先の大学選択とネームバリュー(12/02) 貴殿はネームバリューにこだわる日本人の…
www.bfdff.com@ ディーゼルダウン偽物が登場、広告モデルの水原希子らが着た服   ディーゼルダウン偽物が登場、広告モ…
ぷりん@ はじめまして こんにちは。 私は今アメリカに高校正規…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.