734159 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

留学生のためのスタディスキルズ推進ブログ

2006.01.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
謙遜は日本の美徳、アメリカ、西洋の人は謙遜なんて絶対しない、というステレオタイプがありますが。

ん~、自分の非を認めない、I'm always right的なノリの人はいないでもないですが、そういう人ばかりではないと思う。

ただ、謙遜、というと、どうかと。

日本人が「私って、勉強苦手なのよ~」とか、「太っちゃって嫌だわ~」とか言うのと、アメリカ人が同じ事を言うのって、ちょこっとニュアンスが違う。

日本人の「謙遜」は、もともと相手をたてるためのもの、だよね。

それをひっくり返して、最近の人は「自分を誉めて欲しい時、まず謙遜して、相手に自分を誉めさせる状況に持っていく」という、心理作戦があるのでは??

だから、「勉強苦手なのよ~」といえば、相手は「そんなことないよ~、私も全然ダメだもん」という返事をせざるを得ない。そうすると、お互いなんか安心する。

これをアメリカでやると、相手はこちらを哀れんで、一生懸命アドバイスをしてくれる。

「私、デブで嫌なのよね」といえば、「あら、痩せてるわよ~」という返事の代わりに
「そうねー、私の知ってる人はこんなダイエットをしてるんだけどねー」とか、「太ってても健康なら何よりよ」などと、もうこちらを「デブ」として扱って相談に乗ってくれる。
(ホントに痩せてると思ったら、「痩せる必要なんてないよ」というアドバイスをしてくれるけど。)

だから、下手に同情、安心を得るために「勉強が出来なくて…」というと、返ってくるのは慰めの言葉でなくて「どうして?勉強時間がないの?授業のどこが分からないの?一緒に勉強する?分からないところのノートを見せて。」と、質問攻めにあう。

こちらとしては、「私もダメだから、心配しないで」といったコメントを期待していただけなので、そう具体的に聞かれても答えにつまる。


逆のケースだと、謙遜をしないアメリカ人が、「このクラス、オレもうダメだ」なんて言っている時は、「同情買い」でなく、「自己批判」と取ったほうがいい。

これに、「オレもだよ」という回答をするのは、あまり喜ばれない。
「オレ、講義のポイントずっとノートにまとめてるから、見せてあげようか?」
とか、「どこが分からないの?」といったぐあいに、手を差し伸べてくれる事を相手は望んでいるから。

海外では(常識を伴った)素直さが一番。心にもない謙遜で相手と自分を立てようとせず、悩みがあったら具体的にそれを説明して、相手にアドバイスを請う、自分が悩みを持ちかけられたら、同情でなく、心のこもった率直なアドバイスをする事を心がける。

ここら辺の対応が上手く出来ると、人間関係もうまく行くのでは。

ただ、こうなるには、心がけだけじゃなくて、自分の得意、不得意分野を自分で分析する思考回路と、相手のみになって、適切なアドバイスを与えられる「聞いて考える」態度、っていうのも必要になってくるとおもう。

「私って、ダメなの」と言葉に出す前に、「何が、どうダメで、どうしてダメなのか」が説明できるかを考えといた方がいいですね。それが出来れば、周りに愚痴をこぼす必要もなくなるかもしれないけど(^^)。


★★みんなの留学体験を、ブログで学ぼう(留学ランキング)★★

なんか、MBA留学ブログが多くなってきたなあ。憧れます。










Last updated  2006.01.12 21:42:21
コメント(2) | コメントを書く

PR

Profile


junquito55

Recent Posts

Freepage List

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Comments

DC在住@ Re:留学先の大学選択とネームバリュー(12/02) 貴殿はネームバリューにこだわる日本人の…
www.bfdff.com@ ディーゼルダウン偽物が登場、広告モデルの水原希子らが着た服   ディーゼルダウン偽物が登場、広告モ…
ぷりん@ はじめまして こんにちは。 私は今アメリカに高校正規…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.