733682 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

留学生のためのスタディスキルズ推進ブログ

全201件 (201件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 21 >

カテゴリ未分類

2008.04.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
引っ越し、入学式、入園式と、怒涛の一週間が過ぎ、今週から2人とも人並みに通園、通学してます。

メキシコでお話した心理学者さんのハナシによれば、段階的な変化より、何もかも新しい環境の中にいきなり子供をほうり込む方が、過去の思い出にすがりついて寂しがっているより対応が楽なんだとか。そうは言っても、家族構成が変わって、住む家が変わって、話す言葉まで変わっちまったウチの子供たち、果たして何のトラウマもなく適応出来るのか、親の方が心配でおろおろしてる。

特に言葉に関しては、わたし自身が留学時、多大な落ち込みの材料になったので、我が子にそんな思いはさせたくないなあ、と、話しかけることも出来ない、話しかけられてもロクな対応が出来ないで独りぼっちでいる彼らを想像しては気が重くなってた。

が。

長男にしてはけろっとしたもんで。
入学式の次の日、登校班の集合場所まで連れてったら、さっさと列に並んで、こっちの顔も見ずにいっちまった。帰ってきて、学校の様子を聞いてみると。

「一人くらい友達出来たの?」
「うん、女の子に話しかけられたよ。」
「なんて名前?」
「そんなのわかんないよ」←もともと名前の覚えの悪さは母親並み
「ちゃんと先生の言うこと分かった?」
「ぜんぜん~。でもさ、周り見てみんなのことまねしてりゃいーんだよ。」

と、へーぜんとしたモン。

自分のサイトで、留学して間もない留学生には、全く同じアドバイスをしてる自分が、子供に諭されるとはね(笑)。

と言っても、子供だから一様にそういう楽観視点で構えられるというわけではないらしく、下の子は留学したばかりのころの自分よろしく、人前ではスペイン語も、ちょっとだけ覚えた日本語も絶対使おうとせず、母親の後ろにかくれてる。
おばあちゃんとは慣れたもんで、既に立派な会話が成立しているにもかかわらず、「スペイン語でもいいから話しかければいいんだよ」とでも言おうものなら「だって、みんなアタシのこと分かってくれないんだから、話したってムダよ」などと理屈をこねる。

前に書いたと思うけど、上の子は言葉の習得が遅く、そのせいで公園に行ってもみんなから敬遠されることも多かった。もちろん、最後は入れてもらえるんだけど、そういう経験をもってるから、「言葉が通じない」という状況にもそれほど違和感を持たないのかもしれない。
逆に、言葉を話しだすのが恐ろしく早かった下の子は、今の年まで「言葉以外の手段で伝達する」という要領が身につかなかったよう。記憶に有る限り、相手の言うことを理解して、自分の口で要求を伝えられられて、苦労した経験がないのが災いして、上の子みたいに「聞いて分からなかったら見てまねすりゃいい」て風に意識を切り替えられないんじゃないだろうか?

今まで観察した限り、上のような違いがあっても、日本語の習得ペースは2人の間で違いがあるようには見えない(まあ、まだスーパー初心者だけど)。どちらのタイプが第2か国語の習得に向いているのか、までは、この現象だけでは判断出来ない(親ばかが思いっきり入るしねー)。努力の経験の積み重ねで、着実に力を蓄えるタイプの長男、今の時期に初の挫折を味わって、負けず嫌いな性格をバネに伸びて行くのか?!の長女。どちらも伸ばすのは、母の器量次第なのかなー、と。
まずは、母親がコンプレックスを持ってプレッシャーかけるのやめないとな。結果を見ずに、経過が最良のものになるよう、思いっきりサポートしてやるつもりなので、このブログで暴走の気を感じたら、コメントで叱責してください(笑)。






Last updated  2008.04.14 15:09:23
コメント(5) | コメントを書く
2008.04.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
帰国して一週間。長男が興味本位でウォッシュレットをいじってずぶ濡れになったり、母子ともどもカルチャーショックは続いてますが、メキシコでのつらい思いでも過去のものと捉えられるようになってきた今日このごろ。

引っ越し先が決まり、今週末には住居変更の予定ですが、電話/ネットが予定日に来てくれるかが分からないので、こちらの再始動ももう少し先に延ばして、ここ数日は久しぶりの日本の感想など述べて見ようかと思う。

時代の最先端を行き、なんでも新しいものがそろってるイメージの強い日本だけど、こちらに来て感心したのは「製品の物持ちのよさ」。

新しく整備された道路脇にも、何十年も変わらない民家が立派に建っていたり、家の中の家具なんかも、自分が小学生だったころに使っていた物が未だ現役で活躍していたりする。

一番感動したのがこれ。

私が始めて英語に触れるきっかけになったもの。
SONYのトーキングカードという機械。

トーキングカード

機械の溝に、磁気テープが張ってあるカードを通すと英語の例文が聞こえてくる、というもの。祖母が東京で買ってくれたもので、1976年とある。32年前のもの。すげえ。

P1010279.JPG

カードも100枚ちょっと、セットになってるお話なんかもきちんとそろっていたので、まさか動くとは思わなかったがなつかしくて電池を入れ替えて見ると...

P1010277.JPG

ちゃんと聞こえた!!

音はひどいもんでしたが。ウォークマンが世に出る前のSONYの製品ですよ!?これは、マジですごいと思った。

面白かったので調べてみたら、オークションなんかでは出回ってましたが。でも、機種はうちのほうがごっつくて古いみたい。状態がよかったら高価なものだったかも。


...と、ひたすら感動してるだけなのもアレなので、次回はこれで遊ぶ子供らの様子や、これで遊んでたころの記憶など振り返ってみることにする。






Last updated  2008.04.02 08:47:35
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、日本帰国、今回は一時帰国でなく、無期限に住む前提なので、前に帰ってきた時といくらかものを見る目も違っている。

そもそも、高校卒業から海外に出て、12年以上日本でないところで住んでいたわけで(途中、就職したことが2年ほどあったけど)、自分の日本における常識度、というのは、15年前の高校生並みなのである。当然、振る舞いや言葉遣いが、ふつーの大人とはちょっと違っているかもしれない、と、家族はともかくとして、町に出て人に接する時は、内心かなり不安になる。

これが、「一時帰国」だったりすると、逆に「オレは外国住んでんだぞ!」とばかり、ぜんぜん場違いな服を着て町を闊歩してみたり、わざとらしく外国語で独り言を(みんなに聞こえるように)言ってみたり、電車で洋書や英字新聞を広げちゃったり、「外国人みたいに振舞う」ことで、人と違うという自己主張したい気持ちに駆られるのだけどね。高校の交換留学から帰ってきたころが、そんな感じだったかなあ。これって、他の人もそうなんだろうか(笑)。

いまは、どちらかというと、そういう「外国暮らし歴あり」アイデンティティーを主張するより、「ふつーのお母さん」というアイデンティティーをうまく演じることができるのか、が関心ごと。買い物行ったときのお店でのやり取りとか、道端ですれ違った親子連れにどんな風に挨拶するかとか、そういうどーでもいいことにすごい気を使ってる自分がいる。それでいて、外国人顔した子供らが店やレストランなんかで周りの注目浴びてることに気づくと、なんか誇らしくなったり←完全親ばか。

そういえば、自分が初めて海外に行った当時から「海外暮らし」「国際結婚」「ハーフの子供」なんてのに対するイメージというか、意見もだいぶ変わってるんだよね。一言で言ってしまえば「もう珍しくもなんともない」(笑)。だから、普通に振舞っていいのに、自分が高校時代に抱いていた「海外で生活してる人はこんな人」っていう概念に引きずられて、それに今の自分を当てはめて、「自分は常識はずれなんだ、もっと気をつけなくちゃ」と、過剰に意識してギクシャクしている自分がいるような気がする。

海外帰りとか、片親とか、結局自分がそのアイデンティティを全面に押し出そうとすると、本当の自分がそれに隠れて、相手にも自分のそんな面しか伝わらないんだろうなあ。そういうのを取り除いた自分、というのも、もちろんないわけだけど、それら全部ひっくるめた本当の自分のアイデンティティ(海外帰りの日本人である前に日本人であり、その前に人間である、ということ、ハーフの子供の母親や、シングルマザーである、という前に、母親であること)をしっかり持っていれば、どの時代にどんな場所にいたって、うまくやっていけるんだけど。
実行は、案外難しいもんだ、と思う今日この頃。明日は日本帰国一週間目です(^^)。







Last updated  2008.03.28 04:58:54
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.26
テーマ:海外生活(7187)
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、帰国してとりあえずの心配は子供たちのこと。

バイリンガル教育など、やってる暇もない環境で、とりあえず日本に帰ってくる予定もなかったので、家で日本語はまったく教えておらず。申し訳程度に日本語を週2時間教える学校に通わせ、母が送ってくれる雑誌やDVDなんかをてきとーに見せていた結果、長男(6歳)はひらがな読めても書いてある単語や意味はさっぱり、長女(6歳)は日本語を知りたいという意欲がかけらもない(でも歌は好きなので歌う)状態で日本に到着。

いや、長男が生まれたときは張り切って日本語で語りかけたり絵本を読んで聞かせたりしてたんだけど。そしたら3歳まで言葉がほとんど話せなかったんだよね(話してたけど意味不明のボキャブラリーの羅列)。逆に、最初っからスペイン語だけの長女は1歳半でもうフレーズで話してた。

さて、そいつら、再来週にはそれぞれ小学校、幼稚園で、スペイン語のない世界で勉強するわけですよ。子供以上に親が心配でたまらん。
(勉強についていけるか、とかはどうでもいいんだが、友達に敬遠されないかとか、トイレとか給食とか、誰にも聞けないでいやな思いするんじゃないかとか)。

さいわい、南米からの方の多い私の出身地の、私の出身校/園に入ることになったので、先生、保護者の方も理解があるだろうし、スペイン語を話せる友達もいるんじゃないか?と期待。すでに一年生はあちらで半年以上やっているので、算数は心配ないし、字もすぐ覚えるだろう、と、思うようにしている。すでに、先生たちにも事情を話し、「何も心配ない」と言っていただいたので、かなり気が楽になった。

そうなると、逆に、今までのスペイン語をこっちで忘れてしまうかも…という心配も沸いてくる。
当然、速くこちらに溶け込むには、家でも日本語に切り替えて、日本語漬けにするほうがいいんだろうけど、それだと使わないスペイン語はどんどん忘れていってしまう。これは、大人になって海外で生活した自分だって、身についた英語やスペイン語の力が日本で落ちないか、と心配なのだから、子供なんてもっと速いだろうし。

世間じゃ幼児のバイリンガル教育なんて、軽くいってるけど、実際、自分の子供を実験台にするというと、かなりの不安要素があるわけで。親として、今後の課題だな。

とりあえず、メキシコで買い込んだ絵本と、録りだめたカートゥーンのDVDはしっかり持って帰ってきたんで。これらをうまく使って、彼らのメキシコ人としてのアイデンティティも確保していきたいですな(ついでに自分の語学力も。汗)。うまくいったら、この場でも実況中継などしていきたいです(^^)。









Last updated  2008.03.27 04:36:02
コメント(3) | コメントを書く
2008.03.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
なんか、放置している間にトラックバックとかが荒らされてますが。
すみません。久々の更新です。

わけありで、ネットでの活動を控えておりましたが、なんと、現在日本に帰ってます。
期間無期限。メキシコ帰国の予定はありません。
理由は…わかる人にはわかると思いますが(汗)
まあ、これで晴れてシングルマザーになったわけです(^^)。

祝ってる(?)暇もなく、子供らの入園、入学手続き、家のこと、仕事のこともろもろありますが、向こうでも在宅で生計立てていたので住む国が変わっても仕事もやめずに引き続きやってます。ネットっていうのは、つくづくありがたい。

今後も目指すは、かーちゃん家留守にしないで、しっかり子供も養える、という図。
あちらでは物価が安かったゆえ可能だったけど、日本でこのスタイルを維持するとなると、収入倍にせんといかんかなあ…(暗)
大学留学までして、何やってんだ、といわれても、まあ、こういうライフスタイルを実現させてみせる、というのは、ある意味でっかい挑戦ですよ。

そういうわけで、心配をかけた人、かけたくなかった故連絡を怠っていた人、こんな場で申し訳ありませんが、こちらみんな元気ですので。いろいろありがとうございました。

とりあえずまだしばらくは家族の家に居候ですが、今後は、仕事環境が整い、子供らも新しい文化や生活に慣れてきたら、こちらのサイトのほうもぼちぼちやっていくつもりです。ただ、今までの海外生活を振り返ってみるという意味で、メルマガはともかくこちらのブログのほうは、たぶんちょっと違った内容になると思います。
あ、TOEFLエッセイ講座のほうは、ちゃんと営業中ですので、気にせず質問、課題提出、受講申し込み(笑)どんどんお願いします(^^)。

個人的に連絡取りたい方は、知ってたらメールアドレスのほうに、知らなかったら何とか探して連絡ください。ここの掲示板でもOK。

では。






Last updated  2008.03.25 05:10:29
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな英語勉強法もいいかなあ、と思ったサイト。

字幕in

YouTubeの動画を表示して(自分で映像をアップロードするのも可)、ニコニコ動画のコメント付けの要領で画面下に字幕をつけていく、というもの。

英語の映像に日本語の字幕をつけるなら聞き取り能力が、日本語の映像に英語の字幕をつけるなら英作文の能力が、そして、どっちの場合にしても深い言葉の解釈とか自身のセンスやウィットが試されて、なかなかいいのではないかと。

実際やってみると難しいけどね。見てるだけの側にいると、誤訳だ、とか、意味が伝わってないよ、とか、言いたい放題言えるけど、いざ自分がやってみると、字幕翻訳ってのがいかに難しいか、それで食ってる人はいかにすごいか、というのがしみじみわかる(笑)

字幕入れのタイミングなんかは慣れれば何とかなりそうですが、欠点はバグが多いことかな~。動画がいつまでたってもアップロードされなかったり、編集しようとするとパスワード認証で拒否されたり、編集したはずなのに作った字幕が全部消えてたり(これで2時間あまりの努力がパー。泣)。個人で運営されているサイトだそうなのでこの辺はしょうがないのか。

なるべく短めの映像で、作成した文はメモ帳に保存する、とか、対策を練って遊んでみると面白いかも。

自分が試しにやってみたのはこちら。
(ブログ貼り付け用コードもあるけど、楽天は対応してない故リンクのみで)
微妙にタイミングがずれてるのは別として、英語学習関連ブログなのに自分の英語力をちっとも披露していないズルサイトなので、まあ、こんなので勘弁してください。ツッコミ以外のコメントもつけていっていただければ (^^;

日本語センスのなさはどうしようもないな~~。←自分でつっこんどく






Last updated  2008.02.17 22:15:19
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
別のブログ読んでて見つけた映像。かなり笑えたので。

 Bill Gate's Last Day

ゲイツ氏も、いよいよ引退。
彼の功績、手腕、意見など、思うことはいろいろあるけど、こういう自分のパロディが作れる人は、ある意味尊敬する。(ちなみに、演じているのは本人では...ないよね)
で、あれだけの「友情出演」が得られるっていうのは、やっぱり人望もあるのかなあ...
(分からない人も何人かいたけど。)

まあ、彼がいるからこそ、こうやって自分もPCを使っているわけだし。
引退してからのマイクロソフトがどう生き残るのかもちょっと楽しみ。

関連記事






Last updated  2008.01.11 00:15:38
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
海外留学サバイバル術 in オーストラリア&アメリカのAyakoさんがメルマガで紹介していたサイト。

iKnow!

たしか、アルクのサイトを訪ねた際にリンクがあって、覗いてみた経験はあるのですが、その時はユーザー登録とかがわずらわしくて保留。今回、Ayakoさんの記事を読んでなんか実は面白いんじゃないか??と思った次第←つられやすい。もとい、Ayakoさんの説明はホントに興味深かったので、ぜひメルマガを参考に。

で、ユーザー登録もして、入ってみた。
とりあえず、適当なカテゴリーを選んで、学習プログラムというのを試してみる。
日常会話、ビジネス会話、旅行会話、TOEFL/TOEIC/GRE対策など、カテゴリの中から「チャンネル」を選んで、その中にある学習メニューをこなしていくと、その結果や履歴がマイページで確認できる、というもの。

手軽にいつでもアクセスできるし、用意されてる問題も、なかなかしっかりしてます。これだけあれば英語学習はばっちり!かどうかについては、使いこなしようにもよるので断言できませんが、毎日の日課としてモチベーション継続するにはよさそう。

他にも、フォーラムとか日記とか、お友達招待とか、SNSっぽい機能があるのでその手のものが好きな人なら面白いことがいっぱい出来そう。ケータイ持ってない自分には関係ないですがモバイルからもアクセスできるよう。

質がどうこう、と評価するのではなく、こういう気軽に英語学習をとらえらるメディアが出来たってアイディアそのものがいいんじゃないかな。

自分も、一日目はディクテーションでタイプ打ちして遊んでるだけで終わってしまいましたが、利用法を工夫して、面白く使ってみてくださいね~~。

てわけで、有効なサイトを紹介してくださったAyakoさんに感謝(^^)。







Last updated  2007.12.08 03:11:52
コメント(2) | コメントを書く
2007.10.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
結局メルマガ発行が一週間滞った。
スミマセンです。

文章は書けてたのに、編集して発行する暇がなかった。来週は出したいと思います。

長女から程よい時差をおいて長男も水疱瘡に、そしてこれまたいいタイミングでお仕事が。ありがたいです(涙)

こういう時は、つくづくスタディスキルズ(自分にとっては、仕事こなすスキルも同義語)って、タイムマネジメントに尽きる、と思う。
限られた時間で決まった仕事をこなす!って気持ちをしっかり持って臨めば、その目標を達成するためにいろんな工夫をするから、スキルも自然と身についてくるわけだ。

今の状況だと、子供の健康状態を確認、家事の一日の予定をざっと立てて、自分の能力と相談した上で仕事(学習)量を決める、そうしたら、それをこなすのに必要なツール(本とか、PCのデータとか、コーヒーカップとか。笑)をまず前部手元にそろえる。

仕事は、能率を考えながら一定時間で項目を変えたりして、とにかく集中力が持続するよう工夫。子供の薬の時間とか、お迎えの時間とか、飯作る時間、てのは、きちんと守る。そういう区切りの時間に仕事の予定の進み具合と実際終わってる量を確認して、ずれがあるようなら細かく修正する。

仕事の種類にしても、スピード重視のものは読むのも書くのも思いっきり飛ばしてやる(あとで時間があまったら見直せばいいや、程度で)。じっくりやるべきなのは最初から時間に余裕を持って、調べ物もきちんとして片付ける。こういう、リーディング、ライティング、情報整理のスキルは、学生時代の時に身につけたのが未だに役に立っていると思う。

あとは、ココロとカラダの健康管理。自分で体調を把握して、無理して後日全部の予定を狂わせてしまった、ってことの内容にほどほどにやるのもスキルのうちに入ってくるとおもう。といいつつ無理してますが(汗)。

スーパーマンのような能力と、アインシュタインのような脳みそを持っていなくても、いろんな小技を工夫してみると、案外自分が思っている以上のことが出来るもの。こうやって、凡人なりに努力するのは、大人になってからも必要だと思う今日この頃なのです。
(てか、これくらいやらないと家庭の経済を支えられないという大人の事情があってこそ、という気もするけど。汗)

とりあえず一時間ほど寝マス。







Last updated  2007.10.05 19:02:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
前の記事と、微妙にかぶるかもしれませんが...←タイトルだけ

メルマガで今、学習教材についての話をしてるけど、自分は教材そのものよりそれらを使った人の「体験談」を読むのが好き。

特に、ブログの「英語学習記録」なんてテーマのカテゴリー(あったっけ??)で書いてる人たちがいると、つい読んでしまう。

今回は、そんなのを読みながら思ったことをちょっと。

ざっと見て「英語学習記録」というか、「今日はこんな教材買いました/で勉強しました」日記には、3つのタイプがある。

その1 明らかにアフィリ狙い

こりゃ、絶対勉強してねー、てか、買ってもいねーだろっ!!ってやつ。
「この教材はいいよ」みたいなことは書いてあっても、自分がそれ使ってどうだったかなんてことはぜんぜん書いてなくて、ひたすら商品説明。写真つきで、クリックするとその人がアフィリエイトをしているサイトに飛ばされる。

アフィリエイト自体は悪くない。自分もお世話になってるし、いいもの紹介してもらったら自分もそのサイトのリンクから買うようにしてる。

ただ、こういう、見境なく何でも紹介する人は、本人、いい教材の選び方とか、そういう教材と自分との相性とかが分かってないんだろうなあ、と思う。それじゃ、どんなに立派な商品棚が出来ても、自分の勉強は...伸びないかも(まあ、最初っから商売狙いならそれはそれでいいんだけど)


その2 とにかくやってます!!

このタイプが、読んでで一番不安になってくる。
○月×日、学習時間何時間、リーディング○分、ライティング○分、使った教材これ、というのを、毎日丁寧につけてるやつ。

もちろん、これは本人が自分の記録のためにつけているものであって、それを勝手に読んであーだこーだいう筋合いはないのだけど。

1つ心配なのは、こういう人たちの日記からは「やってりゃ満足」という空気が伝わってくること。

がんばってる、っていうのは、すごくよく分かるし、時間、お金を投資して、学習記録までつける、というのは、相当な意欲がある証拠なのに、一定期間の記事を読んでいても、その人自身の成長ぶりというか、「変化」が見られないのだ。

スポーツでも、毎日筋トレしました、素振り何回しました、だけじゃ成果が生きてこなくて、筋トレならオレはキャッチャーだから肩を、とか、おれはホームランよりヒット量産型だからバットの振りはこんな風に、とか、なりたい自分に合わせて練習法も微妙に変えなきゃいけない。量をこなしただけで満足している人は、じつはこういう明確なゴールがない場合も多いんだけど、とにかく、記録を見た限りその勉強量と比較して、ゴールがやたら遠いところにあるような気がして、傍観者ながら結構心配してしまう。

上手くいえないけど、ひたすらやって、ひたすら記録してればOK、みたいな。
「過去一ヶ月の学習記録を見直したら、リーディングがあまり伸びていないことが分かったので、勉強方法を変えてこれから一週間は拾い読みの練習をしよう」
みたいな結論が出せればいいのになあ、と思うこともしばしば。



その3 自分も真似したくなる

このタイプは、私自身、まだ、数個しか見つけてないかなあ。
楽天のブログにも英語系でひとつふたつ、すごいのがある。ご本人に連絡できなかったので名前はふせますが。

これは、その日学習したことを細かく自己レビュー、時間とか学習内容の記録じゃなくて、今日はこんな文章の解釈に苦労した、とか、この単語に新しい意味があることを知った、とか、「ホントに勉強してる」のが、読んでる人にもよく分かる。ついでにこっちも勉強できる。

教材についても、どこかのレビューから引っ張ってきたようなものじゃなく、「自分はここが弱いのでこれは役に立つと思って使ってみました」とか、「この教材はこんな特徴があって、自分には合わない」とか、「自分にとってどうなのか」っていう視点から分析してる。

こういうの読むと、この人たちって、ホントに英語/その分野の学習が好きなんだなあ、っていうのが伝わってきて、自分も負けずにがんばらなくちゃ、って気持ちが湧いてくる。さらに、そういう人は、教材を選ぶ目が肥えてるので、そこで紹介されてる教材(有料、無料に関わらず)に、興味がいく。
それも、ただ欲しい、って思うんじゃなくて、「この人みたいな使い方をすればいいんだな」って入手する前からそれでどうやって勉強するか、って見通しもはっきり出来るから、あとで後悔する確率も少ない。

自分のいま頻繁に使ってる教材は、たいてい、この手のブログで紹介されているのから拾ってきたものだったりもする(笑)

こういう人は、自分がどんなゴールを達成したいから、どんな教材をどんな風に使うか、を、きちんと判断できているんだろう。というか、判断するために、学習記録をつけて、それをみながら自己分析を繰り返しているのかもしれない。


学習記録の公開っていうのは、モチベーションアップにもいいし、教材紹介はアフィリエイト収入にもなる。
でも、本当にそれを自分のために役立てるためにはもう一歩の工夫が必要なのでは?と思う時もたまにある。


自分の場合--学習してないのがばればれになるのでその手の記録はあくまで非公開(笑)






Last updated  2007.09.26 19:01:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全201件 (201件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 21 >

PR

Profile


junquito55

Recent Posts

Freepage List

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Comments

DC在住@ Re:留学先の大学選択とネームバリュー(12/02) 貴殿はネームバリューにこだわる日本人の…
www.bfdff.com@ ディーゼルダウン偽物が登場、広告モデルの水原希子らが着た服   ディーゼルダウン偽物が登場、広告モ…
ぷりん@ はじめまして こんにちは。 私は今アメリカに高校正規…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.