1196822 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年04月01日
XML
2007年12月16日(日)

この日は朝霧へフライトに。

先週の日曜日も朝霧に来たのだが、朝グウタラしたせいで
朝一サーマルのタイミングを逃し、師匠は3本、私は2本、前山の人となった。
朝一サーマルに乗れれば、2500m浮いていたかも。

先週はあまりに悔しかったので、
この日は頑張って1便のバスでテイクオフにあがった。

風向きは北東風。「荒れるから気をつけて」と指示が飛ぶ。
ウイングキッスの大会があり、 テイクオフ前が混む事も予想。

ここは混む前にテイクオフをしたいところ。
ウイングキッスの人達がダミーで出て、上がり始めて
K地さんが「抜け出しているからさっさとテイクオフして」
と塾生達に指示しているのを聞いて、すぐにセットアップした♪

けれど・・・これが、恐怖の始まりだった。


<猪之頭33本目>

クロスで気持ち良くテイクオフ♪
テイクオフ前で8の字を書いていって、徐々に高度を獲得。
ウイングキッスとトンボのテイクオフの辺りでサーマルを捕まえ
220mゲイン。
ここまでは穏やかにあがっていった。

その後、西富士への渡り廊下の付け根で、大きなサーマルに当たる。
下から突き上げてくるような強い上昇!
けれどそこから外れると、叩き落される感じ(汗)
1400m付近まで高度があがったところで、
突如ローターを食らったのか、ニモが前から全潰れをした!!
グライダーが自分の真正面に見えるところまで落ちてきた。

( ̄Д ̄;) ・・・・
・・・・この後、どうなるか、なんとなく、分かるような???

-7mの沈下でガクンガクン落ちていって、スピンを食らった。
こわっ、真下にグライダーがいなくて良かったよ( ̄Д ̄;)

師匠から「沖に出して」と無線が入り、1200m付近まで高度を落とす。
前山まで戻ったところで、またもや恐ろしいものを見てしまった。

山沈すれすれのところで、
アクロをやっているように弄ばれている機体がいた(恐)

風がおかしい!

他の機体を見ると、ウイングキッスの人も、トンボの人も
スカイ朝霧の広いランディングに降ろしに入っていた。

師匠からも指示があり、私も降ろす事に。
果たして無事に降ろせるのだろうか!?

すると、加賀山さんから無線が入った。
「Kさん(私)、翼端折ったままそのままアプローチに入って。
風が強すぎて前に進まないから、そのまま降りられるよ」

言われた通りの翼端折って風に正対させると、
ものすごい沈下率で真下に降りていった。
降りる直前で翼を元に戻して、ブレークを引く。
コケたけど、無事に降りられました。

フライト記録:獲得高度489m(高度1489m)、フライト時間35分
師匠からのコメント:安全に飛ぶには降ろす判断が必要です。



降りてから加賀山さんに話を聞くと、
ランディング付近で風が強くて潰されやすい状態になっているから
潰されやすい部分を初めから潰しておけば(翼端折り)
それ以上潰される事がないから安全なんだそう。

なるほど。
感謝と同時に、加賀山さんから機体を買って良かったと思った。
アフターサービスが充実です♪

降りた後、HイントラやNイントラから、
「無事だった!?」と心配されたり
周りの皆様から
「飛んだの!?度胸あるね!」と言われた。

周りの人から話を聞くと
スカイ朝霧、ウイングキッス、トンボ全体で、20機くらい?テイクオフして
・ウイングキッスの女性の方が、圧迫骨折で病院行き。
・トンボの妖怪の方がツリーラン
・スカイ朝霧の大ベテランDさんが、田貫湖付近でツリーランして背中を打つ
(運が良かっただけで、大怪我していてもおかしくなかったそう)

師匠の話だと、飛んでいたのはベテランの方ばかりで
P証ルーキーは、私ぐらいのものだったらしい。

ランディングは、機体が畳めないほど、風ピューピューだった。

その後、下りのバスが満員乗って3台くらい降りてきた。
私達が飛んで、バサバサ潰されているのを見てためらった方達。
その判断は正しかった。

これで学んだ事は、
・DHV-1-2以下の機体が、
潰されても自動的に回復するからいかに安全かという事。
・サーマルを廻していて、真上にあがったり、東に流されたりした場合は
風が怪しいとの事。=西富士には行かない

さすがに、テイクオフする前は気付かなかった。
師匠がおっしゃる様に、天気予報で風を読んで、
フライトする時にどのようなところに気をつければ良いか?
予め予測しておくことで、より安全にフライトする事ができる。
その通りだと思った。

それにしても、朝霧3連敗は悔しいっす。






Last updated  2009年12月09日 23時43分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[パラグライダー:朝霧] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.