000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年04月03日
XML
2008年3月29日(土)

先週は仕事で飛べなかったので、2週間ぶりのフライトをしに朝霧へ。
この日は、木島平ミーティングがあるので木島も考えていたけれど
あいにくの雪/雨/曇。(宿も予約していたのに。)
師匠との相談の末、朝霧に行く事になった。

9時過ぎに猪之頭に着き、遅刻だぁ~と思ってランディングに行くと・・

誰もおらん

猪之頭って工事中だっけ?と思って「とんぼクラブ」に顔を出すと皆さん準備中。
しばらくするとスカ朝のバスが来て、
師匠と私の二人だけで飛ぶか!と気合を入れてフライトスーツを着ると
YイントラとNイントラが畑仕事に行ってしまった。
しょうがないから、少しだけクワを持って畑仕事を手伝った。

西風(フォロー)強風で猪之頭は厳しいから、白糸の方が望みがあると言う。
白糸へ行くか、かなり迷ったけれど、猪之頭で待機する事にした。
しばらく経つと風もおさまり、皆さん続々と猪之頭に出勤。
2便のバスでテイクオフへあがると、やはりフォロー。
諦めて「白糸に行こう」と決めると、下りのバスが行ってしまった。

そんなわけで、仕方なくテイクオフで待機していると、
やっとこアゲインストが入り始め、テイクオフした人達が上がり始めた。

師匠は「すぐに行くよ」と準備を急かしてきた。
んで、準備が終わって、クロスを構えると、

・・・・・!?みんながふっていく・・?

私「なんだか渋そうですよ?待機させてください!」
と私は後ろに下がったのだが、師匠は行く気満々!
そんな師匠を私は必死になって止める。だって今行ったら100%降るよ~
明らかにシンクタイムである。
いくら師匠ほどの腕があっても、降る時は降るんですよ~。
過去に失敗してる事もあって、今回は私のタイミングに合わせて頂いた。

慎重にテイクオフのタイミングを見計らい、
よし!今だ!!


<猪之頭47本目>

クロスでテイクオフすると、良い上昇~
テイクオフ右のサーマルで、前山を移動する事なく一発抜け!
ほら、私の勘は正しかったでしょ?師匠

西富士に行くと、どこを飛んでいてもグングン上昇~
気付くと高度は自己最高の2500mを超え、
サーマルを追っかけて行ったら養毛に辿り着いていた。

師匠「それだけの高度があれば、毛無に行ってみよう」

という事で、講習生の頃に行って以来、1年以上ぶりに毛無に行ってみた。
毛無の上空で2600m。はるか下に山頂が見える。
遠くの方に本栖湖が見え、高度があるなら・・と本栖湖を目指して進んで行った。

そう!今日の私のモードは、ドラクエ4の作戦で言ったら
「ガンガン行こうぜ!」である。

けれど・・・。
本栖湖がかなり目前に見える位置まで来たら、

師匠「ニモ!無線聞こえてますか?戻ってください。」
と止められた

2450m高度があったものの、
その先に行くにはスピードの遅いHOOKではズブってしまうらしい。

師匠「これから世界地図に行きます。他に行きたいところはありますか?」
と聞かれたので、世界地図は一度行ってるから・・・

私「天子湖が良いです」と言うと
師匠「まあ、行けるかな・・。」

と、天子湖を目指す事になった。
途中で高度をめいっぱいあげる。すると、念願の3000mを超えた
3000mを超えているのに、バリオの上昇音はまだ続く。
雲の上を飛んだり、富士山の裾野に広がる景色を眺めたり~
天子の山頂がはるか下に見えた。
天子湖への作戦は、天子の手前から一直線に目指すと言う。
天子に着いてから西に向かうと、高度がズブってしまうらしい。

稜線を離れた高度が2700m。
その後、高度はどんどん低下し、上がれるサーマルがなかなか無い。

師匠「高度をあまり下げないで行くよ」

そんな事言ったって、下がるものは下がるんだよなぁ~。
師匠のマスタング2とニモでは、滑空比がかなり不利だし。

そんな時、「ピピピピ~」とやっと+2~3の上昇がありグルグル廻す。
ここで上げきるだけ上げよう!・・と思ったけれど
先に進んでいる師匠の高度がどんどん落ちていくのが見えた。

私がここでグズっていると、共倒れになってしまう。

「進むしかない!」
高度はまだ2450mあったので、信じて突き進んだ。
途中、この前下見に行った「佐野村」の集落が見えた。
その先にひっそり見えるのが目指す「天子湖」
スピードはアクセル踏んで24km/hくらい。と言う事は帰りはフォローだ。

じわりじわりと天子湖へ近付いていく。後ちょっと。

天子湖.jpg

ニモ!がんばっ。

やっとの事で天子湖の端の湖原まで辿りついた。
上から見る天子湖は、水面が揺れていて、とても神秘的に見えた。

オッケ~♪念願の天子湖GET!!

この時の高度は2000m。
師匠「そろそろ帰りの高度を考えて」

そう言われたので、後ろに向き直って天子を目指す。
フォローは早い早い♪♪天子には余裕で戻れた。

師匠「もう戻るよ~?」と言われたので
私「え~、大石寺に行きたい~!」と頼んだら
師匠「じゃあ、雲底に着けたら良いよ」とおっしゃるので
頑張ってサーマルと戦ったら、2500mオーバー♪

雲ギリギリに突っ込んで目的地を目指す。
途中、大倉ダム付近まできたところで
師匠「戻って~」と無線。
どうやら、北風が強すぎて、行きは良い良い、帰りは・・・。との事。

残念!天子でまたまたサーマルを引っ掛ける。
けれど、この時にはもう2000m以上にはあがらなくなっていた。

ずっと日差しが無かったし、もう終わり!?
どこにも行くところがなくなったので、降りる事にした。
満足満足

フライト記録:獲得高度=2035m(高度3035m)、フライト時間=2時間15分
到達地点:毛無(雨ヶ岳)~天子湖~大倉ダム
師匠からのコメント:コンディションが良いときは行き放題?無理しないでね。


猪之頭47本目Google.jpg


この日は、
ずっと念願だった「3000mオーバー」と「天子湖」を達成できて
大満足に終わった。
ちょうど1年前、天子湖へ行った師匠にあこがれて弟子入りしたのだから。
(↑グラハンが救いようもないくらい下手だ(った)からというのもあるけど)
その時はまだ講習生で、1年後にここまで出来るとは、想像もしてなかったかな。

それを達成出来たのも、運が良かったから・・・かもしれない。
・木島に行かなかった。
・白糸に行くチャンスを逃した。(下りのバスがちょうど良く行ってしまった)
・テイクオフのタイミングをしっかり選んだ。

偶然の勝利である。
P証ルーキー(5月まで)のうちに、
残す目標「大石寺」を達成させたいところだけど
そろそろ遠征が始まるから、難しいかな。

スカ朝の掲示板にも書いて頂きました♪(天子湖)
スカ朝掲示板.jpg






Last updated  2009年11月26日 17時58分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[パラグライダー:朝霧] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.