000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年11月03日
XML

2009年11月3日(火) Sunrise

朝4時半、隣のテントの話声で目が覚める。
外に出てみると、辺りは真っ暗。
懐中電灯を点け、静まり返る暗闇の中、メンバー4人はキャンプ場を出発した。

今から、キャンプ場(テイクオフ)の向かいにある小高い丘の上から、
ヒマラヤの朝日を観に行くのです♪

急な坂を下り、周囲に民家のある道に出ました。
その道をしばらく行くと、丘の上に登っていく道らしきものを見つけ、右に曲がった。

すると、道は民家へと繋がっていて行き止まり?
日本だったら、他人の庭に入る訳にはいかないのですが、柵もないのでお邪魔しました。
牛に不審な顔?で見られ、犬に吠えられ、村人を起こしつつ(ごめんなさ~い!)、
上に登るための細い道(畑道?)を見つけ・・・、道なき道を突き進む。

けれど、ついに岩場にぶち当たり、
「これ以上先に進めない。」と、師匠がいつものごとくネガティブな事を言うと、
「せっかく来たのだから行くしかないでしょう!」と、オダミネーターさんが岩場を登って行く。
さすが、元体育教師!頼もしいです。

オダミネーターさんに付いて行き、ようやくしっかりした道に出られた。
迷いに迷ってしまったけれど、これなら日の出の時間に間に合いそう!
ワクワクしながら丘の頂上を目指して行きます♪

けれど、せっかちなメンバーは、段々畑を登ってショートカット。
このおかげで、段々畑がどのように作られているか良く分かりました。

6時前、ようやく頂上(高度1700m)に到達!日の出前に間に合いました♪

カメラを構える私たち

↑ カメラの準備をする私達。

目の前には、美しい雲海が広がっていました。

夜明け前の雲海

日の出寸前。

日の出寸前

Sirkotの日の出です。

日の出

その頃、月が反対側に。

月

ヒマラヤに陽が当たり始めました。

ヒマラヤに陽が当たる

マチャプチャレ

段々畑とヒマラヤの風景が素敵です♪

段々畑とヒマラヤ_1

段々畑とヒマラヤ_2

本当に美しい日の出でした!(カメラに全部写りきれません。)

ヒマラヤの日の出

片道1時間かけて歩いてでも、来て良かったです♪

皆満足したところで、さて、帰ろうか。

Sirkotテイクオフ

↑ 白い建物があるところが、キャンプ場(テイクオフ)

辺りが明るくなり、帰り道がはっきりと分かった。
目的地までは、なんと「一本道」だったのです!暗くて良く分からなかったよ~。。

Sirkot展望台への道

車が通れる道を、一度も曲がる事無く、キャンプ場に向かって戻っていきます。

ナマステ

さっきあれだけお騒がせした村の人々ですが、快く「ナマステ」と挨拶をして下さいました。
ネパールの人は、本当に良い方ばかりだ。
またたく間に、村の噂になりそうですけどね。。

キャンプ場に戻ると、皆起きて動き始めていた。
気持ちの良い、早朝の散歩でした♪

つづく。






Last updated  2009年11月28日 02時05分21秒
コメント(2) | コメントを書く
[ネパールフライトツアー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.