1205764 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2012年12月29日
XML


2012年12月29日(土)

北風 & 雷雨 の日 の翌日、
今日は朝から晴れて、クロカン日和になる予感 ♪

0

↑ 8時半に起きて、急いで朝食を作ります。

1

↑ 9時半に、バッシャーが出発しました。

2

↑ しばらくは、ぶっ飛びコンディション。
スウェーデンの講習生が飛ぶところです。

3

↑ リック と 弟子のラミコさん。
「 今出ると渋いから、クロカンには良くない。 」と、教えているそうです。

4

↑ X-Alpsのロイドさんが、パラナビに食いついてきました。
海外に行くと、だいたい話題になります。

5

↑ 西テイクオフに移動して、ロイドさんが準備を始める。

6

↑ 今日は、ロイドさんが出る前に、準備が間に合いました。

7

↑ ロイドさんが装備をつけ始めると、
テイクオフがザワザワし始め、
ロイドさんが出る前に、テイクオフラッシュが始まりました。

8

↑ 今日は、大勢のフライヤーとクロカン出来そうです ♪

ニモは、12時20分にテイクオフ。

9

↑ ロイドさんとセンタリングします。
今日のコンディションでは、こちらの機体も + 1 m/s 以上で上がるので、
一昨日 ほど、上昇率のハンディーを感じませんでした。
スピードは、圧倒的な差がありますが・・・。

1800 m まで上げると、リックが稜線を走り始めたので、
ニモもスタートします。

けれど、西風がとても強く、
サーマルで東に流され、いくらアクセルを踏んでも、稜線までは戻れません。

10

↑ ニモの近くにお供のグライダーが4機いたので、
リックと別れて、沖のコースを北上します。

11

お供のグライダーは、
M4、IP6、2-3機?、IP6

一緒に雲底まで上げて東に流された後、
彼らはスイスイ北西に戻れるのに、自分だけがホバリング。

あっという間に、追いつけなくなりました・・・。

けれど、後ろからもたくさん追いついては、抜かされていくので、
今日は、降りるまで単独飛行になる事はありませんでした。

12

↑ 丸い大きな畑が、たくさんありました。

13

↑ 回収道路の東に流されてしまうと、
長距離の担ぎ歩きと、池ポチャが待っています。

フルにアクセルを踏んで、北西を向いて飛んでいるのですが、
西風に戻され、回収道路の上空にさえ戻れません(大汗)。
写真だと近いのですが、延々と回収道路と平行に北上しています。

アクセルを両足で強く踏み続けて、足が痙攣してきました・・・。
少しでも緩めてしまえば、東に流されてしまいそうなので、気を抜けません。
途中でサーマルに当たっても、流されるとマズイので、スルーするしかありません。

15

↑ 難関の Barraba の町の南東側まで来ました。
東側には、採石場が観えます。

ここでリックから無線が入り、
「 Barraba はブルーフォールなので、手前で十分高度を上げた方がいいよ。 」

確かに、Barraba 周辺だけ雲がありませんでした。

ここで、ロイドさんと同高度でバッタリ!
手を振りながら、同じサーマルで廻し始めました。
そして、ロイドさんはサーマルで上げ切る前に、先に進んでしまいました。

その直後、ロイドさんはシンク帯にハマり、
Barraba の手前で高度処理をしているところまで見ました。
もしかして、降った??

ニモは、サーマルを上げ切り、2200 m まで高度を上げたのですが、

16

↑ かなり東に流されてしまい、
メインの回収道路にも、Barraba の町にも、西風に阻まれて行き着けなさそう。
そうなると、サブ回収道路を狙うしかありません。

17

↑ Barraba の町の東。この状態でホバリングしています。

サブ回収道路に辿り着いて、ここで少し迷いました。
・ 東へクロカンする。
・ ここで諦める。

東方面へ行ったら、完全に単独飛行になります。
車がほとんど通らないので、回収が大変そう。

メインの回収道路には戻れないので、
これ以上東に流されても、北に進んでも、降りてからが非常に困ります。

18

↑ ここは、諦める事にしました。
サブ回収道路の近くの牧場に降ろすことにしました。
西に向くと、スピードは、2~5 km/h。一気に垂直降下して降りました。

19

あ”~、しんどかった!
マニラのクロカンでは、長距離を担ぎ歩く体力がないと不利です・・・。

ログ

↑ 36 km ショボカンでした。

高度

2時間5分のフライトでした。

20

↑ 機体を畳み終えると、私の元に、かわいい犬が駆けつけて来ました。

21

↑ 方向音痴な私のために、道案内してくれるようです。

22

↑ メッチャかわいい ♪

23

↑ サブ回収道路まで出たところで、ヒッチハイクボードの準備をします。
ザックを担いで10歩歩いたところで、運良く1台の車が通りがかり、
止まってくれました ♪

24

↑ ネスさん とおっしゃる方に、お世話になります。
付近に降りたフライヤーと一緒に、Barraba の町まで送って下さるようです。

25

↑ Barraba の町の外れで降りました。
もう一人のフライヤーは、イギリス人のマットさんです。
私と同じ理由で、近くに降ってしまったようです。
彼は日本に来たことがあり、栃木県の茂木に行ったと言っていました。
足尾からクロカンに出たのか。

26

↑ ここからマニラまで帰るために、マットさんとヒッチハイクを頑張ります。

27

↑ 結果、10連敗。。。

28

↑ 結局、他のフライヤーの車で回収されました。
ここら辺、同じ理由で大勢降っていますね。

ここで、リフライトしたリアンから無線が入り、
「 今、Barraba の町の上空で 2000 m です。 」と言っている。
なに~~!? 彼女も1-2機なのに、なぜ辿り着ける??
遅くスタートした事で、西風が弱くなったのだろうか。。。

29

クラブハウスに戻ると、ロイドさんに会いました。
あの時やはり、
回収道路に戻ろうとして撃沈して、Barraba の手前に降ってしまったようです。

X-Alps の選手でも、同じようにショボカンをしてしまった日に、

30

↑ リックは 90 km、リアンは 82 km 飛んでしまったようです!
リアンは、クロカン距離、最高高度、フライト時間の全てを更新。
メッチャおめでとう!!

なんか、自分はショボカンばっかりで、凹んできました。

31

↑ リアンが作ったトマトスパゲティーは、とても美味しかったです ♪

南十字星を観て、明日に備えて寝る事にします。

つづく







Last updated  2013年01月06日 16時55分07秒
コメント(4) | コメントを書く
[オーストラリアツアー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.