1196938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2013年01月03日
XML


2013年1月3日(木)

再び、西風に泣いた日 の翌日、
いよいよ今日が、Manilla 最後の一日です。

0

↑ 日の出前の、5時50分に起きて、1人でお散歩に出かけました。

Bomb Out(ぶっ飛び)のランディングまで歩いて行くつもりでしたが、
道を間違えてしまい( 今まで、車で何度も通っているのに・苦笑 )、
戻って正しい道を歩き始めたら、

1

↑ 朝日が昇ってきました。

あ”~、こんなハズじゃなかったのに~。
どれだけ方向音痴なんだろ?、私。
もっと早く帰るつもりだったので、日焼け止めを塗って来ませんでした・・・。

2

↑ やっと、Bomb Out のランディングまで歩いて、折り返す。

3

↑ クラブハウスに戻ってきて、7時40分。
良く歩きました !

その後、シャワーを浴びて、
シドニーに行く準備をして、長らくお世話になったキャビンをチェックアウト。
( 宿泊代の精算は、JCBを含むクレジットカードで可能です。
ただし、+ 10%上乗せ。現金が良いかも。 )

クロカンに行く準備も終わり、まだまだ時間が余ったので、

4

↑ アマンダさんとティータイム。
彼女が作るコーヒーが美味しそうで、とても飲みたかったのだけど、
クロカンをする事を考えると、残念ながら飲めません。。。

5

↑ クレンシーとも、今日でお別れか~。

ここで、1便のバッシャーの時間を聞いてみると、
風が強いために、少し遅めの10時半との事。

いつもの作戦で、9時半頃にテイクオフに上がります。

1便のバッシャーが到着すると、
ソアリング出来そうなコンディションになったので、リックがすぐに準備を始める。

ちょっと待った~!!

6

↑ 最後に、Japan Team (怪しいCrazyな人達?)で写真を撮りました。
リックは、遠くへ飛んで行ってしまうだろうから、ここでお別れになるのですね。

7

↑ 写真を撮り終わった後、リックが飛び立って行きました。
時刻は、11時。

しばらくは東風が吹き続けたので、東テイクオフで準備を始めます。

8

↑ リアンがテイクオフするところです。

ニモも、リアンの後にテイクオフしようとしたのですが、
立ちあげて、浮いて、ショートフライトして、浮いて・・・を繰り返しているうちに、
スタ沈してしまいました・・・(汗)。

妙に、浮かない・・・。

その後、数名がテイクオフしたのですが、
すぐに風がフォローになってしまった。

私は、、、腰ぐらいの高さの枝に、ラインが引っかかって、
それを回収しているうちに、汗ダクダク・・・クタクタ。

その時にちょうど、
リアンをリフライトに上げたRYOさんが、テイクオフに上がってきたので、
西テイクオフまで送ってもらう事にしました。

が、西テイクオフに着いてみると、再び風は東になり、
他のフライヤーも、西と東を行ったり来たり・・・。

運良くテイクオフ出来たフライヤーも、
上空が北風のために、クロカンスタート出来ないみたい。

そんな中、
リックは向かい風の中、ゆっくりと北上を始め、
26 km 地点を飛んでいるらしい。

南風予報のハズなのに、なぜ??(悲)

今日は、シドニーへの 7 時間のドライブを控えているので、
20時には、Manilla を出発しないといけません。

テイクオフ出来ない焦り、テイクオフ出来ても北風という状況。
残された時間はどんどん過ぎて、気持ちは焦るばかり。

9

↑ そんな中、フィルさんが南テイクオフでセットアップを始めた。

そうか、東と西で風がフラフラするのなら、南でチャンスを待てば良いのか!
細かい話ですが、
南テイクオフからクロカンすると、一番距離が伸びます(笑)。

フィルさんが上げるのを見て、
ニモは、13時31分にテイクオフ。

すぐに雲底の 2300 m まで上げて、次のサーマルを探しに行きます。
けれど、北に向くと 15 km/h しか出ません(汗)。
これは、単独飛行をしたら、すぐに降ってしまいそう・・・。

一度引き返し、他のフライヤーが上がってくるのを待ち、
一緒にスタートしました。

10

↑ 向かい風が強いですが、最後のチャンス!
頑張ります ♪

Tarpoli (14km地点)で、強い北風と格闘している時、
「 今 Barraba ( 30km地点 )、
北風が強くてクロカンは難しいから、リターンします。 」
と、リックから無線が入る。

リック、1時間前から 4 km しか進んでいません・・・。
なんか、絶望的になってきた。。。

けれど、諦めません!
こうなったら、意地で進んでやる~!!

11

↑ 雲の上から、次の雲に乗継ぎ、

12

↑ 常に雲に張り付いて、上昇帯を味方につけます。
アクセルをガンガン踏んで、25 km/h。
時間的にも、高度を下げている余裕がありません。

13

↑ けれど、Barraba の町では、いつも下がります。
ここは、クロカンの難関っぽいです。

この先で、しばらく のたうち回り、
我慢した後に、雲の上まで復活。

それから、
Barraba を越えると、Cabbadah ( 50km地点 )までは更に高い雲が続き、
楽々 乗り継いで進めます ♪

けれど、それを過ぎると、いつも雲がなくなります。
地形的に、坂を上って下るところなので、
坂の上に向かって、上昇帯が集中してしまうのですね。
( 坂を下るところからは、回収道路付近はシンク帯になってしまうかも。 )

この先で、雲を乗り継ごうと思うのなら、
回収道路からは かなり外れなければなりません。

14

↑ 高度は、3200 m。 さて、どうする??

_

↑ 最初に、回収道路の西側の雲を狙ってみたのですが、
遠すぎて、自分のグライダー性能では届かないと悟りました。

次に、ここでは西風が吹いている事が分かったので、
稜線でリッジソアリングをするために戻りました。

稜線に戻ってから、
朝霧でフライトをする感覚で 5 km は進めたのですが、
この時間帯は上昇が弱く、高度がどんどんなくなっていきます。
( もう少し早く到達出来ていれば、上がるらしい。 )

15

↑ 最後は、回収道路に戻れる高度を残して進めるだけ進み、

16

↑ 回収道路の脇にランディングしました。

C:\fakepath\ログ.jpg

↑ 日本に戻ってから距離を測ってみたら、82 km。
最後の最後に、Manilla での最長クロカン距離を更新しました。

高度13

↑ 4時間43分のフライトでした。

向かい風でこれだけ飛べるのなら、
午前中から南風がしっかり入っていれば、100 km 飛べそうですね。

唯一チャンスがあった日 に、
レッグベルトの装着ミスをしてしまった事が、とても悔しいです。

17

↑ 機体を畳んでいると、
通りがかりの車が、「 乗ってく~?」って、声をかけてくれました。
けれど、私には専属ドライバーのRYOさんがいますので、
ありがたく断りました。

18

↑ RYOさんに回収され、夕陽を見ながらクラブハウスに戻る。

その途中で、
オーストラリア在住のフライヤーを1人回収したのですが、、
その方は、Barraba から西コースで北上し、
イーグルに機体をツツかれたそうです・・・。

19

↑ RYOさんに日当をお支払いし、ヒッチハイクボードを託しました。
1月末に帰国するまでに、100 km 達成出来るよう、祈っています。
お世話になりました。

サンセットフライトをしている リック&リアンに、
無線でお別れの挨拶をします。
(彼らは休みが長いので、後3日滞在できます。)
今回も、彼らのおかげで、とても楽しい旅になりました ♪
Thank you very much !

20

↑ 20時20分。南十字星を正面に観ながら、シドニーへ向かいます。

それから、50 km 南の、Tamworth で、ガソリンスタンドを探します。
ここは 珍しく 24時間営業なので、助かります。
ついでに、夜マックします。

Tamworth を過ぎて田舎道を走ると、
大勢のカンガルーが、お亡くなりになっていました。

自分が轢いてしまわないように、祈りつつ、
20時20分から0時20分まで、200 km 運転を頑張りました。

シドニーに辿り着いたのは、3時50分でした。
メチャクチャ眠い!

明日は( というか今日ですが。 )、11時35分の飛行機でフライトです。
とてもとても、長い一日でした。

つづく







Last updated  2013年01月14日 23時53分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[オーストラリアツアー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.