1201547 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2013年01月04日
XML

2013年1月4日(金)

深夜に Manilla からシドニーへ戻り、仮眠を取って朝を迎える。

0

↑ 宿泊先から撮った写真です。

1

↑ 8時に出発し、レンタカーでシドニーの空港へ向かいます。

2

↑ レンタカー屋さんへ。

3

↑ いっぱい汚しました。
あの時のパンク のペナルティーは、150ドルでした(痛)。

後は、高速道路の E-TALLレーンを通って、料金を48時間に支払わなかったので、
レンタカー会社から、罰金が、144ドル来るようです・・・(痛)。

4

↑ チェックインカウンターが混んでいます。

グライダーザックの重量は、25 kg でした。= 問題なくセーフ ♪

5

↑ 次に、出国審査を受けます。

出国審査を無事スルーしたら、搭乗時間まで 残り20分。
急いでお土産を買わないと(汗)!

今回の旅では、ほとんど飛べていたので、
お土産を買う時間がありませんでした。
残りのオーストラリアドルを、全て使い切ります。

数ある Made in China のお土産の中から、
絶対にオーストラリア製であるお土産を探します。

6

↑ 空港の片隅に、ありました!

ちなみにこれ、妹に頼まれました・・・。オーストラリアでしか手に入りません。
このキーホルダーを、妹はどこに付けるんだろ??(謎)
友達に、オオウケらしい・・・。

7

↑ 行き先が、ベトナムのホーチミンとハノイになっている飛行機に乗り込みます。
どういう意味だろ??

この後、自分のチケットがなぜ安いのか?知ることになる。

8

↑ ここから、ベトナムへの旅が始まります。

11時35分にテイクオフし、

9

↑ 一度目の機内食。
ベトナム航空の機内食は、期待出来ないと思っていたのですが、
このパンが ホカホカもっちりしていて、ホントに美味しかった ♪
オーストラリアで積んでいるからかな?

この後、どっと疲労が襲ってきて、

10

↑ 運良く隣の席が空席だったので、贅沢に2席使って寝ました。

11

↑ 起きてみたら、ちょうどオーストラリアを離れるところでした。

12

↑ オーストラリア、ばいば~い!
今回も、良い国でした ♪

13

↑ シドニーをテイクオフしてから、8時間後にホーチミンに着きました。
現地時刻は 15時50分、気温は、31℃です。

行き先がハノイだと思っていたのですが、ホーチミンで降ろされました。

14

↑ 乗り継ぎシールを貼られ、

15

↑ 乗り継ぎカウンターに行くと、そのまま国内線へ移動するように言われました。

パスポートにベトナムのスタンプを押され、

16

↑ ベトナムに入国しました。
時間があれば、このまま観光できそうですね。

17

↑ とりあえず、国内線乗り場へ向かいます。

18

↑ 結構、歩きます・・・。

19

↑ 自分達が乗る、ハノイ行きはどれだろ??
「 DA LAT 」が懐かしい!

この後、国内線カウンターに行ったら、
何かトラブルがあるようで、30分ぐらい待たされました。

訳も分からなく待っていたら、
預けた荷物のタグを見せるように言われ、原因が判明。
その行き先が「福岡」になっている事が問題だったようだ。

ホーチミン空港に降りた時点で、預けたグライダーザックを一度受け取り、
また預け直さなければならなかったらしい。

シドニーでは、
「福岡まで預かります。」と言われたのに・・・、
聞いてないよ~。

20

↑ 急いで、国際線到着口まで長距離歩いて戻ります(汗)。

21

↑ ザックを回収して、係員へ渡すと、

22

↑ やっと、国内線のチケットが手に入りました。

23

↑ 時間があまりないせいか、バスで国内線乗り場まで向かう事になりました。

これが、ベトナム航空の格安チケットの理由ですか。。。(=面倒だから)
ほんと、分かりづらい。

24

↑ 国内線に乗る前に、美味しいベトナムコーヒータイム。
疲れが、癒されます ♪

25

↑ 19時発のハノイ行き(国内線)に乗ります。

26

↑ ここまで来れて、ほんとにホッとしました。

27

↑ 飛行機はホーチミンを離れて北上。

東京と北海道ぐらいの距離なのに、

28

↑ 機内食が出てきました。

食べ終わると、すぐにランディング体制に。

行き は、これと同じタイプの飛行機に乗って、
ずいぶんとハードランディングしましたが、
果たして今度は??

29

↑ やっぱりハードランでした。

30

↑ 21時にハノイに到着。
気温は、10℃。ホーチミンと違って、寒いです。

31

↑ 国内線なので、ここもベトナム国内です。

32

↑ ここまで来ると、見慣れた山の写真があります。
アジアの玄関口なのでしょうか。

33

↑ 日本行きの便も、たくさんあります。

この後、
深夜 2時発の飛行機に乗るまで、しばらく時間があります。

34

↑ 店が閉まる前に、レストランに行きます。

35

↑ メニューの上から2番目、
「 カフェ スーナ ノン 」というのが、本場のベトナムホットコーヒーです。

36

↑ フォーと一緒に、頂きます。

フォーはイマイチでしたが、ベトナムコーヒーは美味しかった ♪

ちなみに、ここでは米ドルを持っていると便利です。

まだまだ時間が余ったので、

37

↑ マッサージ屋さん巡りへ。
お客さんは、日本人ばかりです。
日本と比べて、3分の1ほどの値段になるので、とてもお得に感じます ♪

疲れた体が、とても癒されました。
それにしても、ベトナム人は、思いっきりボキボキ鳴らしますね~(笑)。

時刻は0時。マッサージ屋さんも閉店してしまった。
今日も、長い一日でした。

まとめへ つづく






Last updated  2013年01月15日 21時18分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[オーストラリアツアー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.