1197865 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

Profile


JUN@ニモ

Freepage List

Calendar

Free Space

今までにフライトしたエリア

<北海道>
ニセコ
カムイ
美幌

<東北>
天峰山
オニコウベ
花立
白鷹
蔵王坊平
南陽
三ノ倉
猪苗代
羽山
仙台平(あぶくま洞)
湯の岳

<関東>
赤岩
足尾
烏山
グランボレ
伊賀野
小野子
榛名
妙義
しらさわ
ティーダ
仙元山
破風山
白浜(千葉)
丹沢
エリアヤマザキ(松田)
六郷土手河川敷(東京)

<東海>
猪之頭
白糸
三筋山
箒木山
丹那
葛城山
達磨山
天嶺山
ダイラボウ
井川湖
高塚
新城
五井山
付知
二ツ森

<甲信越>
河口湖
甲府白根
富士見パノラマ
長峰山
白馬五竜
白馬八方
白馬栂池
白馬乗鞍
木崎湖
生坂
木島平
大池
鳥倉
高嶺
鳴倉
尾神岳

<北陸>
獅子孔
立山
勝山

<近畿>
伊吹山
琵琶湖バレイ
大和葛城山
紀ノ川

<中国地方>
神の倉
荒谷山

<四国>
水の丸
岩城島
高岡

<九州>
米の山
耳納
志摩海岸
鏡山(佐賀)
伐株山
鏡山(宮崎)
若宮公園(造次郎)
金御岳
(天草)倉岳 ← 100エリア目
矢護山
大観峰
矢岳高原

<沖縄>
石垣島明石

<海外>

サイチャ(台湾)

SCUOL(スイス)
Grindel Wald(スイス)

Saint-Hilaire(フランス)
Annecy/Planfait(フランス)
Annecy/Montmin(フランス)
Laragne Chabre(フランス)
Gourdon(フランス)

WATLES(イタリア)
MERAN(イタリア)
Monte Grappa(イタリア)

HOCH JOCH(オーストリア)

Sarangkot(ネパール)
Sirkot(ネパール)

Cove(アメリカ)
Edna(アメリカ)
Cedar Mountain(アメリカ)
Harricane(アメリカ)
Graph Peak(アメリカ)
Jean Dry Bed(アメリカ)

Kobala(スロベニア)
Lijak(スロベニア)
Vogel(スロベニア)
Stol(スロベニア)

Manilla(オーストラリア)

計 111 エリア
(国内:86 エリア)


☆最長クロカン距離☆

国内:83.6 km(筑波)
海外:82.0 km(Manilla)


~ おまけ ~

<行った事のある国>
カナダ (2000年)
ドイツ (2002年)
オーストリア (2002年・2008年)
チェコ (2002年)
ハンガリー (2002年)
デンマーク (2002年)
ノルウェー (2002年)
スウェーデン (2002年・2014年・2015年)
オーストラリア (2002年・2012年)
フィリピン (2004年・2005年)
台湾 (2007年)
スイス (2008年)
イタリア (2008年・2012年)
ベトナム (2008年)
ネパール (2009年)
フランス (2010年)
モナコ公国 (2010年)
アメリカ (2011年)
スロベニア(2012年)
シンガポール(2013年)
インドネシア(2013年)
マレーシア(2013年)
フィンランド(2013年)
ペルー(2015年)
韓国(2015年)

計 25 カ国

2014/9/6
全47都道府県を制覇!

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

2013年03月30日
XML


2013年3月30日(土)

今日は、関東近辺は北東の風&曇り予報。
飛ばずに自宅でのんびりかと思っていたら、

「二ツ森が良さそうです。」と、
急遽、ホームエリアのメンバー(とうちゃん企画)から お誘いを頂きました。

岐阜県の予報は、ノーチェックでした。

朝4時過ぎに、自宅前でとうちゃんに拾って頂き、
5時に松田山のランディングに集合して、4人旅へ。

道中、河口湖~長野県は雨~曇りで、不安定な天気。
天気が心配になってきましたが、
岐阜県へと続く「 恵那山トンネル 」を抜けると、

1.jpg

↑ 嘘のような晴天 ♪

9時過ぎに、二ツ森のランディングに到着。
長旅、おつかれさまでした。

3.jpg

↑ 本日のチームメンバー(ニモ含む7名)です。

4.jpg

自分以外は全員、妖怪 or トップクラスのコンペティター。
ここに自分が加わって良いものか・・・。

頑張るぞー!

5.jpg

テイクオフは、サイドの風が混ざって不安定。

急いで準備を始めていたら、

6.jpg

↑ 長年お守り代わりにハーネスに着けていた、
ネコのストラップが、紐の結び目が切れて下に落ちてしまった。

・・・・・、これは何かの前触れか?(汗)
それとも、この子が身代りになってくれたのか?

その結果は、以下にあり。

7.jpg

↑ 正面からブローが入ったタイミングで、続々とテイクオフ。

ニモは、11時02分にテイクオフしました。

8.jpg

リーサイドのサーマルに悩まされ、なかなか上げられません・・・。

私がジタバタしているうちに、みんなクロカンスタートしてしまった。
さすが、みんなウマイな~。

けれど、遅れても慌てずに、

9.jpg

↑ 雲底近辺まで上げます。

あ~、修行不足だー。

1800mで、北へ、クロカンスタートします。

10.jpg

↑ けれど、雲に乗り継ごうとしたところで、雲が溶けてしまった(泣)。
ちょっと待ってよぉ~!

次の尾根で、サーマルが発生するまで、耐えます。
ここでなんとか上げ返したのですが、みんなに引き離されて、
完全に1人旅になってしまいました(悲)。

11.jpg

↑ 最初に向かうのは、10km地点の付知へ。

12.jpg

付知と加子母を繋ぐトンネル近辺は、降ろすところがありません。
ゆっくりとキープハイで進みます。

13.jpg

↑ トンネルをクリアして、東側の高い尾根を進む事にします。
風は西風。スピードは、25 km/h で向かい風。

雲がなくなって、ここからは、ブルーサーマルです。
なので、地形を理解しながら進まなければなりません。

サーマルを追っていくと簡単に稜線裏に流されてしまうので、
サーマルである程度上げきったら、
アクセルを踏んで西側に出しながら進みます。

14.jpg

↑ この稜線の裏に流されたら、戻ってこれずに長野県の人になります。

15.jpg

↑ 三浦ダム(長野県)の向こうには、御嶽山がキレイに観えます ♪

16.jpg

この辺りで、「みんなで下呂に向かっている」と、無線が入る。
下呂は、まだ遠いな~。

時間が経つほど、差が広がっていくんだろうな~って、心細くなってきました。

17.jpg

↑ さて、たった一人で、ここをどう攻略するか?

18.jpg

↑ 一番やってはいけないのが、コレ。
コレをやると、私の装備性能( 1-2機の軽量級 )では、
「降ろせるところ」に届かなくなります。

19.jpg

隣の小さな尾根のショボいサーマルを狙い、シンク帯に耐えて、
渡った尾根先の吹き上がりを使いつつ、大きなサーマルを当てる。

20.jpg

作戦がうまくいって、下呂の町の東側まで来れました ♪

21.jpg

↑ 温泉があります。

22.jpg

温泉をスルーして、先に進みます。
西風が強いため、機体が北西方向を向きながらカニ走りします。

23.jpg

↑ 次は、前回 降ろした上呂方面へ。

次は、どうする??

24.jpg

↑ 図の通り。

25.jpg

無事、上呂まで来ると、
高山行きを断念したメンバー3機が降りているのが見えた。

ここから先ですが、

26.jpg

どちらに進むか?

27.jpg

↑ チキンな私は、電車道を選びました。

けれどここで、西尾さんが回収に向かっているという無線を聞き、
お言葉に甘えて、高山チャレンジ道へ進路変更しました。

28.jpg

けれど上げきれず、谷間に降ろすことに。さて、どうする?

29.jpg

30.jpg

↑ トイレが近そうなところに決定。

31.jpg

4時間のフライトでした。

ログ.jpg

↑ 49.6 km でした。

ログ高度.jpg

HogMap は、No.14608 です。

降りてから、わずか30分で回収して頂き、

34.jpg

↑ 今日の勝者(アンドロイドさん 62km)をお迎え。

結果、7名のメンバーのうち、3人が高山、4人が上呂でした。

36.jpg

↑ 飛騨グルメ : 飛騨牛コロッケを食べます ♪
もっちりしていて、美味しかった~!

この後、18時半過ぎに、二ツ森LZに到着。
電車とバスで帰ったら、もっと時間がかかるところを、
西尾さん、本当にありがとうございました。

ここから日帰りします。

温泉に入って、夕食を食べて、
松田山のLZに着いたのが、深夜1時。

お世話になったメンバーの皆さま、お疲れ様&ありがとうございました。
みんな大満足の、二ツ森日帰り遠征でした。







Last updated  2013年03月31日 21時49分17秒
コメント(10) | コメントを書く
[パラグライダー:クロカン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.