000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

フランスツアー

2010年10月09日
XML
カテゴリ:フランスツアー

OZONE チーム に、お礼を兼ねて、
先日 の DELTA XS 試乗の感想と、ビデオのリンク先を送ったところ、

OZONE NEWS (クリック) に内容が掲載されました!

OZONE のホームページ の、

OZONE NEWS 1

OZONE NEWS 2

ビデオ編集がとても大変でしたが、グローバルにお役に立てて良かった ♪






Last updated  2010年10月09日 21時43分04秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年09月26日
カテゴリ:フランスツアー


フランスツアー

2010年9月17日(金)~9月26日(日) 10日間

エリアヤマザキのウッキーさんが、ファルフォークの岡さんに、
「イカロスカップに行く時に連れて行って」と、以前からお願いして実現した、
岡さん主催のツアーです。

・フランスに行ってみたい。
・シルバーウィークの休みと重なった。

との理由で、参加させて頂きました。

普段のツアーでは行けないようなところに連れて行って下さり、貴重な体験が出来、
天候にも恵まれて、とても楽しいツアーでした。

何から何まで準備して下さり、ありがとうございました。

ツアーのまとめですが、
各日にちの写真の下:各記事、ビデオをクリックして
ご覧下さい。



9月17日(金) 1日目

出発

記事 : フランスへ

ちょっとしたトラブルがありましたが、
成田 → アムステルダム(オランダ) → ジュネーヴ(スイス) → フランスへ


9月18日(土) 2日目

ブースめぐり

記事 : イカロスカップ1日目:災難が・・・

世界で一番大きなパラグライダーの祭典:イカロスカップの1日目です。
災難が今日の一番のレポートだったり・・・。


9月19日(日) 3日目

ウッキーさん

記事1 : イカロスカップ2日目:フライト&仮装・アクロ見物
ビデオ1 : Paragliding - Saint-Hilaire

今日は天気に恵まれ、飛んで、観て、etc 会場は大盛り上がりでした!


湖へ

記事2 : アネシー・Planfait(プランフェ)で、サンセットフライト
ビデオ2 : Paragliding - Annecy Planfait

イカロスカップの会場から、アネシー・プランフェへサンセットフライトに。


9月20日(月) 4日目

湖横断中

記事 : アネシー・Montmin(モンマン)で、絶景フライト♪
ビデオ : Paragliding - Montmin

アネシーのモンマンでフライト。景色は絶景でした ♪


9月21日(火) 5日目

北側_1

記事 : 断崖絶壁のLaragne Chabre(ララーニュ・シャブレ)

ララーニュ・シャブレでフライトしました。崖を覗き込んだら、怖かったです。


9月22日(水) 6日目

アンテナの尾根

記事 : Laragne Chabre(ララーニュ・シャブレ) : ちょっとお散歩
ビデオ : Paragliding - Laragne Chabre to Serres

昨日のリベンジ。ララーニュ・シャブレから、Serresという町までプチカンしました。


9月23日(木) 7日目

Ozone 本社へ

記事1 : OZONE 本社に潜入!

今注目のOZONEの本社へ!とても貴重なものを見学させて頂きました。


DELTA XS TakeOff

記事2 : Gourdon(グルドン)で、DELTA XS 試乗 ♪
ビデオ : Paragliding - Gourdon September 23, 2010
OZONE NEWS :  OZONE ホームページに掲載されました

OZONE 本社でお借りした、DELTA XSの試乗レポートです。


町の散策3

記事3 : ホテルでのひと時~夕食へ

フライトの後、Valbonne という町へ夕食に行きました。石畳の良い町並みでした。


9月24日(金) 8日目

モナコでランチ

記事1 : モナコへ

世界で2番目に小さな国:モナコ公国へ観光に。


ニースの町2

記事2 : ニースへ

フランスで有名な観光地:Nice(ニース)へ!


9月25日(土) 9日目

展望台より1

記事 : フランス出発の日

フランス生活も今日で最後。長く感じました。


9月26日(日) 10日目

八郷一周コース

記事 : 帰国

ツアー参加者全員、無事帰国しました♪ 皆様、お世話になりました!







Last updated  2010年10月09日 21時30分22秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フランスツアー


2010年9月26日(日)

フランスより、乗り継ぎのオランダ・アムステルダムを出発し、帰国の途へ。

KL0861

↑ KL 0861便は、一番大きなジャンボ機でした。

オランダ上空

↑ オランダ上空。海岸に風車がいくつも。
海岸が直線になっているので、埋め立てられているのが、良く分かります。

帰りの飛行時間は、10時間30分。

ブロッケンと共に

↑ ブロッケンと共に。下界は天気が悪そう。

2回の機内食を食べて、

機内食1

機内食2

ひと眠り。

気付いたら、日本海の上空へ。

日本海上空

ここで、GPSのスイッチをON。
1050km/hで南下中。

KLM GPS

GPSに烏山のウェイポイントが見え始め、

烏山の東

↑ 飛行機の右の窓側なので、烏山の東側が見えています。

「稲刈りが終わって、秋のクロカンシーズンが始まったね」と話していたのですが。

NASAクロカンルート

八郷一周コース

HogMapを見る限りでは、この日に大勢クロカンに出られていたようです。
同じ日に、空から景色を眺められただけ、ラッキーかな。

成田空港へ

日本に入ってから、成田までは、あっという間。
定刻の11時30分より、少し早めに到着しました。

おかえりなさい

荷物を受け取る時、麻薬犬が3回くらい来たけれど、無事スルー。

解散

ツアー主催者の岡さんはじめ、参加者の皆様、大変お世話になりました!

・フランスに行ってみたい
・シルバーウィークは、休みやすい

9月は、ベストコンディションでない事が分かっていましたが、
条件にマッチしたツアーだったので、申し込みをしました。

普段のツアーでは行けないようなところに連れて行ってくださって、貴重な体験も出来、
とても楽しいツアーでした。(岡さんは、フランス語と英語がペラペラですし。)

初日に雨を降られ、天気予報を見ても連日雨で、
最初はどうなる事かと思いましたが、ツアー参加者に「晴れ男」がいたようですね ♪

来年は、
「イカロスカップの仮装に参加して、たこ焼きの露店を出す計画」を立てているとか??


久々に日本に帰ってきて、日本って良いな~と思った事は、
トイレにウォシュレットが付いている事。

他、初めてのフランスの体験談・他。

・果物は、すっぱいのが普通。(甘いと思って食べると、失敗します。)
・スナック菓子は、どれを買っても、だいたい口に合わない。
・お風呂のバスタブでは、しゃがんで体を洗う。立つと、とんでもない事に。
・宿にリンスがない。売っているのも見ていない。
・ドライヤーは持って行った方が良い。
・私が大嫌いなエスカルゴは、養殖したものを食べているらしい。
 その辺に這っているやつは、草ばかり食べるから、草の味がして美味しくないらしい。
・ユーロが安いからと言って、日本で買うより安いものは、あまりない。(紅茶は安い)
・フランス人は、英語を話せるのに、フランス語しか話さない。
 こちらがフランス語を知らないと分かると、仕方なく英語を話す。


夕食は、廻るお寿司屋さんに行きました。
やっぱ、食は日本が一番かな。

END







Last updated  2010年10月08日 19時23分53秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月25日
カテゴリ:フランスツアー

2010年9月25日(土)

ニースの朝。7時に朝食へ。
長く感じたフランスでの食事も、今日で最後。
そろそろ、日本食が恋しくなってきました。

Hotel Royalの朝食

しばらくすると、空が真っ赤に燃え上がり始めました。
この旅では、まだ一度も「日の出」を観ていない。

陽が昇りそう

食事の途中でしたが、部屋のバルコニーに急ぐ。

日の出の瞬間

地中海(コートダジュール)の日の出の瞬間を、撮る事ができました ♪

本場のマカロン

↑ 昨日、街のお菓子屋さんで買った本場のマカロン。
日本では、今までで一番美味しいと思う:海老名の「YANAGI」のマカロンに近いですね。

この後、出発の10時半まで時間があったので、
ニースの街を一望できる展望台に行ってみる事にした。
天気も良いし、きれいそう♪

ホテルの人に、バス乗り場と、バス路線図(14番)と、停留所を教えてもらう。
時間は片道15~20分で、料金は往復2ユーロ。
今まで、ユーロが安くても物価が高いと感じていましたが、バスは安いですね。

バスの路線図

バス

街を抜けて、山を登り始め、ニースの街が眼下に広がってきました!

車窓2

車窓1

バスの車窓からでも十分きれいですが、

バス停

指定の停留所で降りました。(実は行き過ぎて戻ってきたけど。)

空気が澄んでいて、とても美しい街並みですね♪

展望台より1

空港

↑ 空港が観えます。

展望台より2

展望台より3

展望台より4

写真を撮り終わったところで、行きと同じバスに乗って街の広場まで。

街の広場

この後、浜辺までお散歩。

コートダジュール

コートダジュールの海

地中海の海は、きれいですね ♪

海からホテル

そろそろ時間なので、ホテルに戻ります。

良い天気

この景色も、見納めです。
重い荷物を持って、エントランスへ。

岡さんを待っているあいだ、

ベンツで空港へ

↑ ベンツで空港に向かう人がいれば、

チャリンコで空港へ

↑ チャリンコで空港に向かう人も! 上に「Transport」と書かれています。

皆が揃ったところで、空港に向かいます。

有名な建物1

↑ 途中、ホテルの近くにある有名な建物の横を通る。↓

有名な建物2

ニースのシンボルになっている建物らしいけれど、何だろ?

給油中

↑ 空港の直前:給油中に撮影。

空港へ

↑ ニース・コート・ダジュール国際空港へ。

まずは、荷物を預けます。
行きにあれだけハマった、荷物預け所ですが、今度は・・・・。

重さは少しオーバーしていてもOK、長さは測る気配もなし。
スムーズだな~♪と喜んでいたら、
「まだ時間が早すぎるので、もう一度出直してください」と付き返された・・・。

20分待ち。
その間に、ネットに繋いでみた。

ニモの気まぐれ日記

全員荷物を預け終わり、

フライトスケジュール

スケジュールを確認して、残ったユーロを使いまくる。

KL 1264

13:40発の KL 1264で、再びアムステルダムへ向かいます。

Niceバイバイ

↑ ニースバイバイ!

Gourdon上空あたり

↑ 地図的には、一昨日飛んだ「Gourdon(グルドン)」上空あたり。

雪山の上

↑ 雪山上空
もしかしたら、Gourdon でのフライトの時 に、遠くに観えた山々かな??

アムステルダム

↑ アムステルダムへ。運河のきれいな街並みです。

アムステルダムにて、乗り継ぎ時間まで時間を潰す。

アムステルダム空港にて

今回は、スイス、フランス、モナコ公国に行ったのに、
パスポートにそれらのスタンプは1つも貰えず、
なぜか行き帰りにアムステルダムでスタンプを押された。






Last updated  2010年10月06日 22時34分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年09月24日
カテゴリ:フランスツアー


2010年9月24日(金) 後編

モナコ公国観光 の後、宿泊地 Nice(ニース)へと向かう。

地中海(コートダジュール)に面した、素敵なホテルです。

Hotel Royal

ホテルのバルコニー

部屋のバルコニーからは、コートダジュールとニースの街の様子を一望できます ♪

今まで泊まっていた田舎のホテルとは、明らかに違って、
2ヶ月休みのあるフランス人は、こんな素敵なホテルに連泊して、
バカンスを楽しみに来ているのだとか。
チェックインの時に、「 え!? 1泊しかしないんですか?? 」と、驚かれたらしい。
日本人は働きすぎ・・・・悲しくなってきた。

夕食の時間まで、ニースの街でショッピングを楽しむ。

ニースの町1

ニースの町2

ニースの町3

夕食は、岡さんの案内で、シーフードレストランへ。
海に来たら、やっぱりシーフードだね ♪

夕食へ

岡さんのお友達の方もいらして、賑やかな夕食会でした。
お友達の方は、30年ほど前に、岡さんと一緒に飛んでいたそうで、
現在はグリーンランドに行って、カヌーに乗って写真を撮っていらっしゃるそうです。
貴重なお話と、写真を見せて頂きました。

夕食の様子

海老

↑ 海老(ミドルサイズ)

カニ

↑ 大西洋のカニ
カニ味噌が美味しくて、絶品でした ♪

オイスター

↑ 生牡蠣
私は苦手なので食べていませんが、緑のソースがかかっていました。

楽しい夕食会の後は、お友達の方オススメの、100種類のアイス屋さんへ。

100種類のアイス屋さん

アイス

アイス好きの師匠には、たまりませんね~。
さすが、オススメ頂いただけあって、
このツアーで一番美味しい風変わりなアイスでした。

アイスを食べるメンバー

↑ 教会の前で、アイスを食べるメンバー達。

この後、教会の見学に。

教会

普段は閉まっているそうなのですが、運良く入る事が出来ました。
賛美歌に包まれる。

ホテルへと、帰ります。
いよいよ、明日出発するので、飛行機に預ける荷物の長さで引っかからないように、
コンパクトに整理します。

バルコニーからの夜景

バルコニーに出てみると、まだまだ街は賑わっていた。







Last updated  2010年10月06日 18時11分39秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フランスツアー


2010年9月24日(金) 前編


今日は、BAR SUR LOUP の街より、地中海沿岸の Nice (ニース)に移動。

最後に、OZONE本社に寄って、DELTA XS 試乗の感想を伝える。

今日のコンディションについて、飛べるエリアがないか相談したところ、
飛べない事はないけれど、あまりコンディションが良くないため、
観光プランに切り替える。

フランスに来て以来、一日も観光していなかったため、ちょうど良いかも ♪
とは言いつつ、フランスじゃなくて、「 モナコ公国 」を観光する事にしました。
その後に、ニースへ移動です。

モナコ公国は、世界で2番目に小さい国ですが、
これで訪れた国の総数が、17カ国目 となります。

と、その前に。
せっかく観光地に行くのだから、初日に泥まみれにした車 の洗車です。

洗車場

みんなで洗車

↑ みんなで洗車です。これが、フランス式。

車がきれいになったところで、モナコへ向かいます。

モナコへ

渋滞中

↑ さすが、観光地のため、渋滞にハマります。
ここまで来ると、ヨーロッパ中のいろいろな国のナンバーが目立ちますね。

モナコへは、パスポートチェックなしで通過。
以下、車窓です。

モナコ1

↑ 地中海

モナコ2

モナコ3

モナコ4

モナコ5

ここで、車を超狭い駐車場に入れて、街を観光します。

モナコ王国

↑ 観光案内図

ここに来て、このツアーで初めて、日本人観光客を見る。
今まではずっと山や田舎にいたけれど、栄えた街に来たんだな~、と実感する。

ヨット展

↑ ヨット展をやっていました。↓ だから異様に混んでいたのか。

ヨット展の様子

日本のヨットより、大きいです。

queen mary 2

↑ 港には、Queen Mary 2号

レースのトンネル

↑ レースで有名なトンネルらしいです。

ふと街を歩いていると、なんか懐かしい風景が。

どこかで見たことあるような

こんなモナコの街のど真ん中に、「日本庭園」らしい。

日本庭園

日本庭園1

日本庭園2

日本庭園3

アメリカ人観光客の方が、大勢いらしていました。

この後、モナコでランチタイム。

モナコでランチ

モナコでランチの様子

ランチのピザ

↑ アンチョビのピザ。
アンチョビが形になって、入っています。
塩加減がちょうど良くて美味しかった♪

ランチのクレープ

↑ クレープ
日本と違って、皮が厚く、とにかく甘かった。

この後、ニースへ移動するため、再び車に乗ってモナコの車窓を楽しむ。

途中、大きなカジノがありました。↓

モナコのカジノ

モナコのブランド通り

↑ カジノの先には、ブランド通りが。
なるほど、良く出来てらっしゃる。

後編 へつづく。







Last updated  2010年10月10日 11時05分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月23日
カテゴリ:フランスツアー

2010年9月23日(木) Part 3


Gourdon(グルドン)でのフライト の後、一度ホテルに戻ってドリンクタイム。

この後、トップラン組が、ランディングまで飛びたいとの事で、
風が弱まる夕方を狙ってリフライトへ。

私は、フライトには十分満足していたので、
ホテルに残って、くつろぐ事にした。

ホテルでのひと時

久々に、ゆっくりと過ごした気がした。

ドイツ人観光客

↑ 今日は、ドイツ人観光客の方々が、ベンツのバスに乗っていらしていました。

皆が戻ってきてから、夕食へ。
岡さんの案内で、「Valbonne 」という街に来ました。

Valbonne

町の散策1

町の散策2

町の散策3

石畳の道路に、良き町並み。
世界遺産の街 「チェコのプラハ」 を思い出す。


町の散策4

道路の真ん中に、店のテーブルがあります。

夕食

↑ 美食家師匠の直感で、この店に決めました。

皆は、コース料理を注文していたけれど、
連日のフランス料理が、腹にもたれてキツくなってきたため、
私は単品で注文。
フランスパンがサービスで付くので、単品でもお腹いっぱいになりそうだし。

フレンチ1

↑ スープ

フレンチ2

↑ 魚料理

夜の様子

↑ 夜の街の様子

明日は、地中海に面する・Nice (ニース) に移動します。






Last updated  2010年10月04日 23時02分21秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フランスツアー


2010年9月23日(木) Part 2

OZONE本社 お借りした、おNEWの DELTA XS を持って、

Gourdon(グルドン)のテイクオフへ向かう事となった。
あらかじめ見学しておいたランディングはこちら ↓

ランディング

谷間にありますが、とても広くて降ろしやすそうです。

テイクオフへ向かう

↑ OZONE本社の方は、プロトタイプのテストフライトがあるそうで、
テイクオフまで一緒に案内して頂きました。

テイクオフ

↑ テイクオフへ。

Gourdon

↑ Gourdon テイクオフの様子 ↓

Gourdon TakeOff

テイクオフ高度:1100m、ランディング高度:170m、ランディングまでの距離:5.5km

岩がゴツゴツ。
トップランが出来るそうなのですが、ちょっとプレッシャーがありますね。

「今日は良いコンディションだよ!」との言葉に、胸が躍ります♪

早速、おNEWのDELTA XS のお披露目です。

DELTA XS おnew

DELTA XS

↑ 体重レンジが、55 - 70 kg。

35 kg の人でも乗れてしまうのですね。
私は、上限気味かな・・・・。

テイクオフ準備

機体は、骨が入っていて、ラインもライザーも細いです。

DELTAは、試乗された方から良い話ばかり聞き、評判の良い機体。
・速い
・良く浮く
・アクセル踏んでも沈まない

本当かな??

「 おNEWの DELTA で飛んで、ぶっ飛んだら、笑い者だね(笑) 」
と、この時は、冗談交じりで話していた。。。

先にテイクオフしている方々は、モレなくトップアウトして、高く上がっている。
評判の良いDELTA に限って、まさかぶっ飛びなんて、あり得ないよね~。
そう思った。

ウッキーさんと、紀ノ川のミチローさんがテイクオフし、
順調にソアリングしている。

それに続いてテイクオフ。
素直に立ち上がり、一発で問題なく出られました。( スタ沈しなくて良かった。)

DELTA XS TakeOff

↑ 師匠に、おNEWが中古に変わる瞬間を、ビデオに撮って頂きました。

DELTA♪

「良く浮く」と信じていたので、安心していたら、
皆がトップアウトしている中、自分だけ沈んでいきます(大汗)!
なぜだ~!?

このままランディング?

このまま、斜面にランディングしてしまいそう・・・。
せっかくの DELTA なのに、ぶっ飛びたくないよ~。

初のエリアで、初の機体 というリスキーな条件が揃ってしまっているのだけど、
ここは、岩に寄って行かないと上がりません。

岩スレスレ

テイクオフ前に入れた、GoProのスイッチを切る余裕もなく、
斜面・岩場ギリギリの、テイクオフの下を這いずり回る、ドキドキハラハラな様子が、
全部ビデオに撮れていました。

11分30秒。
この時間を、どれほど長く感じた事か!
(苦労の様子が、YouTube ビデオの2:20あたりまで入っています。)

それを乗り越えて、
安定したサーマルで初旋回をしたら、1周で楽々トップアウト!
抜ける時は、とても早かった♪

ここまでの、DELTA の印象ですが、
浮きが良くない(上限のせいがあるかも)、風見効果がほとんどない。
HOOKより一回り大廻り。

NIVIUKのグライダーに備わっている、
「浮きが良い、風見効果抜群、小回りが利く」の3点セットがない。
不安になってきた。

旋回より、8の字の方が効率が良さそうだったので、
ある程度高度を稼いでから、サーマル旋回。
少しずつ、慣れてきました。

Gourdon は、西側に2.5kmリッジが続くのですが、

ドーム

↑ ドームが2km地点ぐらい。

この日は、西風が強く、
西に向くと、DELTAと言えども、スピードは 平均 15km/h。
(岡さんの最新型2-3機でも、スピードが一桁になったりしたそうです。)

ドームから先は、1-2機のグライダーがいません。

リッジはここまで

HOOKだったら、ここまで来れなかったと思いますが、
DELTA だと、あまり沈む事なく楽々。得した気分です♪

ここで、ある事に気付きました。

今日は、
誰もが「気を抜くと潰されるバンピーなコンディション」と言っていたのですが、
(突然、+6 のサーマルを食らうし)

1-2機に乗っているかのような、安定感があり、潰される気配が全くありません。
HOOKに乗っていても、こんな風の強い日は、ピッチングで良く揺らされるのに、
DELTAは、気にならないほど 揺れない。

本当に、2クラスですか??

ARTIK2 に試乗した時 は、明らかに2クラスだって、分かったんだけどな。

リッジ帯

↑ 片手手放しで余裕で撮影できました。 ↓ 景色、雄大です♪

どこまでも続く~

この後、雲底2150mまで上げたり、みんなを追いかけて撮影したり。
すると、風がどんどん強くなり、テイクオフは7mと無線。

地元のフライヤーは、垂直降下してテイクオフ下の斜面にあちこち降りてしまっていた。
メンバーも、ウッキーさん以外はトップラン。
今飛んでいるフライヤーは、私だけ。

しかも、風が吹き抜けてしまうためか、高度は頑張っても1500m。

こんな中、15km/h(向かい風)で、5.5km離れた谷間のメインランへ向かいます。
HOOKだったらトップランしていただろうけど、今日はDELTAを信じてみる事にします。
(岡さんからも、Goサインを頂きましたし。)

ハーフアクセルで、5km/hプラス。あまり沈まずに滑空します。

お城へ

↑ 城の上空へ ↓

お城上空

お城正面

↑ 城の正面

BAR SUR LOUP

↑ BAR SUR LOUP

ハングランチャー台

↑ 途中に、ハングのランチャー台がありました。

海方面

↑ 地中海方面。ニースやモナコはどこかな??

エリア全景

↑ エリア全景。

ランディングへ

ランディング上空にて、高度を500m残し、スパイラルを試す。
ここで導入に失敗し、左の翼端が潰される。
(この時初めて潰れました。)
問題なく直ったため、スパイラルの導入へ。

HOOKと違って、なかなか入らなかったけれど、
安定してコントロールできた。やはり大廻りかな。

谷間のランディングは、垂直降下でした。

Gourdon_GPS

高度

↑ 高度。
高度が落ちる前に、次のサーマルポイントに行き着くので、楽でした ♪

気付いたら、3時間以上飛んでいた。
これだけ、皆が怖がるバンピーなコンディションで飛んでいて、
潰れたのは、自分で潰した1回のみ。
潰れる気配は一度もなかったし、怖いとも思わなかった。

普通だったら、2時間以上飛ぶと偏頭痛のスイッチが入るのに、
あまりにも揺れなくて安定していたため、偏頭痛が来ない。

ちなみに、皆さんがおっしゃる 「硬さ」 については、良く分かりませんでした。

DELTA
乗る者に不快感を与えない、紳士的なグライダー

(安定しているし、偏頭痛になりにくいし、速いし、沈まないしって、意味合いで)

やばいっ、惚れ込んでしまいそうどきどきハート

それが、乗り終わってからの感想です。

フライトビデオは、こちら ↓









Last updated  2012年09月12日 01時27分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フランスツアー

2010年9月23日(木)


BAR SUR LOUP の朝。

BAR SUR LOUP

「天気が崩れる」という予報に反して、良い天気♪

宿泊している「 Auberge des Gorges du Loup 」というホテルですが、

Auberge des Gorges du Loup

朝食が美味しい♪

ホテルの朝食

パンは、焼き立てで、ふっくら柔らかく、
ジュースは、搾りたてのフレッシュジュース♪

美味しい朝食の後は、今注目のOZONEの本社へ!

Ozone 本社へ

思ったより小さい建物ですが、数年後にはビルが建っているかも??

エントランス

まずは、エントランス。

1Fには、今開発中の、プロトタイプの機体・ハーネス・他がたくさん。
耐久試験とか、いろいろな試験を何(百?)回もやった後に、
製品として出されるのですね。
種類がありすぎて、びっくり。開発って大変ですね。

2Fには、試作室。
設計の様子とか、材料からどのように作るのか?とか、
いろいろと見学させて頂きました。

とても貴重なものを、見る事が出来ました。

残念ながら、開発の様子etc の写真は載せられないので、
記念写真を。

記念撮影

ふと機体の棚に目をやると、DELTAのXSサイズを発見!

試乗できないかどうか、岡さんにお願いして頂いたところ、
快くOKを頂けました♪

しかも、誰も乗った事のない、おNEWですって!

岡さん自身も、DELTAのXSサイズは初めて見るそうで、

「日本人で初めて、DELTAのXSサイズ乗るんじゃないの?」
との事。

こんな、1-2機乗りの私で良いのだろうか・・・。

エリアのコンディションも良さそうなので、
早速、DELTAを持って、テイクオフに向かう事にします♪

(ちなみに、師匠も、DELTAのSサイズを借りました。)

とても楽しみです♪






Last updated  2010年09月27日 00時40分33秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月22日
カテゴリ:フランスツアー

2010年9月22日(水)

お世話になった、宿( Les Glycines )のオーナー夫婦にお別れをし、

ホテルのオーナー

昨日 に引き続き、Laragne Chabre( ララーニュ シャブレ )に リベンジへ。

テイクオフにて。
「今日は、間違いなくコンディションが良い」という言葉に、皆 気合が入ります。

テイクオフにて作戦会議

宿の夕食でご一緒した方が、応援見学に来て下さいました。

見学会

明日から天気が崩れる予報で、今日が飛び納め?
岡さんから特別に、クロカンの許可を頂きました。

フランスに発つ直前に購入した、XPeria が、初めて役に立つかも♪

地元フライヤーが出たがらない中で、勇敢にもウッキーさんがダミーでテイクオフ!

ウッキーさん

ソアリングできそうなので、後に続きます。

トップアウト

昨日とは違い、すぐにトップアウト♪

おっそろし~

北側にサーマルを流していくと、かなり恐ろしいです。
潰れて落ちたら、命がありません・・・。

西側稜線

↑ こちらが、西側に続く稜線。

皆が上がってくるまで、1時間ウロチョロ。

西へ

その後、
イギリス人チームのDELTA 2機と、師匠、私 の4人で、西へ走る。

ある程度、西へ進んだところで、雲底2100mに着ける。
そこで、DELTA 2機が北方面に走り出したので、
後ろからヨチヨチと、クロカンスタート!

クロカンスタート

DELTA速い!

「滑空比9.6(DELTA)+ コンペハーネス」に対し、
「滑空比8.1(HOOK)+ 講習生用エアバッグハーネス」というショボイ装備で、
どこまで付いて行けるんだろうか。。。

がんばろ。

谷越え_1

1個谷を越えて、

谷越え_2

2個目の谷を越えて、
先っちょにアンテナがあるのだけど、

アンテナの尾根

そこに行き着く前に、師匠が戦線離脱。DELTA 2機は少し先を北上中。

アンテナまで走ったところで、DELTAに同高度で追い付いた。

アンテナ

この頃、他のメンバーがほぼランディングし、回収車が出発し始め、
先に降りた師匠との無線が、途切れ始める。

こちらは、完全に一人旅。

高度は、2150m。さて、どうする??

クロカンルート

・クラウドストリートは、北西方向に繋がっている。けれど、その先は何もなさそう。
・北東方向には、栄えた町がある。

今日は降りてから、
200km離れた「 BAR SUR LOUP 」 という町まで、移動しなければならないため、
回収に手間取る時間はない。

町なら、回収も楽だし、携帯電話も確実に繋がりそう。
回収車を待つ間、グライダーを連れて町を観光出来るかも♪

もったいないけれど、町に途中下車する事に決める。

町へ

町の上空で、高度が1000m余る(町の高度は、700m)。
適当にウロチョロ動画を撮りつつ、ランディングを探すために高度を使う。

町の中心地

すると、先ほどご一緒した、DELTAの1機が、
町外れの、広い草原に降ろしていたのが見えた。

ラッキー♪

ランディング

余裕を持って、ランディング。

ランディングより

GPS


フライトビデオは、こちら ↓




DELTAの方と、一言挨拶を交わし、
携帯電話で、ランディング位置を連絡する。XPeria が、役に立って良かった♪

どこの町だろ

町をテクテクと歩き、
「 ここはどこの町? 」とばかりに、看板を見回す。

カフェのある、町の中心部へ来たところで、

町の中心地へ

お土産屋さんを見つけ、

お土産屋さん

町の名前を知る。

Serres

ランディング記念に、お土産を買いました。

ランディング記念

絵葉書にハングの絵があるので、ここにもエリアがあるのですね。

この町は、教会も有名っぽいので、回収車の待ち時間が長くなりそうなら、
観光に行こうと思っていたところ、すぐに回収車が到着。

皆様、ありがとうございました。

この後すぐに、「BAR SUR LOUP」に向けて出発。
20時頃、ホテルに着いたかな。

今日のフレンチは、フランスに来て以来、一番美味しかった♪

前菜

生ハムメロン

鴨

プリン






Last updated  2012年09月12日 01時24分35秒
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.