1200674 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

パラグライダー:松田山

2013年03月23日
XML

2013年3月23日(土)


「 そろそろ、ホームに帰らないと忘れられてしまうかも? 」と思い、
家のワゴンR君で、1人松田山へ出掛ける事にしました。

出掛ける前に、
「 しばらくタイヤ圧をチェックしていないから、高速に乗るな。」
言われる。

と言う事で、

0

↑ 下道の、国道246号線1本で行く事にしました。

自宅から国道246号線へは、
200 m 先を一回曲がるだけで辿り着ける。

246

↑ そこから 35 km まっすぐ走ると、
集合場所の、松田山LZのかなり近くまで行けます。

いくら方向音痴な私でも、迷わずに済みます ♪
自宅を 8時15分に出発する。

1

↑ けれど、隣町の厚木から渋滞にハマり、
チャリンコに何台も抜かされ、
象バス出発時刻の9時半に間に合うか、微妙になってきた(汗)。

土日の朝は、混まないと思ったんだけどな~。。。

2

↑ なんとかギリギリ、9時半に間に合いました~!
35 km 走るのに、1時間15分もかかったわけです。
高速に乗れば、40分ぐらいで着くのに。

9時40分に、象バスが出発。
テイクオフに着くと、どん曇り。

3

↑ 大学の、K先輩がテイクオフ。

K先輩は、電車で担いで来たらしく、
どこかの駅の近くまでクロカンして、そのまま電車に乗って帰るらしい。
どこの駅まで行けるか?頑張って下さい!

ここで、事前に出した23日のエマグラムをチェックしてみましょう。

9時

↑ 23日 午前9時。
テイクオフの高度 = 450 m ≒ 950 hPa は、弱い北風です。
この時点で、高層雲が張っていますね。

松田山のテイクオフは、南西を向いています。
弱い北風であれば、横から回り込んで正面の風になり、
テイクオフできない事はないかも?

12時

↑ 23日 お昼の12時。
テイクオフの高度では、弱い東北東の風。
高層雲は更に厚くなりますが、気温減率が良いです。

15時

↑ 23日 午後3時。
テイクオフの高度では、弱い東南東の風。
高層雲は薄くなり、気温減率は、若干悪くなるがあまり変わらず。

という事は、12時~3時の間にテイクオフすれば良いのですね。

12時までにテイクオフしたメンバーは、
ほとんどがトップアウトする事なく、ショートフライトのぶっ飛び。

いつもだったら、1時間経っても誰も降りないのに・・・。

お昼の鐘が鳴った頃には、ほとんど人数がいなくなり、
リフライトにも上がって来ないし、
このまま1人残されても寂しいので、出る事にしました。

人数が少ない事もあり、テイクオフの風を慎重に選ばせて頂きました。
3つの吹き流しがキレイに正面を向いていれば、
テイクオフ直後に、上がる確率が高いと、経験的に思います。

ニモは、12時10分にテイクオフ。

すると、おかげさまで、直後に上がりました ♪

5

↑ こちらが、今年新しく広がったテイクオフ。
オーナー様、ありがとうございます!
写真のように、2機広げてテイクオフ出来るようになっています。

木材の色の違いを見てみると、長い年月をかけて、
少しずつ広くなっていった様子が分かります。

00

↑ 私が松田山で初めてフライトした、
2007年10月の写真があったのですが、
ほとんど右側しかなかったのですね。
トイレも、ありませんでした。

予定

↑ 将来的には、いつか図(予定)のように広くなるらしい。
※ トイレは、昨年あたりから使用させて頂いています。

皆が気持ち良く飛べるようにと、
どんどん、良いエリアになっていきますね。
感謝致します。

4

↑ 更に高度を上げ、隣の尾根へ渡ろうとすると・・・、

なんだかヤバイ予感。

理由は分からないのですが、こういう時の勘は良く当たるものです。
高度があるうちに、ランディング方面へ逃げます。

6

↑ やっぱり。。。ね。

-4 m/s の激しいシンク帯が続く。

7

松田山の場合は、テイクオフしてからランディングまで、
ほとんど安全に降ろせるところがありません。

東名高速道路の手前に、猫の額のようなところが数か所ありますが、
ツリーランをせずに降ろす事は、難しいです。

高速道路には絶対に降ろせませんし、
高速道路を越えてからは、御殿場線、住宅地が続くので、
ランディングのある河原までは、どこにも安全に降ろす事ができません。

8

↑ 高速道路の手前まで来たところで、
やっとシンク帯から抜け出しました ♪

9

なんだか風がおかしいので、安全に降ろすことにします。

たぶん、20分ぐらいしか飛んでいないと思います。

後から聞いた話ですと、
あの時間帯は、北風(裏風)がかぶっていたので、
吹き下ろしの風にハマっていたようです。

普段のコンディションであれば、
ぶっ飛びでも余裕でランディングに届きますが、
北風の強い吹き下ろしにあうと、
2-3機でもランディングに届かなくなると、以前に聞いた事がありました。

12時過ぎても、まだ北風が残っていましたか・・・。

10

↑ 機体を畳んでしばらくすると、丹沢から数機飛んできました。
丹沢では、1950 m まで上がり、+ 6 m/s のサーマルがあり、
減率が良かったらしい。

松田山でも、
13時以降にテイクオフした人は、シアーに乗ってビックフライト!

後、1時間待てば良かったのですね。

11

↑ リフライト組が降りてきて、

12

↑ 本日の勝ち組:AYAちゃんを、みんなで迎えます♪
りんごケーキ、ありがとうございました。

13

↑ M井さん、元気になって本当に良かった!
いろいろと、ごちそうさまでした。

14

↑ 妖怪のタンタカさんが試着。

15

↑ え? 強くなったって??

16

↑ 懸垂も軽々!?

17

↑ 最後に、丹沢からタンコテさんが降りてきて、
終了となりました。

18

↑ 私も電動チャリでこれが出来たら、電車通勤が楽になるのに。

19

↑ 帰りは、タンタカさんに渋滞回避ルートを教えてもらいます。
GPSでトラックを取ります。

20

↑ え??曲がり過ぎだよ~(汗)。

21

覚えられん・・・(泣)。

厚木の246まで誘導して頂き、後はまっすぐ帰れそうです。

ちなみに、タンタカさん、
赤信号に捕まった時に、ちゃんと待っていてくれました。
空では、待ってくれないのに(笑)。

22

↑ おぉ!圏央道。明日歩きに行こう ♪

23

↑ 無事、帰ってきました~。

迂回ルート.jpg

↑ 帰ってからログ(オレンジ)を見てみると、
渋滞する黄色いライン(246号線)を回避したようです。
20回以上曲がる道は、さすがに覚えられません。。。

渋滞にハマってでも、1本道で帰るしかない・・・かな?






Last updated  2013年03月24日 20時59分39秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年02月10日


2013年2月10日(日)

昨日、松田山にグライダーザックを置かせて頂いたので、
今日は、
行きは空身で電車で行って、帰りは担いで帰ってこようと思っていたのだけど、

母に、「家の車にガソリンを入れてきて。」と頼まれたので、

0

↑ うちのワゴンR君で松田山に向かう事にしました。
8時20分に出発します。

1

↑ 海老名ICから高速道路に乗る前、
大山と富士山がクッキリ綺麗に観えました ♪

こんな風に大山を眺めながら、この町で育ってきたのです。

今日は、あそこ(大山)から、こっち(海老名)を眺めてみたい!
そんなフライトが出来たらいいな~♪ と、気持ちが高ぶってきました。

東名高速道路は、どこの車線も平均時速が 80 km/h。

2

↑ 東名高速道路の出口で道を間違えたので、9時にエリアに到着。
何度も通っているハズなのに、なんで間違えるんだろ??(笑)。

3

↑ しばらくすると、先生がチャリンコで爽やかに出勤してきました。

さすが先生!
私は、真似できませんわ。。。
( そもそも、My 電動チャリ でグライダーを担げるものなのか?? )

4

↑ 象バスの出発時間までの間に、
「 どのメーカーのホッカイロが、一番温かいか? 」
という話題で盛り上がっていました。

そう言えば、ハーネスがポッドになってから、
ホッカイロを貼ったことがないや。
エアバッグハーネスの時と比べると、比べ物にならないぐらい温かいですね ♪

今日は、コンディションが良さそうなので、
9時半頃に象バスが出発しました。

5

↑ 今日は、とても賑やかです。

ダミーが高く上がりはじめてから、
テイクオフの順番を決める、じゃんけんタイム。

6

じゃんけん、チョキ!!

結果は・・・、

7

負けました(悲)。

8

↑ 早いほど良さそうですが、ニモは11番手です。

9

↑ 今日は、昨日の反省から、細い髪ゴムを使います。
これで、偏頭痛対策は大丈夫!

ニモは、11時35分にテイクオフ。

始めは、
+ 50 m 近辺でウロウロしつつ、大きなサーマルを待ちます。

一度目のタイミングに乗ったメンバーは、
1500 m で丹沢へ突っ込んで行きました。

あ”~~、乗り遅れた・・・。いいな~。

ニモは、二度目のタイミングで 1250 m まで上げる。
1-2機で丹沢へ突っ込むのには、
このくらいの高度があればチャレンジ出来そうです ♪

10

↑ ここからは、三角山( 次のサーマルポイント )まで 5 km のグライドです。

その後は、タイミングが悪いと、ここで降ってしまいます。
三角山は、サーマルが発生している時と、そうでない時があります。

なので、出来るだけ高い高度で、三角山に着きたいです。
最初に 1500 m でスタートしたメンバーを見ていると、
三角山でのたうち回っています・・・。

今突っ込んではダメ!

松田山のサーマルで、少し時間稼ぎが出来そうだったので、
三角山の機体が上がってくるのを待つ事にします。

三角山は、今までの経験からすると、
高度が低いほど風が強く( 吹き抜けにハマるから? )、
1-2機の軽量級だと、まず前に出ません・・・。

前に出なくなってしまったら、諦めて降ろすしかなくなるので、
タイミングはとても重要なのです。

しばらくすると、三角山の機体が高く上がってきたので、
「 今だ~! 」と、突っ込んで行きました。

結果、800 m で三角山のサーマルにヒット ♪
この高度なら、前に進む事が出来ます。

荒れ荒れのサーマルとタコ踊りをしながら、
「 負けないぞ~! 」と気合を入れて、頑張って上げていきます。

11

↑ なんとか上げ返しに成功し、次の尾根へ突っ込みます。
丹沢の山に入ると、急にひんやりと寒くなりますね・・・。

12

↑ 丹沢の稜線まではエレベーターで楽々 ♪
ここまで来てしまえば、稜線上は楽に移動できます。

13

↑ 念願の大山(山頂)が、近付いてきました ♪
今年はまだ、「 大山阿夫利神社 」に初詣に行っていません。

ここから先は、降ろすところがないので、ちょっぴりドキドキです。

14

ちょうど、
黄緑のメンター2(1-2機)の方が、ダミーになって下さいました ♪
グライダー性能がニモと大きな差がないので、とても心強いです!

15

↑ おかげさまで、焦る事なく、「 大山阿夫利神社 」を取ったど~!!
登山客が、大勢いますね。

今年も1年、無事にフライト出来るよう、宜しくお願いします。

大山上空でセンタリングを続けていると、

16

↑ 東側の沖に、海老名の町が観えました!( というか、分かりました。 )

今まで何度か大山には来ていましたが、
海老名の町がどこだか分かっていませんでした。

海老名を代表する高いビルが2つと、オレンジ色のビナウォークが観える。
肉眼で、ハッキリ観えます!
さっきは、あそこから大山を眺めていたんだね。
メッチャ感動!!

無事、大山でお参りを済ませ、
来た道を戻っていきます。

メンター2の方とは、二ノ塔でお別れしました。
丹沢エリアの方ですね。
このまま、松田山まで連れて行って欲しかったです・・・。

ここで、
「 松田山の手前のゴルフ場で 1300 m。松田山へ向かいます。 」
と、丹沢から飛んで行ったクラリスさんが無線を入れていた。

え!?
そんなに高く行けるの??
どこを通ったんだろ・・・。

「 教えて欲しいな~。 」 と思いつつ、丹沢の稜線を戻っていくと、

17

↑ ハングが、雲の下で上げていました。
ニモも、雲を目掛けて前に出してみるが、間に合わず(悲)。

鍋割山を経由して、
栗ノ木洞の上空で、できかけの雲を狙って、1800 m まで上げます。

18

↑ さて、ここからどう帰る??

直線距離では、向かい風の中、約 10 km のグライドになります。
これは、初級機の滑空比だと、結構ツライです。

この時間帯は、松田山へ帰る機体が見当たらない・・・。
単独飛行になりそう(汗)。

確率的には、西側のシダンゴ経由が良いのでしょうが、
たった1人で突っ込む気になれず、
柳川や、松田山の手前の小田原カントリーのサーマル頼みで、
真っ直ぐ突っ込む事にしました。

その途中、かなり低い高度で柳川へ向かうH川さんを発見。
おぉ!これだけ高度差があるダミーはありがたい ♪
と思い、付いて行くが、柳川が上がる気配がない・・・。

柳川を通り越して、

19

↑ 高度は、800 m。

さて、どうすれば帰れる??

作戦1

↑ まっすぐ突っ込むと、谷間にハマるからダメだよね。

作戦2

↑ 横から回り込むのは、南風の吹き抜けにハマるよね・・・。

作戦3

↑ ゴルフ場のサーマルに賭けて、ダメなら柳川に戻るしかなさそう。

けど、雲ができる気配がないんだよね~・・・。

20

↑ 結局、何も当たらずに、後ろに振り返る。
柳川のサブランにランディングしました。

この後、機体を畳んでいたら、
オーナーがかなり低い高度で柳川に来て、 800 m まで上げ返し、
松田山まで戻って行きました。

自分もそのぐらいの高度があったんだけどな・・・。
オーナーは戻れるのに、なぜ私は戻れないのでしょう・・・。

やっぱ、コース取りが悪かったのですね。

22

2時間48分のフライトでした。

高度

HogMap は、No.14323 です。

ここで機体を畳んでいると、ご近所のいろいろな方から話かけられます。
だいたいの人が、「怖くないの?」と聞いてきますが、
そのうちの1人の方が、
「 あなた、降りてくるのが今まで見た人の中で、一番上手だったわよ。 」
と言ってくださり、ちょっとビックリ!というか、とても嬉しかったです ♪

きっと、ぬかるんだところに機体を落としたくなくて、
必死に走り込んでいたところを、見てくれていたのでしょう。

片付けが終わる前に、
TU144さん?(ニックネームが良く変わりますね。)が回収に来て下さいました。
ありがとうございます!

21

陽が沈むと同時に、渋滞する246を、1時間半かけて帰って行きました。







Last updated  2013年02月12日 02時14分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年02月09日


2013年2月9日(土)

8時05分に、パラザックを担いで、自宅を出発します。
目的地は、ホームエリアの松田山。

そろそろ、自宅から公共交通機関を使って、
エリアに向かうルートを開拓しておきたいのです。

自宅から一番最寄りの電車の駅へは、
600 m 担ぎ降ろした後に、400 m の距離を担ぎ上げないといけません。

それは・・・体力的にどうかな?と、不安になったので、

DSC_0317

↑ 自宅から 400 m 坂を下ったところにある、
コミュニティバスのバス亭まで歩きました。

DSC_0318

↑ 市のバスなのですが、一時間に1本ぐらいしかなく、
一番早くて、8時20分発のバスです。

これに乗ってエリアに向かうと、どう頑張っても 9時40分着。
テイクオフに向かう象バスに間に合うか、微妙な時間になります(汗)。

今日は、早い時間帯は北風予報だったので、
象バスの出発が少し遅くなるだろうと読んで、このルートで行く事にします。

バス亭でバスを待っていたら、近所の人が通りかかって、
「 そのザックは何キロぐらいあるんですか? 」と聞かれて、
答えると、かなりビックリされていました。

それから、3分遅れてバスが到着しました。

このバスは、住宅地を回って海老名駅に向かう小さなバスです。
乗った頃には空いていたのですが、
途中のバス亭で、家族連れとかが乗ってきて、
ザックがかなりジャマになってしまった・・・。
ハーネスがかさばるので、これ以上小さくならないんだよね~。

このルートは、ちょっと考えものかな。。。

DSC_0319

↑ 駅のバス亭からエスカレーターを上って、

DSC_0320

↑ ここからは、電車です。

DSC_0321

↑ この電車、土曜日も遅れるのね・・・。

空いた電車に揺られる事、35 分、

DSC_0322

↑ 5~10分遅れで、目的駅に到着。

地図

↑ 新松田駅からは、1.5 km ぐらい平坦な道を担ぎ歩きます。

DSC_0323

↑ テクテク歩く事 15 分。
9時45分に、エリアに到着。

パラ人生で初めて、自宅から担ぎ歩いてエリアに到着出来ました!
最初に、バスに乗って楽をしたからかな・・・?

けれど、慣れない事をすると、疲れるものですね。
オーストラリアのクロカン でも、担ぎ歩きは極力避けてきましたから(苦笑)。

DSC_0324

↑ 象バスにも、間に合いました ♪

DSC_0325

↑ 今年初の松田山ですが、
ランチャー台が広くなっていました ♪
オーナー様、ありがとうございます!!

今日は、人数が少ないためか、
テイクオフの順番を決めるジャンケンはなしです。

担ぎ歩きの疲れが取れるのを待って、ゆっくり準備します。
今日は、メッチャ寒いです・・・。

Jリーガーのメンバーは、大山 → 矢倉 → LZ というタスクを組んで、
次々にテイクオフしていきました。

そうそう、今日は家にカメラを忘れてきたので、空撮写真はありません。

ニモは、12時20分頃にテイクオフ。



↑ 報道班ビデオ。
コメント:しっかり立ち上げましょう。
( アドバイス、ありがとうございます! )

出てみると、渋めのコンディション。
テイクオフのレベル + 50 m を行き来して、
たま~に + 300m上がるサーマルが来ます。

サーマルを裏に流していくと、1000 m オーバー( + 550 m )する様子。

このチャンスが、20分に一度程度しか来ないのですが、
1度目のチャンスに乗ろうと、4機でガグリング。

そのうちのK町さんだけが、1200 m まで上げて、
裏の丹沢へ余裕を持って突っ込んでいきました。

ニモは、1050 m までしか上がりませんでした・・・。
コアがうまく捉えきれなかったからです。
修行が、足りません。

自分の装備性能を考えると、やっぱり 1200 m は欲しいところ。
次のチャンスを待つために、丹沢行きを諦める事にします。

しばらくすると、
松田山の東の突端で、H川さんが1人高く上げていました。

そのサーマルに乗るべく向かってみるが、タイミングが合わず・・・。

それから、東の突端からテイクオフ前まで戻ってくると、
急に偏頭痛のスイッチが強くなり始め、強い吐き気がこみ上げてきました(大汗)。

う”~~、偏頭痛の末期症状が出てしまったか・・・。
何度かゲップが出始めてる・・・(焦)。

やばひやばひやばひやばひヤバイ!!
慌ててランディング上空に向かうと、テプコさんが高度処理をしているのが見えた。

いいな~、テプコさん。
自分もすぐに降りたいのだけど、スパイラルは気持ち悪くなるので出来ない・・・(汗)。
なるべく機体を揺らさないようにして、ランディングしました。

DSC_0326

1時間のフライトでした。

他のみんなは、全然降りてこないよね~。

ランディングでテプコさんと二人、ポツンとしていました。
テプコさんも、体調が悪かったのかな?

なぜ、今回急激に偏頭痛が出てしまったか?ですが、
前髪を太い髪ゴムで纏めていて、その上にメットをかぶっていました。
そのために、メットと頭皮の間に隙間が出来て、
そこに今日の冷たい空気が流れ込んで、頭を冷やしてしまっていたのです。

頭の冷えは、偏頭痛にはとても悪いのですが、
更にゴムで圧迫してしまっていました。

なぜ前髪をゴムで纏めていたか?ですかって?
この際書きますけれど、
私、頭のてっぺんが、円〇〇〇症になってしまったんです・・・。

人生2度目です。

一度目は、中学1年生の頃でした。
初めは、このまま毛が生えてこないんじゃないか?って焦りましたが、
女性の場合は、強いストレスが原因なので、時間が経てば元に戻るらしい。

よく、「 新しい職場でのストレス? 」って聞かれるのですが、
新しい職場は、
親切な方ばかりですし、通勤時間が短く、定時に帰してもらっているので、
ストレスを感じていないハズです。
多分、これからが大変になってくると思うけれど。

症状が現れてから、原因は2~3カ月前である事が多いらしく、
2つ思い当たる節があるのですが、
一つは解決していて、もう一つは・・・。

勘の良い方は、分かるかもしれません。
これ以上自分を崩さないように、
今年からは、行動に出ていかないといけないですね。

今度からは、小さな髪ゴムにしよう。

この後、偏頭痛の薬を飲んだのですが、
吐き気が出るところまで悪化させてしまうと、なかなか治らないです。
お誘い頂いていた夕食会に、参加出来なくなってしまって、ごめんなさい。

H川さん夫妻に駅まで送って頂いて( ありがとうございました )、
帰りは、空身で電車に乗って、1人家まで帰りました。

行きも帰りも担ぎ歩くのには、もう少し体力が必要なようです。







Last updated  2013年02月12日 19時22分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月16日


2012年12月16日(日)

エリアヤマザキの忘年会 の翌日。

CIMG3540

民宿 「 青い空 」での朝。

CIMG3538

↑ ここから丹沢や大山を眺めると( 写真では薄く観える半島? )、
海の上に浮かびあがっているように観えるので、とても不思議です。

CIMG3537

↑ 朝食も、とても美味しく頂きました ♪

CIMG3542

↑ 宿を後にします。
お世話になりました!お料理が新鮮で、とても美味しかったです ♪

真鶴からゾロゾロと、エリア( 松田山 )に向かいます。
ランディングでは、今日から来たメンバーも合流し、賑やかになりました。

CIMG3543

↑ テイクオフに上がりました。

昨日の雨で地面は湿っているし、朝から気温が高いため、
上昇率が悪そう・・・。

ソアリングが難しい状況ではありますが、

CIMG3544

↑ ダミーのタンタカさんから、テイクオフ。

5人のダミーが飛んでから、テイクオフの順番を決めるジャンケンタイム。

CIMG3545

↑ ジャンケン、パー!

・・・、負けた(悲)。

いつもは、早い順番から埋まっていくのですが、
ダミーを見る限り、今飛んでもソアリングが厳しい状況なので、
後ろの順番から埋まっていきます。

CIMG3546

↑ ジャンケンに負けたニモは、5番目になってしまった・・・。

ダミー、ジャンケン負け組 のほとんどがぶっ飛ぶ中で、
ダミーで出たアンドロイドさんだけが、+ 100 m 付近で長時間粘っています。
こういうところで、差が出るのです。

エリアヤマザキの会員は、
テイクオフのタイミングを自由に選べないところが難しいのですが(運次第)、
どんな条件でもソアリング出来るように、腕を上げなければいけない。

準備をしていたら、すぐに自分の順番がきて、



↑ テイクオフの動画を、報道班に撮って頂きました。
ありがとうございます!

コメント : 「 ちょっと押さえが、いつも足りないね~ 」

確かに、いつも抜かれ気味かも。
今後は、気をつけてみます。

163551033_624_v1355683351

↑ 写真も、撮って頂きました。
ポッドハーネスになって、日が浅いのですが、
こんな感じに乗っていて、良いのでしょうか?

出てみると、
サーマルがなくて、ときどき狭い範囲に発生する 激渋のリッジだけ。

私の中では、テイクオフ( 450 m )より 50 m 高度が下がったら、
山から離れてランディング方面へ向かう事にしています。
※ 300 m 以上の高度で、東名高速道路を越えなければなりません。

この 50 m が勝負なのですが、
今のコンディションでは、私の技術では上げられません・・・。
常にリッジが発生していれば どうにかなるのですが、
わずかに上がるタイミングより、下がるタイミングの方が多い。

あっと言う間に、50 m を失って、

CIMG3547

↑ 沖へ逃げます。

CIMG3550

↑ 東名高速道路上空。
ここで復活する事も多いのですが、まだ地面が湿っているかな。
上がりません。

CIMG3551

↑ ランディング近辺も、上がりません。

CIMG3554

↑ 最後に、水たまりを慎重に避けて、ランディング。
18日に、福岡空港に機体を送らなければならないので、
泥だらけになったらショックなので・・・。

あっという間に、ぶっ飛んでしまった。
ニモの実力は、こんなものさ~(苦笑)。

ここでリフライトに上がるか聞かれたのですが、
・ 福岡空港に送るために、機体をキレイにパッキングしないといけない。
・ ここで飛んでヘマをしたら、オーストラリアに行けなくなるかも・・・。とネガティブに。
・ 家に帰ったらやる事がたくさんあるので、早めに帰りたい。

以上の理由により、
2012年国内最後のフライトを、ぶっ飛びで終えました。

思い返せば、2012年国内最初のフライト も、ぶっ飛びでした。
( ぶっ飛びと言うか、吹き飛ばされただけ?? )
ぶっ飛びで始まり、ぶっ飛びで終わる??

こんな事で、マニラでクロカン出来るのか!?

と言う事で、次のフライトは、オーストラリアになります。
そこでは、ぶっ飛びでは 終わらせないさ~ ♪ ホント??

機体をパッキングしていたら、

CIMG3555

↑ Mさんが、ハーネスの調整をして下さいました。

Skypper ですが、サイズ表を見るとSサイズが丁度良く、
飛んでいてもSサイズで丁度良いのですが、テイクオフで背負うと、
座板が膝の裏に当たって、歩きづらいのです。

あまり大きな声では言いたくないのですが、
「 私って足が短い・・・ 」という事実を改めて実感して、メッチャ泣きたくなります。
あのサイズ表は、外国人の方の足の長さを考慮して作成されている気がする。

Mさんが見た限り、肩ベルトが長すぎるから座板が下がっているようなので、
調整で、気持ち少し上げて頂きました。
ありがとうございました!

さてと、家に帰ったら、いろいろと準備を始めないといけませんね。







Last updated  2012年12月18日 12時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月15日


2012年12月15日(土)

忘年会シーズンですね。

本日15日は、ホームエリア : エリアヤマザキ(松田山)の忘年会。
ご近所のエリアのいくつかも、忘年会。

けれど今日は、朝からあいにくの雨。
夕方から集まり始めました。

CIMG3493

↑ 幹事さん、ご苦労さまでした。

オーナーのお友達のお宿「 青い空 」にて。
宴会&宿泊、美味しいお料理&お酒で大いに盛り上がります!

CIMG3497

↑ まずは、かんぱ~い!

CIMG3498

↑ 豪華なお料理が、次々と出てきます ♪

CIMG3503

↑ 大きなお舟に、地元真鶴の新鮮な魚介類がたくさん ♪
ブリが甘くて、とっても美味しかったです!
新鮮なものほど、甘みが増すのだとか。

それから、苦手なウニがとても美味しくて、いくつも食べてしまいました。
100円の廻るお寿司ですと、食べられないほどマズイので、
「嫌いなんだ。」と、思い込んでいました。

ホント久々に、美味しいものを頂いた気がします ♪

CIMG3512

↑ お舟には、変わった魚が乗っていました。

CIMG3515

↑ サヨリの焼き魚も ♪

CIMG3504

CIMG3510

CIMG3514

↑ オーナーが持っているのは、「 サザエの肝 」です。
貝類が食べられない私でも、美味しく感じられた一品です!

ここで、メンバーひとりひとり、
今年の反省点 etc と来年の抱負を語ります。

CIMG3517

CIMG3518

CIMG3520

CIMG3521

パラにかける情熱、目標は人それぞれ。

ニモしゃべる

↑ 私が何と言ったか?ですって??
えっと・・・、「 ニモ = 三輪車 」って、なんですか?
メンバーのみが知る用語??

そうそう、話題に上がった、私が着ているウインドブレーカーは、
ロゴス DAISY LIPNER レディスウインドブレーカー・ユリウス 33800
【レディース/女性用】【レインコート/レインウェア/レインスーツ】【カラー/サイズ選択式】


これ、ペラペラと薄いのですが、
Tシャツの上にこれを羽織っただけで、体温を逃さずに温かくて、
宴会の途中に暑くなり過ぎて、終いには半袖のTシャツ1枚で大丈夫でした。

「 寒さに強いの? 」と、皆から聞かれましたが、
私は、寒さには激弱です・・・(汗)。
お酒を飲んでいないので、身体は温まらないハズですし。

CIMG3529

↑ 最後に、オーナーから。
今年一年、気持ち良く飛ばせて頂きまして、ありがとうございました!
来年も、宜しくお願い致します。

CIMG3527

ここで、オーナーから「 松田山は、どうですか? 」と聞かれ、

「 100エリア以上飛んできた中で一番苦手なエリアであり、成長できるエリアです。 」
と答える。

私の中では、松田山は難しいエリアなのです。

1) テイクオフとランディングの間には、東名高速道路、御殿場線、住宅地があり、
それら全てを越えなければなりません。
ランディングまでの間に、東名高速道路の手前にエスケープがありますが、
猫の額のようなところで、降ろすのはとても難しいです。

2) 機体性能の差がハッキリ出るので、初級機にはとても不利です。
移動範囲が大きいので、
次のサーマルに当たるまでの滑空比が足りない場合が多い。
風の吹き抜け部分、山の奥地など、風に捕まると、機体が前に出ません。

3) 1)~2)を考慮すると、
ファーストサーマルを逃したら、ランディングに向かわないといけません。
大きなサーマルは、20分に一度程度の間隔でしかありませんし、
強風の場合は、最後までサーマルを追いかけると戻れなくなるので、
途中で諦めるしかありません。
そんな条件で、いかにステイをするかを試されます。
松田山をクリアしたら、裏の丹沢ではメッチャ怖いサーマルが待っています。

4) 技量の差がハッキリ出るエリアです。
一度判断を誤ったら降ってしまうので、コンディションを読む洞察力が試されます。

妖怪クラスのメンバーは、どんなコンディションでもビッグフライトをします。
初級機でも、ビッグフライトをするフライヤーも来ます。

周りのメンバーがスゴ過ぎる中で、自分はショボショボで、
松田山でフライトをしていると、
自分は雑魚だな~って、いつも凹んでしまいます。
そんなわけで、ホームエリアなのに、一番苦手なエリアなのです。

逆に言えば、まだまだ成長する余地がたくさんあると言う事。
話を聞いてみると、
周りには、パラ歴20年以上のベテランフライヤーの方ばかり。
いろいろな技術を、吸収させて頂きたいです!

ここで満足して飛べるようになれば、どこのエリアに行っても通用すると思います。
私は、まだまだ先が遠いのですが・・・。

CIMG3524

↑ ごちそうさまでした!お料理、とても美味しかったです ♪

CIMG3530

↑ 二次会も、盛り上がります。

二次会の途中、針師のKさんに鍼を打って頂きました。

CIMG3532

二次会中に右側に偏頭痛があったのですが、鍼のおかげで治りました!
ありがとうございました ♪

エリアヤマザキの皆さま、今年1年お世話になりました。
来年も、宜しくお願い致します!







Last updated  2012年12月17日 17時04分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月18日


2012年11月18日(日)

今朝は、月に一度の腹痛日に当たってしまい、朝はのんびり。

とりあえず飛べそうなので、
9時半に自宅を出発して、ホームエリアに向かう事にしました。

01

↑ 10時半頃にエリアに着くと、
ちょうど、飛び始めた頃でした。

前日の大雨の影響か、とても渋そうです。

腹痛がひどかったので、すぐに飛ぶつもりがなく だべっていたら、
テイクオフの順番を決めるジャンケンをする事になりました。

02

↑ 当然、後ろの方を選ぶ。

しばらくは、ぶっ飛びコンディションが続きましたが、
ジャンケン組の後半からコンディションが良くなり、
自分の順番は、結構良い位置だな~と思っていたのだけど、
まだお腹の調子が悪く、飛ぶつもりがありません。。。

どうしようか?と思っていたところ、リフライト組が大勢上がってきたので、
「 順番を譲って欲しい方いますか? 」と、募集してみました。
すると、ハヤシさんが瞬時に手を挙げたので、お譲りする事にしました。

その交換条件として、
「 講習します。 」とおっしゃって下さったので、こんな条件を希望しました。

ニモを大山まで誘導して、松田山のメインランディングまで送り届ける事。

大山には、
今まで2度行っているのですが( 1回目2回目 )、
完全に、松田山のメインランディングまで戻った事がありません・・。

この条件に、
ハヤシ先生は、快くOKして下さいました ♪

けれど、先生は IP 6 で、生徒は 1-2機。
ちゃんと、待ってて下さいますかね~?って、みんなに笑われてしまった。

お譲りした順番の後に、更に10人が飛んで、
やっとお腹の調子が軽くなったので、飛ぶ事にしました。

前回の朝霧 で、新ハーネスの調整が終わったので、
このフライトが、まともにデビューするフライトとなるでしょう。

ニモは、13時46分にテイクオフ。

03

↑ タイミングが良く、すぐにトップアウト。

まだまだハーネスに馴染めていないため、
いつものように、グイグイ上げられません・・・。

コアに弾かれて、コアに戻って・・・の繰り返しで、ぎこちなく上げます。

05

↑ なんとか雲の上まで上げて、1450 m !

この時、時刻は14時10分。

・ 慣れないハーネスの不安
・ 時間が遅過ぎて、コンディションが長く続かなさそう

少し迷いましたが、
松田山で1400 m 以上上がる事は、なかなかないので、
裏の丹沢にチャレンジする事にしました。

04

↑ とりあえず、丹沢の稜線には雲が続いているので、
あそこまで着けてしまえば、ハイウェーに乗れそう ♪
行けるところまで行ってみよう。

06

↑ まずは丹沢の入り口。三角山のサーマルを狙います。

この時、鍋割山方面から下ってきたタンタカさんとすれ違う。
『 タンサカさん、サーマルのありかを教えて! 』と願うが、
どこも当たらずに松田山方面へ戻って行ってしまった。

この時間帯、サーマルがないの!?
一瞬焦りましたが、
高圧線の奥まで突っ込んだところで、お助けサーマルにヒット。

雲底は、1500 m くらいか。
雲底に張り付いて、丹沢の稜線を走って行っても良かったのですが、

07

↑ 面倒なので、雲の上まで上げて、沖の方を走って行く事にしました。

紅葉がキレイなので、ふと下を見降ろすと、

09

↑ 花立の尾根に、大山帰りの「 先生 」を発見!

おぉ! こんなに早く講習を受けられるとは ♪
早速、お願いしてみましょう!

結果、
先生は、もう一度大山に行って下さる事に。
ここから講習が始まりました。

「 その高度(1500m)があれば、ダイレクトにニノ塔に突っ込んで。」
とおっしゃるので、

10

↑ 二ノ塔に向かいます。

11

↑ 途中の三ノ塔には、たくさんの登山客がハイキングしていました。

二ノ塔で、1450 m まで高度を上げ返すと、
「 その高度があれば、厚い雲の下をそのまま大山へ行けるから。 」
と、先生から無線が入る。

12

↑ え!?
こんなに低い高度で、ダイレクトに突っ込むんですか!?

この付近は、
降ろすところがない上に、高圧線を2本もクリアしなければならない。

気持ちが沖の方に向いていたら、
「 無線、聞こえていますか? 」と言われてしまった。
聞こえていますけれど、怖いんですよ~。

岳ノ台で弱いサーマルを拾いつつ、先生に先行して頂く事にしました。
これが、ラストサーマルでした。時刻は、14時50分。

13

↑ ニモより低い高度で、誘導して下さいます。
メッチャ紳士ですね ♪ とても嬉しく思います!

14

15

16

↑ おかげさまで、焦ることなく大山に到着 ♪

17

↑ 大山の山頂に、こんな山小屋があったのですね!
いつもは高い高度で行くので、気付きませんでした。

この後、大山で上げ返して帰りたいところですが、
すでに、サーマルが終わってしまっていました・・・。

行きは、先生を見降ろしながら進めたのに、
帰りは、先生を見上げながら帰る。

斜面は日陰になり、さっきまで高かった雲が、全て垂れ下ってきている。

どこにも、上に上がれるサーマルがなく、
高度がどんどん下がる一方で、2本の高圧線をクリアしなければなりません。
1人だったら、メッチャ焦りますね。

先生が各尾根で1周旋回をすると、1-2機のニモが追い付くらしい。
近くに待って頂きつつ、高圧線の回避方法、コース取りの講習を受けます。

18

↑ 2本目の高圧線をクリアしたところで、高度がなくなり、

19

↑ 丹沢のサブランに、降ろさせて頂く事にしました。
ここは、昨年に下見 していたので、安心してランディング出来ました。
1時間35分のフライトでした。

ログ

松田山を離れた14時10分から、14時50分にサーマルタイムは終了。
さすがに40分では、12 km 先の大山は往復出来ませんね。

高度

次は、もっと早めにテイクオフして頑張ろう。

20

↑ 先生も、わざわざ同じところに降りてきて下さいました。

まさかあの時間から、大山に行けるとは思っていませんでした。
これも、先生のおかげです ♪
とても勉強になりまして、ありがとうございました!

これにコリずに、
「 次は、松田山まで誘導しましょう。 」と おっしゃって下さったので、
次回がとても楽しみです ♪
さて、何回講習を受ければ、コンプリート出来るでしょうか?(笑)。

そうそう、新ハーネスですが、
安定性が良く(丹沢がメッチャ穏やかに感じました)、とても暖かくて快適でした ♪
今まで足を出して、ブルブル震えながら飛んでいたのが信じられないです!







Last updated  2012年11月19日 19時00分58秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年09月30日


2012年9月30日(日)

本日30日、関東地方は台風17号直撃の日。
どうせ雨だから、朝はゆっくり寝ていようと思っていたのだが。。。

8時ごろに目が覚めると、ピーカンに晴れているではないですか!?

しかも、風がとても弱い予報 ♪
急いで支度をして、松田山へ向かいます。

こんな日に、エリアに誰も来なかったらどうしよう?・・・って、
そんな心配をする事もなく、

CIMG2542

↑ エリアに集まって来られたツワモノの皆さま。

早めにテイクオフへ上がります。

CIMG2544

↑ ダミーは、タンタカさん。
今日の「マイクロステップ」は、空中を駆けていました。スゴイッ。

CIMG2545

妖怪の皆さまが出てから、

CIMG2548

ニモは、10時半にテイクオフ。

CIMG2551

↑ 今日は、「誰もいない、ショボいサーマル」で、快適にトップアウト(笑)。

CIMG2553

↑ 隣の尾根へ渡ります。

CIMG2556

↑ 沖を見ると、雨は小田原近辺まで迫っていました。
風は、こちら側に向かってきます。。。

でも、まだ大丈夫!

松田山の突端に、妖怪さん達がソアリングしているのが見えたので、
そっちの方へ向かってみます。

とうちゃん

↑ IP6のとうちゃんが、「Brook’s ビル」方面から返ってきました。
この時に、ニモの写真を(携帯で)2枚撮って頂きました ↓

548441_420739844654029_1985019068_n

ありがとうございます ♪ めっちゃ嬉しいです。

425901_420688961325784_2093276794_n

↑ 撮って頂いたこの写真は、その場で facebook に投稿したのだとか。
空域はとても穏やかですが、
その機体で、そんなに余裕があったとは メッチャ驚きです!

アンドロイドさん

一瞬だけ、妖怪さん達とソアリングをして、

ソアリング

そろそろ雨の匂いを感じたので、

CIMG2568

フォローで、ランディング方面へ一目散!ダッシュ

スロベニア では ヒドイ目にあったので、
今日は、逃げ足が速いのです。

CIMG2570

↑ 東名高速道路の上空で、ポツッと雨に当たりました。

LZへ

↑ 急げ~~!!

LZ

↑ 翼端を降りながら、LZへ向かう。

すると、LZ周辺は どこでも良く上がるのです。
この状況に、「 ヤバイ 」と感じるようになりました。
スロベニアでスコールに当たる前も、そんな状況でした。
少し、成長したかな。

11時に、無事ランディング。

わずか30分のフライトでしたが、
とても穏やかで、涼しくて気持ち良かったです ♪

CIMG2576

↑ タンタカさんは、ANTI-G を開いて降りてきました。

CIMG2578

↑ 今日は、畳み終わるまで 雨に当たらずに済みました ♪

結果、10人くらい穏やかに飛んで、午前中に終了です。
嵐の前の静けさでした。

この後、フライト中に見えていた「 Brook’s ビル 」 へ行きました。
東名高速道路 : 大井松田IC のすぐ近くです。

CIMG2580

アンドロイドさんの情報ですと、ここで無料コーヒーが飲めるらしい。
( 少し前までは、「 第一生命ビル 」でした。 )
松田山からは、3 km 地点のパイロンになっています。

CIMG2581

↑ ビルの横にある、Brook’s 売店へ行きます。

どこにも、「撮影禁止」という文字が見当たらなかったので、
写真を撮ってレポートする事にします。

CIMG2587

↑ 入り口。
年中無休の18時まで開いているので、松田山のフライトの後に行けます。

CIMG2582

↑ 入り口の右側に、無料喫茶室があります。

CIMG2585

↑ 30種類以上もあるパックから、好きなものを選びます。
コーヒーだけでなく、紅茶やラテやカプチーノもあります。
持ち帰り禁止ですが、その場で飲めば無料です ♪

CIMG2586

↑ 少し迷って、「 抹茶と珈琲のカプチーノ 」にしました。

カップに、お湯を入れて、かき混ぜます。

CIMG2584

↑ 今日は、空いていました。台風が来るからかな?

カプチーノを飲んで外に出ると、大雨が降りだしました。
時刻は、13時前。
皆、早めに降りておいて良かったです。

そして、神奈川県は夕方には暴風域に。

天気予報

↑ こんな台風の日に、良く飛んだものだ。







Last updated  2012年09月30日 22時25分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年06月30日


2012年6月30日(土)

梅雨の合間の晴れ間。
関東地方は晴れるけれど、風が強く、渋そうなコンディション。

早朝まで、東北地方まで逃げるかどうか 迷っていたけれど、
そんな気力もなく(というか 寝坊?)、
結局 AM 8時に、ホームエリアの松田山に向かう事に決まった。

自宅からは、直線距離で 35km ぐらいか。
AM 9時頃に出発しても、集合時間に間に合うので、
超低血圧な私にとっては、楽です。

そう言えば、
「 講習生装備で、クロカンで 50 km 以上飛ぶ 」 という目標を、
先月 にクリアしたので、
そろそろ装備を パイロットらしく 変えなきゃな~。

以下が、現在の装備です。

CIMG0120

↑ スクール入校時に、初級機セットの中に入っていた ハーネス。
スクール入校以来、現在まで ずっと、
これに 1 ~ 1-2機 を付けて飛んでいます。

改めて、写真に撮られて見てみると、メッチャカッコ悪い 。。。
パラグライダーを始めたばかりの、講習生 にしか見えない(大汗)。

ちょうど、試乗できるハーネスを貸して頂ける事になりましたので、
乗り比べてみる事にしました。

CIMG0118

↑ 左が 私の今のハーネス 、右が お借りするハーネス です。

同じ、エアバッグハーネスなのですが、
比べてみると、ダイエット前(左)と、ダイエット後(右) みたいな??
と、言われたり・・・。

CIMG0122

↑ かなり小さく畳めます。スマホ と一緒に撮りました。

テイクオフに上がってみると、
東風が強く(南西向きテイクオフ)、
タイミング次第で 出れない事ないけれど、荒れているし、渋そうだし。

早めにテイクオフする人、お昼過ぎまで風待ちする人、
の 2手に分かれました。

早めにテイクオフした人の中には、
激渋のコンディションに耐えて、お昼以降のサーマルをGETした方もいました。
こういうところに 腕の差 が出るのですが、
ハーネスを試し乗りするには、とにかく 安全なコンディションで飛びたい。

という事で、
メンバーと楽しくおしゃべりをしつつ、お昼まで のんびり風待ちします。
まあ、こんなイイワケをしましたが、私の性格自体が後者なんですね。

12時30分頃まで待って、
テイクオフにやっと 正面の風が入り始めたので、
出る事にしました。

緊張のテイクオフは、問題なく成功 ♪

すると、テイクオフ周辺は、どこでも上がり、

CIMG0078

次の人がテイクオフするまでに、勝手に上がってしまいました。
腕の差 ではなく、誰でも上がるコンディション が、大好きです♪

飛んでみて、ある事に気付く。

飛ぶ姿勢 が違う!

CIMG0077

↑ アクセルを踏んだまま(ハーフアクセル?)、寝そべって飛ぶ姿勢
が、とても楽なのです ♪

かつ、旋回性も良く、安定している。
( 周囲のフライヤー曰く、コンディションが荒れていたらしいです。 )

普段のハーネスでは、椅子に座っているような姿勢が楽なので、
好きな時にアクセルを踏む事ができません。

今日は、東風が強いので、
東に向かうと、アクセルなしで、4 ~ 5 km/h。
ハーフアクセルで、14 ~ 15 km/h。

ACBの天野さん 曰く、ATIS 3 は、
アクセルを70%踏んだ状態が、一番滑空性能が良いようです。
( 常にアクセルを踏んで、乗っている方もいらっしゃいます。 )

CIMG0081

とりあえず、
出来るだけ テイクオフより西側に行かないように、サーマル旋回。

いつものハーネスでは、センタリング中にアクセルは 踏んでいません。
向かい風で長く留まり、追い風ですばやく廻っています。
( この方法の欠点は、流されやすい事。実際、よく流されています。 )
↑ ※追記 : 特に強風時は、流され過ぎて、コアから弾かれてしまうという意味です。

けれど、今回のこのハーネスでは、
センタリング中でもアクセルを踏めるので、
向かい風でアクセルを踏み、追い風でアクセルを緩める。

おそらく、他のパイロットの皆さまが普通にやっている事 を、
練習してみる事にしました。

とりあえず、高度を上げる事は出来ます。
ただし、慣れていないせいか、効率良く上げる事は出来ません。

これをトレーニングして 身に付けられれば、
強風時に 1-2機で高度を上げる事が、もっと楽になると思う。
流されずに高度を上げる事 が出来れば( =コアから弾かれない )、
効率良く飛べますね。

CIMG0083

↑ 東方面。目の前には美味しそうな雲が ♪
けど、向かい風が強過ぎて、届きません・・・。残念。

サーマル旋回の方法をいろいろ試してみて、
( 強いサーマルの左旋回は、このハーネスでも苦手。 )

CIMG0093

↑ 沖へ。

CIMG0095_1

とりあえず、2つの駅へ。
新松田駅に、電車待ちの人が たくさん見える。

CIMG0099

↑ ちょうど、小田急線が新松田駅に停まったところです。
※ ズームして撮りました。こんな高度で 町の上 は飛んでいません。

それから、ランディングに戻る時に、

CIMG0101

酒匂川の支流 の干上がり具合を確認。

CIMG0101_1

梅雨なのに、川が干上がるなんて。。。

この前の台風で、たくさん雑木が流されてきたので、
しばらくは、野菜鍋 (写真を撮り忘れました)が 楽しめるようです ♪

1時間ほど飛んで、ランディングへ。
とても良いハーネスでした!
同じエアバッグハーネスでも、乗りこなせば滑空性能も上がるでしょう。

けれど、あの乗り方が出来るのであれば、
ポッドハーネスでも、合う物が 見つかるかもしれない。
( ポッドハーネス初試乗の時 は、無理だと諦めかけていました。 )
『 ポッドハーネスは、冬に暖かい ♪ 』
寒さに弱い私は、この機能が欲しいのです。

この後、しばらくすると、
アーベントコンディション になりました。

CIMG0126

↑ 1人、裏から帰還した とうちゃんが、
松田山で大流行の ANTI-G を開いて、降りてきました。

CIMG0132

↑ 日暮れ隊、勝ち組のAYAちゃんが、最後にランディング。
ナイスフライトでした!

まずは、機体の前に、ハーネスを変えなきゃ ですね。
いろいろと試乗ができる機会があれば、積極的に試乗してみたいです。







Last updated  2012年07月02日 14時17分37秒
コメント(13) | コメントを書く
2012年06月02日


2012年6月2日(土)

北陸から北が晴れ、関東地方から西は曇り。
微妙な天気。

選択肢は2つ。
● 鳴倉 は、2400mまで上がり、八海山をトップアウト出来るコンディション。
( mixi のつぶやきで、みんな行くようなので便乗したい。)
● さとさんから、三ケ日ツアーのお誘いが( 浜名湖エリア で初フライトできます)。

天気予報の変化が微妙なので、朝5時の予報で決める事になりました。
どちらで飛べたとしても、とても楽しみです ♪

朝4時半に起きて、5時半に集合。
が・・・・、

● 鳴倉は、風が強過ぎる
  (飛べない可能性が高いのに、遠くに行きたくない。)
● 静岡県・愛知県は曇りで、風向きが悪い

との理由で、両方とも却下になってしまいました(悲)。

こんな時に、曇天でも行くところと言ったら、
やっぱり近場のホームエリア(エリアヤマザキ)。

極度の低血圧(85-56)で、早起きは大の苦手だし、
楽しみにしていたテンションが、一気になくなる脱力感。
「低血圧」の症状を、テンションで カバーしていたようなものなので、
それが失われてしまった今、その症状に一気に襲われる・・・。

現在、通院中なんですね、私。5種類の薬を飲んでいます。

9時過ぎぐらいから皆が集まり始めたけれど、
私は飛ぶ気力がなく、1人でお昼寝をしていました。

CIMG0010

↑ みんなが降りて来た12時頃に、やっと起きました(苦笑)。

フライトした方は、曇天の中、
1100m( + 600 m )まで上がったようです。

少しは運動しないと!
グラハン練習をする事にする。

この前の、天峰山 で、
強風時のクロスの立ち上げで、ふっ飛ばされたり、抜かれたり・・・。
何度も失敗して、ヤバさを感じたのです。

グラハン練習_1

↑ まずは、上級機 + ポッドハーネス をお借りしてグラハン。

けれど・・・
重くて上がらないし、まっすぐ立ち上がってくれないし、
全然言う事を聞いてくれない(汗)。
唯一良い点は、
立ちあがった時に上で止まってくれるので、抜かれないところですね。

装備の違いで、立ち上げが全然違う!
すぐに音を上げて、自分の「 講習生セット 」を取り出して来る。

講習生セット

ATIS 3 + スクール入校時のエアバッグハーネス
先週 は、この子達が良く飛んでくれた ♪

グラハン練習_2

自分の装備に変えてからは、
立ち上げが軽いし、素直に真っすぐ上がってくれるし。
ただし、
途中から急に上がりだしてから、瞬時に押さえないと、
抜かれてしまい、テンションが抜けます。
今日は、「抜かれない」ための練習。

しばらくグラハン練習をやっていたら、
お腹が空いて、終了。

そうそう、今日の夜は、
厚木周辺のメンバーが集まる、「 厚木会 」があるのです。
(厚木は隣町です。)
前回の「 海老名会 」の時は出席できなかったので、
飛び入りでなんとか、参加させて頂く事になりました!
ありがとうございます。

CIMG0023

↑ 今日は、厚木市内の美味しいイタリアンのお店です ♪

CIMG0031

↑ メンバー10名。

CIMG0032

CIMG0033

CIMG0034

CIMG0039

お料理、美味しかったし、
おもしろい話、今後の抱負など、とても楽しい厚木会でした ♪

CIMG0040

ところで、今日諦めた 「鳴倉」と「三ケ日ツアー」ですが、

● 鳴倉は、HogMapを見ると、BOBさんが八海山をトップアウト
● 三ケ日周辺の 高塚エリア では、皆 3時間ソアリングできたようです
  ( 浜名湖エリアもバンバン飛べていたようです。)

どちらに行っても、
「 飛べない 」という予想を裏切り、バンバン飛べたようです(残念)。

そうそう、昨年に高塚エリアでソアリングした時ビデオ を、
アップロードし忘れていましたので、UPしておきます。
(テイクオフ後に、抜かれてました・汗)



これで、行ったつもり♪ に なっておきましょう!
梅雨が明けたら、高塚のシーズンですね ♪







Last updated  2012年06月04日 10時11分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月19日

2012年2月19日(日)

デジカメを忘れてしまったので、久々にフライトビデオを作りました。







Last updated  2012年02月25日 22時56分47秒
コメント(0) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.