2009年04月01日

2007.3.18 Sun GPSデビュー!

2007年3月18日(日)

今日はバンバンの予報らしい。
講習生の私は白糸エリア限定になった。

テイクオフに着くと、風がフォローです。
この日の景色はものすごく済んでいて、遠くの海まで綺麗に見えた。
12時半ごろ、やっとアゲインストに変わり、パイロットの方からオープンに。
ダミーの師匠が、良いサーマルを拾って天子を超えていく。
それを見て、P証以上の方がぞくぞくとテイクオフ。
けど、すぐにぶっ飛びコンディションに。

ぶっ飛んだ方が再びテイクオフにあがってきた頃、やっと講習生オープンになった。
講習生は、良いコンディションでは出られないのですね。

時間は13時半ごろだろうか。
そろそろグラハン道場に行かなきゃならないし、この1本が勝負だ!

ついに、GPSデビュー!

記念にMYイマジンで飛ぼうと思ってたけど、
このコンディションならやめた方がいいと言われ、試乗機に乗ることになった。
先にテイクオフしているPの方が、テイクオフ上空で、バサバサ潰されている。

<白糸22本目:MOJO2(DHV1)>

クロスでテイクオフ。
荒れているテイクオフ上空でも、この機体では安定。
良い上昇帯があったので、そこで廻してみる。

無線「そこから離れて」
あっ、やっぱ怒られた。

その時、ランディングにぶっ飛んで行く機体が5機くらい見えた。
思いっきりシンクタイムじゃんか。

って事は、やっぱ私もぶっ飛びか??
GPSデビューなのに!
このまま何も出来ないのは嫌だったので、右の方に向かってみた。

するとわずかな上昇帯を発見!
さすがにそこで360は廻せないので、8の字で上昇帯の大きさ・形を探ってみる。
少しでも外すと激しいシンク帯。
けど、だんだん慣れてきて、高度は950mに♪(テイクオフは840m)

その高度があれば、360も廻せる!
山との距離を保ちつつ、回してみたらHIT!
高度は1000mに届きそうだった。

白糸では、
テイクオフ側の尾根では最高でも+200mしか上がらないらしいから
もうちょっとあげれば、南尾根→天子を狙える♪
気付くと、周りに機体が誰もいない。皆ランディングに。

これなら他機警戒することなく廻せる!
高度は1040m!よしっMAXだ。

南尾根へは、誘導がつくはずだ。
指示を待っていたら

無線「強風でフォバっているから、ランディング方面に戻って」

が~~~ん。。
確かに、機体がなかなか前に進んでいかないような、強風コンディションになっていた。

しぶしぶランディングに向かうと、その途中に良いサーマルが。
通過するだけでも、ものすごく上昇していく。
高度は1100mを超えていた。

ここで廻したい!けど、戻らなきゃだね。そのまま通過です。

無線「ランディングが強風で降りるの難しいから、1時間ねばってみて。
そしたら、風も落ち着くかもしれないから。」


( ̄Д ̄;) 、これから1時間降りるなですと?
・山に近づくな
・風下へ行くな
こんな条件じゃ、とても無理です。。。


ってか、もっと早く言って頂ければ、サーマル廻してたのに。
機体はゆっくりとランディングに進んでいく。
MOJO2はものすごく安定しているし、これなら!と思い、カメラで写真を撮ってみた。
富士山を入れて、カラビナを入れれば飛んでる感じがするし。

白糸で空撮.jpg

その時、どこからか、翼端を折って降りてくる1機を発見。
どうやら師匠っぽい。
どこまで行ってきたんだろうか。その写真も撮ってみた。
まさか撮られているとは思わないだろうな。

天子湖帰りの師匠.jpg

師匠が降りるのなら、グラハンに付いていかなきゃと思い、私も高度処理に入る。

無線「今なら風が落ち着いてきたから降りられるかも」

けど、ランディング上空で高度が下がらず、
突風が急にきて後20mのところで翼が30%潰された。

Hイントラ「上を見ないで!」

必死で生きている方のブレークを引いて回復させた。
なんとか足がつくまで2mくらいのところまできて、ふわっと安定したかと思ったら、

!!!!

後ろにバックしてるじゃありませんか!

こんな経験、初めてです。
その時、ランディングの皆が私に駆け寄ってきて、機体を押さえてくれた。
おかげで無事に降りられました。


フライト記録:獲得高度+301m、フライト時間:37分


この時のコンディションは、マントラの上限の方でもバックしたほどの強風。
なのに、MOJO2は最後の潰れ以外は安定+前にも進んでくれた。
同じDHV1の機体と言う事で、イマジンと同じ性能だと思い込んでいたけど全然違った。
この機体に助けられた気がします。

その後は、2本目を飛ばずにグラハン道場へ。
Yイントラは、白糸はこれからがバンバンコンディションだから もったいないと言っていたけど、
私にとってはグラハンが大事。

昨日は散々だったけど、この日やっと2本連続スラロームが出来、
ハンコを頂けた♪本当にやっとです。

その後はショップに戻って早速初GPSのログを見る。
すると皆が駆け寄ってきて
「え!どこにも行ってないじゃん」( ̄Д ̄;)
「何ごちゃごちゃやってんの!?」( ̄Д ̄;)
「ダメだよ、こんな山際で廻しちゃ」( ̄Д ̄;)

言われたい放題ボロクソに言われてます。 あ~~~、初のGPSデビューなのに(悲)

JUNのGPSデビュー.jpg

あの~、いちお講習生が講習しているだけなので おお目に見ていただけませんか?

恐るべし、GPS。
全部バレてしまいます。

後日、師匠のフライトログが送られてきた。

師匠のフライト軌跡070318.jpg

天子湖高度070318.jpg

「天子湖とダム湖の西側に行ってきた。」と師匠。

この日に初めて、師匠のフライトの実力を知った。
グラハンだけでなく、フライトも凄過ぎる! 妖怪と呼ばれているだけあるわけだ。

私は、「そんな凄い人に付いていきたい」という意味で、
「付いていきたいです。」と師匠にメールを送ったところ、
「じゃあ、今度は一緒に飛ぶから、付いてきて」と勘違いされて返信が返ってきた。( ̄Д ̄;) !


この日から、、、
上級機による初級機(講習生)イジメ?(スパルタ教育?)が始まる。

え~~~ん、実力が違い過ぎるよ~~!!
けれど、私もいつか「天子湖」まで行ってみたいな♪





TWITTER

Last updated  2009年11月26日 18時07分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[パラグライダー:講習生時代] カテゴリの最新記事