083914 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jupiterのシェードガーデン

全661件 (661件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >

2022.01.29
XML
カテゴリ:クリスマスローズ
ツボニワーさんのブログに倣って、
今年、クリスマスローズの咲いた順番報告を
記録を兼ねて残しておこうかと思います。

まず1番。



今年あまり調子の良くないアプリコットダブル。
薔薇のような蕾姿に惹かれて購入したのですが、
鉢上げして水捌けが悪くなったのが
調子の悪い原因かも。

2番は。



パピエノワール。
今年は去年より小輪、ブーケ咲気味です。

3番手はパピエ。



ペールピンクの美しい花で、
蕾もたくさん控えています。

そして、今日咲いた4番がこちら。



ずいぶん前から蕾は見えていましたが、
やっと蕾が割れました。
アプリコットピンクのセミダブルです。



なかなか生育の良い株です。
さあ、次はどの株?
そして何株咲いてくれるでしょう?



3番目に開花したパピエは寒さにやられたのか、
萼片が傷んできました。



名残惜しいですが、まだまだ蕾が控えているので、
思い切って早めにカットしました。
ここは、お決まりのアレしかないでしょう。



カラッカラのバードバスに水を張って浮かべました。



今に色とりどりの花が浮かぶことでしょう。
楽しみ〜







Last updated  2022.01.29 15:35:00
コメント(0) | コメントを書く


2022.01.28
カテゴリ:ガーデニング
凍てつくほどの寒さもなく、
過ごしやすくなってきました。
とは言え、庭に2時間もいると、
体は冷え切ってしまいますが。



植え付けたばかりのシャビーなビオラ。
正確には神戸のべっぴんさんビオラ。



よく見ると花弁に様々な色が混ざって滲んでいます。
水彩画のように綺麗です。



寄せ植えの中のネメシア、ブラックベリー。
ちょい悪オヤジのようなカッコよさを感じます。



同じ寄せ植えの中のネメシア、デニム。
こちらは上品なマダムのイメージ。
どちらも素敵です。



この間、待機苗で作った寄せ植えですが、
次の画像が今日の様子です。



ビオラを植え替えたわけではないのですが、
随分と色変わりしたものです。



統一したカラーから少し浮いてしまいましたが、
ヒューケラに近しいので、
これはこれでよしとしましょう。



まだ植え付けていない最後のビオラ。
今日も鉢を探しに行きましたが、
良いのが見つからない〜



こんな不思議カラーの花が咲きました。
薄いパープル?イエロー?



週末はクリスマスローズナーセリーの
オープンガーデンに行く予定。
新しい子をお迎えするかも知れないので、
出来るだけ整理し、お掃除しました。
待機苗はだいぶ減りましたが、
プリムラばかり残ってしまいました…



ぷっちゃんがお庭パトロール。



今年大きく様変わりしたガーデンテーブルです。







Last updated  2022.01.28 08:26:20
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.27
カテゴリ:ガーデニング
朝方は弱い雨が降りましたが、
午後からは暖かい陽射しが出てきました。

今日はビニールポットのままの待機苗を
減らそうと決意。
寄せ植えを作ると、手っ取り早く待機苗を減らせます。



葉牡丹を優先的に片付けたい。
何か違うかな?



プリムラを別のブリキ鉢に植えていたビオラに変更。
こっちの方がしっくりくる。



夏に作った寄せ植えを解体し、
なんとか葉牡丹を植え込みました。
パープルグラデーション寄せ植えです。



やっつけ感が満載です…
そして、このビオラを植えていたブリキ鉢に。



こちらも待機になっていた
アンティークカラーのビオラを植え付けました。
イメージ通り、グレーのブリキ鉢にぴったりです。
シャビーですね〜



しっかり横向き咲のパピエ。
完全に開花した姿も素敵ですが、蕾姿も見逃せません。



霜降りのようなかすりピンクです。



蕾がたくさん上がってきてます。



お気に入りのパピエブロッチに
大きな蕾を複数見つけました。
毎日、蕾を発見するのが楽しみ。
今日は管理しやすいように
クリスマスローズの鉢を管理番号順に並べました。



大きな大きな蕾を讃える35番の花は。



こんな素敵なピコティのセミダブル。



蕾の色がアプリコットの12番。



芍薬のような多弁花。
こちらは若泉ナーセリーで入手した株です。



こちらも大きな蕾の36番。



バイカラーに細剣弁、ネット模様が特徴。
個性的な花です。



家に入ると、シンクロしているぷちとアッシュ兄妹猫。



二匹とも幸せ太りですな。







Last updated  2022.01.27 09:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.26
カテゴリ:クリスマスローズ
ここのところ、少し寒さが緩んだため、
クリスマスローズが咲き進んできました。



今日がパピエの開花日、とします!



この間まで寒そうに俯いていましたが、
しっかり首を持ち上げて横向きに咲いています。
力強い姿に植物の力に元気が出る〜



花芽も沢山上がってきていて、充実した株です。
この株が店に並んでいたら、絶対買う!と
去年の自分の選美眼を讃えずにはいられません。



朝から癒される〜



先日取り上げたノワールのパピエですが、
こんなふうに綺麗に咲いているかと思えば。



なんだか中途半端な花芽もあり。
うーん。どうしたらちゃんとした花になるんだろう。



こちらは次に控えるレッドサン。
こちらは良い蕾。
このような細長い蕾がヒデコートの特徴ですね。





去年も沢山の花を咲かせてくれた、
絶好調のダークブロッチ。
今年も期待に応えてくれそうです。



蕾が光ってます。
ヒデコートではない通常のタイプの蕾は
このように球体に近いですよね。





この2株はネット購入したもの。
両方咲いてくれて良かった〜



昨日よりさらに膨らんでいます。
でもまだ割れませんね〜
じれったい。



零れ種育ちの子。



蕾が複数ついてます。



それにしても、
なぜにこんなに葉っぱが捩れるんでしょう?
虫害?

こうして蕾を確認しては
携帯に保存している管理画像と見比べるのが、
毎日の日課となっています。







Last updated  2022.01.26 09:32:26
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.25
カテゴリ:ガーデニング
風もおさまり、穏やかな朝です。
冷え込みが厳しくなると聞いて
昨夜かけておいた不織布を外しました。



こちらの寄せ植えですが、寒さに当たってしまい、
シクラメンがしんなり。
ガーデンシクラメンとは言え、やはり耐寒性は弱め。
また、植え付け直後の寒さには耐えられないようです。



メインのハンバーグがなくなった、
付け合わせのみのプレートになってしまいました。
そこで、メインのシクラメンを掘り上げて養生することに。



たっぷり陽射しの当たる軒下で様子見ます。
シクラメンの寄せ植え難しい…



唯一植え付けていなかったヌーヴェルヴァーグの登場。
大人っぽいシックな寄せ植えになりました。



ビロードのような深みのあるパープルに金色ピコティ。
目を引く花です。
横浜セレクションにありそう。
これで、やっとブランドビオラの植え込みが完了。



ヌーヴェルヴァーグは今年大好きになった品種。
気づけば4株をお迎えしていました。
特に気に入った右上の子だけは単独植え。
それ以外は寄せ植えにしました。



どれも寄せ植えの創造力を掻き立ててくれる
素敵なカラーです。
単独植えの子だけお休み中。



再会が待ち遠しい。
そして、既に来シーズン、
どんな素敵なヌーヴェルヴァーグに出会えるのかが
楽しみになってきました。










Last updated  2022.01.25 11:30:56
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.24
カテゴリ:クリスマスローズ
肌を刺すような寒さが緩みましたが、
久しぶりの雨の後は、風が出てきました。



この間、レッドサンという赤い品種なのに、
何でこんなに色が黒く変わるのか、
とブログに書きました。
間違いでした。
ラベルを確認してみたところ、
こちらの品種はレッドサンではなく、
もともとこんな色の品種でした。



昨年購入時の画像です。
パピエのノワールが欲しくて欲しくて、直売で購入。



上向き咲きです。
本当のノワールはもっと黒いのでしょうね。
こちらはチャコールグレーと言った方が近いのかも。
葡萄の巨峰のような黒に近いパープルです。



光に透けた時の色合いもたまりません。



花弁の唸り具合もお気に入りポイントです。



まだ顔を隠しています。
あと少しですね。



ガーデンテーブルに並べた鉢たちの底上げ方法。
こうやって素焼き鉢を逆さまに並べて、
その上にブリキ鉢を置いています。



別の鉢を置けば素焼き鉢は見えません。



ブリキ鉢は底が平べったいものが多いので、
クルカラを置いて底上げ。
こうすると水捌けが良くなります。



後ろの鉢のドラキュラ。
寒くてなかなか花が復活しません。



冬枯れのレンガ道。
なかなか風情があって好きです。
 

落葉樹が多いため、冬場になると明るくなります。



アーチを望むシェードガーデン。
後ろのフェンスが丸見えなのは趣に欠けるなあ。
冬場にはなんとかしたい、と考えながら、
夏になって樹々の葉が茂ってくると、
忘れてしまう、という…










Last updated  2022.01.25 14:44:07
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.22
カテゴリ:クリスマスローズ
太陽と北風。
どちらも譲らない今日の朝。
放射冷却でとにかく寒いっ!



毎晩の不織布毛布の効果もなく、
とうとうアントワネット様もこの通りです泣



気を取り直して、クリスマスローズチェック。
今年、割と早い時期に購入した
人生初パピエがいい感じ。
名前の通り、和紙のような触感の花弁です。



こちらはレッドサン。
花郷園の代表作の一つですね。



こちらは少し小さめ、濃いめに咲いたレッドサン。
何が影響してこうなるのか?

花郷園と言えば、昨日の急遽のインスタライブで、
欲しいと思っていた品種が登場し、
どうしようかな〜と悩みながら、その後仕事に没頭。
その時点ではネットに上がっていなかったのですが、
あっ!と気がついて慌ててネットチェックした時には
めぼしい品種は全て売り切れてました。
全部一点ものなのでね〜
店主が動画で見せてはくれるのですが、
なかなか踏ん切りがつきません。
それでも去年は5株、こちらのネットで購入しました。



こちらが去年ネット購入した株たち。
どれも買ってよかったと思ってます。
ただ、左上のレッドサンだけは
夏場の生育が良くなく、消滅してしまいました。



アンティークカラー。
毎日、少しずつ蕾が大きくなってます。
だるまさんが転んだ、状態です。






こちらはピオニー。



手持ちの中のトップに君臨するパピエブランシュは
残念ながらあまり調子良くなく、
蕾が葉っぱになりかけてます。
もともと遅咲きなのと、去年あまりに好きすぎて
花を遅くまで残してしまったので
株が弱ってしまったのかもしれません。



こちらもパピエブランシュと悩んでしまうほど
お気に入りのパヒエブロッチ。
こちらは立派な蕾を確認。
花郷園の株たちは今のところ9割くらいの確率で
蕾が確認できています。
優秀〜



ドラキュラが復活中。
がんばれ〜



乾燥わかめなアントワネット様。
お湯につけると開きそう…



不思議カラーのキャンディーウェーブ。
グリーングレー。
グレーベージュで咲いてくれると素敵。



花郷園以外の株ですが、こちらが一番進んでいる株。
まだ顔が見えません。





思ったよりも蕾がついてくれて一安心。



こちらは零れ種育ちの3年目の子。
今年初めての開花を迎えます。
私にとって零れ種を鉢上げして開花させるのは初めて。
とても感慨深いです
赤かパープル系の花のようですね。



こちらは一昨年購入した株ですが、
昨年花が咲かず、色々と養生した株です。
花芽こそありませんが葉芽が沢山出てきました。



この花にまた逢いたい〜

さて、花郷園のネット販売以外で、
チェックしていた木口交配のクリスマスローズですが、
買おうかどうしようか迷っていた株が
昨日、ついに売れてしまいました〜
ダメだな〜、踏ん切りのつかない私。
いつも売れてから後悔。



バードバスはビオラで埋め尽くされつつあります。

さて、地植えのクリスマスローズをチェックします。



昨年、地植えに下ろした子。
早起きの子です。



我が家の地植えのクリスマスローズは、
もう10年目に近いかも。
苗で買ってきて咲き始めたのは5、6年前くらいです。



あまり手をかけていませんが、
毎年、よく咲いてくれます。



ただ、日陰なので、あまり株が大きくならず、
広がっていきません。
夏越えに失敗した年もありません。
それがいいのかも。







Last updated  2022.01.22 08:44:15
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.21
カテゴリ:ガーデニング
出かけようとしたら、玄関の脇にピンクの塊を発見。
ん?



12月初旬に蕾をつけた状態で植え付けた
ピンクのスカビオサ。
以降、ほぼほったらかしで、
水もほとんどあげていませんでした。



まさか、こんな寒い時に咲いてくれるなんて…
とても幸せな気持ちになりました。
これが宿根草の魅力ですね。

さて、今日は二子玉川のガーデンアイランドに
ドライブがてらお出かけ。
車で20分くらいの距離です。
こちらにはプロトリーフがあるのです。
ここで出逢ってしまいました〜



クリスマスローズのクロアチカスダブル。
原種です。
ネットや実店舗でも
なかなかお目にかかることの少ない品種。
まさか、こんなシーズン始めに出会えるとは〜
でも花を見ない状態で買う?
しかしここで見逃したら後悔するかも…
悩みに悩んで、飛び降りてしまいました。
苗に払う値段としては、非常識なお値段です。
私にとって、ですが…



あれ?ビオラハントは終わったはずでは?
そうなんです。
とは言え、見ちゃいますよね〜お店に行ったら。
で、見つけちゃいますよね〜ビオラがあったら。



こちらはうえたビオラのキャンディーウェーブ。
今年は色違いを購入していましたが、
この不思議カラーにズキュン。
このグレーとグリーンの混ざったようなカラー。
初めて見ました。



この品種は蕾の形が特徴的。
くるくると渦を巻いています。
咲き切ったらどんな顔を見せてくれるのでしょうか。
ビオラ熱がなかなか冷めません。
困ったものです。



ヒューケラをお迎えしました。
ホスタと共にシェードガーデンには欠かせない存在。
庭のあちこちに植えているのですが、
なかなか大きくならず、
気がついたら消滅していることも多いので
良い株を見つけたら購入しています。



特にこのパープルカラーがお気に入り。
どこに植えてもいいアクセントになります。
今日出逢ったブラックベリータルトは
葉の色が濃く鮮明で、株もモリモリと元気なところが
気に入りました。



葡萄のような葉っぱの色。
地植えにするのはもったいないくらいです。







Last updated  2022.01.21 09:51:23
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.20
カテゴリ:ガーデニング
底冷えのする朝です。
雲が多く、陽射しが少ないので気温も上がりません。
ぶるぶる。

本当は今日明日と連休予定だったのに、
昨日の夕方に舞い込んだ仕事の期限が明後日。
涙を飲んで明日は仕事に行きます。
全く〜



ここのところ寄せ植えが増えたので、
ガーデンテーブルの上を整理して、
お気に入りがセンターに来るように配置変更。



段差をつけて、
折角の鉢デザインもチラ見せしちゃいます。
素焼きの鉢を逆さに置いて、
その上に寄せ植えを載せ、高さを出しました。
今はブリキやグラスファイバーのお洒落な鉢が
たくさんありますが、
一昔前は素焼きの鉢しかなかったですよね?



段々畑のようです。
後ろの子までしっかり陽があたりそう。



お気に入りの子達を集めました。
この辺りはドラキュラやローブドゥアントワネット、
シエルブリエなど、ブランドビオラコーナー。
みんな咲き揃ったら圧巻でしょうね〜



さてさて、また寒波到来との予報。
折下暦は大寒。
待機苗が痛んでしまうので、あるものを組み合わせて
寄せ植えを作ってしまおうと思います。
こんな感じかな〜



この楕円鉢、すごく容量が大きくて、使いやすいです。



バコパがちょっと暴れてますね〜
残り物で作ったにしてはまずまずでしょうか。







Last updated  2022.01.20 08:33:22
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.19
カテゴリ:ガーデニング
ここのところ帰宅したら庭に直行してます。
不織布かけて花苗たちを保護。
ここまでやったシーズンは初めてです。
それだけ、今年の冬が寒いということもあり、
花苗(ビオラ)に投資したということもあり。

今朝は出勤前に不織布を外しました。
風は強いですが、しっかり降り注ぐ太陽の光を
浴びてもらわねば。

何も変わっていないように見えて、
少しずつ少しずつ変化しています。



我が家のパピエの中で一番の早咲き。
蕾をたくさんたたえた優秀株です。



着実に昨日よりつぼみが大きくなっています。



ドラキュラ蕾も昨日より首が持ち上がってきています。
ちょっと失礼。



顎クイをさせてもらいました。
やっぱりドラキュラだわ〜



こちらのアントワネット様は
ここのところの寒さに不貞腐れ気味。
寒さに当たっていない苗だったんだろうな〜



現在の待機苗たち。



苗で購入したネモフィラが
植え付ける前に咲き始めてしまいました。



待機苗で寄せ植え構想。
もう植える鉢はないというのに。



何気に作ったこの寄せ植え、結構気に入ってます。
こういう状態で花屋で売られてたら可愛くないですか?
ヘリクリサムが傷んでいるのが気になる。
このまま復活しなければ、植え替えようっと。



アーティチョークLOVE。
コベントガーデンチックなアーチ周りです。







Last updated  2022.01.19 10:06:33
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全661件 (661件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >


© Rakuten Group, Inc.