083926 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jupiterのシェードガーデン

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

徒然

2021.08.12
XML
カテゴリ:徒然
舐めてました。
昨日2回目のワクチン接種して、夕方ぐらいから徴候はあったんですが。
帰宅して就寝した後に発熱し、寝苦しさから何度も起き、よく眠れませんでした。
翌日の今日はお休みでしたが、朝から38℃の発熱で、身体の痛みにたえきれず、解熱剤を服用。
やっとのことで少し歩き回れるようになりました。

こんな時にも庭は癒し。
身体の痛みを和らげてくれる存在です。



この華やかさに心癒される夏寄せ植え。



コレオプシスもナチュラルで可愛い!



スイートチャリオットもビビッドピンク。



ミニバラが大活躍の今年の夏です。
このグリーンアイスは下葉が全く傷んでません。



レイニーブルーに。



ローズシネルジックはいい香りです。
こうして花から花へふらふらと夢遊病者のように徘徊する病人。



メドーセージも心洗われるような清々しいブルーです。



エキナセアは少しサイズダウンしながらも、咲き続けてくれてます。



ぷち〜
そろそろ限界かも。
おうちに入ろう〜



眠りにつく前のくつろぎタイム。
好きな音楽を聴いてここでしばし瞑想します。









Last updated  2021.08.12 08:42:45
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.08
カテゴリ:徒然
職域接種で、自治体に先んじてワクチンを打ってきました。
打った時と当日はどうってことはないですが、聞いていた通りの筋肉注射特有の痛みが翌日から襲ってきました。
確かに普通の注射よりは痛い気がします。



そして接種日の次の日の夜、37℃の微熱が出ました。
先に打った人から「熱が出るよ」とは聞いていましたが、やはり…という感じです。
少しダル重い感じでした。
身体がウイルスに抵抗して頑張っている証ですね。
加えて、昨日は軽いギックリ腰までやらかしました。
満身創痍の状態。



いささか伸びすぎのリシマキアボジョレー。



まだまだ伸びそうです。



まだ咲き続けていて、切り戻しのタイミングが図れないアフロディーテエレガフミナ。



こちらは切り戻した後、返り咲いたキャットミントのウォーカーズロウ。



グリーンアイスはピンク気味に咲き始めました。
この花の色変わりが魅力。



次の休みにこそ、バラの植え付けと、エキナセアを地植えにしたい。



この八重咲きを何としても宿根させたいのです…



こちらは昨年宿根に成功した一重のエキナセア。
絵になりますね〜










Last updated  2021.07.08 10:27:26
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.23
カテゴリ:徒然
ここのところ、庭に出ると工事業者の方に出会う確率高し。
昨年春、うちの庭に面しているアパートの解体から始まって、その右のお家が外壁のリフォーム、アパートの新築。
なんと今度はその左側のお家でも足組が組まれ始めました。
大リフォームキャンペーン?



さてさて出勤前パトロールです。
花カゴのビオラ。
ぱぱっと選んだ割に、じっくりと見れば見るほど好みの色合い。
こんなピンクのフリフリはいざ探すとなかなかありません。
品種名、チェックしておけばよかった〜



こちらのペールピンクも。
ローブドゥアントワネットのようなフリフリより個人的にはこのくらいのフリフリ度合いの方がナチュラルで好きです。



こちらも年末に購入したフリフリパンジー。
こんなに寒いのにたくましい限りです。



ローダンセマムアプリコットジャムが主役のアプリコット寄せ植えは、昨日プリムラの元気がなかったのですが、今朝は復活してました。
このコロンとした蕾が魅力です。



アイスバーグは変な咲き方。
寒いから?



ハンギングのビオラはすっかり黄色から紫へとシフトしてきました。



零れ種組の中でも一番おチビの子。
陽の当たる席へと優遇しました。
がんばれ〜。



ガーデンテーブルの上が満員御礼状態です。
こうしてみると白い鉢が増えました。



昨日出かけた先でこんな鉢を見つけました。
デニム好きの私としては垂涎もの。
本物のデニムではなくセメント製。
いかにもジャンクって感じですよね。
黄色のフリフリビオラを植えたい。
あー買えばよかったかな。








Last updated  2021.01.23 08:43:15
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.16
カテゴリ:徒然


お向かいの建物と建物の隙間から差し込む朝の光。
去年まではこれが庭全体に当たっていたのにな〜



寒さでしなっていたシクラメンも復活しました。



寄せ植えに使ったプリンアラモードの存在感!
歳を重ねてこの色が好きになりました。
小さい頃からオレンジ、黄色、黄緑が好きではありませんでした。何でだろう?



今年もプリムラの魅力には抗えません。
イチゴミルク↑にマスカットのジュレ↓



あ、ブルーベリーのムースも寄せ植えに使ってました。



そう言えば、私の幼い頃、家の前の花壇にプリムラが植えられていたのを思い出しました。その頃はバラ咲きなんておしゃれな品種はなく、赤や黄色の原色の普通の品種。
後はチューリップに水仙に百日草。
ジニアではなく百日草。
時々、季節の花を切って学校に持っていくと、クラスの教室に飾ってもらえたので、それが誇らしかったな〜
私のお花好きのルーツはそこなのかな。




花カゴ寄せ植えにため息。
何て素敵な世界。



花カゴ寄せ植えを作っていて感じたのですが、寄せ植えって盆栽の世界と同じ。
限られた空間の中に、小さな世界を作ることなんだと。
私はこのバスケットの限られた空間の中に、自分の理想の世界を作ったんだなと。



ああ、理想の世界から現実に戻る時間です…










Last updated  2021.01.16 09:00:35
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.12
カテゴリ:徒然
どんより曇った冬の朝。
今日は仕事が早番なので、いつもよりも早い時間の庭パトロール。
植物の成長スピードはほとんど止まっていて、昨日との変化はほとんどなく。



ローズシネルジックは咲いたまま、固まって茶色く変色し始めてます。
もうそろそろカットしたほうがよい?



この寒いのに、喜び勇んで庭に降りるジュピターとぷち。
思い思いに過ごしてます。
肉球が冷たかろうに。



画像から気温の低さが伝わりますでしょうか?
何もかもが凍てつき、息をひそめて春を待っています。
この後、雪予報。
本当に降る?











Last updated  2021.01.12 08:18:11
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.11
カテゴリ:徒然
昨日と違って今朝は薄曇り。
放射冷却がない分、少しマシのような気もしますが、日差しが少ないので寒いことには変わりなく。
しかも明日はこの辺りでも雪の予報。
その後はグッと気温が上がるようです。



萎れてしまったシエルブリエ。
葉っぱはモリモリしてますけどね。





こちら何とか耐えているビオラたち。
ココヤシファイバーの効果もあるのでしょうか?



こちらもモリモリ具合に変化なし。
へっちゃらよ〜って言ってるみたいです。



ガーデン用に改良されたとは言え、シクラメンは寒さに弱いですね〜。
しなしなです。
プリムラもちょっと弱ってますね。



こちらは元気なチーム。
頼もしい。



同じビオラでもハンギング植えした株は、モリモリです。
よく陽が当たるからでしょうか?



咲き始めは黄色ですが、咲き進むと紫が入る種のようです。



今日は成人の日。
成人式の中止になった可哀想な成人が我家にも一人。
男の子なので、特別な衣装は用意していませんでしたが、この日のために晴着を用意した娘さんをもつご家庭は、さぞや残念なことでしょうね。
コロナが終息したら改めてお祝いの機会を設けていただきたい、と切に願います。










Last updated  2021.01.11 10:27:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.08
カテゴリ:徒然
寒い寒い冬の朝。
シェードガーデンの北の端にようやく陽が少し差し始めました。



出勤前のわずかな時間を見つけて庭でくつろぐ時間。



シレネのシェルピンクに新芽が芽吹いてます。今年花を咲かせられるかな。



まだまだ小さなビオラ苗。
種から育ては愛着がわきます。




新しい芽吹きの時を待つクリスマスローズたち。待ち遠しいです。



一体何鉢あるだろう。
約50鉢くらい?
そろそろ夏場の管理が苦しくなってきました。
今年は少し地植えして減らそうかな。



庭に目をやると、こちられっきとしたレモンなのですが、大きさといい、カラーといい、まるでミカンです。



草を食むぷち。
最近、私が庭に出るタイミングで必ずついてくるようになりました。
写真に撮って今年の年賀状に使えば良かった。小さなホルスタイン。失礼。



植え付けたヘリクリサム。
サークル花壇が明るくなればいいな。



そうこうしている間に出勤時間です。
行ってきまーす。








Last updated  2021.01.08 09:48:27
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.01
カテゴリ:徒然
あけましておめでとうございます。
気温は低いものの、穏やかに晴れ渡った気持ちの良い朝です。



こんな朝に相応しいネーミングの爽。
ゆっくりゆっくりとここまで咲き進んでくれました。

さて、昨年を振り返ってみると。
コロナに翻弄された1年でしたが、個人的には会社の組織が変更され、私自身の異動はなかったものの、職場環境が一変しました。
休業によって生まれた余暇を思う存分庭に費やすことができ、そんなに悪いことばかりではない年でした。




気がかりなのは、遠く離れて暮らす両親の体調と精神状態。
父は嚥下がうまくできず、昨年胃ろう手術を受けたのと同時に認知症が出始め、施設に入所。常に帰りたい、と母や周りの人を困らせている様子。



とても聡明で自慢の父だったので、娘としてはそんな父親の姿を見聞きするのはとても辛いことです。



母は7人で暮らしていた田舎の大きな家に今は一人。農家に嫁ぎながら、教師も辞めずに教頭まで勤め上げた、これも自慢の母。
子供に執着しない放任主義の母でしたが、今では時々愚痴を聞いてほしい、と電話をかけてきます。



もう一つ気がかりなのは、今年大学受験の娘のこと。高校受験を失敗しているので、何とか大学は希望を叶えてほしい、と親としては願うばかり。



元日から愚痴のようなことばかり書いてしまいました。
今日は仕事で庭仕事が出来ないので、つい心に浮かんだことを書き留めてしまいました。
悩みや辛いことがあっても、家族と猫と庭仕事が私の心を支えてくれています。
本当に庭があって良かった〜としみじみ。



植え付けたネモフィラの葉っぱがピン!と持ち上がってます。



弱っていた白妙菊も植え付けたら回復しました。チューリップとの共演が楽しみです。



庭の主の代わりに椅子に座って庭を見守る葉牡丹リース。
今年の葉牡丹リースはマンネリから脱却して新しい組み合わせにチャレンジできました。
自己満足してます。
さ!今年も仕事で稼いで庭に費やすぞー笑















Last updated  2021.01.01 09:05:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.26
カテゴリ:徒然
お向かいさんの取り壊しがとうとう始まるようです。
昨夜帰ると庭が妙に明るくて、一夜明けてみるとこんな感じに。



解体業者さんの視線や埃を防ぐためですが、音や振動、気配は感じるので、やっぱり落ち着きません。しばらくの辛抱ですね。

白いシートのおかげで、雪の日の朝のように庭全体が明るくなりました。



気温が下がったせいで、蕾のクリスマスローズが足踏み。
なかなか開いてくれません。



そんな中、やっとエレガンスホワイトに会えました。
もう少し剣弁だったように記憶しているのですが、丸弁ですね。
以前の咲き姿です。



久しぶりに友人に会ったら、あら〜こんなお顔だった?って感じの感覚です…
先祖帰りしちゃったのでしょうか?



マジョリカはなかなか顔を見せてくれません。もうすぐですね。



とても元気なチェリーシフォン。
大株になりました。
植えた時は1株だったはずです。



本当に美しい花です。



この子のネーミング、あずきセミダブルでどうでしょう?
見てるとあんこものが食べたくなってくるのは私だけ?




クリスマスローズの蕊がたくさん落ちるレンガ道。
同じように種が落ちてレンガとレンガの隙間に流されて芽が出るようです。
画面の下の方にもちょこちょこ芽吹いてます。
今年は全苗の救出作戦実行します。









Last updated  2020.02.26 11:36:46
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.08
カテゴリ:徒然
今朝、庭に出るとあちこちと飛び回る小さな生き物。



画面中央の黒い帽子の子。
見えますか?
よく見る子なのでネットで調べてみました。
シジュウカラですね。



いつもツガイでやって来ます。
夫婦仲が良いんですね。



さてこの間のお土産の松ぼっくりとどんぐりを庭に散りばめてみました。




木の実大好き。



ぞうさんビオラの片方の色が変わって来ました。2つとも黄色だったのに紫がかってきました。植物って不思議ですねー。



ジキタリスが根付いてきてモリモリと茂ってきました。春が楽しみです。




レンガ道の脇に何かを植えようと考えてます。カンパニュラアルペンブルーかピンクか。広がっていく植物で小花。日陰に耐えられる花。毎日あれこれ思案しています。




この寄せ植えの葉牡丹は色が褪せません。
それぞれの植物が徒長もせずに植えた時のままの状態をキープしてくれています。
いい感じです。
明日から泊まりの出張で、明後日の休みは庭仕事ができません。悲しい…
気持ち切り替えて楽しんできます。












Last updated  2020.01.08 10:24:56
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.