000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

じゃくの音楽日記帳

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

脱原発に向けて

2016.04.20
XML
カテゴリ:脱原発に向けて

前回に引き続き、九州の地震関連です。
この図は、前回の記事の図6(西村氏による、西日本のブロックの境界線)の再掲です。

F6 18%.jpg

続いてこちらは、東京新聞4月18日朝刊の一面に載っていた図です。
インターネット上の東京新聞のサイトからとらせていただきました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016041802000124.html

東京新聞20160418朝刊.jpg

このふたつの図を見比べると、今回の地震の震源が、図1の九州の中央を斜めに走るブロック境界線上にぴったりと分布しています。この線、いわゆる中央構造線にほぼ相当しますね。
中央構造線は、こちらです。引用元によって細部は微妙に異なりますが、これはWikipediaの図です。この図の赤い線です。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tectonic_map_of_southwest_Japan.png?uselang=ja#filelinks

中央構造線.png

さて東京新聞の図には、三つの原発、すなわち愛媛県の伊方原発、佐賀県の玄海原発、鹿児島県の川内原発の位置が示されています。

九州の中央構造線を北東にたどっていくと、すぐに伊方原発です。伊方原発は、中央構造線のほんとうにすぐそばに位置しています。Wikipediaの「中央構造線」によると、伊方原発と活断層との距離は約6kmで、もし伊方原発に最も近い活断層で、あるいは中央構造線断層帯全体が一度に動いて、予想される最大規模のM8の地震が起きた場合、原発周辺は震度7の揺れに見舞われる可能性があるということです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A

こんな危ない位置の原発が、「安全」とされて、この夏頃からふたたび動かされようとしています。

一方、九州の中央構造線を南西にたどっていくと、そのすぐ近くに鹿児島県の川内原発があります。川内原発は、現在日本で稼働している唯一の原発です。今回の地震があっても、驚くべきことに、運転を止めようとしていません。国も、電力会社も、何の根拠もなく、安全だと言っています。信じられない判断です。今回の地震が南西方向に広がる可能性も指摘されています。もしも原発の近くで強い地震があれば、大変なことになります。運転を止めていても原発は危険ですけれど、運転中だと危険性は著しく増加します。

このあたりのことは、はてなのゆりさんのブログ記事「川内原発を止めて欲しい!」
http://plaza.rakuten.co.jp/hatenaisya/diary/201604170000/
に詳しいので、そちらをご覧ください。ともかく、原発は、止めたり動かしたりをこまめにできません。莫大なお金を使って建設し、昨年夏にようやく強引に再稼働を始めた原発を、いちいち止めたのでは採算があわない、損をする、だから電力会社は原発を止めないのです。電力は足りていて、原発を動かす必要はないのに、ただ自分達の会社の利益のために、稼働を続けています。そして政府・経産省は、いま止めたら原発政策にブレーキがかかってしまうことを恐れているのでしょう。こんな状況でも制止を命じないとは、ありえない判断です。

「川内原発を止めて」という人々の声が日本のあちこちから続々と上がっています。ネットでも一個人の始められた署名の呼びかけがあり、僕も署名しました。すでに10万人を突破して、最初の集約分を首相・経産省大臣・原子力防災担当大臣に明日21日に提出予定だそうです。
https://www.change.org/p/








Last updated  2016.04.21 10:53:52
コメント(9) | コメントを書く


2016.04.19
カテゴリ:脱原発に向けて

熊本地震、被災された方々に救援の手が早く届くこと、地震が収束することを願います。

熊本の地震が起こる少し前、4月3日に放送されたNHKスペシャルは、シリーズ「巨大災害 日本に迫る脅威」の一つで、「地震列島 見えてきた新たなリスク」という番組でした。この番組を、録画しておいて見たのが、偶然にも今度の地震が起こる前日の4月13日でした。内容の一部がまさに今回の熊本地震のような直下型地震のリスク評価に関する新しい手法をわかりやすく解説するものでしたので、それを書いておこうと思います。

いくつか紹介された新しい手法のうち、番組の中ほどで解説されたのが、人工衛星からGPSで観測して、地表の動きをリアルタイムでとらえる方法でした。これにより大地が今どう動いて、どうひずみがたまっているかをかなり評価できるということでした。日本では観測点が現在約1300箇所にあるそうです。

そもそも図1に示されるように、西日本はユーラシアプレートの東端にあり、南海トラフの北西に位置しています。西日本は、図の右下のフィリピン海プレートの沈み込みのために、北西方向に常に押されています。

図1
F1 18%.jpg

その押された結果、大地がどのように動いているかが、GPSデータによって、最近詳しく明らかになっているということです。京都大学防災研究所の西村卓也准教授が解析した、西日本の動きを示したのが図2(2005年~2009年のデータ)です。図に矢印で示されたベクトルが、各地点の動きの大きさと方向を示します。硬いもの(西日本)が硬いもの(フィリピン海プレート)に無理やり押されて動いているわけですが、その動きが場所によってかなり異なります。

図2
F2 18%.jpg

例えば四国は、動きは大きいですが、どの地点もほぼ北西から西北西方向と、そろった方向に同じように動いています。しかし他の地域には、複雑な動きをする場所があります。番組では複雑な動きの一例として九州が解説されました。図3に示すように、九州では、大分あたりは西に動き、長崎あたりは南東に動き、鹿児島あたりは南に動いているということです。

図3
F3 18%.jpg

一方、これまでに九州で発生した地震の震源分布を示したのが、図4です。図には地表からの深さの情報も含まれています。比較的浅いところまでに、三本の線上に、驚くほど集中しています。深さを加味すれば、壁のように連なっているという感じです。

図4
F4 18%.jpg

図3と図4を重ねあわせたのが図5です。地表の動きの方向や大きさが異なる境界地域で、地震が多発しているということです。西村氏によると、地表というか地殻は、動き方の違いから異なるブロックにわけられ、ブロックとブロックの境界で歪みがたまりやすく、地震が発生しやすいと考えられる、ということでした。今回の熊本から大分にかけての地震の震源分布も、まさにこのブロックの境界に一致します。

図5
F5 18%.jpg

西村氏による、GPSデータから見た、西日本のブロックが、図6です。

図6
F6 18%.jpg

1891年濃尾地震や、1995年阪神淡路大震災は、まさにブロックの境界で起こった大地震であり、その結果大きな活断層が生じたことが紹介されました(図7,8,9,10)。また2015年秋には鳥取で、これまで活断層の指摘されていないところに中規模地震が多発したことがあり、それもこのブロックの境界であったということです。

図7,8 濃尾地震
F7 18%.jpg

F8 18%.jpg

図9,10 阪神淡路大震災
F9 18%.jpg

F10 18%.jpg

図11は、ハーバード大学のブレンダン・ミード教授による、日本全体のブロックわけだそうです。西日本をみると、西村氏のものとおおむね似ています。

図11
F11 18%.jpg

このような地殻のブロック化は世界の地震多発地帯についても同じようなことがあてはまること、日本は特にブロックが多くて地震が起こりやすいということが指摘されていました。

番組を見て、活断層は、かつてそこに地震があったという証拠にはなるが、活断層が確認されていないからと言って安心はできないこと、その地点に活断層があるかないかをミクロ的に評価してもあまり意味がないこと、むしろこのようなブロックの視点から見ることが、直下型地震のリスクの本質的な評価に迫れる、と理解しました。ご興味ある方は、NHKオンデマンドでご覧ください。

続きは、次の記事に書きます。

 







Last updated  2016.04.20 09:32:29
コメント(6) | コメントを書く
2016.04.04
カテゴリ:脱原発に向けて

電力の自由化が4月から始まりました。原発をすすめようとする電力会社からは買いたくないので、今の東京電力から、ともかくも変えようと思っていました。こんど、S石油会社に切り替えました。火力ほか、従来から発電をしていた会社です。電気料金は現在とほとんど変わらないけれど、ガソリン代がかなり安くなるのでお得だし、変更してみました。

インターネットから簡単・気軽に変えられました。

電力自由化と言っても、送配電の問題など、まだまだ本当の自由化には遠いですが、まずは第一歩。原発をすすめようとする会社の電気を買わないですむだけでも、気持ち良いです。

これも、小さいけれど、自分ができる脱原発への一歩です。みんなで歩みたいものです。

 







Last updated  2016.04.05 00:03:42
コメント(9) | コメントを書く
2015.04.16
カテゴリ:脱原発に向けて

4月14日、福井地裁が、高浜原発3・4号機の再稼働差し止めの仮処分を決定しました。原発関連で久しぶりにうれしい大きなニュースです。決定の理由として、
「想定を超える地震が来ないとの根拠は乏しく、想定に満たない場合でも冷却機能喪失による重大事故が生じうる」
「使用済み核燃料を堅固な施設で囲い込むなどの対策がとられていない」
「原子力規制委員会の新規制基準は合理性を欠き、それに適合しても安全性は確保されていない」等があげられています。

地震に関して言えば、関西電力は高浜原発の基準地震動を、福島原発震災以後370ガルから700ガルに引き上げていますが、これを超える地震はこのところの日本で、現実に何度も起こっています。2008年の岩手・宮城内陸地震では4000ガル以上!です。地震動の想定基準がゆるすぎます。

他にも基本的な問題点を指摘し、「原子力規制委員会の審査で安全と言われても実は安全とは言えない」というあたり前の事実を明確に呈示した、実に健全な、常識的な判断と思います。最近の世論調査でも再稼働反対は再稼働賛成のほぼ2倍です。多くの国民の考えと合致した判断です。

今後の関西電力の異議申し立て以後、この問題がどうなっていくのか予断を許しませんが、この判断が各地の原発訴訟にも良い影響を与えてほしいと思います。







Last updated  2015.04.17 00:50:28
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.30
カテゴリ:脱原発に向けて
原発本続けます。
池上彰著
池上彰が読む 小泉元首相の「原発ゼロ」宣言
径書房
発行 2014年1月20日

51UEZvc4UVL._SX230_[1].jpg

恥ずかしながら、小泉元首相の「原発ゼロ」発言について、そのころあまり新聞とかテレビをしっかり見ていなくて、その詳細を知りませんでしたので、今更ながら、それを理解しようと思って読みました。小泉さんの発言の背景、趣旨が良く分かりましたし、まったく賛同します。

この本によると、小泉さんの「原発ゼロ発言」は、単なる思いつきではなく、彼が大学時代に授業を受けた慶應義塾大学名誉教授の加藤寛氏(故人)の影響があると思われる、ということです。加藤寛氏は、「管から民へ」という主張を一してされていたということで、氏の最後の著書「日本再生最終報告―原発即時ゼロで未来を拓く」で、現在の9電力独占体制の改革が必要と説いているということです。

小泉氏は2011年5月の段階から、原発への依存度を下げることが必要だと折に触れ発言されていれ、そして2013年8月26日の毎日新聞のコラムで取り上げられたあたりから、小泉さんはより積極的に発言するようになり、急速に世間でも注目され出します。

興味深いのは、これら一連の小泉発言に対する読売新聞の反論です。この本に、2013年10月8日の読売新聞の社説が全文掲載されています。あまりに滅茶苦茶な内容で、読売新聞はいまだにこんなことを堂々と言っているのか、といささかあきれてしまいます。抜粋して引用しておきます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
(以下引用)
「原発ゼロ」掲げる見識を疑う 小泉元首相発言

 首相経験者として、見識を欠く発言である。原子力政策をこれ以上混乱させてはならない。
(中略)
 小泉氏は、「原発ゼロ」の理由として、原発から生じる放射性廃棄物の扱い方を疑問視し、「核のごみ処分場のあてもないのに、原発を進める方がよほど無責任ではないか」と主張した。
 使用済み核燃料や、それを処理した際に出る放射性廃棄物の処分法は技術的に決着している
 専門家は地盤の安定した地層に埋めれば、安全に処分できると説明している。日本を含め各国がこの方法の採用を決めており、フィンランドでは建設も始まった。
 放射能は、時間を経ると減り、1000年で99.95%が消滅する。有害性が消えない水銀など重金属の廃棄物とは事情が違う。
 問題は、廃棄物を埋める最終処分場を確保できないことだ。政府と電力業界は候補地を募ってきたが、自治体や住民の理解を得る努力がなお足りない。
 処分場の確保に道筋が付かないのは、政治の怠慢も一因と言える。首相だった小泉氏にも責任の一端があろう。処分場制定をめぐる議論を進めるべきである。
(引用終わり・下線は引用者による)
-----------------------------------------------------------------------------------------------
どうですか皆様、あきれるでしょう。1年近くも前の社説に腹を立てるというのも間抜けな話と思いますが、あまりにひどい内容ですのでコメントしておきます。

「処分法は技術的に決着している。」
だそうです。次を読むと地層処分について言っていることがわかります。しかし地層処分による長期保存の安全性を裏付ける技術は、決着していません。

フィンランドでは長い時間をかけて高レベル放射性廃棄物を安全に処分する方法を検討し、地層処分以外にはあり得ないという結論に達し、オンカロを建設中なわけですね。このフィンランド、地球上で極めて岩盤が安定しているところのひとつで、19億年にわたって地盤変動がないことがわかっています。しかしそんなフィンランドでさえ、オンカロの安全性は万全ではありません。2012年9月7日のglobal Press(http://webronza.asahi.com/global/2012090600002.html)から引用しますと、「フィンランド放射線・原子力安全センター(STUK)で研究していたことがある地質学者の権威、マッティ・サーリニストが、オンカロはトンネルを蜂の巣状に掘るため地下岩盤が弱くなり、ゆくゆくは放射能が地下水に漏れ出る可能性があることを指摘した。もちろん、ここ数十年の話ではなく、今から10万年以内の可能性であるが。」

決して、地層処分は技術的に決着がついているという話ではないのです。考えられるあらゆる方法のうちで、一番ましに思える方法、ということにすぎません。
ましてや、4つのプレートがぶつかりあいこすれあい地震が多発している日本列島、地下水の多い日本列島に、長期保管に安全な場所があるわけがありません。2012年9月11日には、日本学術会議から、地層処分を抜本的に見直すよう重大な提言が出ているというのに、読売新聞は「決着している」とよくも書けるものです。

「放射能は、時間を経ると減り、1000年で99.95%が消滅する。」
問題なのは%の話ではなく、人間に有害なレベルを下回るまでの期間です。少なくとも約10万年です。それなのに、あたかも1000年たてば安全なように思わせるこの書き方。

「問題は、廃棄物を埋める最終処分場を確保できないことだ。(中略)処分用の確保に道筋が付かないのは、政治の怠慢も一因と言える。」

政治主導でさっさと最終処分場を決めよ、と主張するだけで、安全性についての疑念を隠蔽する、その趣旨の社説です。まさに原子力ムラの一員の発言ですね。

読売新聞を読んでいる方々、くれぐれも騙されないようご注意を。

さて本のことにもどりましょう。
この本は、池上さんがいろいろな人に対談あるいはインタビューして、その内容を池上さんなりにまとめた本です。対談の相手は、小泉発言を最初にとりあげた毎日新聞の山田孝男氏、細川護熙氏、城南信用金庫の吉原毅氏、元三菱銀行NY支店長の末吉竹二郎氏で、それぞれに興味深かったです。なかでも城南信用金庫の吉原毅氏の、「銀行に成り下がってはいけない」という信用金庫の公共性を重視する哲学には大いに感銘を受けました。

この本には、フィンランドのオンカロを訪れた池上さんがオンカロについて紹介する部分もあり、それも興味深かったですが、長くなりましたので別記事で書こうと思います。






Last updated  2014.08.30 14:55:49
コメント(2) | コメントを書く
2014.08.26
カテゴリ:脱原発に向けて
原発本の話題続けます。
古賀茂明著 「原発の倫理学」
講談社
発行 2013年11月28日

410[1].jpg

古賀さんご健在ですね。経産省で改革派として活躍するも、原発震災後に退職勧告を受け、2011年9月に辞職されました。その際には拙ブログでも「古賀茂明氏、惜しくも経産省を去る」の記事を書き、著書「官僚の責任」を取り上げました。その古賀さんの本を久しぶりに読みました。

現在は特定の組織には属さず、核心をつく発現で問題提起を続けています。この本は、2012年1月に配信開始された有料メルマガ「古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」の中から原発問題、電力問題に関する記述をピックアップし、再編集されたものということです。2013年9月までのメルマガの内容が紹介されています。さすがに古賀氏です、そのときどきの重要な原発問題の動きに、官僚がどう絡み、どう自分たちの都合よいように骨抜きあるいは改変したかということが、手に取るようにわかりやすく書かれています。東電を破綻させず、大銀行を守り、税金という形ですべて国民に負担を押し付けている構図が、いやになるほど明確に書かれています。

それはともかくとして、ここでは2012年5月配信の内容で紹介されている、原発事故にたいする「5つの哲学」というのをご紹介したいと思います。原子力コンサルタントの佐藤暁氏が説いているものだそうです。

第一の哲学「nuclear free zone」:原発事故のリスクをなくしたいから原発を作らないという立場。オーストラリアやニュージーランド。

第二の哲学「sudden death」:他国の事故を見て直ちに原発ストップ。イタリア。

第三の哲学「phase-out」:国民的議論を経て、ある程度時間をかけて原発を止める。ドイツやスウェーデン。

第四の哲学「no compromise」:原発推進を前提にして、妥協せずにそのリスクを封じ込めようとする。アメリカやフランス。

第五の哲学「untouchable」:政治も行政も財界も学会もマスコミも振れることができない。何があっても揺らがない。日本。

あなたの哲学はどれですか?






Last updated  2014.08.26 21:52:51
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.24
カテゴリ:脱原発に向けて
原発の本、続けて書きます。
片山杜秀著「線量計と機関銃」 ラジオ・カタヤマ【震災篇】
アルテスパブリッシング
発行 2012年7月25日

903951-58-4[1].jpg

クラシックファンならご存知、音楽評論家のあの片山さんです。片山さんは思想史研究者でもあり、その方面でもいろいろな本を出しているということを、この本を去年本屋で見かけるまでまったく知りませんでした。さっそく買ったものの、多忙にかまけてつんどく状態のまま長く放置していたのですが、今回入院してから読みました。

片山さんがデジタルラジオ有料放送で月1回担当している「パンドラの箱」から、2011年3月から2012年6月までのうち、原発震災に絡む内容の12回分を、しゃべったその通りに録音から文字起こししたものということです。日本近代史をおさえながら、3・11以後の日本が12・8(開戦)以後の日本と似た状況であることの指摘、人間の訓練や技や努力が役に立たない機械文明の特性としての、機関銃と原子力発電の類似、ほか映画「ゴジラ」「ノストラダムス大予言」小松左京、レイチェル・カーソン、有吉佐和子、石牟礼道子、吉田秀和と様々な観点から原発震災の問題を鋭く指摘しています。

2011年10月の放送の時点で片山さんは、
チェルノブイリ事故→ゴルバチョフの情報公開→国家崩壊
というソ連がたどった道筋と似たようなことが、今後日本に起こりうるんじゃないかと危惧されています。

実際にその後日本がたどっている道は、もっとひどいことになっていますね。
福島事故→秘密保護→そして日本はどうなっていくのでしょうか。






Last updated  2014.08.24 13:36:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.23
カテゴリ:脱原発に向けて
この機会に、久しぶりに原発のことも書こうと思います。
原発事故から3年、事態はどんどん悪くなるばかりで、心がへこみます。

今までも、これからも続く福島第一原発からの汚染のたれ長しと、見通しの立たない廃炉作業。故郷を失ってしまった多くの人々がいる。
それなのに、「汚染水は完全にコントロールされている」という政治家が勝手の限りをつくし、原発を再稼働させたがっている人々が大勢いる。

日々あまりにも悪いニュースが多く、全体として悪くなっていることはわかっても、それらを俯瞰して今どういう状況なのか、なかなか分かりにくくなっていました。僕のように感じている方は多いのではないかと想像します。

そういう状況で、小出裕章さんがまたまた良い本をだしてくださいました。
「原発ゼロ」
幻冬舎ルネッサンス新書 088
発行 2014年2月20日

9784779060939[1].jpg

あれから3年、日本の現状がとてもわかりやすくまとまっています。冷静な筆致の中に小出さんのあつい思いが詰まっています。各章のタイトルをあげておきます。

第一章 福島原発では今、何が起きているのか -止められない放射能汚染水
第二章 もはや東京の一部も放射線管理区域 ―拡大する放射能汚染
第三章 果てしなき廃炉への道
第四章 放射能から身を守るためのQ&A
第五章 これでも原発を続けるのですか
第六章 これ以上過ちを繰り返さないために

第一、二、三章で日本の現状が書かれています。第五章はおさらい的に、原子力発電は、そもそも電気が足りていて必要ないこと、コストが高いこと、環境に非常に悪いこと、無責任で差別の上に成り立っていることなどが簡潔に整理されています。第六章の最後、「エネルギー消費の歴史」では、広い視野から、人類のエネルギー消費量が産業革命以後に急増していること、それと並行して絶滅種の数も急増していることを踏まえたうえで、日本のここ100年強のエネルギ―使用量の増加と今後の予想、今後の選択について、グラフを使って明快にまとめられています。とてもためになりました。

このままエネルギー消費が増え続け、他の生物は次々に死に絶えていき、そしてついに人類も死に絶えていくのでしょうか。まさに「人類は地球のガン細胞」と思います。そして生物のすべて死に絶えた地球全体が、そのまま高レベル放射性廃棄物の最終処分場となるのでしょうか。やがて地球を訪れた宇宙人が、立ち入ろうとしてあまりの放射線量の高さに驚き、「危険・立ち入り禁止星」の看板を出すのでしょうか。

そうならないために、どうすべきか。






Last updated  2014.08.23 23:27:06
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.15
カテゴリ:脱原発に向けて
明日の選挙、日本人が脱原発の方向に進むのか、原発維持の道を進むのか、大事な選挙です。

このところ民主党は、口では脱原発といいながら、大飯原発を再稼働し、建設中の原発工事再開を認めるし、やっていることは原発の維持・推進そのものです。言っていることとやっていることの違いの大きさに、驚きあきれる日々でした。

維新の会も、「原発など小さい問題だ」とおっしゃる石原さんが合流し、脱原発色がすっかりなくなってしまいました。

なにより驚かされるのは自民党です。自民党は、この福島原発事故があってさえも、長年自分たちが推し進めてきた原発路線を、なおも続けていこうとしています。その反省のなさには驚きあきれます。

テレビやラジオでやっている自民党の政見放送を見聞きしました。驚くべきことに、政見放送で語っていた安倍総裁の話に、「震災からの復興」という言葉は出てきましたが、「原発」や「エネルギー」の言葉が、一言も、1回も出てきませんでした。自民党の考えの中には、本当に福島原発事故は存在してないようです。

そしてもっと驚きなのは、そのような自民党が、圧勝するという事前予想です。

世論では、脱原発は国民の半数以上の意向です。もし自民党が圧勝すれば、多くの国民の意思に反して、原発がやがてどんどん再稼働していき、原発が生き延び、置き場のない放射能のごみはどんどん増えてしまいます。

そうならないよう、自民党の圧勝だけはさけたいものだと思います。脱原発の方針を強く掲げる政党に投票しようと思います。日本未来の党、社民党、そのほか、脱原発をはっきりうたっている党がいくつかあります。そういう政党に、良心的な人の多くの票が集まることを期待したいです。日本人の良識が問われている選挙です。

僕は東京都民なので、明日は都知事選もあります。こちらも、脱原発をはっきりうたっている候補者に一票を投じます。







Last updated  2012.12.16 01:55:24
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.11
カテゴリ:脱原発に向けて
8月8日朝のNHKラジオに、慶応大学経済学部教授の金子勝(かねこ まさる)氏が
「猛暑の夏に原発再稼動を考える」というテーマでお話されたということです。僕はこの番組を聞いていませんが、はてなのゆりさんのブログに内容がわかりやすく紹介されています。是非一読を。

金子勝氏は、経済学の立場から原発問題をするどくみつめています。氏の著書の「脱原発成長論(筑摩書房)」を去年読んで、頭が整理されたものでした。

もはや原発問題は、安全性の問題でもエネルギーの問題でもなく、電力会社と原子力ムラの人々の利益追求の問題だということが、大飯再稼動の滅茶苦茶なやりかたで露骨に明らかになりました。地震国日本に安全な原発はないこと、原発がなくても電気は足りること、そういうことを原子力を推し進める人々は皆充分に知っているに違いありません。知っていながら、自分たちの利益追求のために、次々に再稼動をめざしている人々。

おうい原発よ
あくせくと
馬鹿に焦っているぢやないか
どこまでゆくんだ
ずっと次の大事故までゆくんか

それなのに、この暴走を止めようとするどころか、その後押しをするだけの政治。。。







Last updated  2012.08.12 01:18:34
コメント(2) | コメントを書く

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.