ジャックとクーロン

光器ペトローバ

第1回目のコラムは「光器ペトローバ」です。
なぜかって?なんとなく思いついたから(殴
まあ、適当に決めてますが、安心してください!
中身も適当ですから。(殴
えーと、始める前に殴り殺されちゃたまらないので(誰にだ!?
さっさと書きます。

光器ペトローバ。
今や、種族デッキには必須と言われ、コロコロドリームパック2でも採録が決まったすばらしいクリーチャーです。
では!何故ここまでに至ったのでしょう。
題して!ペトローバのすばらしきポイント!(そのまんまかよ!殴

その1 異常なほどのパンプアップ
選んだ種族を、永続的にパンプアップ。
それも4000という、異常な数値。
相手にも影響しますが、同種族デッキ同士での戦いはあまり無いし、かぶったとしても、それはサポートとかで使っているやつで、実際はそんなに多くないので、相手への影響はあまり無いといえるでしょう。(長い!殴×2

ああ、三途渡しのユーリンが迎えに来たようです・・・
おっと!ここで死ぬわけにはいかないです。
こんな茶番劇はシカトしていいです。次に進みましょう。

その2 アンタッチャブル効果と、光ゆえのパワー
アンタッチャブル。この効果はかなりウザイです。
そのうえ、光ゆえの3500というそのパワー。
選ばれない効果を除去するには、相手に選ばせるか、全体除去でしとめるしかありません。
ところが、3500というパワーのせいで、ほとんどの全体除去をかわすことができます。
シルフィ、裁、バースト・ショットetc・・・
なかなか3500には届きませんねぇ。
届くのは、サウザント・スピア、ガルクライフ、マーズ・ディザスターくらいでしょう。
これも、4000以下という破壊域なので、ちょっとのパンプですぐにかわせます。
では、相手に選ばせるという方法なら。
有名なのは、ラグマール、ソイル・チャージャー。マイナーなので、生命剥奪など。
ただ、それらは何度も放てるものではなく、ペトローバ入りのデッキは、ほとんど展開型のデッキなので、ペトローバを消すのは容易ではありません。
ただ、サンダル+ラグマルのコンボはかなりきついです。
いくら展開型のデッキといえど、1ターンに2,3体のクリーチャーを消す、サンダル+ラグマルコンボはかなり効くでしょう。
もしくは、ペトでパンプするクリーチャーは、素のパワーが低いのが当たり前なので、マーズ・ディザスターで壊滅することも。
まず、ペトから。その後、2回目のメテオバーンで殲滅。
ペトローバの天敵は、セラフィムとマーズでしょう。

~結論~
ペトローバのパンプ能力は確かに強力であるが、サンダル+ラグマルコンボや、マーズ・ディザスターで壊滅する。
ペトローバ入りの種族デッキを組むときは、こいつらに「必ず」メタを張ること。
最近は、マーズもかなり流行してきてるので、必ずメタを張りましょう。

2回目からは、謎の生命体に殴られないように気をつけないと・・・(殴

・・・また明日・・・グフッ




死にはしませんけどね。


© Rakuten Group, Inc.