ジャックとクーロン

黒神龍バズラデューダその2

このコラムは、当然ですが、「黒神龍バズラデューダ」のほうから読んでください。
これは続編なので。
chocolateさんより指摘を受けたため、バズラデューダのコラムの追記とします。
追記内容は「『場から離れる時』と『破壊される時』の違い」となります。
これは、当然前回の続きということもあり、《インフィニティ・ドラゴン》と比べることになります。
インフィニティは、前回も上げた通り、全ての除去呪文をかわすことができます。
特に、現環境は、《アクア・サーファー》、《母なる大地》、《魂と記憶の盾》と、墓地以外への除去手段が目立っています。
トップメタのデッキのほとんどに、これらのカードが搭載されているので、単純にドラゴンデッキでの除去への対抗手段とするなら、インフィニティのほうが優れているといえます。
しかし、この効果は強制であるため、山札の消費率は通常のデッキの1.5倍から2倍まで上がってしまいます。
また、先読みをしていなければ、当たるかどうか分からず、はずれる場合もあります。
ドラゴンだらけのデッキというと、連ドラ、除去ドラしかないため、入るデッキが限定されているカードだと言えます。
ただ、これらのデッキは「ハマれば強い」というデッキに分類されるため、インフィニティはまさに、「鬼に金棒」というとてもやばいカードであります。
インフィニティは、デッキのパターンにも、使用者の好みにも、周りの環境にも左右される、運試し系のカードであると言えますね。
一方のバズラデューダですが、上記の除去カードへの耐性はまったくなく、また、ハンデスにももろいため、一般的にはインフィニティより劣っているといわれます。(文明、種族などが違うため、完全に下位互換であるとは言いきれないのです)
また、火文明なら、マナやシールドに送られても、墓地を経由して復活させることが安易ですが、(火文明にはマナやシールドを捨てるデメリットを持ったクリーチャーが多いため)闇文明では、《母なる大地》への対策がまったくといっていいほどありません。
墓地以外の場所へ送られては、前回紹介した、《黒神龍グールジェネレイド》も意味がなくなってしまいます。
トップメタ除去への耐性がないというのは、バズラデューダの完全なる欠点です。
しかし、バズラデューダの利点をうまくいかしていけば、この欠点を補ってくれるはずです。

すみません。こちらの都合で一旦ここで終わらせていただきます。
続きはその3で(まだ続くの!?


© Rakuten Group, Inc.