7959770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

飛翔 (21) Little … New! 神風スズキさん

静かな再会……★「草原… モイラ2007さん

継続は力なり てらまさん

Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
ITOYA online☆特撮/… ITOYAさん
2011.01.13
XML
カテゴリ:格闘技映画
最強最後のカラテ.jpg


1980年に東映、三協映画による極真カラテの真髄を
新たな角度から捉えて描くドキュメント映画
「最強最後のカラテ」は週刊少年チャンピオンに
連載された原作の映画化で監督は梶原一騎である。

最強の空手家を目指して厳しい荒稽古に汗を流す
大山倍達の流派・極真会館の道場生たち。
その脅威は日本だけではなく世界各国にまで
大山空手が広まっていた。

本作は第10回全日本空手道選手権大会をドキュメントした
「激突!格闘技 四角いジャングル」の続編的意味合いを
持っており、今回は翌年に行われた世界大会を取材、

その海外の極真空手家を追い、今まで日本に
紹介されなかった外人の強者を取材し
4年に1度開催される空手オリンピック
オープントーナメント全世界空手道選手権大会に向けて
日夜、稽古に励む道場生にスポットライトを当てている。

まず「第4回全日本選手権」にて準優勝したイギリスの
ハワード・コリンズで、彼は15歳の時に極真を始め
1971年日本に来日し本部道場で稽古を開始する。
翌年には極真最大の荒行・百人組手を道場性で
初めて完遂するなど快挙の多い空手家である。

次に南アフリカのケニー・ウーテンボガードで
彼は身長197センチ・体重98キロという大型で
今大会の優勝候補の一人であったが
南アメリカのアパルトヘイト問題を良しとしない国から
圧力が掛かり外務省が出場を許可しなかった為
ウーテンボガードは来日したものの直前に
出場停止となりました。

そして優勝候補の“熊殺し”ウィリー・ウィリアムスは
アントニオ猪木が掲げる「プロレス格闘技世界一」を
断固拒否!極真空手を地上最強と信じるウィリーは
猪木に挑戦状を叩きつけての来日でありました。

1979年11月23日から3日間で行われた日本武道館における
第2回オープントーナメント全世界空手道選手権は
母国日本の王座最大の危機と言われた大会であり

日本からは二宮城光(現・円心会館)引退後の
極真日本勢を守った中村誠、三瓶啓二の二人が
大会に出場した。

本大会は案の定、外国人選手が勝ち進みウィリーが
優勝に王手をかけていた。

しかし準決勝にてウィリーは度重なる掴みからの膝蹴り
三瓶を投げた事からウィリーの反則負けとなる
謎が謎を呼ぶ突然の暴走行為が勃発した。

その真相については未だに不明だが
結果的に決勝は準決勝で東孝を破った中村誠と
三瓶啓二が相見える勝負となった。

結果は中村誠が優勝し空手日本を守り
極真日本勢の面目を守ったのであった。

この二人は両者の名前を取り“三誠時代”と
呼ばれる様になりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【送料無料選択可!】最強最後のカラテ / 格闘技






Last updated  2012.05.27 22:29:00
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


憧れの大山極真!   sudo さん
当時の極真会(大山先生が総裁であったころ)は空手少年にとって憧れの存在であり、非常に魅力的な選手が多かった、第1回大会は日本勢の活躍に胸がおどったもの、しかし今度はヤバイなーと思える外人選手の多さに不安でありました、結果は中村誠がチャンピオン、ほっとした中に、一抹の疑惑が、余りにもわざとらしいウイリーの反則でありました、もしかすると?そう思った人は多かったでしょう、真樹日佐夫が「大山倍達との日々」で”あれは日本勢を勝たせるための片八百長であった”と告白しています、真樹さんなりの脚色があったとしても、なかなか面白い極真暴露本でありました、これを見た大山先生、激怒!その反撃として当時の北海道支部長、高木薫(糖尿病で死去)に「わが師、大山倍達」という本を出させたものでした、まあ、真実はともかく、当時の大山極真は魅力的だったなー、今はねーこんだけ分裂してしまうと(笑い) (2011.12.30 19:46:31)

Re:憧れの大山極真!(01/13)   上段タロー さん
sudoさん
「わが師、大山倍達」は持ってますよ~

特に有明省吾の下りは興味がありましたね!

著者の高木薫は士道館の添野義二の大学時代の後輩で
芦原英幸と仁義なき戦いを挑んだ方ですよね!

ちなみに私が尊敬するのは中村忠さんです^^

(2011.12.30 21:57:37)

さ、さすが、上段さんですなー   sudo さん
へー上段さんも所有しておられたとはねー(笑い)「わが師大山倍達」私ももっておりますぜ、真樹日佐夫の本と比較しながら読むと面白い!裏話、(特に格闘技の)暴露本、こたえられません!(笑い)どれが真実なんでしょうかねー?高木さんといえば、大山先生の指示?でヒットマン?になり芦原先生に返り討ち、海岸だったかクビだけだして埋められたというようなことを
息子さんと小島が出した本にのってましたよね?(芦原会館はこの本の内容を否定してましたが)
真樹日佐夫の「黒帯交遊録」に極真最強の男は?という質問に「中村忠」をあげた人が多かったようです、私の空手の師匠(当時、東海では有名な空手家でしたが)も「ほかの奴はともかく、中村忠、彼は達人だぞ!」とよく言ってましたっけ。 (2012.01.01 23:11:09)

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.