6778104 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

大都会の愛と死 (16)… New! 神風スズキさん

『聖☆おにいさん 第… てらまさん

雑誌『映画秘宝 2019… ITOYAさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
2011.05.06
XML
カテゴリ:刑事ドラマ
マミー刑事.jpg


ジプシー(三田村邦彦)転勤後、8年ぶりに
女刑事が七曲署一係に登場した。

当初、後任としてボス(石原裕次郎)が選んだのが
谷山美沙(高田早苗)であり彼女は気が強く
世に発生する事件を女性視点から鋭く観察するタイプである。

その頃、凶悪事件が発生し事件解明に
ドック(神田正輝)ボギー(世良正則)ラガー(渡辺徹)
トシさん(地井武男)山さん(露口茂)は
一斉捜査に当たった。

そこに偶然にもドック刑事はかつて仲間であり
殉職したロッキー刑事(木之元亮)の妻で
七曲署交通課の女性警察官・岩城令子(長谷直美)と
出会う事になった。

事件発生から数時間が立ち、捜査中の谷山刑事に
凶悪犯人が襲い掛かったのだ。

難を逃れるも犯人に襲われたショックで谷山刑事は
何も話せなくなり、刑事という仕事の理想と現実が
違う事と襲われた恐怖により辞表を提出し
わずか2日で一係を去っていった。

しかし夫の殉職で失意の日々を送っていた岩城令子が
凶悪犯と対立!遂には自首を勧め犯人を改心させたのだ。

この事件を機に令子は捜査一係刑事に任命され
そのニックネームを双子を儲けた母親から
マミーとされた。

マミー刑事が直面した事件として男尊女卑を重点とした
ボギー刑事から距離を置かれ、二人は対立してしまう
第549話「ボギーとマミー」

孤児になってしまった一人の少女を養女に考えた
ドック刑事に対し子育ての考えの甘さを叱責する
第553話「ドックとマミー」

更には実際、長谷直美がA級ライセンスを持つ事から
カーチェイス&アクションで綴った第595話「マミー激走」

かつて主人であるロッキー刑事が犯人に対し
周囲に手銃を掛けられた犯人を気遣うべくハンカチを
犯人の手にそっと掛けた第685話「ロッキーの白いハンカチ」がある。

これは「太陽にほえろ」を見ていた現職刑事の妻の
視点を考慮した演出でありました。
また初登場がボン&ロッキー編という事から
山さん、ゴリさんに次ぐ年長出演者となる。

マミー刑事を演じた長谷直美は17歳の時
ミス・エールフランスコンテストで入賞し芸能界入り。
「私は天使じゃない」でレコードデビューを果たし
深夜バラエティ番組「独占! 男の時間」で
山城新伍のアシスタントを務めていた。

その後「俺たちの朝」にカーコ役で注目を浴び
アイドル女優として人気を博しました。
(現在で言えば柴崎コウの様な存在)

またA級ライセンスを持ち「大追跡」や本作などの劇中で
手慣れた運転テクニックを披露している。

現在は幼馴染と結婚しフランスに在住。
近状についてはブログにて


  • Blog de HaseNaomi  オフィシャルブログ



  • ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



    TVサントラ/太陽にほえろ!オリジナル・サウンドトラック 80’sベスト






    Last updated  2011.05.06 18:53:13
    コメント(4) | コメントを書く
    [刑事ドラマ] カテゴリの最新記事

    Profile


    上段タロー

    Calendar

    Freepage List

    Keyword Search

    ▼キーワード検索


    Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.