6773615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

大都会の愛と死 (14)… New! 神風スズキさん

『聖☆おにいさん 第… てらまさん

雑誌『映画秘宝 2019… ITOYAさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
2011.07.30
XML
カテゴリ:ドラマ
土曜ワイド劇場.jpg


テレビ朝日が2時間サスペンス番組として
1977年7月から放送しているのが「土曜ワイド劇場」

その名物シリーズ第1弾として1980年に
女の怨念とその恐怖を描いたのが
「京都妖怪地図・嵯峨野に生きる900歳の新妻」である。

物語は平安時代末期、幸せいっぱいの夫婦が
新婚早々、夫が行方不明となってしまった。
新妻は愛する夫の帰りを待ち続けた・・・

時は大きく流れ、人形の髪付け師である
香織(宇都宮雅代)は美しい妖艶な女性で
どんな男性でも振り返るほどの美人である。

その美貌に魅かれた譲(中条きよし)は
香織に言い寄り近づいたが
突如、香織は豹変、譲の血を吸いまくる。

実は香織は行方不明となった夫の帰りを
待ち続けるため、若者の血を奪い
900年に亘って若さと美貌を保ち生きてきた
魔性の女であった。

京都妖怪地図.jpg

ある日、香織は城崎四郎(三田村邦彦)に出会った。
それは行方不明の夫と瓜二つの青年であり
香織は900年もの間、待ち続けた夫と
再会したと確信してしまった。

四郎の血も徐々に吸っていく香織。

そして香織は四郎には恋人・玲奈(長谷直美)が
いる事を知ってしまい、今度は玲奈を襲撃する。
血を吸うのに恋人の存在が邪魔だからだ。

奇怪な事件に刑事(遠藤太津朗)が捜査するが
これといって役にはたたない。

果たして四郎の運命と香織の結末は?

この物語は江戸時代に作家・上田秋成が発表した
「雨月物語」の中から“浅茅が宿”と“蛇性の婬”を
翻案しており、過去に大映から映画化されており
その時に助監督を担当していた田中徳三が
本作の監督に就任している。

制作スタッフは「必殺シリーズ」を作ってきた
京都映画株式会社で現代劇ながらも
必殺シリーズ特有の時代劇映像美も兼ね備えた
丁寧な作りがなされている。

また土曜ワイド劇場はサスペンス、ミステリーと
色んなジャンルをシリーズ化しており
本作の「京都妖怪地図シリーズ」意外にも
「江戸川乱歩の美女シリーズ」「三毛猫ホームズ」
「家政婦は見た!」「京都殺人案内」など
サスペンスだけではなくコメディもありで
人気を博した長時間ドラマ番組である。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



送料・代引手数料が無料!松本清張サスペンス 土曜ワイド劇場 傑作選 〈大映テレビ編〉【smtb-u】






Last updated  2011.07.30 19:45:44
コメント(2) | コメントを書く
[ドラマ] カテゴリの最新記事

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.