6678838 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

愛と涙の六つ子物語… New! 神風スズキさん

『帰還』【小説】三… てらまさん

グルンベルド コニシ2300ccさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
2012.07.27
XML
必殺!ブラウン館の怪物たち.jpg


前作の好評により1985年、松竹創業90周年
朝日放送創立35周年記念作品として公開されたのが
映画「必殺!ブラウン館の怪物たち」である。

時は徳川慶喜が将軍職に就いた幕末の京都。

ある夜、品川宿で中村主水(藤田まこと)が
警護にあたっていた御公儀御用早駕篭が襲われ
密書が奪われた。

天下を狙うものは必ず京都の帝を利用するが
徳川家康はそれを防ぐため秘かに京都・黒谷へ屋敷を築き
いざという時、帝を京都御所もろとも爆破し得る
恐しい仕掛けを設けていた。

密書は代々将軍家に伝えられてきた
その屋敷の権利書、絵図面であった。

老中・稲葉正邦(平幹二朗)は急遽、
筆頭同心・田中(山内としお)と主水に
京都への出立を命じ、更に伊賀忍者のお庭番
藤林辰之進(森田健作)百地お千(柏原芳恵)にも
同じ命令を伝えた。

旅を急ぐ田中と主水の前に加代(鮎川いずみ)が現われ
品川宿の事件の真相究明のため
元締のおりく(山田五十鈴)を筆頭に
組紐屋の竜(京本政樹)花屋の政(村上弘明)
順之肋(ひかる一平)たち仕事人たちが
主水を追って京に向っていると言う。

そして箱根芦の湯で主水は上方で湯めぐりを楽しむ
せん(菅井きん)りつ(白木万理)に会った。

一方、黒谷屋敷には徳川家の秘密を守るため
代々お守番をしてきた服部佐一郎(沖田浩之)
蜘蛛の手のお時(塩沢とき)山椒玉の小太(竜小太郎)
鉄額のお国(兵藤ゆき)猿走りの純平(高田純次)がいて
主水たちは仕掛けを調べるどころでない。

主水はこの事態に助っ人として新撰組の
土方歳三(西川のりお)沖田総司(明石家さんま)に
黒谷屋敷の殴り込みを依頼した。

必殺!ブラウン館の怪物たち1.jpg

実は品川宿の件は佐一郎たちが起こしたのであり
彼らは屋敷を売って自分たちの理想郷を作ろうとしていた。

買い手として倒幕に利用しようとする
不動産屋の角助(笑福亭鶴瓶)たち公卿一派
内乱を起すのが狙いの神戸の武器商のブラウンと
大黒屋・如安(金田龍之介)一派が現われた。

二派の抗争の中、佐一郎たらは全員死んでしまう。

主水たち仕事人は純粋に生きてきたお守番が
悲惨な最期を遂げたのに
晴らせぬ恨みを晴らすべく
ブラウンの館へ仕置きを実行する!

この映画は「天才たけしの元気が出るテレビ」の
兵藤ゆき、高田純次、吉本興業の明石家さんま、
西川のりお、松竹芸能の笑福亭鶴瓶を向かえるなど
バラエティ路線が色濃く「蒲田行進曲」「E.T.」
「インディー・ジョーンズ」のパロディが盛り込まれ
ユニークな作品に仕上がった。

しかし、遊びすぎたせいか必殺ファンからの評価は可なり低く
これが必殺シリーズ人気低迷に繋がってしまった。

そして組紐屋の竜役の京本政樹が本作の撮影で
高所から落下して骨折し、歩行が不可能となる。

本編「必殺仕事人V」も継続不可能となり
この為、26話で終了と従来のシリーズより短くなっている。

ちなみに京本政樹は柔道の心得があり
落下した際、受け身を取っていた事で
命に別条はなく骨折で済んだのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



[DVD] 必殺! ブラウン館の怪物たち






Last updated  2012.07.27 22:16:07
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:必殺!ブラウン館の怪物たち(07/27)   てらま さん
まさに、遊びすぎ!!
唖然、茫然、ため息でした… (2012.07.27 23:01:07)

Re[1]:必殺!ブラウン館の怪物たち(07/27)   上段タロー さん
てらまさん
>まさに、遊びすぎ!!
>唖然、茫然、ため息でした…

やはり^^

(2012.07.28 05:21:38)

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.