6675619 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

『帰還』【小説】三… New! てらまさん

智、芥川賞獲得 (55… New! 神風スズキさん

グルンベルド コニシ2300ccさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
2019.08.02
XML
カテゴリ:アニメスポーツ



「巨人の星」の原作者として名声を上げ、
以後「あしたのジョー」「タイガーマスク」など、
スポ根分野を確立した功績をはじめ、
多くの劇画作品の原作者として活躍した梶原一騎。

ストーリーの展開としては型破りで奇想天外、
劇的な内容で巧みな作風が特徴である。

1974年にアニメ化された「柔道賛歌」は、
1964年東京オリンピックで
アントン・ヘーシンクに敗れた屈辱からの
日本柔道の復興というテーマを
「柔道一直線」から引き継いだ作品である。

主人公・巴突進太は背が低いが喧嘩好きの暴れん坊で
高校の番長になるべく全スポーツ部に喧嘩を挑んで勝つが、
唯一、柔道部の主将大東坊には大いに痛めつけられる。

しかし最後に巴投げで勝利、彼に認められて柔道部に入部し
そこで新任の教師・利鎌竜平に出会う。

彼にはどこか言い知れぬ凄みがあり、
何か秘密を抱えているが、

実は突進太の母・輝子は女三四郎と呼ばれた天才柔道家で、
その頃、利鎌の兄を投げた事があり、
兄はそれが原因で人生を誤り、孤独な死を迎えていた。

利鎌はその復讐のため柔道に打ち込み、
必殺技「天地返し」を修得していた。

兄の仇である女の息子もまた許せないと、
柔道部のコーチに就任して突進太らを徹底的にしごく。

そして、突進太の前には様々なライバル達が現れる。

突進太は彼らとの戦いの中で必殺技を編み出し、
柔道家としても人間としても大きく成長していく。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



お中元 残暑見舞い 暑中見舞い 御中元 缶詰め スープ ギフト /博多華味鳥 食品詰合せ 料亭のとり雑炊 親子丼セット HZO-2出産内祝い おいしい 結婚内祝い お中元 御中元 法事






Last updated  2019.08.02 20:00:13
コメント(0) | コメントを書く
[アニメスポーツ] カテゴリの最新記事

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.