6849347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

塾長は見た(3)リ… New! 神風スズキさん

この度、整理をして… てらまさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
ITOYA online☆特撮/… ITOYAさん
2019.09.30
XML



1969年3月21日~同年5月31日、後楽園ゆうえんちは
大集客となる春休みからゴールデンウィークに掛けて
「ウルトラマン・ウルトラセブン モーレツ大怪獣戦」を上映した。

当時、怪獣ブームは過ぎ去ってはいたものの
後楽園は大宇宙怪獣館を設置し、
シネラマを発展させた11台同時撮影が可能な
特製カメラで撮影した映像を1本のカラー映画として、
全周スクリーンの360度映画に映写するサークロラマ映画を
大宇宙怪獣館内に特設した。

サークロラマとは「サークル+シネラマ」を語源とする造語である。

その内容は、ブースカとチャメゴンが
40匹あまりの怪獣たちに遭遇するというストーリーで、
ウルトラマン、ウルトラセブンからの流用部分と
新撮部分から構成される。

流用部分にはウルトラセブンの第12話、
スペル星人がアイスラッガーで切断されるシーンも使用されているが、
快獣ブースカのDVD-BOXではこのシーンはカットされている。

新撮部分は草原でのウルトラセブンとバルタンの戦いなどであり、
後のウルトラファイトの先駆けとされる。

ブースカ、チャメゴン、バルタン星人、プロテ星人、
ペガッサ星人、ブラコ星人、シャプレー星人、ギガス、
ウー、シーボーズ、ドラコが登場するが、

台本ではバルタン星人、メトロン星人、ペギラ、ウー、
シーボーズ、ドラコ、ギガス、ダリー、その他と記載されている。

大宇宙怪獣館が取り壊されて以降は
当時のままの形で見る事は出来なくなったが、
その後に発売された「ウルトラマン」の単品LDや
「ウルトラファイト」のLD-BOXには、
特典映像として収録されている。

但し、10画面分が1画面にまとめられている為、
個々の画面は小さくなっている。

また、快獣ブースカのDVD-BOXにも収録されているが、
こちらは1画面分をフル収録している。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ



人気一 純米総攻撃 720ml【RCP】【楽ギフ_包装】






Last updated  2019.09.30 20:00:10
コメント(0) | コメントを書く
[特撮・アニメ・オリジナル作品] カテゴリの最新記事

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.