6687123 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

『劇場版 聖☆おにい… New! てらまさん

EA 地球軍隊 (3) リ… New! 神風スズキさん

グルンベルド コニシ2300ccさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん

全21件 (21件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

ゴジラ・海外版

2012.08.26
XML
カテゴリ:ゴジラ・海外版
SonOfGodzilla.jpg


グアム島ロケが敢行されて話題となった1967年公開の
「ゴジラの息子」を米国のウォルター・リード社が
テレビ公開用として輸入したのが
「Son of Godzilla」である。

ゴジラの息子であるミニラは当初「子ジラ」となっており
一般公募にて「ミニラ」と命名されたが
海外では「ミニヤ(Miniya)」と呼ばれている。

このゴジラの造形はゴジラの頭にかさ上げする形で
頭の造型がなされ、従来よりも縦長の顔になっており
背びれの形もこのゴジラ独特のものとなっている

その結果、本作「息子ゴジ」の写真や映像は
アメリカのロックバンド「ブルー・オイスター・カルト」のアルバム
「ゴジラ」のレコードジャケットや
大リーグでの松井秀喜の出場時の電光掲示板に使われ
アメリカではかなりメジャーなゴジラ像である。

敵怪獣のクモンガは海外では「SPIGA」と呼ばれており
操演怪獣では傑作として知られ、
このリアルな動きはCGでは再現できないと言われている。

ピアノ線による操演には小道具係まで総動員され
強烈なライトの熱を受けながらの操作に
撮影中は彼らの流す汗が雨のように降り注いだという。

またカマキラスは大カマキリが
気象コントロール実験の失敗による異常高温と
合成放射線で生態構造に変化をきたし怪獣化したもので
海外では「GIMANTIS」という名称で知られている。

この海外版はいくつかの変更があり
セリフはそのまま英語に吹き替えられたが
前田美波里扮するサエコの名前をレイコに変更

公開時間も本来の86分からテレビサイズの79分になり
シーンのカットとしてゴジラが海上で観測される場面と
歩きまわるゴジラと、特撮部分がカットされている。

その為、米国版ではナレーションが多いのが
特徴となっている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



新入荷続々♪6000円以上で送料無料♪メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版DVD!怪獣島の決戦 ゴジラの息子!






Last updated  2012.08.26 19:59:55
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.19
カテゴリ:ゴジラ・海外版
南海の大決闘.jpg


1966年5月、東宝は「キングコング対ゴジラ」製作の際に
米国RKO社から取得した「キングコング」の
5年間分のキャラクター使用権を活用して
もう1本「キングコング映画」を製作しようと
南海の孤島を舞台にキングコング、エビラ、モスラの
3大怪獣の登場する特撮映画「ロビンソン・クルーソー作戦
キングコング対エビラ」を企画。

監督には福田純を予定し関沢新一によって脚本化されたが
アメリカ側が内容に難色を示したため
この企画は仕切り直される事となった。

その結果「キングコング対エビラ」の脚本は
主役キングコングをゴジラに置き代え
「ゴジラシリーズ」の一篇として再利用される事となり
製作されたのが「南海の大決闘」である。

当初、東宝の国際部では本作に
「EBIRAH ~HORROR OF THE DEEP(エビラ・深海の恐怖)」という
英語タイトルを付けて世界各国へ売り込んだが

アメリカでは「Godzilla vs. the Sea Monster
(ゴジラ対海の怪物)」の題名で公開された。

台詞はすべて英語にアフレコし直されており
この英語版の演出はアメリカの男性声優、俳優、
音響監督、脚本家ピーター・フェルナンデスが担当した。

登場怪獣のエビラは伊勢海老のような体に
ザリガニのような鋏と槍をもった姿をしており

更にサソリのイメージが付加され
尻尾を巻くのではなく反り返らせた逆海老のポーズで
地上にいるスチール写真が撮影されているが
劇中では海から上がることは一度もなかった。

一部の書籍では放射能の影響でエビが突然変異を起こして
誕生した怪獣と紹介されている。

エビラは1968年公開の「怪獣総進撃」に
登場する予定があったそうです。

またモスラは成虫が登場し「モスラ対ゴジラ」に登場した
幼虫が変態した姿と思われるが、
劇中では特に言及されていない。

最初は眠っていたが秘密結社「赤イ竹」に拉致された
インファント島の人たちを救出するため復活。

戦うことが目的ではないので襲いかかろうとするゴジラを
羽でチョップし追い払う程度で済ませている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



[DVD] ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘






Last updated  2012.08.19 18:34:00
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.12
カテゴリ:ゴジラ・海外版
サンダ対ガイラ・海外版.jpg


東宝と米国ベネディクト・プロが製作し
「フランケンシュタイン対地底怪獣」の続編として
1966年に公開されたのが「War of the Gargantuas」
即ち「フランケンシュタインの怪獣・サンダ対ガイラ」海外版である。

日米合作映画である本作はベネディクト社が
海外公開版として再編集したものを
米国では「怪獣大戦争」と2本立てで公開しており
画面サイズは東宝スコープではなく
ビスタサイズにトリミングされている。

日本版がフランケンシュタイン博士の創造した
不死の心臓を日本に持ち込み
心臓から幹細胞的に自ら人間形態へと再生し誕生した
怪物・フランケンシュタインの細胞から
更に分裂し誕生したフランケンシュタインの怪獣を
日本神話「海彦山彦」の様に描いたが

海外版はフランケンシュタインという設定が外され
サンダとガイラは雪男の系列である
「ガルガンチュア」と呼ばれ
細胞分裂を繰り返すUMAとなっている。

ガイラは緑の怪物=グリーン・モンスター
またはグリーン・ガルガンチュア

サンダは茶色の怪物=ブラウン・モンスター
またはブラウン・ガルガンチュアと呼称されている。

その為、主役の戸川アケミ(水野久美)も
フランケンシュタイン育成のサンダの事を
雪男“ガルガンチュア”と呼んでいる。

また日本版とは違いスチュワート博士(ラス・タンブリン)の
視点を中心にした作劇にアレンジされており、
海上保安庁員(田島義文)が操舵手や漁船を検分する
一連のシーンもスチュワート博士が立会うものとなっており

その台詞は全てアメリカの俳優によって吹き替えられ
タンブリン自身も英語台本に合わせて
自分の台詞をアフレコし直している。

そして特撮シーンでは、ガイラが羽田空港に上陸し
女性を掴み上げて食べるシーンは
「ガイラが女性を噛み砕いて飲み込んだあとに衣服を吐き出す」
というところまでは同じだが
海外版では濡れた衣服が滑走路にベタッと叩きつけられる!
というものになっている。

また音楽面では、伊福部昭による劇伴曲は
カット編集によりブツ切りにされており
「L作戦マーチ」や「ガイラが海へ逃げるシーンでの使用曲」が
アメリカ映画「Zaat」の劇伴音楽に差し替えられ

更に「怪獣大戦争」のラドンのテーマや
「キングコング対ゴジラ」の大ダコのテーマが挿入されている。

日本公開版が88分である為、海外公開版では
アメリカ上映時間規定の90分を満たす為
尺調整として「ガイラを助けに現れ、飛び降りるサンダ」
「銀座でガイラを迎え撃つ自衛隊の車両描写」など
国内版では未使用の特撮カットが追加されている。

ちなみに、外国人一流歌手のキップ・ハミルトンが
客船ディナーショーで唄う歌声は
日本版より鮮明に仕上がっている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



新入荷続々♪お盆期間中送料無料♪17日(金)正午まで♪全商品対象♪SALE OFF!新品北米版DVD!『空の大怪獣 ラドン』『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』!






Last updated  2012.08.12 19:04:37
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.05
カテゴリ:ゴジラ・海外版
怪獣大戦争・海外版.jpg


1965年に公開されたゴジラシリーズ第6弾「怪獣大戦争」を
5年後の1970年に北米で公開したのが
「Invasion of Astro-Monster」である。

北米公開版は当初「Invasion of Astro Monster」
直訳すると“宇宙怪獣の侵略”の題で輸出されたが
1970年に「Monster Zero」の題で公開された。

日本版と海外版の相違点として
まずタイトルクレジット曲が本編中のX星人の円盤が
明神湖と鷲ヶ沢からゴジラとラドンを
電磁波で運び出すシーンに流れる曲に差し替えられており

また輸出特撮映画は米国からの注文で
追加シーンが多いのが特徴であるが

当時のアメリカでは
ゴジラシリーズの興業が低迷しており
BGMの追加やシーンの差し替えなどの改変を行なっても
興行成績に影響しないため
本作はその逆として日本版の削除シーンが発生している。

まず小屋を踏みつけるゴジラの足のカット
X星人の円盤飛来のショット
丘の頂上からのタンクを遠方に飛ばすラドンの飛来
第10惑星の言語で話すX星人のシーンが削減されている。

このX星人とは木星の13番目の衛星であり
種族は完全なヒューマノイドで
男性は奇抜な格好で目に細いサングラスをしており
女性(水野久美)は全て同じ顔をしているのが特徴である。

生物や物質を番号で呼び、政治や生活は
全てコンピューターの計算によって決定されている。

X星では化学合成でなければ生存に必要な水分が得られず
そのため水の豊富な地球を狙い
癌の特効薬の嘘データと引き換えゴジラとラドンの
地球大物怪獣を派遣てほしいと申し出る。

海外版では「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」との
2本立てで公開されており
本作の有名シーンであるゴジラのシェーは
“ダンシング・ゴジラ”として米国では知られている。

ちなみに“シェー”とは週刊少年サンデー連載に連載された
赤塚不二夫のギャグ漫画「おそ松くん」の登場人物である
イヤミの悲惨な状況になった場合の驚き
「ジェー」と叫ぶ流行語となったギャグである。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



新入荷続々♪全商品対象♪メール便送料無料♪1点からでもお得です♪お見逃しなく♪SALE OFF!新品北米版DVD!怪獣大戦争!






Last updated  2012.08.05 19:15:09
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.29
カテゴリ:ゴジラ・海外版
モスラ対ゴジラ・海外版.jpg


ゴジラシリーズの第4弾「モスラ対ゴジラ」を
1964年に海外で公開したのが「Mothra vs. Godzilla」
海外版・モスラ対ゴジラである。

海外版は当初「GODZILLA VS. THE THING」 という
モスラをシークレット扱いしたタイトルで
セリフは全て英語に吹き替えられている。

その中で田崎潤と藤木悠の「卵も逃げたのか?」
「いえ、卵には足がありませんから」というセリフは
図らずも「エッグ(卵)」と「レッグ(足)」をかけた
英語ならではの洒落になっている。

特撮の部分ではゴジラが名古屋に現れ、
名古屋城を破壊して海へ向かうカットの後に
国連派遣の新鋭艦隊が出動し
浜辺を歩くゴジラに対して
ミサイル攻撃を行なうシーンが追加されており
国内版予告に、この浜辺を歩くゴジラの映像がある。

海外版の完成フィルムで、このミサイルは
国連大使により高性能誘導弾フロンティアミサイルと
説明されている。

またミサイル艦隊後、尾で風に靡く
アメリカの星条旗がアップになるカットがあり
そのロケーションは静岡県浜松の砂丘で
擬似夜景処理を施しオープン撮影で行われた。

このシーンは以前、海外向けの追加シーンとされていたが
実際はこのシーンは決定台本にも存在しており
脚本中ではロリシカ国の新兵器
「誘導弾フロンティア」と紹介されている。

この海外版は1990年代半ばに海外版と日本版をセットにした
レーザーディスクが発売されていたが
LDの存在そのものの消滅と共に廃盤となり
長らく海外版は正規なメディアが発売されなかった。

しかし2008年1月リリースのDVD5枚組ボックス
「ゴジラDVDコレクション」の特典ディスクとして
ファン待望のDVD化となった。

また出演した星由里子は宝塚シンデレラで
優勝した事を切っ掛けに東宝へ入社し
癖のない庶民的な美貌で「清く正しく美しく」という
健全なお嬢様的イメージな女優であり

若大将シリーズで演じたヒロイン・澄子役が
当たり役となっただけでなく本作の「モスラ対ゴジラ」に
出演した事で子供たちにも親しまれ
大衆のアイドルとしての人気はより幅広かった。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



ゴジラ対モスラ Tシャツ/GODZILLA VS MOTHRA Mens T/RQT-89






Last updated  2012.07.29 19:28:52
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.22
カテゴリ:ゴジラ・海外版
キングコング対ゴジラ海外.jpg


「ゴジラの逆襲」以来7年ぶりのゴジラ映画として
初めてのカラー作品となった1962年公開の
「キングコング対ゴジラ」を翌年の1968年に
米国で公開されたのが「King Kong vs. Godzilla」
海外版・キングコング対ゴジラである。

この海外版では伊福部昭の音楽は
ほとんど別の曲に差し替えられており
本編のコメディシーンが大幅にカットされ
両怪獣の対決の行方を予想する
科学者・ジョンソン博士(ハリー・ホルカム)の
追加シーンなどがある。

さらに劇中でゴジラに向かう一雄に対し
警官が必死に制止するシーンや
ふみ子が一雄の胸で「ばかばか!」と
叫んで泣き崩れるシーンもカットされている。

しかし本作に登場する海魔大ダコは海外で大受けしており
コングよりタコの方が評判が高いため
後の作品である「フランケンシュタイン対地底怪獣」
「サンダ対ガイラ」にアメリカの興行から
注文を受け登場している。

またタイトルクレジットのバックの密林
キングコングがゴジラの口に木を突っ込むシーンや
女性をさらい国会議事堂によじ登るシーンなど
オリジナルへのオマージュ的シーンが多く

公開時の宣伝スチールでは本家のコングの写真が
ゴジラと合成されて多数使われていた。

この海外版の上映で出演者の浜美枝と若林映子は
アメリカ側に注目され、この5年後に
「007は二度死ぬ」で出演依頼を受けている。

海外版「キンゴジ」の逸話として
本作の基となった1933年の「キングコング」の
特殊効果を担当したウィリス・オブライエンは
続編としてに「キングコング対プロメテウス」という
映画企画を持っており、

これはフランケンシュタイン博士が秘密裏に創造していた
巨大クリーチャーとキングコングが戦うというもので
RKOにこの映画の企画書を提出した後、
オブライエン本人も知らぬ内に
いつの間にやら本作へと至ったようで

後年「キングコング対ゴジラ」の存在を知った
オブライエンは酷く落胆したという。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



[DVD] キングコング対ゴジラ






Last updated  2012.07.22 17:58:11
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.15
カテゴリ:ゴジラ・海外版
大怪獣バラン(海外版).jpg


1958年、東宝はアメリカからの注文で
全4部のテレビドラマ「大怪獣バラン」を依頼された。

円谷英二の特撮におけるグレードの高さに
途中から日米での劇場公開化を決定し
フィルムもテレビ用のスタンダードサイズから
シネマスコープへと変更し
日本では「大怪獣バラン」として公開され
東宝特撮映画初のシネマスコープ版映画となった。

しかし海外版はそれより4年後の1962年に公開され
「Varan the Unbelievable」として公開された。

監督はジェリー・バーウィッツ、脚本はシド・ハリス。
音楽は儀式の曲以外は全て変更されている。

海外版は日本在住のアメリカ軍将校
ブラットレー司令(マイロン・ハーレー)が
杉本博士の助手・魚崎健二(野村浩三)と

ブラットレの秘書シズ子(小林ツル子)と
東日本新報記者・新庄由利子(園田あゆみ)が
入れ替わるような設定で

ストーリーも外部から隔絶された排他的で
独自の神をあがめている岩屋村の人々の前に
突如、彼等の前に湖から眠りを覚まされたバランが出現
集落を破壊する。

直ちに自衛隊が出動して攻撃を加えたが
バランは攻撃をものともせず
手足から皮膜を広げて飛び去ってしまう。

バラン撃破に出動したブラットレー司令が
怪獣バランの逆襲に遭い
シズ子と共に洞窟に追い詰められる。

この海外版は最終的にバランは死なないなど
かなりオリジナル要素が含まれている。

怪獣バランは中生代の恐竜バラノポーダの生き残りで
北上川上流の湖に棲み、外部から隔絶された集落で
婆羅陀魏山神(バラダギサンジン)として崇拝されていた。

顔の周りの角と背筋に並ぶ透明な長いトゲが特徴で
通常は四足歩行だが二本足で立ち上がる事や
ムササビの様に飛膜を広げて滑空する事も出来る。

その後のバランは「怪獣総進撃」で新造された
90センチサイズの人形がエピローグのカットのみ登場し
キングギドラとの戦いではマンダやバラゴンと同様
参加していない。

また「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」に
怪獣バランが登場する予定であったが
どちらも途中で変更になっている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



新入荷続々♪6000円以上で送料無料♪メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版DVD!大怪獣バラン!






Last updated  2012.07.15 10:06:04
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.08
カテゴリ:ゴジラ・海外版
空の大怪獣ラドン海外.jpg


東宝初のカラー怪獣映画である「空の大怪獣ラドン」を
1956年、米国が権利を買い取り全米で公開したのが
海外版「RODAN」である。

この海外版も、当時の東宝特撮作品の例に漏れず
原版からかなりの改変が行なわれており

原版では柏木博士(平田昭彦)の言及で扱われている
核実験の影響を明確にするため、
冒頭にクロスロード作戦での水爆「ベーカー」の
爆発映像を挿入している。

ヘリコプターによるラドンの巣の捜索シーンが
河村(佐原健二)の回復直後に移動し
戦闘機によるラドン攻撃が行なわれている。

戦闘機の出動をアメリカで新規に撮影している。

また原版ではラストシーンになるまでラドンが2頭いるという
明確な描写がないため観客が混乱するという意見があり

海外版ではラドンが離陸するシーンを2回流す事で
ラドンが2羽いる事が明確になる様になっている。

そして音楽は伊福部昭が作曲したものではあるものの
全面的に入れ替えられているのが特徴である。

このラドンを海外ではロダン (Rodan) と呼んでおり
有名な彫刻家、ロダンのスペリングは
“Rodin”でラドンは無関係である。

ラドンとは中生代に棲息していた翼竜プテラノドンであり
核実験の放射能や火山ガスによる高温化の影響で
阿蘇山で現代に復活。

古代トンボの幼虫メガヌロンを食べて成長し
巨大な上に超音速で飛ぶため、超音速飛行により発生する
衝撃波を巻き起こし、飛ぶだけで市街を破壊してしまう。

ラドンのテーマ曲は大きく分けて2種類あり
「初代ラドンのテーマ」は高音の弦楽器のバックに
低音の金管楽器のメロディーが被さるという独特のもので

「二代目のテーマ」はトランペットが高らかに
旋律を奏でるという旋律を重視した
より明快な曲になっている。

ラドンの声はコントラバスの音と人の声を素材として
加工を施したものが効果音として使われ、
その後もウルトラシリーズやそれ以外の作品の
怪獣の鳴き声に度々流用されている。

流用として平成ゴジラのゴジラザウルス、キングギドラ、
バトラなどの声もラドンの声を改造したものであり
また「ウルトラセブン」第34話で発泡怪獣ダンカンに操られ
町を破壊した際のウルトラセブンが
なぜかラドンのような声をあげていた。

ラドンはモスラ、アンギラス、キングシーサーと共に
ゴジラの相棒的怪獣として高い人気を誇っている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



☆新品☆ 空の大怪獣 ラドン フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ DVD BOX 北米版






Last updated  2012.07.08 19:16:39
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.01
カテゴリ:ゴジラ・海外版
獣人雪男・海外版.jpg


1955年に公開された東宝特撮映画「獣人雪男」を
米国が上映権利を買い取り、配給したのが
1958年、海外公開の「Half Human」
「The Story of the Abominable Snowman」である。

物語はアメリカの生物学者ジョン・ライバーン博士
(ジョン・キャラダイン)が
その不可思議な体験を周囲に語り始めた・・・

それは冬山に挑んだK大山岳部であったが
遭難者を出してしまった。

その捜索の為に翌夏、再び日本アルプスを訪れた
飯島高志(宝田明)や武野道子(河内桃子)らは
山中にキャンプを張って遭難者を探していた。

時同じくして動物ブローカーの大場(小杉義男)という男が
雪男を探すため山岳部の後をつけていた。

そんな中、雪男を発見し、その後を追っていた飯島は
大場達に見つかり怪我を負わせられる。

彼を助けたのは昨冬に出会った山村の部落の娘・チカ
(根岸明美)だったが、他所者が入りこむのを嫌う
部落の人々によって飯島は断崖に吊るされてしまう。

その時、飯島は雪男に助けられたのであった。

その後、雪男は子供もろとも大場達に捕えられ
子供は殺されてしまう。

雪男は怒りを爆発させ
チカの部落を壊滅させるなど大暴れを始めた。

一方、子供の雪男の死体を検死した
フィリップ教授(ラッセルソーソン)は
意外な事実を掴んだ!

この映画は作品中の部落の描写に問題がある為
テレビ放送やビデオ、LD、DVDなどのソフト化は
現在まで行われた事がなかったが
米国ではDVDは発売されている。

また雪男の造形に当たっては
各種猿人の資料で裏付けをとってリアルさを追求し
円谷監督は「単なる怖がらせのためのものではないと
自信を持って言えるものだ」と自負している。

撮影現場では雪男の巨大感を出すため
河内桃子を小脇に抱えるシーンでは子役を使ったが
体格の違いが一目瞭然でうまくいかず
円谷監督は崖を上る雪男などを
一部ストップモーションで表現している。

屋外でのコマ撮りも撮影されたが
日光の動きを計算していなかったため
背景の樹木の影が移動してしまい
没となってしまった。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【中古】 afb【CD】獣人雪男/






Last updated  2012.07.01 20:23:20
コメント(4) | コメントを書く
2012.06.24
カテゴリ:ゴジラ・海外版
ゴジラの逆襲・海外版.jpg


1956年、米国公開の「ゴジラ」が大成功を収めた事から
続編「ゴジラの逆襲」もアメリカに買い取られ
海外配給が決定した。

ハリウッドでは新たに「ゴジラの逆襲」の
追加撮影を行う事になり

大阪で激闘を繰り広げたゴジラとアンギラスが
アメリカに上陸して再戦するというもので
撮影用にアメリカ人俳優の体型に合わせたゴジラ
アンギラスのぬいぐるみが
東宝特美班によって新たに作られた。

しかし、慣れないぬいぐるみ演技が
アメリカのスタッフでは表現できない為
撮影は中止となった。

ドル箱映画の続編を完成させるべく
ハリウッドは「ゴジラの逆襲」の再編集を決行

アメリカ映画界の慣習に従い
台詞はすべて英語で吹き替えられ
タイトルもズバリ「GIGANTIS, THE FIRE MONSTER」
として全米で公開された。

海外版での名称はゴジラが「ジャイガンティス」
アンギラスが「アンジラ」となっており

アンギラスは暴龍・アンキロサウルスが
水爆実験の影響で目覚めたもので
非常に凶暴な性質のため激しい憎悪を抱く怪獣で

アンギラスの体色は白黒画面で判然としないが
明るいエメラルド・グリーンであった。

このアンギラスは「ゴジラ・モスラ・キングギドラ
大怪獣総攻撃」の初期案では大怪獣バランと共に
登場する予定だったが、興業サイドからの要望で
モスラとキングギドラに差し替えられた。

また「ゴジラ×メカゴジラ」ではメカゴジラと
戦う案が出され「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」で
死骸での登場が検討されたがカメーバに変更された。

このハリウッド新撮用に新造されたゴジラのスーツは
海外版の名称から通称:ジャイガンティスゴジラと呼ばれ
ジャイガンティスゴジラのスーツには耳が無く
後足が3本指である。

ジャイガンティスは陽の目を見る事のない
幻のスーツとなったが、頭の形状から
次作「キングコング対ゴジラ」の
ゴジラの原型となったと思われている。

なおアンギラスの名前は東宝内部で社員公募され
この映画にも出演している俳優の土屋嘉男は
「ギョットス」という名前を考えて公募している。

落選した名前の幾つかは杉浦茂の漫画化作品
「大あばれゴジラ」に登場する
オリジナル怪獣の名前に転用された。

また海外で公開される際、「バカな」という
台詞の口に合う英語が見つからず
口の動きが似ている「バナナオイル」という言葉が使われた。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



ゴジラの逆襲(DVD)






Last updated  2012.06.25 06:39:05
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.