6574416 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

『Heaven?~ご苦楽… New! てらまさん

極道と警視庁の闘い … New! 神風スズキさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
ITOYA online☆特撮/… ITOYAさん

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

仮面ライダー

2018.02.19
XML
カテゴリ:仮面ライダー



「仮面ライダーBLACK」最終回の1週間後の
1988年10月16日、仮面ライダースペシャルとして
仮面ライダーBLACKの完結記念番組かつ
次回作「仮面ライダーRX」の事前特別番組として
放送されたのが「仮面ライダー1号~RX大集合」である。

これは、仮面ライダーBLACKが
今までのライダーシリーズから独立化を目指し
ライダーBLACKの世界観を樹立しすぎて
旧ファンからクレームが殺到。

これに反応した訳ではないが、
1号ライダーからBLACKまでの歴代ライダーの名場面集と、
新ヒーロー・RXの紹介映像で構成されている。




従って歴代ライダーが実際に「大集合」したわけではない。

フィルムは「10号誕生、仮面ライダー全員集合」と
劇場版からの総集編を基に再構成されている。

音楽も菊池俊輔が一部であるが復活している。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ



47 BRAND フォーティーセブンブランド ローキャップ アジャスターバック ウォッシュ加工 ミニロゴ Yankees Centralfield '47 CLEAN UP (5色) [B-HIRNO17GWH] 【47brand/6パネルキャップ/ヤンキース/キャップ/ストリート/B系/HIPHOP/メンズ】【あす楽対応】






Last updated  2018.02.19 20:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.16
カテゴリ:仮面ライダー
われらの仮面ライダー2.jpg


1973年2月15日、東京プリンスホテル・マグノリアホールで
「仮面ライダー」終了と「仮面ライダーV3」開始を記念して
仮面ライダー放送100回記念パーティーが開かれた。

番組の成功とスタッフ、出演者たちへの
慰労を含めた感謝パーティーとなり
この会場内で来客の為にプレゼンしたのが
当時の助監督:内田有作が仮面ライダーの総集編として
スペシャル・フイルム「われらの仮面ライダー」を上映した。

それは撮影開始から終了後までの制作裏話や
配役紹介、視聴率紹介などを中心に
ナレーション:中江真司と効果音だけで綴り
仕上がりは上出来であった。

出演陣は主役の本郷猛(藤岡弘)その理解者である
立花藤兵衛(小林昭二)本郷の周りには
淡い恋らしきものがあり、緑川ルリ子(真樹千恵子)
野原ひろみ(島田陽子)がいた。

記念すべき第1話「怪奇蜘蛛男」の視聴率は
僅か8.1パーセントであり、この数字が
仮面ライダーの王座を守る原点でもあった。

そして第9・10話の撮影中、下り坂をバイクで走るシーンで
コーナーを曲がる際に転倒し藤岡は左大腿部を複雑骨折。
全治3~6カ月の重傷と診断され長期休養を余儀なくされる。

その後、未完成分については本郷の登場シーンなどを
前話までの映像から流用した藤岡の姿と
別人による吹替えで補い、変身後のライダーのシーンを増やし
更に新キャラクター・滝和也の活躍を繋ぎ合わせるなどの
措置で完成させ急場を凌いだ。

このため本郷は海外のショッカー支部との戦いに赴き
後を継ぐ新しい仮面ライダーが登場し
ここに仮面ライダー2号の誕生となり
主役は一文字隼人(佐々木剛)である。

新メンバーにユリ(沖わか子)マリ(山本リンダ)
ミチ(中島かつみ)石倉五郎(三浦康晴)を向かえ
地方ロケによる舞台の拡充や大幹部の投入による
ショッカー側の強化などが行われ
番組の人気も上昇していき
第23話「空飛ぶ怪人ムササビードル」では
視聴率20パーセントを突破した。

大幹部の投入によるショッカー側の強化などが行われ
ゾル大佐(宮口二朗)の登場はその後の
仮面ライダーシリーズに多大な影響を与えている。

そして1号ライダーがゲスト出演する「ダブルライダー編」が
イベント的に挿入されるようになった。
これにより、同番組の中に複数のヒーローが存在する展開になる。

われらの仮面ライダー1.jpg

藤岡復帰作である第40話・41話は
正月のビッグイベントとして九州の桜島、
えびの高原でのロケとなり視聴率は最高の王代
30パーセントを超えた。

新メンバーにエミ(高見エミリー)ヨッコ(中田喜子)
チョコ(ミミ萩原)トッコ(中島真智子)
大幹部に死神博士(天本英世 )地獄大使(潮健児)を迎え
第52話「おれの名は怪鳥人ギルガラスだ」で
一文字隼人がショッカーを追って南米へ向かい
外観を一新して独自の変身ポーズも得た
新1号ライダーが復帰した。

この大人気により後楽園ゆうえんちで開催された
“仮面ライダーショー”や
東映まんがまつりで新作映画が公開された。

この結果、映画館は毎日満員の客で
家族が列を作る大ヒットとなり
東宝チャンピオンまつりの集客と興行収入を
大きく上回った。

そして五郎が友人のナオキ(矢崎知紀 )と
ミツル(山田芳一 )をレーシングクラブに紹介し
立花藤兵衛が仮面ライダーに協力する
少年少女を集めて結成した組織
「少年仮面ライダー隊」が結成された。

物語は更なる展開として度重なる失態で
ショッカーを見限った首領がアフリカを拠点に暗躍する
暗黒組織ゲルダム団と自身の組織である
ショッカーを合併させ再編成した新組織
「ゲルショッカー」を結成。

その大幹部・ブラック将軍(丹羽又三郎)は
1号ライダーを何度も追いつめ
仮面ライダー1号や2号と同じ能力を有する
ショッカーライダー6体を投入し
指揮官としての能力の高さを見せ付けた。

新・1号2号ライダーは怪人たちを倒した後
いよいよショッカー首領と最終決戦に臨み
この戦いに終止符を打った。

さて、本作でマニアックな演出が見られたのが
テレビ番組同様、アイキャッチが存在し
その間には「V3の変身ベルト」のCMと
「マジンガーZのジャンボマシンダー」の
CMが挿入されている。

また仮面ライダー100回記念とは
「仮面ライダー」が全98話
「仮面ライダーV3」の第1話第2話に
1号2号ライダーがゲスト出演した事で
98話+2話=100話と言う事である。

本作は後年になり東映ビデオから
「仮面ライダースペシャル2」として発売され
初めて視聴者の元に提供された。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



送料無料(沖縄を除く)【中古】 特撮DVD 仮面ライダー1号・2号 BOX






Last updated  2013.05.09 21:12:20
コメント(2) | コメントを書く
2013.02.23
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダーワールド.jpg


1994年、東映の一大イベント「東映シネファンタジー'94」にて
公開された3D映画「仮面ライダーワールド」は
北海道の夕張石炭資料館と東映東京撮影所で撮影された
イベント用に制作された映画である。

ある日、シャドームーン(てらそままさき)が復活し
過去の戦いで仮面ライダーに倒された
仮面ライダーBLACKに登場したサイ怪人
真・仮面ライダー 序章に登場した改造兵士レベル2
仮面ライダーJに登場したコブラ男ガライ
ハチ女ズ―、トカゲ男アギトの5体の怪人を復活させ
世界征服に乗り出そうとしていた。

そこで偶然にも言葉を話すミュータントバッタ
ベリー(愛河里花子)が
その場面を目撃してしまい襲われる。

更に近くで妹の亜由美を連れてピクニックをしていた
勇樹(和泉史郎)が負傷したベリーを発見した為
再生怪人軍団に追われる羽目になってしまった。

その時、仮面ライダーZO(土門廣)が登場
再生怪人軍団と戦った。

しかし再生とは言えども怪人軍団は強く
ライダーZOは苦戦してしまう。

その時、仮面ライダーJ(望月祐多)が
マシンJクロッサーで登場し戦いに参加した。

二人の仮面ライダーは怪人軍団を倒し
更に巨大化したシャドームーンに
ライダーJは巨大化し対決に挑むのだ!

この映画は前作「仮面ライダー世界に駆ける」以来の作品で
同時作品は「スーパー戦隊ワールド」
「東映ヒーロー大集合」であった。

また仮面ライダーJ、仮面ライダーZO、シャドームーン、
ベリーの声優はオリジナルキャストを起用しているが
サイ怪人、改造兵士レベル2、ハチ女ズ―、
トカゲ男アギトのキャストについては不明である。

尚、DVDでは「仮面ライダーJ」「仮面ライダー1号・2号BOX」の
セルソフト版映像特典として収録おり
Blu-rayでは「仮面ライダーTHE MOVIE Blu-ray BOX 1972・1988」の
ボーナスディスクとして収録されている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【23%OFF!】仮面ライダー THE MOVIE Blu-ray BOX 1972-1988 (初回限定生産) 【Blu-ray】






Last updated  2013.02.23 21:42:24
コメント(2) | コメントを書く
2012.12.15
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダー世界に駆ける.jpg


1989年、夕張市石炭の歴史村内の3D立体映像館
アラモ砦パビリオンで上映された3D映画が
「仮面ライダー世界に駆ける」である。

クライシス帝国、仮面ライダーBLACK RXを倒すために
新たなる作戦を考え出した。
それはRXの過去の姿である仮面ライダーBLACKに戻した後、
再生怪人を引き連れて倒そうという作戦だった。

南光太郎(倉田てつを)は怪魔妖族・スカル魔との交戦中
どこからともなく聞こえてきた「仮面ライダーBLACK」の
エンディングテーマ「LONG LONG AGO, 20TH CENTURY」を聴く。

その後、滅びたはずのゴルゴムの三神官に出会い
前身である仮面ライダーBLACKに戻ってしまった。

絶体絶命の危機に陥ったBLACKを救ったのは
なんとRXだった。

時間軸が歪んだ世界では一人であるはずの二人が
共存可能となり強敵を前に4ライダー勢揃いする。

時空を越えて助けに来たRX・ロボライダー・バイオライダーの
協力によってクライシス再生怪人と激闘する!

この映画はその後、1990年に
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の
1プログラムとして公開されたほか
京都太秦映画村や各地のイベント会場でも上映され

DVDでは「仮面ライダーBLACK RX Vol.2」
「仮面ライダー1号・2号 BOX」の
映像特典として収録されている。

主演の倉田てつをは1987年「仮面ライダーBLACK」
主役公募オーディション」を友人に勧められ
応募者総数約8100人の中から優勝し
11代目ライダー・南光太郎役で俳優デビュー。

撮影当初、監督から演技について再三ダメ出しを食らっており
ある日、初めて変身するシーンの撮影時に
バッタ男に入るスーツアクターが
まだ現場に到着していなかったため
監督に「てつを、入ってみろ」と言われ撮影に臨んだところ
一発でOKが出たという。

また「RX」最終話の撮影では感極まって
共演者と共に泣きかけたがスタッフより
「光太郎が泣いちゃ駄目だよ」ということを言われ
堪えながら演じたという。

南光太郎として有名になった倉田であるが
イメージが強すぎて何処へ行っても「仮面ライダーBLACK」
「南光太郎」と呼ばれ、倉田てつをで呼ばれる事がなかった。

当時の演技にも満足していなかった倉田は
そんな状況に反発してヒーローとしてのイメージを払拭し
「俳優としての倉田てつを」として見て貰いたいと考え
作品も当時は見返さなかった。

しかし、時が経つに連れてその感情は薄れて
徐々に子供と見返すようになり
一緒に見ながら当時を思い出して涙したと語っている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



 仮面ライダー ライダーマスコレ マスクコレクション Vol.2 仮面ライダーBLACK RX ブラック 単品






Last updated  2012.12.15 23:00:03
コメント(2) | コメントを書く
2012.11.26
カテゴリ:仮面ライダー
不滅の仮面ライダースペシャル.jpg


特別番組「全員集合!7人の仮面ライダー!!」の放送から
3年半後に制作された「不滅の仮面ライダースペシャル」は
新番組「仮面ライダー (スカイライダー)」の
番組宣伝を兼ねたスペシャル番組である。

物語は東映大泉撮影所を訪れた立花藤兵衛(小林昭二)が
子供たちの前で歴代仮面ライダーの思い出を振り返り
スカイライダーの紹介をするというもので

まず「仮面ライダー対じごく大使」より
仮面ライダー1号:本郷猛(藤岡弘)の変身、
怪人軍団との戦闘シーンから紹介。

ライダーキック、ライダーきりもみシュート、
「ライダーニーブロックなど技の多彩さゆえに
「技の1号」の異名を持つ。

続く「仮面ライダー対ショッカー」より
仮面ライダー2号:一文字隼人(佐々木剛)を紹介。
ライダーパンチ、ライダー二段返し、
ライダー回転キックなどパワーで押していき
「力の2号」の異名を持つ。

「5人ライダー対キングダーク」より
強化服によって身体能力を増幅した
ライダーマン:結城丈二(山口豪久)の戦闘と
深海の重圧に耐えられるカイゾーグ
仮面ライダーX:神 敬介(速水亮)の
ベルト部分に格納されている武装を兼ねた
ライドルの華麗な技を披露している。

TVシリーズ劇場上映版「仮面ライダーアマゾン」より
ジャングル育ちの野生児で強力な特殊能力の
ギギの腕輪で生体改造人間となった
仮面ライダーアマゾン:山本大介(岡崎徹)と

ブローアップ版「仮面ライダーストロンガー」より
親友の仇討ちの為、自らブラックサタンに改造人間となり
自己催眠装置により脳改造を免れ
自我意識を保つことに成功した7人目のライダー
仮面ライダーストロンガー:城 茂(荒木茂)が紹介された。

そしてライダー1号と2号による改造手術で
3人目のライダーとなった仮面ライダーV3を紹介。

1号ライダーの技と2号ライダーの力を象徴する
ダブルタイフーンを装備し、V3ホッパー
V3マッハキック、V3きりもみキックなど
多彩な力と技を組み合わせた攻撃が得意であった。

この仮面ライダーV3の劇場用作品
「仮面ライダーV3対デストロン怪人」を
スペシャルの中でオンエアした。

最後は歴代ライダーの数々の変身ベルトを並べ
立花藤兵衛が子供たちに「これは誰のベルト?」と質問し
ここで新しい変身ベルトを披露した。

不滅の仮面ライダースペシャル1.jpg

それが8人目の仮面ライダーである
スカイライダー:筑波洋(村上弘明)の紹介であり
その特報としてスカイライダーの
プロモーション映像が放映された。

これが事実上の「仮面ライダーストロンガー」の後番組
スカイライダーの新番組予告編である。

しかしスカイライダーの紹介をする際に藤兵衛が手にしている
スカイライダーの変身ベルトは初期の撮影会で使われた
バックルの形状が異なるNGタイプであった。

また進行役として藤兵衛を演じた小林昭二は
スカイライダーには出演せず
本作が立花藤兵衛としての最後の作品となった。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【送料無料】仮面ライダースペシャル






Last updated  2012.11.26 22:45:06
コメント(2) | コメントを書く
2012.01.23
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダーJ.jpg


石ノ森章太郎:原作「仮面ライダーJ」は
1994年、東映スーパーヒーローフェアの
一策として公開された15号目のライダーである。

名前の“J”はジャンボ(Jumbo)の頭文字と
ジャッジ(Judge)の意味で構成されている。

物語は世界中を異常気象が襲う中
かつて地球に氷河期をもたらし
全ての恐竜を滅亡させた機械獣母艦フォッグ・マザーが
再び地球にやって来た。

フォッグは無数の怪人を孵化させ
地球の全生命を滅ぼそうと企み
部下のトカゲ男、ハチ女、コブラ男を使い
生け贄として少女・加那(野村佑香)を捕らえた。

環境破壊の現状を世間に伝えるため
オートバイで野営しつつ取材の旅を続け
その現状を多くの人々に訴えようとする
カメラマン・瀬川耕司(望月祐多)は
彼女を助けようとしてハチ女らに倒された。

その時、地中の奥深くで大地の精霊エネルギーを
糧として生きる地空人が現れた。

地空人は強大な力を持つにも関らず
地上の光に弱い上に下半身が木の根のように
大地に根付いているためフォッグと戦う者として
大自然と心を通わせる事の出来る人間を捜していた。

瀬川耕司の大自然を愛する心を認めた地空人は
蘇生・改造手術を施し精霊の力“Jパワー”を持つ
仮面ライダーJを誕生させた!

聖霊の力・Jパワーを備えたライダーJは
フォッグの第1王子で人間を催眠状態にして
操る能力も持つコブラ男ガライ(神威杏次)
飛行能力を活かした奇襲戦法を得意とする
ハチ女ズー(万里洋子)
怪力と突進力を兼ね備えたトカゲ男アギト(栗原敏)と
恐ろしい力を持つフォッグと戦う。

そして仮面ライダーJはフォッグ・マザーとの
決戦において大地に宿る全ての精霊たちが
ライダーJに力を注ぐ事で初めて可能となった
“奇跡の形態”ジャンボフォーメーションにより
身長40メートルにまで巨大化。

機械獣母艦フォッグ・マザーに立ち向かう。

本作は主人公・仮面ライダーJが巨大化するのが特徴で
これは前例として1993年に制作された
「ウルトラマンVS仮面ライダー」があり
この作品が好評だった事で仮面ライダーJの
巨大化企画の後押しとなりました。

瀬川耕司役には「鳥人戦隊ジェットマン」で
結城凱・ブラックコンドルを演じた若松俊秀が
候補として挙がっていたが
変身前の姿でのアクションも多い関係から
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」で主演を務め
当時JAC所属だった望月祐多が選ばれる形になった。

また仮面ライダー1号から始まった“改造人間”という
モチーフは本作が最後となり、次作である
「仮面ライダークウガ」以降は放送コードの諸事情により
改造人間という設定が省かれている。

ちなみに全編フィルム撮影で制作された最後のライダー作品で
石ノ森章太郎が関わった最後のライダー作品でありました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【23%OFF!】劇場版 仮面ライダーJ(DVD)






Last updated  2012.01.23 21:39:13
コメント(2) | コメントを書く
2011.08.29
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダーZO.jpg


仮面ライダー誕生20周年記念作品第2弾として
1993年、東映スーパーヒーローフェアで公開された
劇場映画が「仮面ライダーZO」である。

ZOのネーミングとして原作者の石ノ森章太郎は
「Z」は究極「O」は原点という意味を持ち
従来のライダーシリーズのような敵組織は登場せず
科学者が作り出した生命体の対決が描かれている。

物語は遺伝子工学の権威・望月博士(佐々木功)は
自ら遺伝子工学研究所を構えて完全生物・ネオ生命体の
開発に乗り出していた。

研究が進むと望月博士は次第に狂気に取りつかれ
遂に助手である麻生勝(土門廣)を実験台にして
バッタの遺伝子を組み込んだネオ生命体の
プロトタイプへと改造してしまった。

その後、麻生は博士の研究所を逃亡、
山林の中で落雷に遭って昏睡状態となった。

その間、望月博士は金属などを取り込んだ
ネオ生命体を作り上げた。それは感情に左右されず
強大なパワーを揮う凶暴な不死身の怪人ドラスであった。

ネオ生命体・ドラスの脅威的な成長に恐れをなして
望月博士は研究を中断しようとしたが、
既に自我を発現させていたドラスにより廃工場の機械に
融合させられて自由を奪われ更なる改造を迫られていた。

一方、4年間昏睡状態にあった麻生は謎の声を聞いて
復活を遂げる。自らの意思でバッタのネオ生命体へと
変身が可能となった。

仮面ライダーZOの誕生である。

怪人ドラスの前に立ちはだかった仮面ライダーZOは
戦いを挑むがドラスは体の一部を破壊されても再生し
更に分身機能にて怪人を作り上げ
コウモリ男、クモ女を操ってZOをピンチに陥れた。

ここにライダーZOと怪人たちの戦いが繰り広げられる。

本作の仮面ライダー変身は物語前半では感情の高揚や
精神集中で変身していたが、後半になると
歴代ライダー同様、変身ポーズでライダーとなった。

また仮面ライダーといえばバイクであるが
本作でも麻生が愛用していたスズキ・GSX-R400Rが
変身すると共に変身時のエネルギーを受けて
スーパーバイク・Zブリンガーに変形する。

しかし赤いマフラー、変身ベルトがないため
本来の仮面ライダーとは一線を画してしまい
敵組織&戦闘員vsライダーという
分かり易い設定ではなく、大人が見て理解できる
内容となっているため子供たちには不評である。

本来の仮面ライダーとして残っている設定は
ライダーガールの玲子(森永奈緒美)と
おやっさん(小林昭二)的な存在の清吉(犬塚弘)
ぐらいであり、企画段階では望月博士に竹中直人
清吉にいかりや長介を配するというキャスティング案が
存在しており、実現していればドリフの
いかりや長介のおやっさんという歴史的な
キャスティングが存在できたのです。

本作の制作費は3億円にまで及んだが興行成績は
5億円と黒字となったが、この額を聞いたアメリカ映画は
「なんであれだけのものが、そんな低予算でつくれるんだ?」
と驚いたという。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【27%OFF】[DVD] 仮面ライダーZO






Last updated  2011.08.29 21:47:04
コメント(2) | コメントを書く
2011.06.28
カテゴリ:仮面ライダー
真・仮面ライダー.jpg


「仮面ライダーBLACK RX」の放送終了から3年後
東映は仮面ライダーシリーズ20周年記念作品として
製作したのが石ノ森章太郎:原作の東映Vシネマ作品
「真・仮面ライダー 序章」である。

政財界や軍事産業など世界規模の影響力を持つ
謎の組織「財団」の所長・氷室巌(原田大二郎)は
風祭大門博士(石濱朗)を騙し超強力な軍事力として
サイボーグソルジャーの研究に加担させた。

オートバイレーサーの風祭真(石川真)は
父・大門に協力し自ら人体実験の被験者となっていたが
密かに科学者・鬼塚(片岡弘貴)によって
改造手術を施され人間とバッタの遺伝子を融合させた
「改造兵士レベル3」にされてしまった。

風祭真はバッタの持つ「テレパシー能力」により
体内変身を起こして細胞の急激な変異を発生し
改造兵士レベル3である仮面ライダーシンの姿へと
変身を遂げるのである。

この真・仮面ライダーはグロテスクな描写が含まれ
これまで子供向けに製作されていたシリーズとは
一線を画す大人向け特撮作品を目指し
ヒロインが最後に死亡する等、ストーリー展開も
非常にハードなものとなっている。

変身の際の恒例だった「変身」の掛け声はなく
苦痛に耐えながら額から徐々に触覚が伸びてゆくという
「仮面ライダーアマゾン」「仮面ライダーBLACK」以上に
異形の生物的なイメージを強調したものになっている。

また「ヘルメットに大きな複眼」「変身ベルト」といった
スーツ的な意匠は一切廃されており
戦闘スタイルにおいても全身の突起で敵への攻撃を行い
ライダーキック等の必殺技も持たない。

主人公である風祭真はバイクを常用しているものの
変身後のシンがバイクを駆るシーンも無く
ヒーローとしての専用マシンすら持たない
初めての仮面ライダーとなっていることから
「ライダー」と言うよりもむしろ「怪人」に近い
特徴や風貌である。

「序章」というタイトルからも判るように
当初は何話かのシリーズ化を目指していたが
続編を制作する事もなく終了。

1993年にライダー映画の公開が決まった際には
本作の続編企画も検討されたがそれも無くなり
もしシリーズ化が実現していればシンが仮面とスーツや
バイクを手に入れて仮面ライダーシンとなってゆく過程が
順を追って描かれるはずだった。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] 真・仮面ライダー 序章(プロローグ)






Last updated  2011.06.28 20:06:05
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.21
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダーBLACK RX.jpg


前作「仮面ライダーBLACK」の続編で主人公がスタイルを変えて
続投した唯一の仮面ライダーが「仮面ライダーBLACK RX」で
毎日放送が携わった最後の仮面ライダーシリーズであり
石ノ森章太郎本人が直接関与した最後のTVシリーズである。

仮面ライダーBLACKこと南光太郎(倉田てつを)が
暗黒結社ゴルゴムを滅ぼしてから半年が過ぎ、
光太郎は叔父の佐原俊吉(赤塚真人)の元に身を寄せ
女性カメラマンの白鳥玲子(澄川真琴)と共に
航空会社でヘリコプターパイロットの職を得て
平和な日々を過ごしていた。

ある日、光太郎は光を発する3本の不思議な杭を目撃
杭を設置する怪人の目撃情報を得て調査を行う途中、
怪魔界から現れたクライシス帝国の前線基地である
クライス要塞に拘束された上で拉致された。

そこでクライシス軍司令官ジャーク将軍は光太郎に
クライシス帝国の尖兵となり地球の全人類を抹殺する事を要求。
だが、光太郎はこれを拒否、ジャーク将軍は光太郎の
ベルトの変身機能を破壊した上で宇宙空間へと放逐する。

宇宙空間へ投げ出された光太郎は命の源であるキングストーンに
太陽光線を浴びて進化、仮面ライダーBLACK RXに生まれ変わった。

自らの体の変化に驚くRXの元にかつての相棒・バトルホッパーも
アクロバッターとして生まれ変わって駆けつける。
かくして仮面ライダーRXとクライシス帝国との戦いの火蓋は切られた。

この仮面ライダーの特徴としてライダーバイクの他に
ライダー専用の乗用車・ライドロンが登場し重装騎マシンが
初めてシリーズに登場しました。

ロボライダー.jpg バイオライダー.jpg

また本作の特徴として必殺技がライダーキックではなく
光を結晶化することで生成される光の剣・リボルケインが
敵を倒す最終武器となっている事と

RX形態を経由して二つの変身能力が可能となり
ロボット然とした重量感のある悲しみの王子・ロボライダーと
液体分子構造を持つ怒りの王子・バイオライダーという
「仮面ライダーストロンガー」以来の2段階変身が可能である。

また第1作の「仮面ライダー」に登場した滝和也に近い
キャラとして霞のジョー(小山力也)の登場や
変身はしないものの初代女性ライダーのタックルを
彷彿させる超能力者・的場響子(上野めぐみ)が登場し
ライダーの原点に帰った設定もありました。

前作では従来のライダー世界との繋がりは描かれておらず
本作も当初は同様だったがシリーズ終盤の第41話「百目婆ァの恐怖」より
1号からZXまでの10人の歴代仮面ライダーが登場している。

これにより本作は前作も含め「仮面ライダー」~「仮面ライダーZX」まで
過去のシリーズ8作品と劇中での繋がりを持つ事になり
敵のクライシス皇帝の声をショッカーの首領を担当した
納谷悟朗が起用されるなど関連性を高めました。

本作品の終了をもってテレビシリーズとしての仮面ライダーの制作は
再度中断し「仮面ライダークウガ」まで約10年の休止期間に入った。
本作品の続編としての仮面ライダーの企画自体は存在し
同時期に「機動刑事ジバン」に出演していた小林良平が
主役として起用される予定であったが
最終的に実現には至らなかった。

これは吉川進プロデューサーが「とんねるずが本作のパロディ
仮面ノリダーにより真面目に作るのが馬鹿馬鹿しくなった」
との事である。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【送料無料選択可!】仮面ライダーBLACK RX Vol.1 / 特撮






Last updated  2011.03.21 20:18:56
コメント(2) | コメントを書く
2011.01.17
カテゴリ:仮面ライダー
仮面ライダーBLACK.jpg


「仮面ライダーZX」の単発放送から3年後の1987年
レトロブームに乗って栄光のヒーローが帰ってきた。
石ノ森章太郎:原作の「仮面ライダーBLACK」である。

本作はスポンサーのバンダイと小学館がTBSを通じて
ウルトラシリーズ復活を予定していたが、TBSの子会社が
仮面ライダーシリーズを提案、結果として仮面ライダーの
新シリーズに変更された経緯がある。

また本作のテーマを「原点回帰」と銘打って、まず
プロデューサーを平山亨から「スーパー戦隊シリーズ」
「メタルヒーローシリーズ」の吉川進へ、
音楽を菊池俊輔に代わって川村栄二が担当し
ナレーターを中江真司から小林清志、
殺陣を空手、柔道技を中心とした大野剣友会から
立体アクションのJACへと変更するなど
新しいスタイルの仮面ライダーを目指しました。

そのため仮面ライダーXの深海活動、ストロンガーの電気技
仮面ライダースーパー1のカンフー戦法などパワーアップした
仮面ライダーを作らずに本来の仮面ライダーにおける
怪奇アクションとしての原点を追求するものとなり

従来のライダーアクションにおける見せ場の一つだった
戦闘員との立ち回りも本作では廃され
またゲスト歴代ライダーの登場もないため
これは「仮面ライダーアマゾン」に見られた原点回帰と
同じスタイルで製作されました。

物語は暗黒組織を操っていたバダン総統が倒され平和になった
地球に新たに現れた暗黒結社ゴルゴムは日食の日の
同時刻に生まれた南光太郎(倉田てつを)と秋月信彦は
ある日、大神官のダロム、バラオム、ビシュムの3人に連れ去られ
改造手術を受け光太郎は世紀王ブラックサン、
信彦は月の石キングストーンとされたが
脳改造の前に秋月博士(菅貫太郎)の手引きで専用マシン
バトルホッパーで脱出し以後、仮面ライダーBLACKを名乗り
ゴルゴムの陰謀に立ち向かう事になる。

仮面ライダーBLACKの変身ポーズは一つ一つのポーズを
クローズアップし変身中では強烈な閃光と共に完了するという
前作にあたる「仮面ライダースーパー1」に見られた
細かい映像手法を踏襲し、腹部に埋め込まれたキングストーンを
エネルギー源としライダーパンチ、ライダーキックと連続攻撃で
怪人を倒すのである。

またBLACKの2台目のマシンとなるロードセクターも登場、
これは同じく「仮面ライダースーパー1」の2台マシン
所有というコンセプトを踏襲しているのです。

そして三神官が復活させ生体鎧で覆われたゴルゴムの幹部
剣聖ビルゲニアが登場しBLACKのキングストーンを奪って
ゴルゴムの世紀王になろうとする。
しかしBLACKは自分が倒すというプライドのため怪人との
戦闘に介入してBLACKを結果的に助ける事もあり
勝機を逃す結果となってしまうのである。

物語中盤にはゴルゴムのもう一人の世紀王であり
悪の仮面ライダーであるシャドームーンの登場である。

にせ仮面ライダー以来、悪のライダーの登場は世紀王の宿命のもと
自らと戦う事を光太郎に強要するが親友を手に掛ける事を望まない
光太郎の苦悩が終盤のドラマの見所となりました。

また「超人バロム1」のドルゲ「イナズマン」の帝王バンバ
「キカイダー01」のハカイダーなど悪の幹部の声を演じた
飯塚昭三が16年の時を経て仮面ライダーの
悪役デビューを果たしました。
これは初期・仮面ライダーにて何故、飯塚昭三が
声優担当しなかったのかという当時のファンの疑問を
本作で解決する形となりました。

しかし70年代初期に特撮を見ていた少年たちが大人となり
大人となった特撮ファンが現状の特撮番組に不満を持ち
それを東映に求めた事から製作陣は「人造人間キカイダー」の様な
ヒューマニズムをアダルトに描いた「超人機メタルダー」や
戦うトレンディドラマ「鳥人戦隊ジェットマン」と
大人が見て面白い特撮ドラマが誕生しました。

だが大人向けのドラマ作りに専念してしまった所為か
子供たちが難解を示し、行き過ぎた内容を受け入れられないとして
親からクレームが殺到する始末となってしまいました。

結果、青年たち相手には成功し肝心な子供たち相手には
失敗してしまったため本作をフォローする形で
完結記念番組として「仮面ライダー1号~RX大集合」と
歴代ライダーの名場面集で綴った番組を放送しました。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【送料無料】仮面ライダーBLACK VOL.1/特撮(映像)[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】






Last updated  2011.01.17 20:58:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.