6675690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

『帰還』【小説】三… New! てらまさん

智、芥川賞獲得 (55… New! 神風スズキさん

グルンベルド コニシ2300ccさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん

全298件 (298件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

プロレス・格闘技

2019.07.29
XML
カテゴリ:プロレス・格闘技



1990年3月の番組改編期に放送された
全日本プロレス中継特別企画が、
「プロレス・決定的瞬間大全集2」である。

全日本プロレスの名勝負ベスト10の発表を中心に、
名場面集や珍場面集などをゲストを交えた
トークバラエティとなっており、

司会は当時の日本テレビアナウンサー:若林健治、
ゲストにプロレスファンである吉村明宏、向井亜紀。

そして全日本から大物ゲストとしてジャンボ鶴田が参加。

番組内容は視聴者からの投票によるプロレス名勝負で
そのランキングは・・・

10位「鶴田vsマスカラス
9位「天龍vs長州」
8位「テリー引退試合」
7位「鶴龍vsハンセン&ブロディ」
6位「鶴龍vs長州&谷津」
5位「馬場vsハンセン」
4位「鶴田vsブロディ 鶴田インター初奪取」
3位「鶴田vsニック」
2位「鶴田vs天龍 天龍勝利」
1位に輝いた名勝負は1977年のオープンタッグ決勝戦
「ザ・ファンクスvsブッチャー、シーク」でした。

全日本プロレスの試合が対象であるが
「猪木vsホーガン」もラインナップされていた。

プロレス名珍場面集では、番組対抗隠し芸大会で
白雪姫に扮した時のジャンボ鶴田が収録されており、

お馴染みラッシャー木村のマイク特集では
リングの内容とは掛け離れているパフォーマンスで
観客を沸かせている。

大のパフォーマンスを嫌がるジャイアント馬場だったが
「最初は、なんてイヤな事をするんだろうと思っていたが、
そのうちお客さんがマイク・パフォーマンスがないと
許してくれなくなっちゃったんですよ」と語っていた。

そしてフリートークでは向井亜紀が当時、高田延彦と交際中であり
「鶴田選手がどういう練習しているのか、
聞いて来いって言われたんですよ」と発言すると
鶴田が「高田選手でしょ」とツッコミを入れられ
観客を爆笑させていた。

そして最後はジョン・レノンの「イマジン」をBGMに
デビット・フォン・エリック、ジェイ・ヤングブラッド、
ハル園田ら若くして亡くなった名レスラーたちを紹介し、
ラストはブルーザー・ブロディの後ろ姿で番組を締め括った。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



アンダーアーマー Under Armour South Florida Bulls Green Football DNA Tech Performance T-Shirt メンズ






Last updated  2019.07.29 20:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.27
カテゴリ:プロレス・格闘技



「プロレスリング・ノア」を旗揚げした
三沢ら大量のレスラーが離脱し、
史上最大のピンチに見舞われた全日本プロレス。

暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」の
2000年大会は全日に残留したのは川田や渕など少数で、
天龍が全日マットに久しぶりに上がる等、
他団体からも多数参加した大会となった。

しかしながら、80年後半にNWAで一世風靡した
レスリング部をモチーフとしたユニット
バーシティ・クラブ(スティーブ・ウィリアムス&
マイク・ロトンド)が復活し、

WCWからプエルトリコのWWCへ転身した
バリー・ウインダム&ケンドール・ウインダムの
「ウインダム・ブラザーズ」が参加。

更にWWEから全日本へ戦場を移した
マイク・バートンはウルフ・ホークフィールドから
再びリングネームを戻したジム・スティールとタッグを組み、

世界メジャー団体とのコネクションも
多少残っていた事により全日本は余力で
外国人チームの参加により、世界観を残しつつ

インディーの中で大成功を収めたWARから
天龍源一郎&荒谷信孝の「WAR軍」

高田延彦のUインター出身の垣原賢人と
前田日明のリングス出身の長井満也が
「チーム・ストロングズ」として
総合格闘技コンビを結成し

同じくUWFから分裂した藤原組の組長
藤原喜明がECWで活動していたダニー・クロファットと
関節技職人コンビで参加した。

全日本からは前述したとおり
川田利明&渕正信の「全日本はえぬきコンビ」のみであり

留学生の太陽ケアは全日本に残留した専属外国人
ジョニー・スミスとコンビを組み参加。

バーシティ・クラブ21とウインダム兄弟以外は
全チームが初めてのタッグ結成となった。

試合内容は、それまでにない大激戦となり、
同点4チームによる優勝決定トーナメントの末に
バーシティ・クラブが優勝した。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



PUMA PLATFORM TRACE VARSITY WMNS(PUMA WHITE-ME)(プーマ プラットフォーム トレース バーシティ ウィメンズ)【レディース】【スニーカー】【18FA-I】






Last updated  2019.06.27 20:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.31
カテゴリ:プロレス・格闘技



馬場の没後、三沢体制で迎えた最初で最後の
世界最強タッグ決定リーグ戦の1999年大会は
WWEとのパイプを維持しつつも
組織内で、中堅クラスの底上げという改革と
活性化に成功した上での大会となった。

川田の負傷欠場により、田上明は
スタン・ハンセンとコンビを結成し
「日米ドリームパワータッグ」として参加。

WWEから全日本へ戦場を移したベイダーは
三沢がジュニア戦士の小川をパートナーにして
中堅クラスの底上げで組織の改革を狙ったように
全日外国人レスラーの中堅ジョニー・スミスを選び

三沢光晴&小川良成の「アンタッチャブル」との対決は
日米改革を狙ったサミットのような感じとなった。

ジョニー・エースとマイク・バートンの
「ムーブメント」も昨年に引き続き参加。

米国インディー団体WXWからはゲーリー・オブライトと
全日本オンリーでマットに上がっていた
ウルフ・ホークフィールドは「復活T.O.Pタッグ」として参戦。

大森隆男は高山善廣と「ノーフィアー」として参加し
新生全日本の台風の目となった。

前年優勝者の小橋健太&秋山準「バーニング」は
連覇を狙い、本田多聞&井上雅央は
アジアタッグ王者として最強タッグに挑む。

ハンセン&田上組と小橋&秋山組の優勝決定戦は、
秋山が「リストクラッチ式エクスプロイダー」で
田上を下して2連覇。

このリーグ戦に参加したオブライトは翌年1月に急死したため、
これが最後の来日となった。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



本場久留米ラーメンセット(6人前)本場の博多とんこつスープで味わう焼きラーメン お肉と野菜を炒めて濃厚とんこつスープで炒める 凝縮された旨味をどうぞ 354kcal送料無料 ギフト 九州生麺






Last updated  2019.05.31 20:00:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.27
カテゴリ:プロレス・格闘技



前年度より世界感を取り戻した
世界最強タッグ決定リーグ戦の1998年大会は
米国メジャー団体WWEより大物選手が参加となる
豪華な最強タッグとなった。

スタン・ハンセンはWWEのメインレスラー
皇帝戦士ベイダーと「不沈皇帝コンビ」で参加。

ジョニー・エースはWWE世界タッグ王者で
Sウィリアムスに勝利したバート・ガンと
「ムーブメント」を結成し参加。

WWEは更に日本のインディー団体で
タッグ試合のエキスパートとして活躍していた
ザ・ヘッドハンターズを送り込んだ。

アメリカのインディー団体で活躍していた
全日外国人常連レスラーのゲーリー・オブライトが
WCWのジャイアント・キマラと異色コンビで出場。

全日本からは小橋健太&秋山準の「バーニング」
川田利明&田上明「聖鬼軍」

三沢光晴は新たに小川良成をパートナーに迎え
「アンタッチャブル」として参加。

そして、大森隆男は総合格闘技であるUWFインターの
高山善廣と国境を越えた王道&総格タッグを組み、
翌年「ノーフィアー」結成と繋がる。

今大会は、ファンだけではなくマスコミにも
かなりの話題となり、プロモーターとしての
馬場の手腕が、久しぶりに発揮した事となった。

この大会より、リーグ戦上位2チームによる
優勝決定戦方式が採用された。

また、全日本とWWEが業務提携した事により
WWEから誰が参加するか、
マスコミにより話題となっていた。

ハンセン&ベイダー組が7戦全勝と
圧倒的な強さを見せ付けたが、
2位に滑り込んだ小橋&秋山組との優勝決定戦で、
小橋がハンセンをラリアットで沈め逆転優勝を果たす。

このシリーズの終盤に体調を崩した馬場は
シリーズ終了後に入院、翌年1月31日に
肝不全のため帰らぬ人となる。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



ナイキ ウィメンズ コート ロイヤル AC AO2810-001 レディースシューズ






Last updated  2019.05.27 20:00:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.23
カテゴリ:プロレス・格闘技



第1回武道館大会終了後、次回大会となった
「ALL TOGETHER」は2012年2月19日に
宮城県・仙台サンプラザホールで開催する事となった。

チケットは一般販売が特RSとRS席2種類のみとなり、
2階スタンド席は宮城県、岩手県、
福島県在住者対象の招待席の形式となる。

新日本、全日本、ノアの3大メジャーと
参戦選手はフリーを含め、DIAMOND RING勢、
みちのくプロレス勢などが参加。

またバトルロイヤルを無くし、試合数を減らした為、
各団体から厳選された選手によるマッチメークになる。

特に第7試合 ダブルメインイベントとなる
武藤敬司&小橋建太vs秋山準&大森隆男は
90年代では考えられないビックカードとなり

試合は20分20秒、ムーンサルトプレスで
武藤敬司が勝利を収めている。

第8試合 ダブルメインイベントは
森嶋猛&諏訪魔&棚橋弘至VS潮﨑豪&真田聖也&
内藤哲也といった、2000年代のトップレスラーの
国境を越えた6人タッグとなった。

試合は23分13秒、バックドロップで
森嶋猛が勝利する。

本大会は1979年8月26日に東京スポーツ新聞社主催で
当時のプロレス3団体であった新日本、全日本、
国際プロレスによる合同興行
「プロレス夢のオールスター戦」を実現しており、

「メジャー3団体の合同興行」という意味では
32年振りの開催となった。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



●ワケアリ・アウトレット(決算SALE品)《リース》 シャルドネ ホースシュー エステイト・ヴィンヤード, サンタ・クルーズ・マウンテンズ [2012] Rhys Vineyards Chardonnay Horseshoe Estate Vineyard, Santa Cruz Mountains 750ml [赤ワイン カリフォルニアワイン]






Last updated  2019.05.23 20:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.17
カテゴリ:プロレス・格闘技



完全マンネリ化となり、ファン離れが急増した
1997年の全日本プロレスは打開策として
他団体交流を激化し、新装を試みた。

97年の世界最強タッグ決定リーグ戦では
11年ぶりに他団体選手が参戦し、
米国3大メジャー団体WWE、WCW、ECWが参戦するなど
久しぶりに世界の名に相応しい大会となった。

参加チームは前年優勝した川田利明&田上明の「聖鬼軍」
三沢光晴&秋山準の「超世代軍」
大森隆男&本田多聞「あすなろタッグ」

小橋健太はジョニー・エースと新ユニット
「G.E.T」として参戦。

WWE進出が決定したスティーブ・ウィリアムスは
ゲーリー・オブライトとのユニット
「T.O.P」として参加し、
ラクロスはバーチャファイターのキャラクター
ウルフ・ホークフィールドに変身し、
ジョニー・スミスと組んでの参戦。

スタン・ハンセンは米国メジャー団体ECWの
ボビー・ダンカン・ジュニアと組み、
同じく米国メジャー団体WCWに参戦していた
ジャイアント・キマラは泉田純と移植タッグを組む。

全日本と業務提携に成功したWWEは
バリー・ウインダム&ジャスティン・ブラッドショーの
「ニュー・ブラックジャックス」という
メイン級のタッグチームを送り込んだ。

そして、インディー団体からメジャー全日本へ上り詰めた
FMWのハヤブサと、みちのくプロレスの新崎人生が
団体の垣根を越えてタッグを組み話題を呼んだ。

試合はウルフ&スミスが開幕2連戦で
三沢組とウィリアムス組相手に
連日の時間切れ引き分けを演じ台風の目となった。

優勝決定戦の末、川田&田上組が2連覇を果たす。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



UQ WiMAX 正規代理店 3年契約UQ Flat ツープラス任天堂 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ + WIMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX04 ゲーム機 セット ワイマックス 新品【回線セット販売】B






Last updated  2019.05.17 20:00:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.13
カテゴリ:プロレス・格闘技



改革。

それは、基本的な体制を保ちつつ、
内部に変化を作る事である。

三沢光晴統制時代の全日本プロレスは
まさに改革で、大いに盛り上がった政策となった。

三沢は新しい体制で全日本を改革するべく
パートナーをジュニアヘビー級の小川良成を選び
全日ジュニアの底上げを狙った。

これは前座などで活躍していたジュニア選手が
努力しても報われていなかった為、
三沢は報いるように活性化を狙い、
全日ジュニアを全面に押し出そうとしていた。

そして小橋建太は全日新時代を起こすべく
秋山準をパートナーにバーニングを結成。

これを機に、小橋は全日のニューリーダーとなり
事実上、全日本の試合内容を牽引していった。

ここで、もうひとつ、大森隆男と高山善廣が
沈黙を破り、四天王に下克上を叩きつけた。

ファイト重視の全日本のリングにおいて
テレビカメラに向かって傲岸不遜な態度と
威勢のいい言動で自らをアピールし異彩を放った。

この3軍が、新しい全日本の流れを作り、
馬場亡き後、全日本を大きく変えた。

そして、この3軍の激突は凄まじいものとなった。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



《送料込》一関ミートソーセージ詰合 本場ドイツの味★黄金こめ豚使用★【豪華5種類詰合せ】






Last updated  2019.05.13 23:35:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.09
カテゴリ:プロレス・格闘技



天龍を中心とする大量離脱が原因で、
鎖国制度を貫いた全日本プロレス。

その為、参加選手が毎回同じで1年間を通す事で
完全マンネリ化したが、1996年の
世界最強タッグ決定リーグ戦では
参加チームが少ない事もあり、
この大会は過酷な総当り2回戦制で行われた。

参加チームは川田利明&田上明の「聖鬼軍」
三沢光晴は新パートナーに秋山準を選び
「超世代軍」代表として参加

その超世代軍を離脱した小橋健太は
パトリオットと日米新世代コンビを結成。

スタン・ハンセンは大森隆男をパートナーに
日米師弟タッグで参加。

外国人レスラーはスティーブ・ウィリアムス&
ジョニー・エースの「殺人狼コンビ」

ゲーリー・オブライトは米国3大メジャーのECWから
全日本に上陸したサブゥーと組み
総合格闘技&ハードコアの異色タッグを結成し話題を呼んだ。

ジャイアント・キマラは泉田純とタッグを結成し
名物タッグ・チームとして人気を博した。

この大会以降、馬場は不参加となる。

リーグ戦は最後までもつれる展開となり
川田&田上組と三沢&秋山組で優勝決定戦が行われた。

田上が秋山に場外への「ノド輪落とし」を決めKOすると、
孤立した三沢を二人がかりで攻め
最後はパワーボムの連発で川田が三沢をピンフォール。

川田&田上組が悲願の初優勝を果たす。

そして、馬場はファンの期待にやっと応えるべく
今大会より他団体の選手を10年ぶりに参加させ、
藤原喜明とドン荒川がスポットで全日本プロレスに初参戦。

6人タッグながらジャイアント馬場との対戦が実現した。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



【2017年モデル マキタ在庫がある場合は対応可】マキタ(makita) FJ302DZ4L 立ち襟 4Lサイズ グラインダ作業向け 充電式ファンジャケット(空調洋服/扇風機付き作業着/熱中症対策用品)【後払い不可】






Last updated  2019.05.09 20:00:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.29
カテゴリ:プロレス・格闘技



1970年代後半「スカイハイ」により
空前のプロレステーマ曲が起こり、
“あのプロレスラーの入場テーマ曲は
どのアーティストの曲なのか?”と
ミステリアスな部分を残し、ファンに興味を抱かせた。

そして1990年代後半、20年の歳月経て
プロレステーマ曲に徹底的に特化する
マニアックなCDが発売された。

それがプロレステーマ曲オタク文化を題材にした
「プロレスQ」である。

プロレスQとは、キングレコードより発売している
プロレス・格闘技の入場テーマソングを集めた
オムニバスアルバムシリーズである。

その特徴は、著作権の関係上
これまで各団体が発売した
公式のテーマソング集でも
収録できなかった楽曲や、
未CD化の音源などが多数含まれている事である。

プロレスQには、大きく分けて
ナンバリングタイトルでリリースされた
「格闘音楽大全 プロレスQ」シリーズと、
団体別に製作されたものがあるが、
2002年まで発売されたものは全て廃盤となっている。

2012年、約10年ぶりに復活。通算で12タイトル目だが、
ジャケットはトランプのKINGであった。

このCDの最大の売りは入手困難だった
プロレスラーのテーマ曲で、

「格闘音楽大全 プロレスQ3D」の
ギャラクシー・エキスプレス
(リック・フレアー、NWA王者テーマ曲)

「格闘音楽大全 プロレスQ4ever」の
移民の歌(ブルーザー・ブロディ会場オリジナル曲)

「格闘音楽大全 プロレスQ777DX」の
カクトウギのテーマ(全日本、時期シリーズ予告、
引き分けのテーマ)
SNIPER(小橋健太、初期のテーマ)

「格闘音楽大全 プロレスQ第九」
SUNRISE(スタン・ハンセン、テーマ曲原型)

「格闘音楽大全 プロレスQ10番勝負」
「格闘音楽大全 プロレスQ11PM」
SUNRISE(スタン・ハンセン、テーマ曲原型、
Revolution、パライストラ、道場・檄
SWS使用曲)

以上の曲が、テーマ曲マニアを狂乱させた
幻の逸品となって収録された。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



ナイキ NIKE レボリューション 4 908988402






Last updated  2019.04.29 20:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.23
カテゴリ:プロレス・格闘技



出場選手が毎回一緒で完全マンネリ化した
1995年の全日本プロレス。

そんな中、'95世界最強タッグ決定リーグ戦では
UWFインターから転出した
ゲーリー・オブライトが初参戦。

王道・全日本vs総合格闘技・UWFの
新しい戦いが開始された。

全日本代表の参加選手は、
三沢光晴&小橋健太の「超世代軍」
川田利明&田上明の「聖鬼軍」
秋山準&大森隆男「あすなろタッグ」

ジャイアント馬場は日本レスリング史上、
最高の実績を持ち、アマレスの神様と呼ばれた
本田多聞をパートナーに参加。

ドリー・ファンク・ジュニアは渕正信と
日米壮年技術職人タッグを組んだ。

外国人レスラーからは不沈艦スタン・ハンセンと
UWFのゲーリー・オブライトが異色のタッグを組み
マスコミ界の度肝を抜いた。

WCWから全日本に主戦場を移したパトリオットは
WWEと接点を持ったジョニー・エースと
米国最強2大メジャーのコンビを結成。

プエルトリコのWWCで活躍していた
アブドーラ・ザ・ブッチャーは
ジャイアント・キマラ2とタッグを組み

全日本を主戦場にしていたカンナム・エクスプレスこと
ダグ・ファーナス&ダニー・クロファットは
これが最後の参加となり、
その後、全日本との関係に成功したWWEに籍を移す。

今大会で注目するコンビが
全日本を主戦場にしていたジョニー・スミスと
WCWで活躍し、後にECW、WWEで大出世する
ロブ・ヴァン・ダムと出世中タッグで、

ジョニー・スミスはオブライトのアドバイスで
U系スタイルのレスリングへ転向し、
ジョニー・マジックと呼ばれる
独特のムーブが多数披露されるようになり、
徐々に独自のポジションを築き上げていく。

一方のロブ・ヴァン・ダムは
ハードコア・レスリングを信条とし、
ECW、WWEで大出世するという
発展途上中のチームであった。

大会は三沢&小橋組と川田&田上組が同点の為、
優勝決定戦が行われた。

小橋がムーンサルトプレスで田上をフォールし、
三沢&小橋組が史上初の3連覇。

また、この年からリーグ戦開幕直前の
世界タッグ王座返上制度が廃止され、
リーグ戦優勝チームが世界タッグ王座に就く事は無くなった。

しかし、マンネリ化したカードだったせいか
試合内容が良くても飽きられてしまい、
新日本が他団体対抗戦やFMWを中心とした
インディー団体がブームとなった事もあり
全日本のファン離れが急増した大会であった。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



BBQ,焼肉用ワニ肉のスライス2人前、200g






Last updated  2019.04.23 20:00:15
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全298件 (298件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.