6577875 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メタボの気まぐれ

PR

Category

Archives

Favorite Blog

徳、NHK のど自慢に… New! 神風スズキさん

『Heaven?~ご苦楽… てらまさん

マイちゃんの秘密基地 マイちゃん♪さん
Hyakkimaru's Blog ひゃっき丸さん
ITOYA online☆特撮/… ITOYAさん

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ゴジラ

2018.12.10
XML
カテゴリ:ゴジラ



2016年公開の「シン・ゴジラ」は、
ゴジラシリーズの第29作であり、
「ゴジラ FINAL WARS」以来、約12年ぶりの
日本製作のゴジラ映画である。

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出し、
政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と判断。

矢口蘭堂(長谷川博己)内閣官房副長官は、
事故の背景にある巨大生物の存在を示唆し、
巨大生物の尻尾部分がテレビ報道された事で、
政府は認識を改める。

更に自重で潰れるため上陸は不可能という
専門家の意見とは裏腹に、巨大生物は多摩川河口から
大田区内の呑川を這いずるように遡上し、
蒲田で上陸し、街を破壊しながら北進を始める。

その大きさや性質が不明な事から
生半可な攻撃では駆除は困難であると予想され、
無制限に火器を使用できる自衛隊出動を模索。

巨大生物は蛇行に似た動作で進行していたものの、
品川区北品川近くで突然の進化を遂げ、
直立二足歩行を始める。

被害地域では未知の放射性元素の検出や
微量の放射線量の増加が確認され、
巨大生物の正体が深海海洋生物に、
不法に海洋投棄された大量の放射性廃棄物を
適応進化したゴジラであると発表する。

出現から4日後、倍近い大きさとなったゴジラが
鎌倉市稲村ヶ崎辺りに再上陸し、
横浜市や川崎市を縦断して川崎市武蔵小杉に至る。

Jアラートを通して住民に避難を呼びかけるとともに、
自衛隊は事前に策定していた
いくつかの上陸パターンに応じた迎撃作戦の中から、
武蔵小杉から多摩川河川敷を防衛線とした、
ゴジラの都内進入を阻止する為の
総力作戦「タバ作戦」を実行。

しかし、作戦失敗を受けて政府は日米安保を適用し
米国に攻撃支援を正式に要請した。

この映画は総監督・脚本には庵野秀明、
監督・特技監督には樋口真嗣を起用し、
音楽はエヴァンゲリオンの音楽が使用された他に、
伊福部昭の音楽も使用されている。

この日本映画史上最高のリアリティある
「シン・ゴジラ」は第90回キネマ旬報ベスト・テンでの
第2位選出は、ゴジラ作品としては史上初であり、

日本アカデミー賞、毎日映画コンクール、
ブルーリボン賞など、歴史ある映画最優秀賞を獲得し
ゴジラ生誕から62年後、特撮を軽視していた
映画関係者に認めさせた瞬間でもあった。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ



踊るゴジラ ゆらゆらソーラーマスコット おもちゃ ゴジラ フォーカート シン・ゴジラ キャラクターグッズ キャラクター雑貨






Last updated  2018.12.10 20:00:15
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.16
カテゴリ:ゴジラ



「世界が終わる、ゴジラが目覚める」

2014年、突如として米国版「GODZILLA」が
16年ぶりに復活した。

それが、ギャレス・エドワーズ監督の
「GODZILLA ゴジラ(2014)」である。

日本の地方都市・雀路羅市の原子力発電所で
アメリカ人のジョー・ブロディは、
発電所に近づきつつある謎の震動と電磁波に気づく。

しかし謎の咆哮と共に凄まじい揺れが発電所を襲い
原子炉が破損し放射線漏れが起きる。

15年後、立ち入り禁止地区となっていた
雀路羅市の発電所跡で繭のようなものがあり
そこから電磁波が発生していた。

電磁波の発生間隔が短くなり何かが目覚めようとしていた。

芹沢博士は迷った末抹殺指令を下すが間に合わず、
ついに巨大怪獣ムートーが目覚め周囲を破壊したのち
翼を広げ飛び去っていく。

古生代、今よりも高濃度の放射線で覆われていた地球では
放射線をエネルギー源とする怪獣たちが闊歩していたが、
やがて放射線量の低下により地底深くへと追いやられていた。

1954年に米軍の潜水艦ノーチラス号がこの生き残りの怪獣を発見。

人類は核実験という名目でカモフラージュして
怪獣殲滅を図るも失敗に終わった。

この怪獣は「ゴジラ」と呼ばれる事となった。

ムートーはハワイ沖でロシアの原子力潜水艦を捕獲し、
ホノルル市街に上陸。

そして沖合ではゴジラがホノルルへと向かっていた。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ



ゴジラバンク 貯金箱 <シャイン> いたずらBANK 原盤音源から収録したリアルな声が楽しめる!






Last updated  2018.07.16 20:00:10
コメント(1) | コメントを書く
2012.05.27
カテゴリ:ゴジラ
ゴジラ・ファイナルウォーズ.jpg


第3期ゴジラシリーズの第6作で
ゴジラシリーズの最終作が2004年公開の
東宝特撮映画が「ゴジラ FINAL WARS」である。

登場怪獣はゴジラ、マンダ、ガイガン、ラドン、
GODZILLA、アンギラス、キングシーサー、
カマキラス、クモンガ、ミニラ、エビラ、モスラ、
ヘドラ、カイザーギドラ。

またオープニングでは、バラン、ゲゾラ、バラゴン、
ガイラ、チタノザウルス、メガギラスが
ライブフィルムで登場した。

物語は突如、世界各地で核実験や戦争が頻発した結果、
眠っていた多くの怪獣が目覚め人類に牙を剥いた。

これに対抗するため国連は地球防衛軍を結成し
同時に他の人類より身体能力の優れた一部の人間
“ミュータント”による部隊「M機関」を組織した。

彼らの最大の敵こそ怪獣王・ゴジラであったが
南極における轟天号との戦いにより
ゴジラは氷塊の中へ封じ込められた。

それから50年後、M機関の隊員である尾崎(松岡昌宏)は
国連から派遣された科学者・音無美雪(菊川怜)の護衛として
北海道沖にて発見された怪獣のミイラの調査に向かう。

その頃、世界中に大量の怪獣が同時に出現。
交戦する地球防衛軍であったが突如、怪獣が消滅し
巨大なUFOが東京上空に出現した。

UFOからは醍醐(宝田明)が姿を現し
X星人と名乗る宇宙人に救出されたと話した。

X星人は地球に妖星ゴラスが迫っていると危機を呼びかけ
友好の証として怪獣を消滅させたのだという。
これにより世界はX星人との友好ムード一色となった。

しかしX星人の真の目的は地球の支配、人類の家畜化で
それをいち早く見破った尾崎と音無美雪
彼女の姉でテレビ・キャスターの杏奈(水野真紀)は
X星人の計画を阻止すべく立ち上がった。

ところが、本性を現したX星人の統制官(北村一輝)は
サイボーグ怪獣・ガイガンを目覚めさせると、
次々に他の怪獣も投下、地球侵略に乗り出した。

ゴードン大佐(ドン・フライ)は尾崎らを引き連れ
地球防衛軍が誇る海底軍艦新・轟天号に乗り込んだ。

行き先は南極、X星人も予想していなかった「地球最強の兵器」
あるいは「人類最大の脅威」そして史上最強の怪獣王
ゴジラを復活させようというのだ。

かくして地球防衛軍の最終作戦
「オペレーションファイナルウォーズ」が発動された!

この映画は「大怪獣総攻撃」以来恒例となっていた
劇場版「とっとこハム太郎」との併映はなく、
上映時間もシリーズ最長の125分となっている。

また製作費20億円、製作日数100日という
歴代ゴジラ映画史上最大の規模で制作されたものの
興行収入は12億6,000万円という結果となり
観客動員数も歴代ゴジラ28作品中ワースト3位の100万人で
目標としていたシリーズ観客動員数1億人を
達成する事は出来なかった。

しかし本作の公開直前にゴジラは日本のキャラクターとして
初めてハリウッドの「ウォーク・オブ・フェイム」に
殿堂入りを果たし偉業を成しました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] ゴジラ ファイナル ウォーズ スタンダード・エディション






Last updated  2012.05.27 21:11:53
コメント(4) | コメントを書く
2012.04.29
カテゴリ:ゴジラ
東京SOS.jpg


ゴジラシリーズ第27弾「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ
東京SOS」は2003年公開された東宝特撮映画で
1961年の「モスラ」と直接繋がった物語である。

1年前のゴジラとの戦いで最大の武器を失った
メカゴジラの修復に携わる整備士・中條義人(金子昇)と
彼の叔父で43年前、言語学者として小美人(ザ・ピーナッツ)を
モスラに返す為に尽力した中條信一(小泉博)の元に
ある日、インファント島に住む妖精・小美人
(長澤まさみ、大塚ちひろ)が現れた。

メカゴジラ製造に使用したゴジラの骨を
海に返すよう勧告し、その代わりにモスラが
ゴジラの脅威に対して全力で立ち向かう事を約束した。

中條信一は旧友でもある五十嵐首相(中尾彬)に
直接この件を請願に行ったが
政府にとってメカゴジラはゴジラ対策の要であり
モスラは先般日本を襲撃した敵に他ならない為
政府はこの請願を拒否した。

中條義人はメカゴジラの修復作業中
家城茜(釈由美子)と出会い、彼女に
「メカゴジラはもう戦いたくないのかもしれない」
と思いを語った。

その頃、九十九里浜ではゴジラに襲われたと推測される
巨大生物カメーバの死体が打ち上げられ
グアム島沖では米原潜がゴジラに襲撃される。

そして遂にゴジラが東京に上陸した。

ゴジラが品川埠頭の防衛ラインを突破したその時、
日本に飛来したモスラはゴジラと壮絶なバトルを展開、
その強大なパワーの前に倒れてしまう。

この事態に五十嵐首相は修復不完全なまま
メカゴジラ出動を決定しゴジラを迎え撃つ。

機龍隊のパイロット・如月梓(吉岡美穂)
秋葉恭介(虎牙光揮)が出動しようとした時
突然、メカゴジラのコントロールが効かなくなった。

その報を受けた中條義人は小笠原諸島で生まれた
双子のモスラの幼虫がゴジラを牽制する中、
小美人の協力もあってメカゴジラ修理に成功。

とその時、中條義人は中に閉じ込められたまま
メカゴジラが動き出し暴走を開始した・・・

この映画は「決戦!南海の大怪獣」で登場した
カメーバがゴジラ映画に初めて登場し
空想的ではあるがゴジラと戦っている。

また本作の観客動員数は「メカゴジラの逆襲」
「ゴジラ対メガロ」に次ぐ歴代ワースト第3位となり
ゴジラ50周年作品となる次作で
ゴジラシリーズ再終了が決定しました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



[DVD] ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション






Last updated  2012.04.29 19:39:05
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.15
カテゴリ:ゴジラ
ゴジラ×メカゴジラ.jpg


「ゴジラシリーズ」の第26弾である
2002年公開の「ゴジラ×メカゴジラ」は
「モスラ」「サンダ対ガイラ」等、
他の東宝怪獣映画作品との関連を持った
東宝特撮映画である。

1999年、日本に上陸したゴジラに
全く歯が立たなかった対特殊生物自衛隊。

その戦渦、特生自衛隊員・家城茜(釈由美子)は
操縦するメーサー殺獣光線車を仲間の車両に激突させ
崖下に転落させてしまい、その車両は無残にも
ゴジラに踏み潰されてしまう。

命は何とか助かったものの
茜は仲間を死に追いやったという自責の念を
拭い去る事が出来ず、責任を問われる形で
資料課への転属を命じられた。

一方、日本政府は柘植真智子:首相(水野久美)
指揮の下、湯原徳光(宅麻伸)ら
日本有数の科学者達を招集して
対G兵器の開発に着手、館山沖から引揚げられた
初代ゴジラの骨格を基に、4年の月日を経て
遂に機龍・メカゴジラを完成させた。

そして柘植首相は辞職し科学技術庁長官だった
五十嵐隼人(中尾彬)が新首相に就任した。

時を同じくして未だ心に様々な葛藤を残していた
家城茜の機龍隊への配属が決定、
メカゴジラのオペレーターに任命される。

そしてメカゴジラのテスト機動が開始された時
ゴジラが東京湾に出現。
茜を含む機龍隊はメカゴジラを発進させ
ゴジラに立ち向かう。

ゴジラは横浜・八景島に上陸し
その前にメカゴジラが立ちはだかる。

メカゴジラはロケット弾とメーサーで
徐々にゴジラを追い詰め
「アブソリュート・ゼロ」で留めを狙う。

しかしゴジラが天に向かって咆哮すると
メカゴジラがコントロール不能に陥ってしまう。
その隙にゴジラは海中へと姿を消した。

そこへ突然、メカゴジラが意志を持ち
街を破壊し始めた。

ゴジラの声がメカゴジラのコンピューターに干渉し
初代ゴジラの意識が目覚めてしまったのだ。

そんな時、東京湾から再びゴジラが出現!

果たして人類はどうなってしまうのか・・・

この映画は女性が主役という東宝特撮映画では
釈由美子が4代目とい事になり
年上の女性=頼れる
という図式を生かした映画となりました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] ゴジラ×メカゴジラ






Last updated  2012.04.15 20:09:46
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.01
カテゴリ:ゴジラ
大怪獣総攻撃1.jpg


2001年に公開されたゴジラシリーズ第25弾
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」は
ゴジラのライバルにモスラ、キングギドラに加えて
フランケンシュタインと戦った地底怪獣バラゴンが登場。
「怪獣総進撃」以来、実に33年ぶりの共演となった。

グァム島沖で消息を絶った米原子力潜水艦の
捜索に向かった防衛海軍が海底でゴジラと思われる
生物を発見した。

48年前、ゴジラの上陸で家族を失った防衛軍の
立花准将(宇崎竜童)はゴジラ襲来を警戒するように
軍上層部に促すも平和に慣れきった軍は
自らの兵力を過信し立花の言葉を黙殺する。

同じ頃、日本各地で若者たちが何物かに襲撃され
BS放送局のB級オカルト番組のリポーターで
立花の娘である由里(新山千春)は
友人でサイエンス・ライターの武田(小林正寛)が持つ
護國聖獣傳記にあるバラゴン(婆羅護吽)
モスラ(最珠羅)ギドラ(魏怒羅)の
日本古来の怪獣が眠っている場所と
事件発生現場が一致している事を掴み調査を開始。

謎の老人・伊佐山(天本英世)からゴジラは太平洋戦争で
命を散らした人々の残留思念と怨念の集合体で
ゴジラから大和の国を護るべく聖獣たちが
永い深い眠りから覚醒するであろう事などを
聞き出すのであった。

そんな矢先、ゴジラが焼津に上陸。

更にバラゴンが地底から出現し箱根で激突する。

大怪獣総攻撃.jpg

だがバラゴンは以前よりパワーアップしている
ゴジラの敵ではなくバラゴンを倒したゴジラは
東京へ移動を始めた。

そんな中、池田湖では巨大な繭が浮上し
富士の樹海の氷穴ではギドラが目覚めようとしていた。

防衛軍もゴジラ迎撃に挑むがゴジラには通常兵器は効かず
その進撃を食い止められない。

やがて、ゴジラは横浜に出現。

迎え撃つモスラとギドラは壮絶なバトルを展開する!

この映画はゴジラシリーズの中でも一際特徴的な造形で
昭和シリーズのゴジラを彷彿とさせる
どっしりとした体型に加え
不気味な印象を与える顔つきとなっている。

このゴジラは黒目と白目の部分が反転されており
これがより恐ろしい印象を与えている。

また「ゴジラvs」などゴジラと対戦相手が
タイトルとなっているシリーズが多い中
1969年公開の「オール怪獣大進撃」以来
実に32年ぶりの漢字表記のタイトルとなりました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃






Last updated  2012.04.01 19:35:23
コメント(4) | コメントを書く
2012.03.18
カテゴリ:ゴジラ
ゴジラ×メガギラス1.jpg


“地球最大の死闘”

2000年に公開された東宝特撮映画「ゴジラシリーズ」の
第24弾「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」は
タイトルに新怪獣の名前が入る最後の作品である。

1954年のゴジラ出現以来、
度重なる甚大な被害を受け続け大阪に遷都した日本。

1966年、東海村に上陸したゴジラにより
原子力発電所が破壊され、日本政府は原子力発電が
ゴジラの攻撃目標になるため、永久放棄を決定した。

しかし1996年、原子力発電の代替を目標として
プラズマエネルギーの開発が行われていた大阪の
「クリーンエネルギーファクトリー」が
またもゴジラに破壊されるのだった。

そして2001年、ゴジラ消滅に執念を燃やす
Gグラスパーの隊長・辻森桐子(田中美里)は
物理学者・吉沢(星由里子)と秋葉原の天才
工藤(谷原章介)らが研究を進めている
対G兵器ブラックホール砲“ディメンション・タイド”の
完成を心待ちにしていた。

ところが、山梨県白州で極秘裡に行われた実験で
時空の歪みが生じ、古代昆虫・メガヌロンの卵が出現。

少年・淳(鈴木博之)によってメガヌロンの卵は
東京へ運ばれたが、孵化の前兆が現れ始めた為
淳は下水道に捨ててしまった。

そのまま渋谷の地下水道内で孵化したメガヌロンは
人間を捕食して繁殖し、地下の水脈を掘削して
街全体を水没させ巨大なテリトリーとした。

やがてメガヌロンが一斉に羽化しメガニューラとなり
人々を襲い渋谷一帯を水没させた。

その頃、奇岩島に上陸したゴジラ

Gグラスパーは完成したディメンション・タイドで
ゴジラを消滅させる作戦に出た。

しかし大群でゴジラに戦いを挑んだメガニューラに妨害され
メガニューラは尻尾の針を突き刺して
ゴジラのエネルギーを吸い取った。

ゴジラの熱線と個体数が減った事でGグラスパーは
ディメンション・タイドの発射チャンスとなった。

しかしメガニューラがディメンション・タイドに
巻き込まれた為、攻撃は失敗
メガニューラの大半が撃退される。

だが、一匹だけメガニューラへと変態せず
水没した渋谷の湖底深くに眠っていた巨大なメガヌロンに対し
ゴジラからエネルギーを吸収した全てのメガニューラが
自らの命と引き換えにエネルギーを供給した事により
海底の巨大メガヌロンが変態し怪獣メガギラスに成長。

翌日、お台場に上陸したゴジラと
再び壮絶なバトルを繰り広げるのだった。

メガヌロン.jpg

この映画に登場するメガヌロンは
1956年「空の大怪獣ラドン」に登場した
古代トンボの幼虫・メガヌロンであり、
東宝は44年の時を経て成虫したメガヌロンを
世に放つ事になった。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[Blu-ray] ゴジラ×メガギラス~G消滅作戦~






Last updated  2012.03.18 20:22:44
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.26
カテゴリ:ゴジラ
ゴジラ2000.jpg


満を期してゴジラが帰ってきた!

背びれが大きく鋭く強調され
斬新なデザインに一新されたゴジラが登場した
「ゴジラ2000ミレニアム」は
1999年公開の東宝特撮映画である。

北海道・根室にゴジラが出現した。

現場にいたゴジラ予知ネット“GPN”を
主催する篠田(村田雅浩)と
小学生の娘・イオ(鈴木麻由)

そして取材で同行していた雑誌の記者
一ノ瀬由紀(西田尚美)は
間近に見たゴジラに人間の作り出す
エネルギーに対する憎悪を感じるも
ゴジラは根室近郊に建つ巨大発電所を破壊する。

同じ頃、茨木県沖の日本海溝では
巨大な岩塊が発見されていた。

危機管理情報局・CCIの内閣官房副長官である
片桐(阿部寛)は科学者・宮坂(佐野史郎)を使って
調査に乗り出すが
それは6千万年から7千万年前に地球に飛来した
UFOだった事が判明した。

ところがその時、東海村の原発を狙って
再びゴジラが現れ、しかもゴジラに向かって
UFOが飛行を開始した。

対峙したゴジラとUFOは一戦交えるが
互いの力は五分と五分。
ゴジラは海中に飛ばされUFOも墜落してしまう。

しかし先に蘇ったのはUFOだった。

その後、新宿に飛んだUFOは由紀の会社のある
シティ・タワーの屋上に到着する。

地球を侵略すべくコンピューター・ネットに侵入し
地球改造計画を開始する。

だが、そこへ復讐に燃えるゴジラが登場した。

壮絶なバトルが再び展開され
ゴジラはUFOを叩き壊すが
その残骸からゴジラの細胞組織である
オルガナイザーG1を吸収した
怪獣オルガが出現した!

ここにゴジラvsオルガのバトルが開始された。

この映画は地震や台風のような自然災害的存在である
ゴジラに対して人類がいかに対抗するかを
描くことに重点が置かれるも

怪獣オルガの登場にゴジラ=地球防衛という
昭和後期のゴジラシリーズに見られる
対決シリーズを彷彿とさせる展開もみられる。

アメリカでは1984年版ゴジラ以来
15年ぶりに劇場一般公開され
「遊星からの物体X」「ゼイリブ」の監督
ジョン・カーペンターは熱烈なゴジラファンであり
この映画を鑑賞し「とても面白かった。
ゴジラ映画に面白くない作品なんてないね」と
感想を述べている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



★【送料無料】 DVD/邦画/ゴジラ2000ミレニアム/TDV-2582D






Last updated  2012.02.26 19:42:58
コメント(2) | コメントを書く
2012.01.15
カテゴリ:ゴジラ
GODZILLA.jpg


日本が世界に誇る怪獣ゴジラをハリウッドでリメイクした
SF怪獣映画の大作が1998年公開の
「GODZILLA」である。

大西洋一帯で不可解な破壊事件が続発。
核実験による突然変異で巨大獣ゴジラが出現したのだ。

ニューヨークに現れたゴジラは強大な兵力を誇る
米国軍隊をものともせず、マンハッタンのビル街を破壊して
地下へ消える。

米国政府の調査隊に加わった生物学者ニック・タトプロス
(マシュー・ブロデリック)は摩天楼が
ゴジラの巣に選ばれた事を知る。

そんな彼に保険調査員を自称する正体不明のフランス人
フィリップ・ローシェ(ジャン・レノ)が接近。
実はフィリップは自国の核実験によって
ゴジラが生み出された事に対して
フランス政府が秘密裏に派遣したトップ・エージェントだった。

ふたりは協力してゴジラを追い巣の在処が
マジソン・スクエア・ガーデンだと突き止める。

ところが巣に累々と並ぶ巨大な卵からゴジラが続々誕生。

ニックとフィリップは彼らを追って来た
ゴジラのスクープでキャスターの座を狙う、

元恋人でテレビ・レポーター志望のオードリー(マリア・ピティロ)と
キャメラマンのアニマル(ハンク・アザリア)と共に
小型ゴジラの群れに追われる羽目に。

マジソン・スクエア・ガーデンには爆撃命令が出され
巣は壊滅したが、そこにゴジラが出現。
人類との戦争が始まろうとしていた!

この映画はゴジラを日本映画における通常の生物を超える
怪獣としてではなく「突然変異による超巨大生物」と
解釈して描写しており
そのため評価はかなり低いものとなった。

日本版ゴジラのスーツアクターであった中島春雄と薩摩剣八郎は
この映画を観て終わった後「これはゴジラじゃない」と発言。
土屋嘉男もアメリカでのファンイベントの講演で
この映画について質問され「あれはただのイグアナだ!」と
コメントして満場の喝采を浴びたと語っている。

また熱烈なゴジラファンでもある映画監督のジョン・カーペンターも
本作に対して「最低だ!」といったコメントを寄せている。

そのため2001年公開の「大怪獣総攻撃」では
「アメリカにもゴジラに酷似した巨大生物が出現し
ゴジラと名付けられたが日本の学者は同類とは認めていない」と
冒頭の防衛軍の隊員の台詞で言及されている。

その後、ハリウッドが怪獣映画の製作を敬遠する原因ともなり
リメイク版の「キング・コング」「クローバーフィールド/HAKAISHA」の
製作にも支障をきたしてしまった。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] GODZILLA






Last updated  2012.01.15 19:35:54
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.18
カテゴリ:ゴジラ
ゴジラVSデストロイア.jpg


平成ゴジラシリーズの完結編「ゴジラVSデストロイア」は
1995年に公開されたゴジラシリーズの第22弾である。

バース島が消滅しゴジラとリトルが姿を消し、
それから一カ月後、ゴジラが香港に出現。
その姿は以前のものとは違い赤く発光していた。

ゴジラの異変にGサミットは初代ゴジラを退治した
山根博士(志村喬)の養子の子・山根健吉(林泰文)は
大学生を加えたメンバーを招集して会議に入った。

一方、国際物理学賞受賞者の伊集院博士(辰巳琢郎)は
ミクロオキシゲンの研究に余念がなかったが
それをテレビ番組で取り上げた山根ゆかり(いしのようこ)は、
彼女の叔母・恵美子(河内桃子)から
それが芹沢博士(平田昭彦)が発明した
オキシジェンデストロイヤーではないかとの相談を受ける。

ミクロオキシゲンはオキシジェンデストロイヤーの
一歩手前のものだと判明するが伊集院は人間的倫理で
それを作る事はしないと言う。

台湾沖に出現したゴジラは益々その体温を上昇させ
健吉の調べでゴジラはメルトダウンを起こすという
予測が立てられ、これをくい止めるには
オキシジェンデストロイヤーを使うしか方法がない。

健吉は伊集院博士にオキシジェンデストロイヤーの
開発を依頼するが、その頃、水族館で魚が一瞬にして
骨になってしまうという快事件が発生した。

原因は42年前に東京湾に沈んだ
オキシジェンデストロイヤーによって
異常成育した微生物が東京湾海底トンネル工事で
地上に出現した事にあった。

その微生物は急速に巨大化し遂に人間を襲うまで成長し
謎の生物が逃げ込んだ臨海副都心は地獄の様相を呈する。
政府も自衛隊を派遣してデストロイアと名づけられた
その怪獣を攻撃するが全く歯が立たない。

そこでGサミットはデストロイアとゴジラを戦わせる為に
未希(小高恵美)と芽留(大沢さやか)の
テレパシーを使ってゴジラジュニアを
デストロイアの囮にする事にした。

ジュニアとデストロイアの壮絶なバトルが展開されたが
デストロイアはジュニアのエネルギーを吸ってパワーアップ。

そこへゴジラが現れ、一旦はデストロイアを倒したが
デストロイアは完全体へと変身し更に巨大化した。

ここにゴジラとデストロイアの
壮絶なバトルが開始された!

この映画は前売り券がゴジラシリーズとしては
初めて10万枚以上を売り上げ
観客動員数は400万人、配給収入は20億円を記録している。

また1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた
田中友幸の名前がクレジットされる最後のゴジラ映画で
音楽担当の伊福部昭もゴジラシリーズ最後の作品となった。

エンディングは有名なゴジラのメインテーマを筆頭に据えた
伊福部昭による「SF交響ファンタジー」をアレンジしたもで
その曲中にはシリーズ最高の動員を記録した
「キングコング対ゴジラ」の音楽も含まれ、
まさにフィナーレを飾る内容となっている。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



【25%OFF】[DVD] ゴジラVSデストロイア






Last updated  2011.12.18 17:55:45
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Profile


上段タロー

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.