000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

淨至庵にて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.04.08
XML
カテゴリ:俳句



どこに行っても、桜のある所は人ばかり。花見は悪いことではないが、この人ゴミとも言える場所にそんなに行きたくないし、ゆっくり花を愛でる事もできない。どこか人のいない花がゆっくり愛でる場所がないか想い廻らした結果。牧谷の又助池を思い出した。ここはカキツバタの群生地で、まだ時期が早いから静かなはずだ。連休の頃になると花が咲き始め、ここも人出で騒がしくなる、おまけに有料になるから今なら人がこないし無料だ。さっそく今日も花見日和の天気に車を走らせる。到着してみると、やはり人は居ないが花もない。水辺の麗人は、この穏やかな陽光に緑葉の中で、春眠をむさぼっているようだ。
 
ただ早くお目覚めのお方が一輪だけ。影に隠れるように、さぞかし恥ずかしかったのか。ところがその近くにスノーフレークが数輪たむろしていた。一人寂しかったので、話し相手を探していたのかも。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.08 00:33:41
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:水辺にて(04/08)h   miko 巫女 さん
気持ち良いところですね
人混み歩くと疲れます 人に酔う
行きたい気持ちは皆同じなので 😱諦めて
桜が終われば次の花が🌸待ち構えています
(2024.04.08 10:58:35)

Re:水辺にて(04/08)   淨至 さん
そうですね、あの待ち焦がれていた桜も、これだけ人が集まるといやになってしまう。
人間の性でしょうか、それとも私の傲慢からでしょうか。
次は、藤の花にカキツバタに新緑。
これではキリがない。 (2024.04.08 23:30:26)


© Rakuten Group, Inc.