272379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お休み處  桐風庵

南無妙法蓮華経

妙法蓮華経という経典の題目を唱えるだけで成仏できます。法華経は八巻二十八品、開経と結経を加えると十巻にもなりますが日蓮上人はそれを七文字に集約しました。七文字を唱えるだけで十巻分の功徳があるということです。
妙法は素晴らしい教え。不思議な教え。大宇宙の法。蓮の華というのが不思議な花で何万年も前の化石を栽培して種から芽が出て花が咲くといったことがありました。不思議な教えの象徴です。また、蓮は泥土の中から出てあのような美しい花を咲かせます。濁悪の俗世にあっても凛としている様を表しています。
「妙法蓮華経というありがたい教えに私の全てを捧げます」これだけで成仏ですよ。ありがたいことです。
日蓮上人は大酒のみだったといわれてますが俗説です。他の坊さんから教義についての論戦を申し込まれた日蓮は「そんなくだらない議論をする暇があったら酒でもカッくらって寝てた方がマシだ」みたいな内容の書状が残っている為だと思われます。でも酒のみの私としましては、その俗説が本当であってほしいと願うのであります。 2009.7.20





法華経について
私は法華経の信仰者であり行者を自認する者です。何故、法華経かと申しますと誰でもが仏に成れるということだからです。私のような下の下の者でも。そして、数ある経典の中でも法華経が最高の教えなのだとお釈迦さま自身が仰ってるからです。実践するからには最高のものがいいですよね。法華経の成立は釈尊没後500年ほど経って編纂されたお経だそうです。ですから本当は釈尊が言った言葉ではないという意見が多いようですね。そうかもしれません。ですが、そのような理由でこの壮大な法華経に触れないというのは勿体ない気がいたします。壮大ですよね。想像できない広大な空間を飛び回り、気の遠くなるような時間を行き来する。スケールがデカいです。そんな法華経の内容はといいますと、ただひたすら法華経を褒め称えています。法華経というお経の中で法華経を讃えてる。つまり自画自賛ですね。仏に成る方法は最後まで出てきません。前振りが長くて結局スクープの真実を教えてくれない河内家菊水丸の河内音頭みたいなもんです。平田篤胤は「効能書きばかりで中味の丸薬がない」と言ったとか。でも、そうであったとしても、この法華経の壮大なドラマは私を魅了します。修行の方法については、聴衆は既に身に付けていることを前提に釈尊は説法したのではないでしょうか。 2017.9.9


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.