276480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お休み處  桐風庵

PR

カレンダー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

ラムネの瓶にビー玉… 安食育夫さん

コメント新着

wakey777@ Re:第4回mimika賞(09/16) 優勝戦結果 1 5 香川  素子 2 4 遠藤…
wakey777@ Re:G3 リップルカップ(09/03) 優勝戦結果 1 1 中谷  朋子 2 2 平…
wakey777@ Re:若松夜王シリーズ第3戦公営レーシングプレス杯(08/02) 優勝戦結果 1 1   海野 ゆかり 2 3 …
wakey777@ Re:第7回サッポロビール杯(07/23) 優勝戦結果 1 1 平山  智加 2 2 中…
wakey777@ Re:第64回日刊スポーツ旗(06/29) 優勝戦結果 1 1   福来   剛 2 2 …

ランキング市場

全140件 (140件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 14 >

本を読む

2009.09.16
XML
カテゴリ:本を読む
帰って来た木枯し紋次郎を読む 

若くはない肉体だが、貧弱に衰えてはいない。三十年にわたって生死を分ける街道を、歩き続けて来たことが証明されていた。無宿の渡世人が生き延びるには、強靭な身体であることが第一なのだ。傷跡が多いことも、うんざりするほど修羅場をくぐり抜けて来たという紋次郎の過去を、忘れさせないように物語っている。

天涯孤独の人間は、親密な知り合いがいることを想像したがる。それがいつの間にか、作り話になってしまうのである。特に名の知れ渡った相手だと、むかしからの知り合いだとまわりの者に吹聴する。一種の自己満足であり、それで寂しさを紛らわせるのだ。

「おしなさんは、あっしにかかわりのねえお人にござんした。何ゆえ仏になりなすったのか、あっしには見当もつきやせん。それにまた、そういうことにしておいたほうが、面倒を避けられやしょう」
そんな謎めいた言葉を残して、紋次郎は薄暗い行燈の明かりに背を向けた。

※板鼻(群馬県安中市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.16 09:48:26
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.15
カテゴリ:本を読む
帰って来た木枯し紋次郎を読む 

いまから、十年も前の話であった。塩尻峠での殺し合いのころの紋次郎はまだ若く、渡世人としても絶頂期だったような気がする。夢に現れた紋次郎のように、気力も体力も充実していた。

珍しいうえに哀れさもあって、人々は老いたる渡世人に視線を集める。いい年をしていまだに旅人さんとは、何とも惨めな姿ではないか。自業自得とはいえ気の毒だと、思わず知らん顔をする人もいる。

「おまちを見つけ出すなんてえ願いは生涯、叶うもんじゃありやせん。果たせねえと承知のうえ、持ちてえから持っている望みにすぎやせん。あっしが野垂れ死ぬほうが、ずっと早かろうと存じやす。無宿人は、所詮そんなもんでござんしょう」
「へい」
「あっしも紋次郎さんと同様、人別帳(戸籍簿)のうえでは幽霊と変わらねえんでさあ。あっしたちの名は、生国にも残っちゃあいねえ。この世の者じゃあねえってことで、無宿人は幽霊でござんすよ」

紋次郎が優勢だったのは、ここまでである。夢に見た十年前の動きとは、かなり勝手が違っている。身体に躍動感がなく、長脇差の振りもはるかに鈍い。そのうえ心の臓に、妙な苦しみを覚える。

「その恩返しってえのは、どうかやめておくんなはい。あっしの借りのほうが、はるかに大きくなっておりやす」
「それは、違いましょう。命の恩人には生涯をかけて報いるのが、人の道というものでございますよ」
「そうかもしれやせんが、人さまの情けに甘ったれるのも褒められたもんじゃあござんせん」
「毎度、同じことを申し上げるようでございますが、紋次郎さんには旅立ちをあきらめていただきとう存じます」

「伊兵衛というお人が紋次郎さんに言い残したことは、仏さまのお告げに相違ございません」
友七が、口を開いた。紋次郎は、無言でいる。
「やっと本物の幽霊になれたという言葉には、伊兵衛さんの生涯への悔いが込められているように受け取れました。伊兵衛というお人はその悔いを、紋次郎さんに伝えたかったのでございましょう」

※碓氷峠(長野県軽井沢町~群馬県安中市)板鼻(群馬県安中市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.15 04:41:31
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.08
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

「客人、お願いいたしやす。さあ、お戻りなすって・・・」
八人ほどの身内衆は、渡世人に向かってやたらと頭を下げる。声が大きいのは、近所の住人に聞かせるためかもしれない。要するに形だけ、大騒ぎをしているように見せかけたいのだ。

「むかしだったら、おれへの冷てえ仕打ちは控えただろうがな。何しろ、いまじゃあ落ち目の小文太だ。落ち目になりゃあ掌を返すように、邪険にするのが世間ってもんだろうぜ」

座布団を出されても、腰をおろすことはない。茶菓をすすめられても、口をつけない。それが、堅気の家を訪れたときの渡世人の礼儀、というものであった。

「政吉親分、まったく申し訳ねえ。半病人が女連れで転がり込むとは、このうえねえ厄介者だろうが、ひとつ面倒を見てやってくんねえな」
「小文太さんに頼りにされるなんぞは、渡世人冥利に尽きるってもんでさあ」
「面目ねえが、ちょいとのあいだ、養生させてもれえてえ」
「ちょいとのあいだとは、水臭いってもんでしょう。来年の春ぐれえまで、ここでゆっくりと養生しなせえ」
「ありがてえ、地獄で仏とはこのことだろうぜ」
「ここに小文太さんがいなさるってことで、あっしにも一家にも箔がつきまさあ。そういうことで、遠慮は無用にしておくんなさい」

※飯田(長野県飯田市)海野宿(長野県東御市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.08 01:39:41
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.07
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

過去も境遇も生きざまも、何から何までそっくりな峠花の小文太と正木進之丞だった。因果はめぐるというものかと、紋次郎はぼんやり考える。正木進之丞を相手にしたら、あの峠花の小文太だろうと万が一にも勝ち目はないという。峠花の小文太としてはせいぜい、正木進之丞との出会いを避けるようにすることだと、紋次郎は思わずにはいられなかった。

※上石原(埼玉県熊谷市)高柳村(埼玉県騎西町)高崎(群馬県)新町宿(群馬県高崎市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.07 17:35:50
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.06
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

ただひとり惚れた女とそっくりで名前も同じ、そのうえ殺された小正太というのも小文太によく似ている。それらを宿縁と解釈して、おすみの頼みを聞いてやってもいい。場合によっては、どんなことでも引き受ける小文太である。道理や理屈は、二の次だった。その気になれば、人を斬る。逆らうやつは、容赦しない。憎むべき相手は、必ず殺す。峠花の小文太には、それしかない。要は、燃えることであった。ほかに小文太には、生き甲斐も、人生観も、生活信条らしいものもない。

「おめえさんに、助けてもらう謂れはありやせん」
「馬鹿野郎、おめえを叩っ斬るのはこの小文太だ。こんなところで、おめえに死なれてたまるかい。そうかと言っていまここで、深手を負っているおめえの息の根をとめたところで、おもしろくも何ともねえ」
「おめえさんに、叩っ斬られる謂れもありやせん」
「やかましいやい。おれにとっては不倶戴天の敵が木枯し紋次郎、おめえの身体が元通りになったときには叩っ斬って八つ裂きにしてやるぜ」
「そうですかい」
「それまで命を、おめえに預けておくだけだ。つべこべ吐かさねえで、さっさと行きやがれ」
「だったら、ご免を被りやしょう」
「囲みを破るときは、左右に動き回るんじゃあねえ。真っ直ぐに進むほうが、囲みは破りやすい。兵法の心得として、ひとつだけ教えてやるぜ」

※真壁(茨城県桜川市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.06 00:16:50
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.04
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

それにしても、なぜ好んでこのような苦労をするのだろうか。そうした情けが、自分にあるはずはない。他人さまのことには、かかわり合いを持つまいとしている。梅之助やお新には、借りも義理も恩もない。おそらく、梅之助が偽者の紋次郎と名乗る男に刺されたということが、どうにも見過ごせないのである。それを、一種の借りと感じてしまったのだろう。

梅之助が死なずにすめば、それでよかったのである。梅之助が偽者の紋次郎に刺されたことは、これで帳消しになるだろう。偽者に代わって借りは返したと、紋次郎は気がすむのであった。梅之助は、快方に向かっている。そうなれば、もうここには用がない。用がないところに、戻る必要はない。一刻も早く、独り旅の紋次郎に戻りたかった。

「裏に埋めてあったものは、残らず夜桜を眺めておりやすぜ」

※鶴瀬宿(山梨県甲州市)笹子峠(甲州市~大月市)大月(山梨県)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.04 06:08:40
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.03
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

いまは金太の女房のお絹になっているおきみを、鬼虎は何としてでも自分のものにしたいのだ。初めのうちは悲しみと怒りに明け暮れているお絹を、やがて心身ともに鬼虎の意のままになるような女にしてみせる、といった執念に燃えているのではないか。鬼虎とはそのような異常性を、発揮する男なのであった。

「二十一年も前の焼き餅の半分が、それっぱかしのことが借りというものになるんですかねえ。ただ幼馴染みっていうだけで、いいじゃありませんか」
お絹は、囲炉裏の鉄瓶に手を伸ばした。
「幼馴染みってだけなら、平気で裏切るやつだっておりやすよ。ですが、心の借りってものがある限り、いつかそいつを返さずにはいられねえんでさあ」

お絹は、崩れるようにすわり込んだ。握っていた手を広げると、そこには二枚の小判があった。お絹は、二枚の小判に目を落とした。夜明け前に金太から受け取った二十枚の小判は、胸にしみとおるように冷たかった。だが、この二枚の小判は温かいと、お絹は思った。心の臓に、痛みを感じた。息苦しくなる。春の朝の陽光を浴びながら、お絹の胸を吹き抜けるのは冷たい木枯しだった。

板の間に身を投げ出すと、いっそう激しく泣けて来て涙がとまらなかった。板の間に落ちる涙の雫が、雨でも降るように増していく。

※野沢宿(長野県佐久市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.09.03 19:36:52
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.30
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

早くも悲しいという感情に捉われたのか、おすみの声は暗く沈んでいた。紋次郎は、胸に響くものを感じた。だが、そのための反応は、まったく示さなかった。驚くことはない、予感が的中しただけだと、紋次郎は雲に煙った山を眺めやった。

「愚かな女の深情けと、どうぞお笑いくださいまし。けれども小文太さまは、娘の時分からわたくしの胸の中に描かれた一枚だけの錦絵なのでございます」
おすみは、指先で涙を拭った。何となく重苦しい沈黙が続き、それから逃れるように紋次郎は立ち上がった。

おすみたちは、身延山へ向かうのであった。甲州のどこへ行こうと、峠花の小文太には会えないのだ。会えば、おすみは不幸になる。狂って、取り乱して、なおどうにもならない恋であった。すなわち、恋の闇路である。その恋の闇路を、おすみはどのようにさまよい歩こうというのだろうか。おすみの後ろ姿を見送る紋次郎の胸のうちに、峠花の小文太なんぞに会わねえほうがようござんすよ、という言葉が湧き上がってくる。

※栗原宿(山梨県山梨市)金沢峠(長野県高遠町~茅野市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.08.30 00:44:46
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.29
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む

ただ半刻、一時間ばかり出立を遅らせて、紋次郎は舟小屋に残ったのだった。恐るべき敵に対する用心からであったが、紋次郎に今後どうすべきかという思考はまったくなかった。明日のことは、わからない。小文太がいようといまいと、それだけは変わらないのである。誰に殺されようと、死ぬときは死ぬという生きざましか、紋次郎にはないのであった。だが、峠花の小文太が乱暴を働こうとして、あの娘を殺したとはどうしても思えない―。

※横川(群馬県安中市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.08.29 05:28:15
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.28
カテゴリ:本を読む
もっともっと・木枯し紋次郎を読む 

朝の雪には気が重くなり、昼間の雪は苦労の因であり、夕暮れの雪には郷愁を覚え、夜の雪は美しいと思う。旅人にとっては、同じ雪でもそのように受け止め方が違うものであった。

やむを得ない成り行きであり、いまさら悔いることもない。命を狙われたら、相手の命を奪う。それが、当たり前な生き方なのだ。そうしなければ、自分が死ぬしかないのである。他人の命を狙ったほうに、すべての罪があるのだった。しかし、むなしさに紋次郎の心は冷えて、虚ろな気持がそのまま凍りつく。ここにいてはならないのだという思いが、寂しさなど忘れたはずの紋次郎を寂しくする。

※湯田中(長野県山ノ内町)中ノ御所(長野県長野市)

ブログランキング★TV






最終更新日  2009.08.28 06:05:35
コメント(2) | コメントを書く

全140件 (140件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 14 >

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.