101022 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

潤翠のためいき

PR

January 21, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
土曜日、一晩中bonの胸をさすったり
ベットから起こしたり寝かせたりの繰り返し

明け方まで手を握ると握り返してくれてたのに
いつの間にか返してくれなくなった
前の日から手首の先、足首の先が冷たくなっていて
さすっても何をしても暖かくなることはなかった
そのせいか点滴も落なくなった

呼吸は荒かった
いつものしんどそうな呼吸
常に口を開けているから乾いて仕方ないだろうと
たまにお茶をティースプーンで含ませる
少量だけど飲み込んでいるって感じてた


朝、娘と交代して家に帰り着替えをして
家の用を済ませて急いでbonのもとへ


娘は長男に送ってもらったので
長男もbonの様子を見て娘と病室を後にしたのだが・・・


お茶を口に含ませるも飲み込む様子が見られない
咳き込んで口から出てしまった

それからまた含ませたが今度は全く反応しなくなった


そのあとしばらくして様子が変わり
すぐに当直医が来た
担当医は土日お休みだったww

おかしい
娘と長男をすぐに呼び戻し・・・


そのあとはあっと言う間の出来事だった

「お父さん!!」

何度叫んだことか。。。。

左目に涙が一粒溜まっていた
さよならの言葉だったのかもしれない

19日午後0時35分
静かに息を引き取りました
58歳でした


残念ながら、次男だけ間に合わず
最後を看取ることはできなくて
次男が着いた時は亡くなって1時間以上も後でした
すごく残念そうに涙を流していました


子供たちがそれぞれ職場に電話をするからと
病室を出て行って
bonと二人きりの静かな時間
まだ暖かいbonの頬


最後までよく頑張ったね
これからは楽になって自由だよ
本当にお疲れさまでした
33年間ありがとう
そしてさようなら


そう言って、bonの唇に最後のキスを。。
柔らかく暖かい唇でした



















楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  January 22, 2014 07:22:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.