773650 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

2006年02月01日
XML
カテゴリ:映画
1月30日(月)新宿アカデミー1にて

夫を事故で亡くしたカイル(ジョディ・フォスター)は、遺体をニューヨークへ運ぶため、6歳の娘ジュリアとともに、ベルリン空港を飛び立ちます。機内で仮眠し、起きるとジュリアの姿が見えません。

乗客や乗員に訊いても、誰も娘を見ていないのです。搭乗名簿にも、ジュリアの名前はありませんでした。機長の言によれば、娘は6日前に死亡している、と言うのです。

半狂乱になったカイルは、必死になって機内を探します。このジャンボ機を設計したひとりとして、飛行機の内部は知りつくしていました。客席だけではなく、天井裏、機械室、貨物部屋等々、隈なく探しても見つかりません。ジュリアはいったいどこへ消えたのか。

ヒッチコックの出世作「バルカン超特急」を思い出しました。車掌も、コンパートメントに乗り合わせた客も、姿を消した老婆を見ていない、と言います。巧みな伏線と意外な結末は、いかにもヒッチコックらしい切れ味がありました。

「フライトプラン」には、そういう構成の巧みさはありません。前半はカイルの暴走ぶりが描かれるのですが、血相変えて走るまわる姿は、怖いくらいです。母性本能がなせるわざとはいえ、その行動は常軌を逸している、といえるでしょう。

カメラは、普段はうかがえない飛行機の裏側を見せてくれます。サスペンスなら、この前半で真相のヒント、伏線が張られているのが常識です。が、そのような気配はありませんでした。

ジュリアが窓に書いた絵も、生かされていません。「バルカン超特急」では、窓のスペルが風に消されるシーンがあって、サスペンスが盛り上がるのですが、本作には、そういう細かいテクニックが不足しています。

後半になると、突如として犯人が明らかにされますが、唐突すぎて、説得力なし。機長(ショーン・ビーン)エアマーシャル(ピーター・サースガード)アラブ人など、脇の人物も、機長以外は描写が中途半端でした。

2度のオスカーに輝くヒロインだけが、際立っています。ひどく偏った脚本です。ジュディ・フォスターのワンマンショー、といってもいいでしょう。

いるはずの目撃者ががひとりもいなくなる、といえば、ウイリアム・アイリッシュの「幻の女」があります。口直しに、この傑作ミステリーが読みたくなりました。






最終更新日  2006年02月01日 20時21分07秒
コメント(13) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

お気に入りブログ

§ Hobby / Intellect… Vixivさん
ヘーゼル☆ナッツ・シ… へーゼルナッツさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
山口良一的ココロ あほんだらすけさん
競馬をとことん楽し… Scorpion30さん

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

マイコ3703@ 実は更新の度に見てました(笑) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
kenngu0310@ Re:エルメス バッグ 新作 2013 秋冬 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
中年ジュリー@ Re[1]:ブルーレイレコーダー(10/10) GAMMAさん 二度の書き込み、ありがとうご…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) 上記(下記かもしれませんが)2番目のアドレ…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) ご無沙汰しております。福岡から無事帰っ…

バックナンバー

2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.