950277 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

2006年09月06日
XML
カテゴリ:映画

9月4日(月)新宿プラザ劇場にて

80年代、テレビで放送され、人気を博した刑事ドラマ「マイアミ・バイス」シリーズの映画化です。監督は同シリーズの制作・総指揮を執ったマイケル・マン。主演はコリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリスほか。

FBIなどの機関が、合同で捜査していた麻薬組織の情報が漏洩していることが判明しました。情報屋の家族と囮捜査官が殺されたのです。そのルートを突き止めるべく、ソニー(コリン・ファレル)とリカルド(ジェイミー・フォックス)が組織に潜入することに。

うまく潜り込んだ二人は、ボス(ルイス・トサル)から麻薬の受取を任されます。ソニーはボスの片腕で愛人でもあるイザベラ(コン・リー)に接近、愛し合うようになりました。ソニーとイザベルの親密ぶりに不審を抱いた幹部のイエロ(ジョン・オーティス)は、取引のあとソニーを殺す提案をします。

テレビ・シリーズを見た人は、たぶん不満を感じるでしょう。9月5日現在、お昼の12時半に「特捜刑事マイアミ・バイス」がテレビ東京系で再放映されていますから、対象地域にある人は、比較してみてください。

舞台はマイアミと南米コロンビア。灼熱の太陽、紺碧の海と白い波、青い空に浮かぶ雲。南国特有の色彩豊かな情景が、わずかしか出てきません。昼よりも夜のシーンが多く、砂浜を闊歩するビキニスタイルのお嬢さんも登場しないのです。

同監督の「コラテラル」では、サンフランシスコの夜景が魅力的に撮られていました。歓楽都市マイアミの夜も悪くはありませんが、本作の夜景は、あまり魅力を感じませんでした。頽廃的な匂いが薄いのです。

ソニーとイザベルの色模様も、演出が幼くて興奮できません。二人が恋に落ちる過程も淡泊すぎてリアリティが不足しています。濃いラテン系の顔の中に、ひとりだけ東洋人ののっぺりした表情のコン・リー、どうにも違和感が拭えませんでした。

結局、この映画の長所は銃撃戦に尽きるでしょう。ここはテレビシリーズをはるかに凌駕しています。大画面で最新式の銃器が炸裂し、お茶の間向けのテレビシリーズは足下にも及びません。

長髪に無精髭のマッチョなコリン・ファレル。スマートなドン・ジョンソンとは違う役作りです。これもテレビに馴染んだファンは納得できないかも。──悪役陣に個性がないのも、もの足りません。

アクション・シーン以外は、どうにも盛り上がらない凡作、という印象を受けました。2時間12分は長すぎます。続編が作られるかもしれませんが、もっと脚本を練らないと、興行的にも成功しないでしょう。







最終更新日  2007年09月27日 18時16分15秒
コメント(3) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


中年ジュリー

カテゴリ

お気に入りブログ

§ Hobby / Intellect… Vixivさん
ヘーゼル☆ナッツ・シ… へーゼルナッツさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
山口良一的ココロ あほんだらすけさん
今日、何した? 満月5555さん

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

マイコ3703@ 実は更新の度に見てました(笑) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
kenngu0310@ Re:エルメス バッグ 新作 2013 秋冬 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
中年ジュリー@ Re[1]:ブルーレイレコーダー(10/10) GAMMAさん 二度の書き込み、ありがとうご…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) 上記(下記かもしれませんが)2番目のアドレ…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) ご無沙汰しております。福岡から無事帰っ…

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.