918399 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

2007年01月11日
XML
カテゴリ:映画

1月8日(月)新宿ジョイシネマ1にて

藤沢周平原作、山田洋次監督というコンビによるシリーズ3作目。主演にテレビドラマの視聴率男、木村拓哉を迎えた超話題作です。

制作=2006年 松竹映画 121分。出演=木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄ほか

いまなぜ藤沢周平なのか、を論じたいですが、スペースがありません。小生はこの作家をあまり評価していないのです。それを書くと映画評とかけ離れてしまうので、別の機会に譲りましょう。

本作は、公開前にはキムタクの演技力に最大の疑問が投げかけられていました。キムタクは何をやってもキムタクで、一本調子なセリフが時代劇に合うかどうか、多くの人が危惧を抱いたのです。

前半、その心配は適中しました。セリフ回しが、まさにキムタクそのものだったのです。お毒味役ですが、30石の平侍ですから、藩主にお目見えすることはありません。希望のない単調な日々と、武士としての体面。その落差と陰影が表現できていないのです。

スクリーンに向かいながら、これが真田広之(たそがれ清兵衛)や永瀬正俊(隠し剣 鬼の爪)だったら、もう少しサマになっていただろうに、という思いが脳裡から離れませんでした。が、後半になると、慣れたせいでしょう、抵抗感なく鑑賞できるようになったのです。にわか盲目というハンデを背負った役柄に、見るほうが寛容になったのかもしれません。

たそがれ清兵衛より禄高が少ない三村新之丞(木村拓哉)ですが、きれいな家に住み、3度の食事も煮物などが出てきて、清兵衛よりいい暮らしをしています。つがいの小鳥を飼う余裕もありました。子供がいないせいもありますが、妻の加世(壇レイ)の才覚による部分が多いのです。

この妻女、女房の鑑(かがみ)です。3歩下がって夫の影を踏まず、とはいいませんが、出しゃばらず、かといってへりくだらず、夫との距離が絶妙なのです。封建社会の中での夫婦愛。主と従の関係ですが、愛の深さは民主主義の現在と変わらないでしょう。いや現代より深いかもしれません。この女優、宝塚出身のようですが、自然体の演技は、特筆ものでした。

妻と下男(笹野高史)に支えられた平侍の生活。映画もこの2人がいなければ、凡作になっていたでしょう。武士の一分を守るために、死を賭して闘う新之丞。ここではじめて、木村拓也に精神的凛々しさを感じました。

全体の出来としては、「たそがれ清兵衛」に匹敵する秀作です。ラストも山田洋次らしいものでした。これを山田監督の限界と評する人もいるようですが、小生は素直に感動しました。いい映画です。見て損はしないでしょう。







最終更新日  2007年01月11日 21時49分16秒
コメント(4) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


中年ジュリー

カテゴリ

お気に入りブログ

§ Hobby / Intellect… Vixivさん
ヘーゼル☆ナッツ・シ… へーゼルナッツさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
山口良一的ココロ あほんだらすけさん
今日、何した? 満月5555さん

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

マイコ3703@ 実は更新の度に見てました(笑) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
kenngu0310@ Re:エルメス バッグ 新作 2013 秋冬 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
中年ジュリー@ Re[1]:ブルーレイレコーダー(10/10) GAMMAさん 二度の書き込み、ありがとうご…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) 上記(下記かもしれませんが)2番目のアドレ…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) ご無沙汰しております。福岡から無事帰っ…

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.