1041704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

全120件 (120件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 12 >

スポーツ

2015年08月12日
XML
カテゴリ:スポーツ
巨人、まさかの広島に3連敗。
一向に波に乗れません。
戦犯は誰でしょうか。
ネットの記事を参考に、考察してみました。

○内海哲也

2011年に18勝、2012年に15勝を挙げ、2年連続で最多勝に輝いたエース。
内海が去年に引き続き、大きく出遅れています。

オープン戦で左前腕部を故障すると、開幕2軍スタートが決定。
6月のソフトバンク戦で復帰したものの、3回1/3を5失点で二軍再調整となり、7月27日の時点で未だ勝ち星を挙げていない。

杉内もそうですが、前半好投しても、後半、突如崩れます。
安心して見ていられません。
もちろん、現代の投手は分業制。
7回まで投げれば、責任は果たしたといえるでしょう。

去年は7月まで不調で1勝だった内海。
その後、8~9月に6勝を挙げ、後半戦のチームを牽引しました。
今年もそろそろ1軍で結果を残したいところ。

○マシソン

7月27日時点で19ホールド、防御率2.37。
まずまずの好成績を残している中継ぎエースのマシソンです。
だが、今年は大事なところで打たれる「ここ一番の弱さ」を見せ、すでに5敗。
全幅の信頼が寄せられません。

○村田修一

小笠原もそうですが、移籍して2、3年は活躍しても、以後はダメ。
突然不調になります。
昨年に引き続き、復調の気配が乏しい村田。
昨年はかろうじて21本塁打が救いでした。
今年はここまで5本塁打。
規定打席未満にも関わらず、チームワーストの9併殺打と全てが悪い方向へ。

6月の中日戦では、2点ビハインドの7回裏無死二、三塁の場面で代打を出される屈辱も。
精神的にも、かなりまいっている様子です。
名門・巨人の重圧も、委縮する原因でしょうか。
外様の辛さもありそうです。
復活できなければ、放出の可能性もあるでしょう。

以上の3人が、戦犯です。
他の主力もイマイチ物足らない成績。
監督の采配も含めて、迷走する巨人。
後半の巻き返しを期待しましょう。






最終更新日  2015年08月12日 08時42分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年08月07日
カテゴリ:スポーツ
夏の甲子園がはじまりましたね。
今年は100周年の記念大会になります。
炎天下、高校球児たちの熱い戦いが繰り広げられます。

夏の選手権で、全国制覇したことがない都道府県はどこか。
これが意外に多いのです。

北海道は、ヤンキースの田中将大の母校・駒大苫小牧が2004年と2005年に連覇。
が、東北勢は1度も優勝したことがありません。
最も全国制覇に近づいたのは青森県。
11年夏と12年夏に光星学院(青森県)が2度決勝へ進出。
11年は日大三高、12年は大阪桐蔭の前に敗れました。

関東では唯一、埼玉県だけ全国制覇の経験がありません。
ここ10年、夏の選手権で12年に浦和学院が3回戦まで進んだのが最高です。

その他、川上哲治、前田智徳、荒木雅博などの母校・熊本工がある熊本県。
メジャーで大活躍した松井秀喜が出身の石川県。
09年決勝で中京大中京に敗退した日本文理がある新潟県など。

まとめると、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県。
埼玉県、新潟県、山梨県、富山県、石川県、福井県。
滋賀県、岡山県、鳥取県、島根県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県。

ちなみに、優勝した回数が多いのは、大阪、神奈川、愛知などです。






最終更新日  2015年08月07日 08時00分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月05日
カテゴリ:スポーツ
プロ野球、交流戦の真っ只中です。
去年は1位だったわが巨人軍。
今年はいまのところ、五分五分の成績。
相変わらずの貧打打線に苦労しています。

4番の坂本に、ようやく当たりが出てきたのは、明るい材料。
くるくる代わってきた4番は、どうやら坂本で落ち着きそうです。

ただ、4番と5番(アンダーソン)以外は、猫の目です。
その時の調子がいい者を日替わりで起用。
その分、調子を見分ける首脳陣の眼力が問われるわけです。

鬼門といわれるDeNAの交流戦。
案の定、モタモタしていますね。
6月4日を終えて、巨人がリーグ単独首位に。
なんだかんだと言っても、優勝本命のチームです。
このままシーズンを終えてほしいものですね。






最終更新日  2015年06月05日 07時49分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月09日
カテゴリ:スポーツ
相変わらず貧打の巨人打線。
特にひどいのが村田です。

開幕は5番を打っていました。
が、結果が出せず、最近は8番に降格。
ランナーが一塁にいると、ワンアウトでも送りバンドを。
対広島第2戦では、送りバンドで併殺を食らってしまいました。

極度の不振は、どこに原因があるのでしょうか。
素人にはわかりませんが、精神的なものでしょう。
巨人という人気チーム、外様という境遇。
受けるプレッシャーも、半端ないでしょう。

長距離砲としての素質は、一級です。
気持ちを強く持てば、必ず復活します。
せっかく巨人を選んだのですから、移籍1年目のような活躍を。
括目して待ちましょう。






最終更新日  2015年04月09日 12時23分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月07日
カテゴリ:スポーツ
遅まきながら、プロ野球名鑑2015を買いました(^O^)rblog-20150407164042-00.jpg






最終更新日  2015年04月07日 16時40分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月26日
カテゴリ:スポーツ
「新成」巨人の開幕オーダーが固まったようです。
チームは25日、東京ドームで練習。
明日27日の開幕戦に向けた用兵を大枠で固めました。

1番坂本、3番長野、4番阿部、5番村田。
純和製の重厚なオーダーで、昨季1勝3敗と苦しんだDeNA先発の久保を迎え撃ちます。
 
この打線で相手チームを粉砕。
ロケット・スタートを切りたいものです。 






最終更新日  2015年03月26日 10時12分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月17日
カテゴリ:スポーツ
2009年にドラフト1位で入団。
しかし、プロの壁に阻まれてきました。
昨季は自己最多の44試合に出場。
終盤に2本塁打を放つなど、飛躍を期待させる活躍を見せました。

巨人の新4番候補・大田泰司外野手(24)です。
15日、宮崎キャンプでの紅白戦で初めて主力組の4番で登場。
2ランと二塁打をマークして、首脳陣にアピールしました。

期待をかける原監督は「(現状は)スタートラインから2、3歩。
開幕まで10歩、15歩くらいは必要」とゲキを飛ばします。
目標に掲げる開幕戦での先発出場に、今一歩でしょうか。






最終更新日  2015年02月17日 06時51分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月16日
カテゴリ:スポーツ
球界の御意見番、と言ってもいい張本勲氏。
日本ハム「大谷翔平投手の二刀流について、苦言を呈したそうです。
テレビ番組を見ていないので、詳しいことは知りません。
ただ、今のままでは、5年で駄目になる、と危惧したとのこと。

投手としても打者としても、素質が素晴らしいのは誰でも認めるところです。
1年目、2年目とも、それなりの成績を残しました。
チームは、今年も二刀流でいく方針です。

張本さんによれば、野手から投手に転向するのは難しい。
まず投手に専念することを勧めています。
たしかに、野手から投手に代わって成功した例は、記憶にありません。
調べればいるかもしれませんが、私の記憶にはないのです。
投手から打者になって成功しら選手は、これはたくさんいます。

古くは赤バットの川上、戦後では一本足の王貞治。
ガキの頃から巨人ファンなので、巨人の例しか挙げませんが。
この二人、いずれも甲子園の優勝、準優勝投手でした。

張本さんは、日ハムのキャンプへ行き、本人に直接アドバイスするそうです。
これはちょっと違うのではないでしょうか。
首脳陣、特に監督に言わないと、はじまりません。
決定権は、監督コーチにあるからです。
しかし、それは内政干渉になります。
張本さんとしては、なんとも歯がゆいところでしょうね。

ちなみに私も、二刀流には反対です。
超一級の素質をもち、しかもイケメン。
大スターになる要素を持っているだけに、大事に育ててほしいのです。






最終更新日  2015年02月16日 07時17分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月15日
カテゴリ:スポーツ
巨人は13日、春季キャンプで2試合目となる紅白戦を行いました。

控え組メンバー中心の紅組が、坂本勇人、阿部慎之助、亀井善行らが並んだ白組に21対3で勝利。

ヒット数はなんと25本。2回に6点、5回に8点、6回に7点を奪い、圧勝しました。

白組の先発投手は1軍の公式戦登板がなく、この日1軍戦に呼ばれた松本竜也投手。

初回は無失点に抑えるも四球にボークと制球が甘く、7本の安打を浴び、一挙に6失点。
3番手の青木高広も四球と連打で8失点。

4番手の2年目19歳、田口麗斗も味方の拙守もあり、7失点と悪い流れを止められませんでした。

打つ方は、紅組は1番の中井大介が4安打。

2番の藤村大介も俊足を生かす内野安打など3安打で持ち味を発揮。

4番に座った大田泰示も3安打をマーク。

下半身の張りで別メニューだった井端弘和も4安打に犠牲フライ。

巨人は今日15日にも紅白戦を行い、2次キャンプを行う沖縄へ移動します。






最終更新日  2015年02月15日 07時36分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月01日
カテゴリ:スポーツ
今日からプロ野球・各球団が一斉にキャンプイン。
球春の到来です。

このところ、明るい話題がなかったスポーツ界。
大相撲・白鵬の優勝回数記録更新も、審判批判で快挙に水を差した感じ。

唯一、錦織の全豪オープンが注目を集めた程度です。
期待の錦織も、ベスト8止まり。
立派な成績ですが、期待が大きかっただけに、落胆の声も聞こえました。

頼みはプロ野球だけ、という淋しい日本のスポーツ界。
いや、他にもありますが、ファンが多いプロ野球が一番でしょう。

キャンプ地は、宮崎と沖縄。
2年前の2月、宮崎へ行きました。
お目当ての巨人1軍は、沖縄へ移動したあとでした。
宮崎では、侍ジャパンがキャンプ中。
もちろん、見学しました。
写真や動画をいっぱい撮ってきたことは、言うまでもありません。

今年は、残念ながら、行く予定はありません。
キャンプの様子は、ニュースで知るしかないのです。
それでも胸がわくわくするのは、野球こそ国民的スポーツだからでしょう。

キャンプ、オープン戦を経て、3月下旬には開幕。
我が巨人軍のロケットスタートを願わずにはいられません。






最終更新日  2015年02月01日 06時40分57秒
コメント(0) | コメントを書く

全120件 (120件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 12 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.