206934 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

空想作家と専属イラストレーター&猫7匹の     愛妻家の食卓

ガシェット君

僕は白衣を着た博士だ。でも、何の博士だかは分からない(-_-;)

孤島に住んでいる。

「ガシェット」

という、今田幸二に似た助手と一緒に・・・(^_^;)


「博士!例の物が届きました!」

「ガシェット君、届いたなら報告無しで素速く持ってきなさい」

「は、はい!」

ガシェットは急いで荷物を持ってきた。

「ガシェット君、開けなさい」

「はい」

中身は褐色の石・・・

「博士、これが火星の石なんですか?」

「そうだ。でも、ガシェット君、ただの火星の石ではないんだぞ」

「というと?・・・」

「微生物が存在した跡が残っているんだ」

「微生物の跡?それが本当なら凄いことじゃないですか!火星に生物が存在するということになるんでしょう?」

「うむ、その通りだが、それほど驚くはどではないぞ、ガシェット君」

「どうしてですか?」

「どうしてもだ!地球内でも地中の奥深く、光も無く無酸素の状態で生きている微生物は存在する」

「本当ですか?」

「ガシェット君、まだまだ勉強不足だな」

「はい・・・」

「ガシェット君、それらの微生物は無機物から有機物を作る素晴らしい生き物だ、地球を食べている。とても興味深いものだから1度ネットででも調べておきなさい」

「はい」

「それよりガシェット君、良い天気だ、洗濯日和だな、私の白衣を頼む」

「かしこまりました・・・」

すると、ガシェット君は突然、外に出て叫んだ。

「センタクー、センタクー!」

すると、どこからか6~8メートルはありそうな、でっかい「ワニ」がノシノシと現れた。

「センタク、また大きくなったなぁ」

と、ガシェット君は「ワニ」の頭を撫で、おもむろに「ワニ」のゴツゴツした背中で洗濯を始めた。

僕、博士も

「泡立ってる、泡立ってる」

と、うなずいていた・・・。

続く・・



「おーい、ガシェト君!!」

窓の外に大声。慌て駆け戻ってくるガシェト君。

「ガシェト君、こんな朝早くに何処へ?それに手に持っているバナナは何だい?朝ご飯かね?」

「いえ、バナナフィッシュを釣りに」

「・・・ガシェト君、どうやったんだ?」

「丸々、1本を針に・・・ここの茎の所に針を・・・」

「ガシェト君・・・それでは釣れない。バナナフィッシュを釣る時は皮をむきなさい、それで針に付けるのは、その3分の1くらいが程良い」

「そ、そうなんですか・・・以後、気を付けます」

「うん。それよりガシェト君、頼んでおいた写真はどうなっているんだ?」

「あっ、撮りました。出来上がっています」

ガシェト君は自分の机の引き出しから写真を数枚、私に手渡した。

「どれどれ・・・ガメネザルお食事中・・・ガメネザルお昼寝中・・・ガメネザル毛繕い中・・・ガメネザル・・・」

「どうです?上手く撮れているでしょう?」

「ガシェト君、確かに良く撮れているが・・・」

「何か問題でも?」

「ガシェト君、これは一応、ちゃんとした資料として頼んだのだぞ、写真に直接字を書いてはいかん」

「あっ、すみません・・・あまりにガメネザルが可愛いかったので、つい・・・」

「それも何だ?丸字にピンクとは!女学生気取りかねガシェト君!」

「本当に・・・あまりにガメネザルが可愛いかったので・・・」

「ガシェト君・・・それにしても違う!!」

「えっ?何がですか??」

「ガシェト君、これはガメネザルではない・・・ メ・ガ・ネ・ザ・ル だ!!」

「えっ!」

「ガシェト君、朝昼晩の君の食事はバナナだ」

「・・・はい」


続く・・・




「♪ロレミファソラシロー♪」

「ガシェット君! ロ じゃなーい(T_T) ド だ!!」

「えっ?」

「ガシェット君、えっ?じゃなーい(-_-;)明日もバナナね」

続く・・・



ここは孤島・・・なので、月に1.2度ガシェット君に買い出しを頼む。

「おかえりガシェット君、今回はうまく買い物できたかね?」

「は、はい・・・」

ガサガサと買い物袋をかき回す・・・

「・・・えーとぉ・・・ワンちゃん印の中濃ソースに・・・ゾウさん印の鼻炎薬・・・・・・大丈夫です、言われた物は全てあります」

「ガシェット君!その確かめはここでしては遅い」

「そ、そうですよね・・・」

「まぁ、ガシェット君が言われた物を全て買って帰ってきたことは初めてのことだ、良いとしよう・・・それより、何だ?その小さな袋は?」

「これですか?これは町にできたコンビニで自分が買った物です」

「コンビニ・・・あの町にもそのような物ができたのか・・・で?ガシェット君、何を?」

「あっ、カップ麺を・・・」

「そうか・・・あれからガシェット君はバナナしか食べてなかったものな・・・私が良いと言うまで食べ続けるのかと観察していたのだが、やはり限界だったのだな」

「はい・・・」

「ガシェット君、もう良いぞ、好きな物を食べなさい」

「はい!ありがとうございます」

「ところでガシェット君、何のコンビニができたのだね?」

「えーとぉ・・・オレンジ色の看板が・・・」

「オレンジの看板?・・・ガシェット君、おぼえていないのかね?」

「・・・確か・・・セイコウイマートだったと思います」

「セイコウイ?・・・ガシェット君、それ没収!ハイ、バナナね」

続く・・・


ガシェット君にバナナを食べ続けさせている・・・

ガシェット君は6キロやせた。

ガシェット君のトイレの後はとてもトロピカルだ。

ガシェット君は体臭までバナナ臭になってしまった。

そのせいか、ガシェット君がジャングルを歩くと、もれなく、おサルさんたちが付きまとう・・・

ガシェット君囲まれる・・・

「動物たちに、なつかれてるー」などと喜んでいる場合ではないぞガシェット君・・・

明日にでも、ガシェット君を河で泳がせてみよう。

ガシェット君でバナナフィッシュが釣れたりするかもしれない。

続く・・・



ここに来て七ヶ月。

ガシェット君がバナナだけを食べだして二ヶ月・・・


「博士!大変です!」

「こんな清々しい朝っぱらから、どうしたのかねガシェット君?」

「バ、バナナが無いんです!森にバナナが一つも無いんです!」

「・・・ガシェット君、時期が終わったのだよ」

「そんなぁ・・・」

「ガシェット君、残念なのかね?もう、何を食しても良いぞ」

「・・・でも・・・」

「でも?・・・もうバナナ無しでは生きられない体になってしまったのかねガシェット君?」

「他の物を口に運ぶ気にならないんです・・・バナナ人間になってしまったんです・・・」

「バナナ人間?・・・それは興味深い・・・ガシェット君、それなら三日後、本部から輸送される物があるから本部に言ってバナナでも何でも頼みなさい」
「いいんですか?」

「ガシェット君、私が良いと言えば良いのだよ」

「さすが博士・・・じゃあ、すぐに連絡してみます!」


そして、三日後・・・ヘリコプターで荷物が届いた。


「ガシェット君、受取りに行ってきなさい」

「はい!・・・パオパオー!パオパオー!」

「ガ、ガシェット君・・・なぜゾウのパオパオを?」

「大荷物なんです!行ってきます!」

「・・・ガシェット君・・・」


ガシェット君はゾウのパオパオとドタバタと行き、ドタバタと戻った。荷物を入れ込むガシェット君。。


「よいしょ、よいしょ・・・」

「ガシェット君、そんなに多く頼んだのかね?」

「とにかく、送れるだけのバナナを頼みました」

「ガシェット君・・・まさか、私への荷物を忘れてはないだろうな」

「もちろん忘れてはいません!これです」

「おぉガシェット君、待ちかねていた物だ・・・」

「中身は何ですか?」

「月光岩(げっこうがん)だ、ガシェット君」

「何です、それは?」

「月の光に照らされると青白く光を放つ石だ、ガシェット君」

「月の光で?他の光では光らないのですか?」

「そうだ、だから不思議なのだよガシェット君」

「でも、月の光は太陽の光が反射してるだけだから、昼間の日差しにも反応してもおかしくないはずじゃないですか?」

「ガシェット君、だから不思議だと言っているだろう」

「はい・・・でも、博士は生物学者ですよね・・・」

「ガシェット君、いかにも私は生物学者だ・・・この石は実は普通の石でそれに付く微生物が光を放つと言うのだよ」

「なるほど・・・」

「ガシェット君、なるほどではない、研究を手伝う必要もないから早くその大荷物を片付けなさい」

「は、はい!」

「ん?待て!ガシェット君、その手にしている物は何だね?」

「これですか?CDです」

「CD?ガシェット君、何の資料だね?」

「あっ、いや・・・ただの音楽のCDです・・・」

「ガシェット君が音楽を?・・・何の音楽だね?」

「これは、ラモーンズのベストアルバムとスーパーバタードックのラと・・・」

「ま、待てガシェット君!ラモーンズ?ハードゲイがついにバンドを?・・・」

「違います!R・A・M・O・N・E・Sのラモーンズです」

「む・・・ガシェット君、では、スーパーバタードックとは?そんな名前のバンドばかり・・・まともではないな・・・」

「いえ、ちゃんとした良い音楽ですよ」

「む・・・ガシェット君、分からんよガシェット君」

「じゃあ、これなんかはどうです?斉藤和義のニューアルバムは」

「ガシェット君、それいいな、貸したまえ」

「はい」

「うむ、さっさと片付けなさいガシェット君!」

「はい!」

続く・・・

「ガシェット君、暑いな」

「はい、かなり暑いです」

「だがなガシェット君、君が汗をかくと部屋中がバナナ臭で満たされ、不快感倍増だ」

「えっ・・・」

「暑苦しい・・・どうして、バナナだけでそんな筋肉隆々に・・・」

「えぇー・・・」

「ガシェット君、散歩でもしに外へ行ってなさい」

「・・・はい・・・」

「あっ、それとガシェット君、右利きを左利きにしなさい」

「えっ?・・・はい・・・」

続く・・・


ガシェット君。何やら夜、外の投光器を見ながら悩んでいるようだ・・・

何やら博士の研究の邪魔なくらいブツブツと独り言・・・



「・・・どうしてだろう?・・・虫は何故、光に集まるんだろう・・・君たちは夜を選んだんだろ?・・・身を焦がしてまで、どうして・・・夜を選んだのを後悔しているのかい?・・・太陽の光が恋しいのかい?・・・それなら、辛くても怖くても昼間、思う存分、明るい空で羽ばたいてみるんだ・・・でも・・・それが出来ないんだね・・・人が夜、寂しくて繁華街をうろちょろしてしまうのと同じなのかい?・・・身を焦がす君たちを見ていると切なくなるよ・・・悲しくなるよ・・・」

「ガシェット君、独り言が大きい!」

「あっ、すみません・・・」

「ガシェット君、虫たちは好んで光に集まっているわけではない。人が作り上げた光に惑わされているだけだ」

「そうなんですか?」

「ガシェット君、そうなのだよ。虫は昼であろうが夜であろうが関係ない。月の光や太陽の光で方角を定めているのだよ。光を目当てに方角を定めるのだ」

「そうだったんですか・・・」

「ガシェット君、そうなのだ。人が作った動かない光たちで戸惑い、狂ってしまっているのだ。習性上、しかたないのだよ」

「・・・それも何だか切ないですね・・・」

「ガシェット君、外の投光器を消してカーテンを閉めなさい!もしくはガシェット君、外に出なさい」

「はい・・・」




ガシェット君・・・外に出たらバナナ臭なんだから虫だらけになっちゃうよ(T_T)

続く


『独り言もほどほどにねガシェット君。。』


右手に子猿、左足に子猿にからまれてガシェット君が帰ってきた。

この前、大きな声の独り言で博士に叱られたガシェット君はヒソヒソと小声で子猿に何やら話し出した。

「ミルキー、コテツ…もういい加減にお家に帰るんだ」

ピクッ(博士)

ガブッ・・・(子猿)

「こ、こらっミルキー…噛んじゃダメだって…いくらボクがバナナ臭だからって噛んじゃダメって言っただろ…それがボクたちのラリルーだ…」

ピクッ!(博士&子猿)

「…だから、ラリルーっていうのはボクたち人間社会でいうルールで、君たち猿社会でいうと掟ってことだよ…でも、君たちは子猿だからラリルーだ…」

ピクッ??…(博士)

「…だから、とにかく…結構痛いから…噛んじゃダメ…」

「ガシェット君!今日はその子たちの家に泊めてもらいなさい!」

「えっ!」

「えっ、じゃない!!」


続く・・・


「ドスコイ!ドスコイ!」

急に又、ガシェット君が窓を開け、騒ぎ出した。

「ガシェット君、今のは何だ?」

「最近、仲良くなったゴリラの名前です」

「名付けのセンスが無いぞガシェット君」

「そうですか?でも、凄く体格が良くて本当に どすこい ってかんじなんです」

「どすこい・・・ガシェット君、その語源は何だかしっているのか?」

「日本のお相撲さんのかけ声ですよね」

「ガシェット君、私は語源を聞いているんだよ」

「どすこい・・・どすって言えば短刀ですか?こいというのは来いですか?」

「ガシェット君、勝手に分けるんじゃない、一つの言葉だ」

「どすこい・・・まったく分かりません!」

「ガシェット君、あきらめが早い、というか威張ってどうする」

「・・・・・・教えて下さい」

「ガシェット君、どすこい とは どっこいしょ ということだ」

「えっ!じゃあ、お相撲さんはどっこいしょ、どっこいしょ って言っているんですか?」

「ガシェット君、違う…どすこいの語源は日本で言う江戸時代前、どこえ!というよく気合いを入れる時に使われた言葉だ、歌舞伎などでも使われる。その どこえ! が どっこい という言葉に変わり、そして、どすこい となったのだ。しかし、一般には違った意味合いで どっこい は どっこいしょ というかけ声になったのだよ」

「そうなんですかぁ・・・」

と、またガシェット君は外に向かって呼びかけた。

「ドスコイ!ドスコイ!」

「ガシェット君…外に出なさい」

「は、はい・・・」


続く・・・


朝っぱら・・・何やら悔しがっているガシェット君・・・

「どうしたんだね?ガシェット君」

「バナナの皮がですね、うまくむけなかったんです」

「・・・」

「ヘタだけが、ぽろっと」

「ガシェット君・・・バナナはもう・・・というか、それだけで大騒ぎかね?この早朝に・・・」

「すみません・・・」

「ガシェット君、そんなに悔しいのかね?」

「割り箸が変な風に割れてしまうほどに・・・」

「もういいガシェット君・・・それでだ、今度の総合学会のレポートだが、1ページごとに(制作補助ガシェット)と下にかいてあるが・・・気持ちは分かった。しかしだガシェット君・・・最後のページだけにしてくれないかね?」

「別に目立とうと思ったのではありませんし・・・」

「ガシェット君、分かっている君は天然だ」

「す、すぐ直します」

「うん、頼む」

「でも、楽しみだな学会・・・博士の研究はみんなが注目していますから」

「・・・私はただ観察しただけの事、他の科学者とは本当は違う分野なのだ、実験ではなくただの観察なのだ」

「それでも博士の功績は凄いものだと思います」

「・・・実験といえばガシェット君、君の部屋にある巨大なバナナは何だね?」

「あっ、あれは・・・」

「遺伝子操作かね?・・・どうせガシェット君のことだから食用にだろう?」

「はい・・・」

「私がそういう事は嫌いだと知らなかったのかねガシェット君!」

「すみません・・・」

「ガシェット君、自然に敬意をはらいなさい・・・言っておくが私は進化論ではなく創造論だ」

「えっ!」

「生物学者が創造論はおかしいかねガシェット君?」

「・・・いえ、でも意外です・・・」

「ガシェット君、その事はまた今度にしよう、それより早くその無数のネームを消したまえ」

「はい・・・」

続く・・・




年明け、ガシェット君はどうしているだろうと研究所を覗いてみた・・・


ドン!ドン!ドン!

研究所でガシェット君は独り・・・冷凍バナナを刻みながら鼻歌を歌っていた・・・博士が休暇を終え、戻ってきたことを知らずに・・・

「ラン♪ラン♪ラン♪ハイ! マリモックリの木の下で~♪アナタトゥワタシ~♪仲良くフフフフフ~♪マリモックリの木の下で!・・・」

「・・・ガシェット君??」

「あっ!博士!あけましておめでとうございます」

「おめでとうガシェット君」

「お帰りは明日かと・・・」

「で、この散らかりようかねガシェット君、あちこちにバナナを散らかして・・・」

「あちこちに置いてみたんです」

「・・・すみやかに片付けなさいガシェット君」

「は、はい」

「ガシェット君、ここにずっといたのかね?」

「いえ、2日ほど実家に帰ってきました。実家は雨季で寒かったです。どうしてなのでしょうね?」

「・・・ガシェット君、何がだね?」

「毎年、雨なんです」

「・・・で、楽しんできたかねガシェット君?」

「はい、ラッキーといっぱい遊んできました」

「ラッキー??」

「ブルドックです」

「犬だと言いなさいガシェット君・・・」

「小さい頃から飼っているんです。いつもしょんぼりした顔をした犬なので名前だけでもと、ラッキーと名付けたんです。何を話してもしょんぼりしていて可愛いですよ、ラッキー今日は晴れたよ、ラッキーご飯だよ、ラッキー散歩に行くよって言ってもしょんぼりしてるんです」

「・・・何だかガシェット君がラッキーボーイだな・・・」

「あっ!冷凍バナナが溶けちゃった!」

「・・・ガシェット君、冷凍庫をバナナでいっぱいにするのはやめなさい・・・冷蔵のほうも」

「すみません」

続く・・・


「ガシェット君、また散らかして何をしてるんだ?」

「バナナチップを作ってます」

「・・・ガシェット君、今日ここに雑誌の取材陣が来る」

「えっ!凄いじゃないですか!すぐ、片付けます」

「ガシェット君の取材だ」

「えぇ!僕のですか?」

「そうだ、ガシェット君は珍しい人種だからな」

「・・・取材だなんてどうしよう・・・」

「大丈夫だガシェット君、資料は私が送っておいた」

「資料?」

「とにかく、もうそろそろ来るはずだ」


30分後・・・

ドン!ドン!ドン!!

「ほら」

「ドキドキするなぁ、これでボクも博士と同じ有名人に?・・・」


〔こんにちは、月刊バナナです。あなたがガシェットさんですね〕

「あ、はい・・・月刊バナナ??」

〔なるほど・・・バナナの香りが充満していますね・・・資料に書かれているのは本当なんですね〕

「資料って・・・」

〔知りたい事はとにかく博士の資料で十分です。今日は取材というよりもガシェットさんにお願いがあって来ました〕

「お願い?」

〔はい、SPお願いします〕

「エスピー?」

〔はい、SP(エスピー)をお願いします〕

「エスピー・・・ボディーガードのように?」

〔いえ、違います〕

「・・・ピーアールなら分かるんだけど・・・エスピーって・・・スーパーマン・・・」

〔いいえ〕

「スパイダーマン?」

〔いいえ〕

「・・・スーパー・・・」

〔違います〕

「ス・・・さっぱり・・・」

〔いいえ〕

「・・・サッポロ?」

〔いいえ〕

「シップ?」

〔いいえ〕

「シャンプー?」

〔いいえ〕

「スピーカー?」

〔いいえ〕

「スプリング?」

〔いいえ〕

「スプリンクラー?」

〔いいえ〕

「スパーリング?」

〔いいえ〕

「スパークリングワイン?」

〔いいえ〕

「スポーツ・・・」

〔違います〕

「・・・スーパードライ!」

〔いいえ〕

「スプーン!」

〔いいえ〕

「サポート!」

〔いいえ〕

「セピア!」

〔いいえ〕

「スピード!」

〔いいえ〕

「スッポン!」

〔いいえ〕

「しっぽ!」

〔いいえ〕

「すっぴん・・・」

〔いいえ〕

「スパ王!」

〔いいえ〕

「ソプラノ!」

〔いいえ〕

「セピア!」

〔いいえ〕

「接吻!」

〔いいえ〕

「折半!」

〔いいえ〕

「あぁ!スペシャル・・・」

〔違います〕

「スパンコール!」

〔いいえ〕

「・・・う~ん・・・」

〔写真がほしいんです〕

「写真??」

〔はい〕

「・・・こんな感じ?」

〔もうちょっと〕

「こんな感じ?」

カシャ!!

〔いいですね〕

「こんなのは?」

〔うん、うん〕

カシャ!!

「これでは?」

カシャ!!

〔とても良いです。有り難うございました〕

「・・・」

求められていたのは、セクシーポーズだった・・・

〔ではこれで〕

「終わりですか?」

〔はい、有り難うございました〕

早々と帰っていった・・・

「・・・」

「ガシェット君、なかなか面白かったよ」

「・・・何の雑誌だったんですか?」

「くくく・・・ガシェット君、とにかく有名にはなれるかもしれないな」


続く

「おはようございます博士」

「ガシェット君、おはよう」


トゥ・ルルル・トゥ・ルルル・トゥ・ルルル・・・


「あっ、電話ですよ!」

「ガシェット君、私に電話が分からないとでも思うのかね」

「そんなことは・・・ただここに来て、その電話が鳴ることなんてなかったもので」


トゥ・ルルル・トゥ・ルルル・トゥ・ルルル・・・


「朝から面倒な・・・」

ぽちっ!博士はハンズフリー派だった。

〈・・・〉

「誰かね?」

〈・・・〉

「誰かね?」

〈・・・〉

「ガシェット君、どうやらイタズラ電話らしい」

「もしもし、ハローハロー」

〈・・・トントントン・・・〉

「応答したぞ、ガシェット君!」

「はい・・・もしかしたらボクの友人かも・・・」

「話せないのか?ガシェット君」

「はい」

「・・・」

「あのーもしかしたらフレディー君?」

〈トントントン〉

「やっぱり!元気だった?」

〈トントントン〉

「まだ学校に住んでいるの?」

〈トントントン〉

「へぇー」

「へぇーじゃないガシェット君!おかしいだろ何もかも!ここの電話は大学の1部の者しか知らないはずだ」

「よくわかったねフレディー君」

〈トントントン〉

「ガシェット君!私をバカに?」

ぽちっ!

「あっ!・・・」

「あっ!じゃないぞガシェット君!本当に今のが友達だと確信できるのかね?」

「はい、おそらくフレディー君だと・・・」

「あり得ない!!・・・ガシェット君、だいたいフレディーとは何者なんだ?」

「高校時代の友達です」

「ではガシェット君、学校に住んでいるというのはどういう事だ?」

「そのままです。本当に住んでいるんです」

「・・・同級生ではないのか」

「いえ、同じクラスでした」

「・・・ガシェット君、もういい・・・」

「はい・・・」

「ところでそのガシェット君の母校は何という高校だったかな?」

「クロマティ高校です」

「・・・気になって聞いた私がバカだったよ・・・さっさと話題を変えよう、ガシェット君ここに座りなさい」

「はい、何ですか?」

「確か今日はガシェット君の誕生日だっだね」

「はい。覚えてもらってたんですね、嬉しいです」

「それでだ、ささやかではあるがプレゼントを用意した」

「ボクにですか?」

「ガシェット君、これだ」

小さな箱だった。

「あ、ありがとうございます!・・・何だろう?中で転がっている・・・まさかこの期に及んでリンゴとか・・・」

「いいから開けてみなさい!」

「はい・・・えっ!!・・・これって・・・夢?・・・」

「丸いバナナだガシェット君、いつか言っていただろ」

「憧れの丸バナナ・・・夢にまで見た丸バナナ・・・」

「ガシェット君、大丈夫かね?」

「凄いですよ博士!これはみんなの憧れの世界的発明です!これまで成功例がなかったのに・・・博士の凄さを改めて認識します!」

「ガシェット君、たかがバナナで大げさではないか?」

「いいえ、これは世界を救いますよ・・・億万長者ですよ・・・世界平和ですよ!」

「バナナでかね?」

「はい!」

「1つ言っておくが、私は君のために作っただけでそんな事に興味はないぞ」

「そんなもったいない・・・」

「いいから早く食べてしまいなさいガシェット君」

「・・・これ1つとなれば勇気がでません・・・」

「また何を訳の分からぬことを、また何かの記念日に作ってやる」

「本当ですか?」

「あぁ」

「という事は後、5回はこの丸バナナを食べれるんですね・・・」

「ガシェット君、5回って??」

つづく・・・かな?


© Rakuten Group, Inc.