207632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

空想作家と専属イラストレーター&猫7匹の     愛妻家の食卓

2010.07.12
XML
カテゴリ:良平&敦聡
14話・『エルフの井戸』その1


私とお婆様は夜通し、話をして準備をした。


そして、朝・・・

[ジュネ、準備はいいかい?]



「うん・・・少し緊張する」



[そりゃそうじゃの・・・本当は私も辛い、我が孫に命をかけさせるのじゃから・・・

すまぬの]



「お婆様、私は怖くはないよ、ただ緊張するだけ・・・

私が出来るのかって不安なだけ・・・でも、絶対、母様を助けたい!皆を助けたい・・・」



[ジュネなら出来よう、私はそう信じておる]



「うん、頑張る・・・さぁ、お婆様、行きましょう」



[よし、行こうかの]



そうして私とお婆様は早朝、東の森にあるエルフの井戸へと向かった。



「これが、エルフの井戸・・・」



見た目は普通の井戸だったけど、清らかなパワーを感じた。



[そうじゃジュネ、中を覗いてごらん]



「うん・・・」



私は井戸の中を覗いてみた。



「凄く綺麗・・・底は見えないけど、光が・・・」



水は当然、澄んで綺麗だったけど、驚いたのは光が届くはずない底の方が

キラキラと光っていた。



[これが永きに渡り、我々を守ってくださった井戸じゃ]



「この底にエルフの力があるのね」



[そうじゃ、行けるかジュネ?]



「うん・・・」



私は見えない底にも恐れは感じなかった。

と、いうより・・・じっと井戸の中を見つめていると、何かに呼ばれている気がしていた。

すると、突然、聞きなれた声が私を呼んだ。



[ジュネ、よく覚悟を決めた]



それは長の1人、モルテ様だった。



「モルテ様!来てくださったのですか?」



私は顔を上げ、井戸から離れ、モルテ様に駆け寄った。


         つづく。





お疲れ様でした。読んでくれて感謝しますm(__)m

井戸に来たジュネ。お楽しみに・・・ウィンク

それじゃあ敦聡、あとは宜しくね手書きハート良平でしたm(__)m


ランキングに参加しています☆宜しくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

↑よろしければお願いします。↑m(__)m





敦聡です。

明日は定期的に言っている病院に薬を貰いに行くのですが

雨が続いています・・・我が家の交通手段はスクーター&バイク。

どうなるでしょう?

さてニャンズは?


パパが帰ってきて鞄を置くとすぐに乗るアンジェ・・・



明日は


「明日こそつれてってもらうら!」

「無理やと思うで?」

マーギーが正しいです。



あれ?


「あれ?アンジェにーたんはどこでしゅか?」

ニノはアンジェ好きだよね。



もちもちで


「もちもちで落ち着くわ♪」

シーリアお昼寝してたの?アンジェ枕で。



なんでつか?


「ん?何でつか?」

ごめんアーティー・・・寝てるところ撮ろうと思ったら起こしちゃったね(汗)



何しとんねん!



「敦聡!何してくれとんねん!」

え?だってよけてくれなかったから・・・。




何か俺だけ


「何か俺だけ扱い方が違うような気がすんねんなぁ・・・・・・・・・ぶつぶつ」

マーギー・・・今よけるから(汗)



俺の事


「敦聡、俺の事嫌いなんやろか・・・・・ぶつぶつ・・・・」

マーギー!プー猫みたいになっちゃうから!分ったから!


今日もプー猫はパソの不具合でお休みです。当分休みます。

コメント少ないし・・・


今日は娘が中学校の学校祭でゴスロリ着て唄った曲を紹介します。

映像も面白かったので載せますね。


「ラフメイカー」

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった

誰にも会えない顔なのに もう なんだよ どちら様?

「名乗る程 たいした名じゃないが 誰かがこう呼ぶ"ラフ・メイカー"

アンタに笑顔を持って来た 寒いから入れてくれ」


ラフ・メイカー?冗談じゃない!そんなモン呼んだ覚えはない

構わず消えてくれ そこに居られたら泣けないだろう


ルララ ルラ ルララ ルラ


大洪水の部屋に ノックの音が飛び込んだ

あの野郎 まだ居やがったのか 消えてくれって言ったろう

「そんな言葉を言われたのは 生まれれこの方 初めてだ

非常に哀しくなってきた どうしよう 泣きそうだ」


ラフ・メイカー?冗談じゃない!アンタが泣いてちゃ仕様がない

泣きたいのは 俺の方さ こんなモン呼んだ覚えはない


ルララ ルラ ルララ ルラ


二人分の泣き声 遠く・・・・・・


ドアを挟んで背中合わせ しゃっくり混じりの泣き声

膝を抱えて背中合わせ すっかり疲れた泣き声

今でもしっかり俺を 笑わせるつもりか ラフ・メイカー

「それだけが生き甲斐なんだ 笑わせないと帰れない」


今ではアンタを 部屋に入れてもいいと思えたが

困った事に ドアが開かない 溜まった涙の水圧だ

そっちでドアを押してくれ 鍵なら既に開けたから

ウンとかスンとか 言ってくれ


どうした?おい、まさか


ラフ・メイカー?冗談じゃない!今更 俺一人置いて

構わず消えやがった 信じた瞬間裏切った

ラフ・メイカー?冗談じゃない!逆側の窓の割れる音

鉄パイプ持って 泣き顔で「アンタに笑顔を持って来た」


ルララ ルラ ルララ ルラ


小さな鏡を取り出して 俺に突き付けてこう言った

「アンタの泣き顔笑えるぞ」


呆れたが なるほど 笑えた


映像はこちらから


ランキングに参加しています。



猫劇場を見て「クスッ」と思った方。よろしければお願いします↑☆


このサイトは昨年2月に発売になった「猫のなる木」を記念して作ったサイトです。


「猫のなる木」への想いはここをクリック


             nekononaruki
           
            楽天ブックス
ネットでの猫のなる木の注文はここで。

           「猫のなる木」宜しくお願いしますm(__)m







Last updated  2010.07.12 17:34:28
コメント(19) | コメントを書く


PR

X

Profile


良平&敦聡

Freepage List

ほのぼの癒し系物語


たんぽぽとさくら


カメのなる木


エントツ


『天使の手鏡』・第1章~第2章


『天使の手鏡』・第3章~第5章


『天使の手鏡』・第6章~第8章


『天使の手鏡』・第9章~第11章


『天使の手鏡』・第12章~第14章


『天使の手鏡』・第15章~第17章


『天使の手鏡』・第18章~最終章


『ボタン工場のカムイ』第1話~第4話


『ボタン工場のカムイ』第5話~第8話


『ボタン工場のカムイ』第9話~最終話


『サンタ外伝』


『カラスのゾーロとぬいぐるみのコロ』


猫!!物語


『猫のヤナギ』


山猫のかるら ・ (~命のお話し~)


山猫のかるら ・ (~強さのお話し~)


猫の映画館


ノラ猫 しのぶとあきら


『ニャジロウと蘭風(ランプ)』


『ニャジロウと力丸と疾風(ハヤテ)』


『ねこだま』


『ぼくらはみんな』・1話~4話


『ぼくらはみんな』・5話~7話


『ぼくらはみんな』・8話~11話


『ぼくらはみんな』・12話~最終話


ちょっと不思議物語


きゅうり


つぼ


エレベーター


『願い石』・第1話~第5話


『願い石』・第6話~第10話


『願い石』・第11話~最終話


我が家の猫達 紹介。


ガシェット君


敦聡のお絵かき。


特典


ぷー猫


ぷー猫2


ぷー猫 3


ぷー猫 4


プー猫 5


100の質問



© Rakuten Group, Inc.