1279151 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

無色透明

PR

Profile


光のkimi

Recent Posts

Calendar

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Favorite Blog

サファイア日記 ぴあの@サファイアさん
〜Nature Beauty & N… Nature healing therapist ・.◎.・さん
rikaの何気ない日々… rikako_geoさん
京都発 人材育成コ… noririn☆さん
気まぐれ日記 まりぷりんさん
ヒマラヤ水晶でスピ… yasunari7さん
ダブルの小部屋 小犬のロンさん
Be Joy pansy angelさん
精神世界の鉄人 精神世界の鉄人さん
エド&メイジーの『… tomoki7971さん
2005.09.30
XML
カテゴリ:スピリチュアル
昨日から今朝にかけて、屋久島は久しぶりに本格的な雨が降った。
おかげで車がピカピカになった。
車は外に置いてあるので、買ってから一度も洗車したことはない。
雨が自然に洗車してくれる。
逆に、雨の多い屋久島では、洗車してもすぐに汚れてしまう。
自宅の周りは、まだ舗装されていないのだ。

ところが、最近はこの車がホコリを被っていた。
買ってから、一度もこんなことはなかった。
屋久島にはめずらしく、長らく雨が降らなかった。
9月は本当に雨が少なかった。
それで道路もホコリが舞うようになって、結果、車もホコリだらけになっていた。
地元の人も、こんなことは珍しいと言うぐらい雨が降らなかった。
でも、それは里の話で、山はそこそこ雨が降っていた。
山はいつも雲に覆われていて、行ってみると雨に降られることもままあった。

台風が沖縄の下の方を通っているようで、その余波で波が荒れている。
高速船トッピーが安房港に入れず、宮之浦港着に変わった。
でも、もう天気は回復して、お日様が顔を出している。
ここ数日涼しかったけれども、また蒸し暑くなっている。
現在の室温、29.1度。
まだTシャッに半ズボンだ。

朝、久しぶりに水を汲みに行く。
水場には小さな沢ガニがいた。
水を汲んで、「ありがとう」と言う。
「ありがとうございます」でもいいのだが、なんとなく「ありがとう」と口から出る。

「ありがとう」でもいいし、「ありがとうございます」でもいい。
あるいは、黙って帰ることもできる。
いろんな対応があり得る。
自分で創っている自分ワールド。

何事につけ、「ありがとう」「ありがとうございます」という生き方もあれば、「儲かった」「得した」という生き方もある。
別にどちらが良いというわけではない。
どちらでもいいのだが、出てくる言葉や思いによって人生は変わってくる。
「ありがとう」「ありがとうございます」という生き方は、心が安らぐ。
心が安らぐために「ありがとう」「ありがとうございます」では本末転倒だけれども、まあ、形から入るというやり方もないではない。
言葉の波動によって、いつの間にか本心から「ありがとうございます」という心境になるのであれば、それもいいかもしれない。
ただ、「ありがとうございます」と言い続けると良いことが起きるという理由だけでは、御利益信仰とあまり変わらない。
それでは、「儲かった」「得した」と同じ心境。
「儲かった」「得した」という心境では、奪い合いになってしまうので、本当はあまり儲かっても得してもいない。
金銭や物質的には儲かったり得したりしているかもしれないが、失っているものも大きい。

まず心の豊かさを失ってしまっている。
「儲かった」「得した」では、心は貧しい。
いつまで経っても満たされることはない。
満たされない心が一番貧しいのだ。
「ありがとう」「ありがとうございます」の方は豊かだ。
心は既に満たされている。
満たされているということが、心が一番豊かな状態なのだ。
豊かさというのは、金銭や物質の多寡ではない。
心が満たされているかどうか、ただそれだけなのだ。
だから、自分で創り出している自分ワールドに他ならない。
心が創り出している自分ワールド、それがすべてなのだ。

心豊かに生きることも、心貧しく生きることも、どちらでも可能。
いろんなものをいーっぱい集めたいというのも、別に悪くはない。
そうしたければ、そうすればいい。
でも、いくら集めても、心は豊かにはならない。
集めれば集めるほど、心は貧しくなる。
金銭や物質の多少と、心の豊かさとはまったく関係がない。

ある程度の物がなければ、やはり貧しい?
日本では貧しくとも、アフリカや北朝鮮では豊かだ。
現代では貧しくとも、江戸時代に比べれば超豊かだ。
それらはすべて相対的。
絶対的な基準はない。
ただ自分が周りと比較して、豊かか貧しいかを決めているだけ。
末期癌の人にとって、金銭や物質が何の意味があるだろうか。
残された時間を、日々感謝をして、人生を味わって生きれたら、豊かだ。
逆に、癌になった運命を呪い、不平不満で生きれば、貧しさの極みとなる。
同じ状態でも、心一つでどうにでもなるのだ。

末期癌であろうと極貧であろうと、心豊かに生きることはできる。
西行や山頭火は、ほとんど何も持たずに野山を歩き、心豊かな歌や句を詠んだ。
弘法大師空海も、身一つで全国を歩き回っている。
何もなくても、心豊かに生きることは可能なのだ。

末期癌であろうと健康であろうと、何ら変わらない。
今この瞬間が満たされていれば、それがすべてだ。
いつか満たされるだろう?
という生き方では、永遠に満たされることはない。
いつかは常に未来であり、現在になることはない。
今、この瞬間。
それしかない。
今、ここで満たされているかどうか。
ただそれだけなのだ。

未来はない。
常に今しかない。

自分が創り出している自分の人生。
心が創り出している今の現実。
すべては自分しだいなのだ。
自分ワールド。
ただそれがあるだけなのだ。

心しだいでどのようにでもなる。
不思議な世界だ・・・

これが272日目の心境です。






Last updated  2005.09.30 11:33:38
コメント(17) | コメントを書く

Comments

難しいね?@ 人はなぜ生まれてくるのですか その答えを探すためでわ?
emi☆@ タイムリー 先週、ちょっとしたことがありました。 …
風の彷徨者@ Re:そうだったのですか ぴあのさま そういう事情だったのですね…
ぴあの@サファイア@ Re:あれれ??2(06/13) 風の彷徨者さん >今見たら元に戻ってい…
風の彷徨者@ あれれ??2 今見たら元に戻っていました。 こちらのP…
風の彷徨者@ あれれ?? 日記の感じが(テンプレート?)が変わり…
風の彷徨者@ Re:2718日目 - 神聖ゴールデン貫入 石屋…いやいや(笑)水晶屋の 魂仕組みは奥…
ポプラ@ ヒマラヤグリーンDTマスター 私もこの水晶を毎日のように眺めてはぞく…
風の彷徨者@ Re:2716日目 - 運命の水晶 「その秘められた可能性を理解すること…」…
emi☆@ Re[1]:こんばんは^^(06/09) 光のkimiさん >emi☆さん >>100万アク…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.