1278367 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

無色透明

PR

Profile


光のkimi

Recent Posts

Calendar

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Favorite Blog

サファイア日記 ぴあの@サファイアさん
〜Nature Beauty & N… Nature healing therapist ・.◎.・さん
rikaの何気ない日々… rikako_geoさん
京都発 人材育成コ… noririn☆さん
気まぐれ日記 まりぷりんさん
ヒマラヤ水晶でスピ… yasunari7さん
ダブルの小部屋 小犬のロンさん
Be Joy pansy angelさん
精神世界の鉄人 精神世界の鉄人さん
エド&メイジーの『… tomoki7971さん
2006.10.03
XML
カテゴリ:スピリチュアル
(昨日の日記の続編)

昨日の日記に対して次のようなコメントが寄せられた。

【相手がこちらを傷つけようとしていると感じたことはないのです。
ただ、私が表現して聞きたかったのは、私のいう「察知」とは(こちら)と(そちら)というふうに分かれていないのです。
まるで、一瞬にして、その人の精神を味わってしまうとでもいうのか、(一体)になったような感覚です。
そして、その人の中に、固い塊のようなものがあると、反応してしまい、苦しくなるのです。
これも、私の中に固い塊があるから反応しているのでしょうか。
そのことと、傷つくことは、別だと捉えています。
でも、この反応は何なのでしょう。
夫婦や恋人のように、近しい間柄だと余計に「感知」してしまうようです。
私はもっと溶け合いたいと願っているのですが、この固い塊を相手に指摘してしまうと、扉を閉ざしてしまうことしばしばです。
この「察知」に捉われず、大きな心で包み込むことはなかなか今の私にはむずかしいことです。
でも、何度でも、練習していきます。
自分が察知したことと、相手のそれとは、同一とはならないのだという「自覚」から・・・・】

相手の中に固い塊があれば、こちらも苦しくなる。
その塊が不自然なものであり、苦しいものであれば、こちらもそのように感応する。
それは自然なことであり、別に驚くには当たらない。

こちらが苦しく感じると同時に、その塊を溶かそうとするエネルギーが自然に働き始める。
不自然なものを自然に戻そうと生体も意識も自動的に反応する。
いわゆる癒しが自然におこなわれる。
それは悲しむ者を見れば、慈しみの心が自然に湧き起こるのと似たようなもの。

その固い塊と共にあれば、それは自然にほぐれていく。
もちろん、すぐにほぐれるものもあれば、簡単にはいかないものもある。
いずれにしても、自然な状態に戻そうとする作用がナチュラルに働くことは間違いない。
それは患部に手を当てれば、手から自然にヒーリングエネルギーが出るのと同じようなもの。

体の弱っている人が元気な人の隣に座れば、元気な人から体の弱っている人に自然にエネルギーが流れる。
それが自然のシステム。
水が高きから低きへ流れるようなもの。
それは肉体と意識を問わない。

もっと溶け合いたいと願っているのに、この固い塊を相手に指摘してしまうと、扉を閉ざされてしまうことがしばしば?
なぜ相手は心を閉ざしてしまうのだろうか。
相手に指摘する時に、その固い塊を否定してはいないだろうか。
その塊に違和感を覚え、その塊が消えることを願ってはいないだろうか。

その塊を拒否すれば、相手からも拒否の反応が返ってくる。
なぜなら、相手にとって、その塊は自分自身に他ならないから。
相手を否定しているつもりはないのに、結果的に相手を否定していることになる。

どうして塊のことを、わざわざ相手に指摘するのだろうか。
それがなくなってほしいから?
相手も楽に生きてほしいから?
自分が苦しいから?

相手にその指摘を受け入れる準備ができていない限り、拒絶されることが多い。
相手にとっては、その塊も自分自身。
自分自身の一部を否定されて喜ぶ人はいない。
自分を見つめ、自分を理解しようというスタンスがない限り、その人にとっては余計なお世話。

真剣に自分を見つめ、自分の中の塊をほぐしたいと願っている人にとっては、その指摘は役に立つ。
でも、ほとんどの人はそのようなことを望んではいない。
逆に自分の弱点を指摘されたように受け取ってしまう。
返ってくるのは反発か拒否。

相手の状態を見極めて話す必要があるだろう。
本当に信頼関係があり、自分を見つめる用意がある人にのみ指摘した方がいい。
それがお互いのためだろう。

この「察知」に捉われず、大きな心で包み込むことはなかなか今の私にはむずかしい?
あなたにとって、溶け合うとはどういうことなのだろうか。
大きな心で包み込むこととは違うのだろうか。
固い塊とは溶け合えないのだろうか。
では、何と溶け合いたいのだろうか。

相手と溶け合いたい?
相手とは?
塊は相手ではないのだろうか。
相手の何と溶け合いたいのだろうか。

自分が望むものと溶け合いたい?
望まないものとは溶け合いたくない?
光とは溶け合いたいが、闇とは溶け合いたくない?
愛とは溶け合いたいが、憎しみとは溶け合いたくない?

溶け合いたい対象を選り好みしているのだろうか。
それとも相手の全存在と溶け合いたいのだろうか。
相手の光も闇も含めた全存在と溶け合いたいと願っているだろうか。
相手のすべてのすべてと・・・

溶け合うものを選別している限り、本当の意味では溶け合えないのかもしれない。
一部と溶け合い、一部とは溶け合わない?
自分好みで溶け合う?
それが溶け合うということだろうか・・・

無条件にすべてと溶け合おうとしているだろうか。
それとも条件付きの溶け合いだろうか。
もし条件付きであれば、相手と条件が折り合わないこともあるだろう。
そんなものが溶け合うということだろうか。

愛は無条件だろうか。
それとも条件付きだろうか。
条件つきの愛は、愛だろうか。
それとも、それは自我と呼ぶべきだろうか。

相手に固い塊がある時、生体や深い意識は無条件に反応する。
不自然なものを自然に戻そうとする。
それが宇宙の自然な成り立ち。
それを愛と呼べば呼べるけれども、愛以前の愛そのもの。

宇宙は愛に満ちている。
自然は愛に満ちている。
愛の中ですべては育まれている。
宇宙の営みは、すべて愛の中にある。

一見愛に反するようなものも、愛に包まれて愛に反することができている。
愛の裏付けがあってこそ、存在そのものが維持されている。
大きな、大きな根底的な愛がある。
すべてを支える愛がある。
それは無条件。
人間だけが愛に条件を付ける。

真に溶け合いたいのならば、選別することなく、相手のすべてと一緒にいるしかない。
光も闇も共に受け入れるしかない。
違和感を覚えるものを拒否していたのでは、真に溶け合うことはできない。
少しでも拒否するものがあれば、真の溶け合いはない。

すべてと共にある。
良いも悪いもなく、ただすべてと共にある。
それが溶け合うための必要最低条件なのだ。


『条件を 付けておこなう 人の愛 条件なしが 大いなる愛』

『好きなもの だけと溶け合う つもりでは 結局何とも 溶け合えはせぬ』

『選り好み せずにすべてを 包み込む 時にすべてと 溶け合えるはず』

『塊も 光も闇も 差別なく すべて包んで 抱(いだ)き参らせ』

これが640日目の心境です。



* 「639日目 - フィールド」も同時にアップしました。

* ホームワークについては、明日掲載します。









Last updated  2006.10.03 20:44:19
コメント(17) | コメントを書く

Comments

難しいね?@ 人はなぜ生まれてくるのですか その答えを探すためでわ?
emi☆@ タイムリー 先週、ちょっとしたことがありました。 …
風の彷徨者@ Re:そうだったのですか ぴあのさま そういう事情だったのですね…
ぴあの@サファイア@ Re:あれれ??2(06/13) 風の彷徨者さん >今見たら元に戻ってい…
風の彷徨者@ あれれ??2 今見たら元に戻っていました。 こちらのP…
風の彷徨者@ あれれ?? 日記の感じが(テンプレート?)が変わり…
風の彷徨者@ Re:2718日目 - 神聖ゴールデン貫入 石屋…いやいや(笑)水晶屋の 魂仕組みは奥…
ポプラ@ ヒマラヤグリーンDTマスター 私もこの水晶を毎日のように眺めてはぞく…
風の彷徨者@ Re:2716日目 - 運命の水晶 「その秘められた可能性を理解すること…」…
emi☆@ Re[1]:こんばんは^^(06/09) 光のkimiさん >emi☆さん >>100万アク…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.