035080 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

能楽師 工藤寛~伝ふる花~花瑶会/天地人花の会

PR

サイド自由欄

《能ってどんなもの?》
  能は、600年以上前、室町時代初期に観阿弥(かんあみ)世阿弥(ぜあみ)父子によって大成された、日本が世界に誇る美しい歌舞劇です。

江戸時代にはその高い芸術性が認められ、徳川幕府により武家式楽(貴族、朝廷の式楽である雅楽に対抗)と定められ、日本全国諸藩大名家臣に至るまで武士の教養として浸透し、一般庶民も、能の詞章「謡(うたい)=謡曲=とも」を趣味としてたしなむようになりました。

その伝統は明治維新や太平洋戦争による存亡の危機を乗り越えて、現代の日本に引き継がれ、2001年にはユネスコにより日本の文化として初めて世界無形遺産に認定されるなど、海外でもその芸術的価値が高く評価されています。

 能は、時に「詩劇」とも「楽劇」とも言われるように、大変詩的な表現、音楽的魅力に満ちた舞台芸術で、そこに描かれているのは、愛、悲しみ、喜び、苦しみ、悩み、怨みつらみ、希望、憧れ、煩悩、信仰等、いつの時代にもどのような身分の人にも共通の分かり易いテーマです。
そして、それらを、能は花鳥風月を愛で、自らの生き様をそれらに重ね合わせて述懐する日本古来の和歌のスタイルに乗せて表現します。

 笛、小鼓、大鼓、太鼓による囃子(はやし)と地謡(じうたい)と呼ばれる斉唱団をバックに上演されますが、文学的香気に満ち、豊かな音楽的情緒をたたえた謡、極限まで追求された様式的な美しい動きの中に深い情緒を表現する舞……謡と舞は、能の表現の最大の要素です。

 また、シテ(能の主人公)の多くは面(おもて)と言われる仮面をかけ、様式美溢れる装束を身に着けて、その姿にふさわしい動き(「型」と言います)による演技を行い(それが「舞う」ということ)、その、時代を先取りするような抽象の美こそが、能の芸術性の核心と言えます。そこに描き出される絵画的な美しさも能の得難い魅力です。

 能は決して難しいものではありません。理屈ではなく感性で、その世界に心身をゆだねて頂ければ、大きな感動と共感を与えてくれる舞台芸術なのです。
 

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ニューストピックス

2017.07.15
XML
金剛宗家事務所よりチラシが届きました。

■8月16日(木)17:30
大文字送り火能(蝋燭能)「通小町 替装束」金剛永謹 金剛龍謹
 於:京都金剛能楽堂
 深草少将の、小野小町への叶わなかった恋の激しい妄執



■10月29日(日)16:00
・京都、パリ友情盟約締結60周年記念プレ事業
・アンスティチュ・フランセ関西(旧称「関西日仏学館」) 
 創立90周年記念
新作能「面影」金剛永謹 金剛龍謹
  監修 金剛永謹
  囃子監修 大倉源次郎
  詞章監修 冷泉貴美子 有松遼一
 於 京都金剛能楽堂
 クローデルの「女と影」を翻案した創作能
 武士、先妻の亡霊、後妻を登場させ、彼らの内面を形象化
平成30年2月4日(日)には、東京国立能楽堂に於いても
上演の予定(金剛永謹能の会東京公演)







最終更新日  2017.07.15 14:50:56
コメント(0) | コメントを書く
■2017年5月3日(水・祝)工藤寛主宰〘花瑶会~春の会~〙ご案内
会場:国立能楽堂
開場:9:45
開演:10:00
演目:能「藤」(16:40頃)
  舞囃子「清経」「東北」「敦盛」「雲雀山」「葛城」「高砂 五段」
  「半蔀」「龍田」
  他に素謡、仕舞など。
  京都に本拠を置き、東京では貴重な存在のみやびな流儀、金剛流をたしなむ
  会員の力演、熱演を楽しみ、応援して下さい。
  入場無料 ご来場歓迎!
■工藤寛の指導のもと、能の謡、舞の教室『花瑶会』会員は、日々楽しく
 お稽古にいそしんでいます。
 入会は随時。ご要望により詳しいご案内パンフレットをお送りします。
 TEL /FAX  03─5378─1205(工藤)

楽天プロフィール


kan kudohさん

美しい歌舞劇能を修め、伝え、心に花を

フォローする

フリーページ

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.