499383 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東奔並走。

全1653件 (1653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.05.03
XML
カテゴリ:季節の花々。
​​​​​​箱根と言えば、大涌谷、関所、温泉、芦ノ湖、秋には仙石原のススキが思い浮かぶし、多くの人が訪れるスーパーメジャーな観光地だ。
しかし、数ある有名どころの中でこの「箱根湿性花園」はどうだろう。
僕が知らなかっただけなのか、マイナーなのか。
ヒマラヤの青いケシの展示が始まったとのニュースを見て、momoが行って見たいというリクエストもあって道中の渋滞も覚悟で行ってきた。


この箱根湿生花園は、HPによると湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園で、園内には低地から高山まで、日本の各地に点在している湿地帯の植物のほか、草原や林、高山植物 が集められ、その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせているそうだ。

花を見て名前がわかれば楽しいのだけどねえ

途中の交通量は多かったものの、渋滞というほどではなく、スムースに到着(時間帯にもよるか)。
植物が好きでないと来ないだろうから、それほど観光客もいないような気がした。
植物園は時期によって見頃の花があるので、行ってもすべて見られるわけではない。実際、ミズバショウは終わっていたし、これからの花は蕾すら見えなかった。

コマクサなどの高山植物も展示されていたが、登山の途中に見つけて、あ、ラッキー、などと思うのだが、箱根で見ると何か複雑だ。

高山植物を低地で見られるのはいいのだが…

そういうと、このヒマラヤの青いケシもヒマラヤに行かないと見れないものだが、さすがに現地でというわけにもいかないので、これはこれでラッキーと思わざるを得ない。

青いケシ、そのほかのケシは何色?
手持ちでピントを合わせるのは厳しい(EF 100mm F2.8L Macro IS USM)

植物は小さいので久々にマクロレンズを持ち出したが、三脚が使えないため、手持ちでかがみながらの撮影は厳しすぎた。風も吹いているのでピントがずれるし、花は向こうに向いているので正面からは撮れないしと条件はよくなかった。
まあ、見て楽しむものだといわれるとそうなんですけど。

オダマキ。小さいしこの方向からしか撮れない(泣)

日本スズラン。小さすぎて手持ち撮影は最強につらかった。ピントもどこに合ってんだ

現物を見ることのできる図鑑のようなものだと理解すれば、とてもタメになる植物園だ。



にほんブログ村 写真へ

​​​​​​






Last updated  2021.05.07 17:46:50
コメント(0) | コメントを書く


2021.05.01
カテゴリ:季節の花々。
​​僕からすると、奈良の風景では穴場ともいえる場所かな。
とはいえ、歴史や花に関心がないと近づくことはないところだろう。

奈良には古墳が数多くあるが、奈良市の北方に磐之媛命陵(いわのひめのみこと)という古墳がある。
仁徳天皇の妃だそうだ。仁徳天皇がわからない?検索だな。
陵墓の外堀に群生している

この陵の堀に毎年この時期にカキツバタが咲き誇る。
亡き御后のために備えられたかのように可憐に咲いている。

近くには黄ショウブも咲いているが、陵墓とは離れている

久しぶりに訪れたが、いつ来ても静かでいい雰囲気だ。


​​
にほんブログ村 写真へ







Last updated  2021.05.06 20:46:28
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:お城・お寺 etc
​​​​その姿を目にしなくなってから10年以上も経つのに、全く時間の流れを感じさせない姿がそこにあった。
薬師寺東塔。
僕らが生まれるはるか昔から変わらぬ姿でそこに建っている。
今回の修理で基壇や壁が新しくなり、水煙も創建当時のものは保存され、2代目が塔頂にあるが、その風格は何も変わらない。

以前と同じ塔なのに修理すると美しさが際立つ
こちらは西塔(昭和の再建)。東西ペアのようだが、意匠が違う

薬師寺は境内から見るのも勿論いいが、周りから、少し離れたところから見るのもいい。
周りには民家や田畑しかないため離れていても東西両塔はよくわかる。

定番の大池からのカットもいいが、佐保川沿いのこのカットが好きだな

佐保川沿いを自転車で走ると必ず目に入る薬師寺の両塔。
もうしばらく横浜なのでいつでも見ることはそうそうできないが、戻ったらまたいつものように目にできるだろう。
いい風景が戻ってきた。

玄奘三蔵院殿からの眺め。ホント、素晴らしい



にほんブログ村 写真へ

​​​​






Last updated  2021.05.05 14:38:25
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.10
テーマ:城跡めぐり(1066)
カテゴリ:お城・お寺 etc
​​​​​​​姫路城の別名は白鷺城というのは有名で、こうした優雅な言い方を雅称というらしいが、今回訪れた甲府城にも雅称がある。
舞鶴城、というそうだ。城址公園も舞鶴城公園というので、この呼び方が推しなんだろう。

舞鶴城公園とあるが、甲府城とは書かれていない

ただ、舞鶴城っていう雅称はウィキってみると16城もあるようで、単に舞鶴城といってもイコール甲府城とまで容易に結びつかないのではないような気がする。
しかも、舞鶴を反対にした鶴舞城というのもあるようだし、鶴繋がりなら鶴ヶ城ともいう会津若松城もあるのでややこしい。
そんなことは現地に行けば考えることはなく、ただ城郭を見て廻った。

天守台。 柵は無粋だが仕方がないか…
鉄門(くろがねもん)。復元だが立派な造りだ
稲荷櫓。これも復元だが、鉄門同様木造だ。

福山城、三原城でもそうだが、都市部の鉄道の側にある城跡というのは、曲輪の旧状を留めきれず、分断されてしまうのだろうか。この甲府城も山手御門のあるエリアと本丸のエリアはJRで分断されている。
まあ、明治期〜昭和にかけての都市開発の影響が出ている例だろう。

山手御門。右に稲荷櫓が見えているが、この間に中央線が走っており、甲府駅がある。

しかし、石垣は旧状を留めているし、建造物は稲荷櫓をはじめ、鉄門、山手門などいくつかの門は復元されて城跡としての趣は悪くない。とはいえ、城跡は甲府市街地にあるので、周りにホテルや商業ビルなどが建ち、写真を撮っても映り込んでしまうのがイマイチだ。
さらにいうと、オベリスクのような謝恩碑という塔(そびえ立っている)があるのが何とも言えない景観になっていた。

柵は良しとしても、この石柱はねえ。

ネガティブな内容になったが、この城址から遠くに目をやると、富士山、甲斐駒ヶ岳をはじめとする南アルプスの山並を一望できるのは個人的にはポイントが高かった。

写真ではわかりづらいが、くっきりと右から甲斐駒ヶ岳、間ノ岳、農鳥岳などが見えていた。

​​​​​​​

にほんブログ村 写真へ







Last updated  2021.04.14 21:57:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.04
カテゴリ:クルマ
​​​​​​​「ジャパンキャンピングカーショー2021」を見に幕張メッセに足を運んだ。
久しぶりのクルマのイベントだ。

3日間だけの開催だった
入るまでに長い行列とチェックで時間が結構かかった

自分のクルマはキャンピングカーでもなければ、車中泊仕様といったものでもないフツーのエクストレイルだが、車中泊仕様のクルマには興味がある。
エクストレイルでも寝れるが、やっぱり狭い。
今後、クルマを買い替える際の参考になればと思いいろいろ見て回った。

唯一メーカーで出展していたのが日産
メーカーの手掛ける車中泊仕様はシンプルだが、造りはいい

同じ車でも手掛ける人によって仕上がりは様々で見ていて飽きないものばかりだ。
ただ、お値段が…。お手頃なものから1000万前後のものがあったりと幅広い。
1000万越えのクルマなんぞは、ここまでくるともう「走る家」ですね。

軽はその狭さに対して、うまく工夫を凝らしている。
ウッド仕様。外せばテーブルにもなる
1枚ものではなく、食い違い仕様にすることでスペースを活用していた

今回、車中泊仕様を中心に見て回ったが、軽でも、バンでもシンプルにかつうまく空間を使っているものには、物欲が駆り立てられてしまう。


にほんブログ村 写真へ

​​​​​​​






Last updated  2021.04.04 17:06:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.27
カテゴリ:おでかけ♪
​​​​桜は近くの川沿いでも、公園でもどこにでも咲いているのでわざわざ遠くへ出かけて見るまでもないだろうという気持ちはいつもある。しかし花だけでなく、その周りの風景なども一緒に愛でたいという気持ちが勝ってしまう。
この日は天気もいいし、桜も満開とのことで三渓園に行ってみた。渋滞は避けたいので、自転車で行く。それでも1時間ほどなので、車で行ってもさほど変わりない。
三渓園は花だけでなく、文化財もその広い敷地にあるが、それらの多くは明治時代に移築されたものだ。本来の場所にあるべきものではないが、建築物自体は重文に指定されているものがあるなど見応えはある。

聴秋閣(重文)という江戸期の建築物

大池の畔にある桜や池越しに見る三重塔はいい光景だ。一部建物が工事中とあって外観も中も見ることができなかったのでその点は残念だったが、概ね満足できる庭園だ。

撮影用ともいうべき小舟があるが、三重塔とセットでいい風景だ

その後、港の見える丘公園に行った。みなとみらいが一望、とまではいかないが、横浜港方面の展望は良かった。特にガンダムファクトリーが思いがけず見えたのはお得感を感じたが、手持ちの200mmではアップは厳しい。まあ、見えるとは思っていなかったので仕方がない。400mm以上あればいいかもしれない。何もここから見ずとも現地に行けばいいだけですが。

見える、というよりも見えた、というレベル
アップで切り出しだが、これくらいならお得感倍増ですけど



にほんブログ村 写真へ

​​​​






Last updated  2021.03.29 21:20:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.26
カテゴリ:山歩き。
​​​​​​​​神奈川でカタクリの群生といえば「城山かたくりの里」が知られている(?)ようだが、そこは1コインの入場料がかかる。大した額ではないが、できれば登山の途中に見かけられないかと思い、調べてみた。
愛川町の宮ヶ瀬ダムの近くに仏果山(ぶっかさん)という山がある。その麓の半原(はんばら)という集落にカタクリの群生地があることがわかった。

場所を示す道標があるわけではないが、愛川ふれあいの村駐車場近くの川沿いにある

しかし、この3月は気温が高いせいかカタクリの開花が早く、僕らが行った時には開き切っているものや、枯れつつあるものが多かった。しかも群生地といっても川の斜面にある上、足元が良くないので近づきにくい。また、その斜面一面に咲いている訳ではないのでよく見ないと見落としやすいなど条件的には良くはない。
花は小さいためアップを狙おうとマクロレンズを持っていったが、足元が安定しないし、その斜面もよじ登れそうにないので満足できるカット(アップかつ最適な開花状態)は撮れなかった。

この写真じゃあ点在しているが、わからんなあ
これでも花弁の先は色落ちしている

気を取り直して、仏果山を目指す。標高は747mと低山であり、道も木道がほとんどだが、歩きやすい。鉄塔のあるあたりまで出ると眺望が開けるが、ほぼ樹林帯だ。

木段で始まり、
木段が続く

1時間ほどで頂上に到着した。

仏果山だけに石仏が置かれている

この頂上は周りが木で覆われているせいか、今の時期は木々の間から遠くが見えるが、夏だと絶望的だ。そのためか遠くを良く見晴らせるように展望台がある。ここからだと宮ヶ瀬ダム(湖)は見えますな。
天気はスッキリ晴れていないが、大山など丹沢山系もなんとか見えていた。
このあとは隣にある高取山へと”馬蹄形”(歩きやすい良い縦走路だ)し、愛川ふれあいの村方面へと下山した。

高取山から見た仏果山
眼下に宮ケ瀬湖、奥には大山、右に行くと丹沢、蛭ヶ岳ですが雲で見えません




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

​​​​​​​​






Last updated  2021.03.28 16:46:30
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.21
カテゴリ:おでかけ♪
​​​​​​​​​​ようやく、念願かなって、大相撲の観戦に行った。

この幟を見るだけでも、ワクワク感が出てくる

これまでも何度となく行ってみたいと思っていたがチケットを取るのが大変だったこともあって行けずじまいだった。
しかし、新型コロナの影響で観戦者数も減っている(もちろん座席数もだが)こともあり、この機会を使ってチケット購入に踏み切った。
観る以上はできるだけ土俵に近いところがいい。となると、溜席になるが、この場所は値段が高いだけでなく、写真も撮れない、二人で行っても隣り合わない可能性もあるなど見るだけになってしまうので、初めて行く以上は写真も撮りたいのでこの場所は避けた。そうなるとマス席になる。
三月場所の発売日にネットで予約を取ったが、マス席Sは速攻なくなっていた。その次のA席でゲットしたが、厄介なのはどの位置になるかは発券日にならないとわからない(座席指定はできない)ことだ。あとは運しかない。
このマス席は通常4人で1枠であるため、2人で行っても4人分買わないといけない、割高な場所だが、コロナの関係で2人で1枠の発売となっており、今しかない設定だ。
結果は、西側で6列目。いいような感じもするが西方の力士は正面から見ることができないのがやや残念ではある。

貴景勝VS明生 だが当然西方力士の表情は見えない

で、肝心の相撲はというと、呼び出しの声、行事の声、立ち合いの息遣い、当たった時の音など生で聞くのは、当然テレビと違うのでその醍醐味や臨場感が半端なくすごい。
解説も聞こえないし、物言いの時のリプレイもないが、なくても何ら問題はない。

呼び出しも現場で危機とその声量がよくわかる。
立ち合いのぶつかったときの音などはダイナミックだ

今回残念だったのは横綱の土俵入りが見られなかったことだが、次は横綱の出場している場所を見に行ってみたい。

<撮影について>(このブログの写真は縮小ソフトで圧縮しているので画質の荒さがあります)
ネットでどれくらいの焦点距離が必要なのか見ていたが、なかなかいい情報がなかった。6列目とはいえ距離が分からないので、1本は24−105mmでいいとしても、望遠側で70−200mmがいいか100−400mmがいいか悩んだ。結果、70−200mmを持って行くことにした(軽さを優先した)。
しかし、6列目という比較的前の方でも、100−400mmの方がいいのが結論になる。70−200mmでもAPS-Cであれば、1.6倍に伸びるのでまだマシだが、フルサイズを持っていったので、200mmでは厳しかった。これではアップが撮れない。見込みが甘かった。
まあ、トリミングすればいいだけではあるが、ノーカットを望むなら100−400mmがあるといい、と思う。
なくても、70−300mmとAPS-Cの組み合わせならそこそこアップが狙えるかもしれない。

70mmだと土俵は入る
縦なら70mmでもこんな感じ
200mmだとこれ以上寄れない
トリミングしたこの感じで撮ろうとするなら、もう少し焦点距離が欲しい
弓取式だがもっと寄りたい(これで150mm程度)
トリミングなしでこれだけ寄れるといいんですけどねえ

また、今回土俵内の照明は一定なので、マニュアル設定にして、シャッタースピードを250〜320、ISO3200でやってみた。高感度による画質の低下や被写体ブレを無くしたいということを考えての設定だが、こうした屋内競技の設定はもう少し試行錯誤をしないと、ベストな組み合わせは見つけられないな。
シャッタースピードは取組み中も撮影するのであればもう少し早い方がいいのかもしれないが、立ち合いまでは上記でも十分だった。立ち合い以降は見るので、撮らないしね。


​​​​​​​​
ブログランキング・にほんブログ村へ
​​






Last updated  2021.03.22 08:18:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.21
カテゴリ:山歩き。
​​​​​​​​​​昔話にある金太郎にまつわる山として有名な、金時山に登った。
多くの人、かどうかはわからないが、よく紹介されている登山口は「金時神社登山口」だろうか。
しかし、この金時神社登山口は選択せずに足柄峠の東方に位置する地蔵堂という場所から登ることにした。
駐車場が無料であることやそんなに混まないだろうという思惑、可能であれば矢倉岳も登ろうかということで選んだだけだ。

金時山(足柄城址からきれいに見えるが、地蔵堂からは何も見えない)

7時前に地蔵堂側にある駐車場(トイレ有)に到着。その時は他に1台車があっただけだった。
朝食を食べて、7時過ぎに出発。夕日の滝方面に向かって歩き、林道終点から登山開始となる。

結構広い敷地で、トイレもある。この時間2台だけだったが、戻ってきたら満車だった。
この舗装路の終点から登山開始

しかし、このコースの途中が崩落しているため通行禁止の札があったが、本当にそうなのかわからないのでとりあえず進むことにした。
その途中というのが分岐点、金太郎ハイキングコースと足柄峠コースの交差点なわけだが、そこにあった標識は崩落の関係で足柄峠コースを進むよう指示していた。

このルートは特に荒れていることもなく普通に登れた

当初からそのルートだったので問題はなかったわけだ。指示通り登って稜線に出ると、足柄峠登山コースの一番近い駐車エリアに出る。
ここからだとさすがに登山感がないな。
正面には金時山が見えている。直登っぽいがどうなんだろう。

駐車場からはしばらく平たん路だ。作業用車両も通るからなんだろうか、道幅も広い

ところが、コース途中にある猪鼻神社鳥居から先は崩落して通行禁止とあった。
下の方ではこちらのルートを指示しているのに禁止とは何や!と思っていると降りてきた方が、迂回路があると教えてくれた。
ただ、この鳥居から先は細い尾根を直登するようルートで、途中から迂回といっても尾根の直登が伸びただけだった。
とはいえ、油断せずに登れば特に危険という訳ではなく、程なく頂上に到着できた。

​写真ではわかりづらいが、かなりの傾斜だ。​

いやあ、天気もいいということもあって、富士山の勇姿が素晴らしい。
頂上標識はマサカリのオブジェや記念撮影用にマサカリが置いてあり、担いでの撮影も可能だった。

いやあ、絶景としか言いようがない
マサカリはお決まりです
小さなマサカリは持って記念撮影の小道具になります

しばらく休憩して元の道を下山。今度は矢倉岳に向かうべく足柄峠方面に足を伸ばす。
車道でもあるため、歩きやすい。
足柄峠には、足柄城があったようだが、今では展望地になっていた。
ここからの富士山も素晴らしく、十分堪能したら満足してしまったのか、矢倉岳は取りやめ、そのまま足柄古道を通り地蔵堂に戻って帰ることにした。

古道といってもずっとではなく、車道で分断されている


​​​​​​​​​​

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







Last updated  2021.02.25 15:28:03
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.13
カテゴリ:料理&おいし~♪


日産と伊勢原市のコラボで誕生した、新型カキノタネ!!


絶賛発売中音符





24種類の柿の種が入ってますきらきらきらきらきらきら



並べてみた。

む・・・ムズイ。

あーでもない、こーでもないと、

モモ夫と格闘すること

15分。

できた~~~大笑い



サニトラとピボは、入ってなかった。

残念。。。

全種類、入っていない場合もあるそうです。

なかなか、楽しめます音符

小田急線伊勢原駅の観光案内所、中日本ハイウェイのSA、

横浜そごうなどで買えます。

話のタネに柿のタネはいかが?大笑い


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







Last updated  2021.02.13 10:00:10
コメント(0) | コメントを書く

全1653件 (1653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.