433740 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東奔並走。

2006.07.14
XML
テーマ:銭金的生活。(6)
カテゴリ:銭金的生活
キャスターマイルドと焼酎「島の泉」をこよなく愛す父ちゃんは

無口で、人付き合いが苦手だ。

だから自分のペースでできる農業が性に合っている。

毎晩、晩酌をし、うれしいことがあれば飲んだくれ、

ムカつくことがあれば飲んだくれ、そしてグダをまき

かあちゃんを困らせた。

時に暴力をふるった。

そんな父ちゃんでも、仕事の合間をみて父親参観に来てくれた。

小学生の頃、父親参観といえば、竹とんぼや竹馬作り。

子供部屋まで作ってしまう父ちゃんは、竹とんぼなんてお茶の子さいさい。

父ちゃんの竹とんぼはよく飛んだ。

普段、目立たない私もこのときは自慢げだ。

いつも焼酎を飲んで、グダをまいている父ちゃんがキライだったが

この時は、ちょっと見直した。


小学校の卒業式の最後に、校門を出るまで下級生がアーチを組んでいる中を

親子で歩くという習慣があった。

この時、かあちゃんが来れず、父ちゃんがやって来た。

私は、ひとりでアーチをくぐった。

真っ黒に日焼けし、ボサボサ頭で、普段着慣れないシャツに、よれよれのスラックス。

「かっこわるー」と思った・・・・だからだ。

父ちゃんは、ウロウロ私を探しまわった。

そしてあきらめてチャリンコで帰って行った。



この時のことを思うと、今でも胸がキュンとなる。

父ちゃん、ごめんよ。



大人になり私もビールを飲むようになり、毎晩晩酌はかかせない。

血はあらそえない・・・。

還暦を過ぎた今でも飲んだくれて、かあちゃんを困らせているけど

あんまり、飲みすぎんなよ!






Last updated  2006.07.14 21:43:24
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.