392768 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東奔並走。

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

おでかけ♪

2019.11.30
XML
カテゴリ:おでかけ♪
大嘗祭で使用された大嘗宮の一般公開が行われており、今後取り壊されるというので見学者が多くてもチャンスは今しかないと思い、雲一つない絶好の晴天の下、見に行った。
しかも、乾通りの秋季通り抜けもこの日から始まるとあってさらに人は多いと予想された。
公開は9時からだが、春季通り抜けの際には公開時間に到着し、大行列の中待ったので、時間をずらして9時以降に到着することにした。
東京駅から行くと二重橋方面へ迂回しないといけないので、有楽町から目指す。
皇居方面へ行く人はあまりいない。二重橋前付近もすでに公開時間が始まっているせいか、行列はない。

坂下門あたりはまだ人は少ない

空いているのか?と一瞬そう思える状態の中、坂下門へと向かう。空いている、なんてことはなく、手荷物検査を受けてから坂下門へのルートを蛇行しながら進むと、そこそこ人はいる。
とはいえ、春ほどの多さは感じない。宮殿前から乾通り方面と富士見櫓下から大嘗宮を目指すルートに分かれており、そこで少し人が分散していたようだ。
僕らは、乾通りから西詰橋を渡って大嘗宮を目指すことにした。
紅葉は、それほどでもない。多少色づいている木々もあったが、紅葉真っ盛りと感じさせる状態ではなかった。

紅葉はまだだな
本丸側は常緑樹が多いせいか全く紅葉は見れない

通常非公開の西詰橋を渡ると天守台下に出る。そこから富士見櫓方面まで戻り、再び天守台傍にある大嘗宮へと進むことになる。

ここまで来ると、見学者の数が湧いてくるように次から次へと多くなっていく。大嘗宮正面付近は多くの人、人、人でごった返していた。

遠くから見ても人の多さがよくわかる
最前列から(この後身動きできず)

最前列から見ないと意味がないので正面右側から徐々に前に詰めて最前列に進んだ。
しかしここからが大変だった。最初はゆるゆる動いていたが、後ろからも横からも人が押し寄せてくるため、ついには全く身動きができない状態になってしまった。警備の警察官も懇願するように移動を促していたが、それでも動けず、正面左手方向から動かすように誘導して少し動き出したところを強行突破し、ようやく抜け出した。

正面から左手は先ほどのすし詰め状態ほどではなく、すんなり前に行くことができ、撮影後も後ろへと容易に抜け出せた。
しかも側面に行くとさらに人が減り、人もまばらで好きなように写真が撮れた。

裏側は人混みが少ない

博物館でもそうだが、見学のスタート地点はとにかく人が多い。今回の正面右側が間近で見るスタート地点だから動けなくなったのだろう。

見学後は大手門方面へと抜けて、迎賓館へと向かった。
恐らく皇居から迎賓館に行くという組み合わせは結構多かったのではないかと思う。実際、迎賓館前は行列ができており、入るまでに30分~1時間かかった。
時間のかかる原因はチケット購入もそうだが、セキュリティチェックが空港のチェックと同じくらい厳しかった。しかもチェックするレーンは2つしかなく、1つは空港にあるX線検査機、もう一つは目視によるチェック。
検査官の目視によるチェックの方が早いのでそちらを使ったが、それでも時間はかかる。荷物のあとは金属探知機のゲートをくぐってようやくチケット購入だ。
券売機も3台しかないため、ここでも時間はかかった。

宮殿のような趣だ

ようやく本館に入ったが、内部の写真は撮れない。見るだけだ。
しかし、圧巻の室内空間が次々と現れた。記者会見や首脳同士の会見などニュースで見る部屋を見ていくのだが、スゴイとしか言いようのない部屋の造りだった。
まあ、これを写真に収めるとなるとどう撮っていいか迷うところだし、さらなる見学者渋滞になるから撮影禁止は妥当だろうな。

裏側も豪華です
高速シャッターだと噴水らしくない

外に出ると庭や建物外観は自由に写真が撮れる。
全体を見ると宮殿かと思えるような建物だ。
迎賓館正面には即位パレードで使用したオープンカーがこれも期間限定でアクリルケースに入った状態で展示してあった。多少混雑していたが、撮れる角度は限られているのでスムースに人は移動していた。
欲を言うとケースに映り込む人の姿がなかったら、と思うが、こればかりは仕方がないなあ。
PLフィルターでもあれば消せたかもしれないが…。

映り込みがなければねえ

大嘗宮もクルマも期間限定の公開だから想像以上の多くの人が押し寄せる。
混雑はイヤだが、次それを見るのはいつのことかわからないとなると覚悟して行くしかないな。

最強のシンボル



ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2019.12.01 16:19:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.10
テーマ:箱根(40)
カテゴリ:おでかけ♪
箱根にある仙石原という場所がススキで有名だとニュースで知った。
ただ、先日の台風でススキ一帯の遊歩道がダメージを受けているため、そのエリアのすべてを見ることはできない。しかも、時期的に見頃なのか、終盤なのかどうかわからない。とはいえ、行かなきゃあわからないということで雲一つない素晴らしい天候の下、他の観光地も併せて行ってみた。

幸い仙石原の近くに無料駐車場があるのでそこにクルマを止めてススキの広がる草原へと足を運んだ。山の斜面一帯にススキが広がり、朝日を浴びてキラキラしている。逆光のため写真に撮るとゴースト、フレアが出るのは仕方がないが、それも光の演出だと思ってシャッターを切る。

ゴーストは出ても

遊歩道は限られた区間だけだったのでススキの広がるエリア一帯を撮ろうとすると太陽を正面にする方向しかない。そうした限られた範囲でも斜面一面に太陽の光に輝くススキの情景は見事だった。

ススキの見事な情景だ

芦ノ湖から見る富士山はよくポスター等で見かける。しかも箱根神社の鳥居も一緒に入っている写真もあり、ぜひその風景を見てみたいと思っていた。
元箱根の湖岸に沿った道を走ると鳥居が見えてきた。これだ!と思ったがすぐに車を止めることができない。そこで、箱根恩賜公園に行き、そこからの風景をまずは堪能した。展望所からは鳥居は見えないが、眼下に広がる芦ノ湖、その奥に雄大な富士山を眺めることができる。
それでも鳥居と一緒に富士山も見てみたいと思い、元きた道を遊歩道に沿って戻ってみた。
出ました。富士山、芦ノ湖、鳥居の三点セットが。いい雰囲気だった。

穏やかだ

恩賜公園のすぐ横に箱根関所がある。実は19年前にも一度来たことがあるのだが、行った記憶だけはあるものの、関所がどのようなものであったかの記憶がない。
当時の写真を見比べてみると、今は建物の規模(復元レベル)が違っていた。以前はなかった関連施設が復元されており立派な関所になっていた。

以前と違って立派に復元されている

当時の関所の模様を寸劇で演じているなど、面白く楽しめた。

寸劇は楽しめる

今回は大涌谷には行かなかったが、それでも十分満喫できた。



ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2019.11.11 22:43:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.19
テーマ:水族館(41)
カテゴリ:おでかけ♪
沖縄の「美ら海水族館」での撮影は満足いくものが撮れなかったため、今度は、とリベンジを図って江の島のそばにある「新江ノ島水族館」を訪れた。

プールが沖縄に比べて狭いかも

しかし、リベンジとはいいながら、この10か月間ろくに水族館で撮影はしていない。7月に相模原にある「アクアリウムさがみはら」に行っただけでイルカショーのような素早い動きに対する撮影練習もしていない。
当たり前だが、ぶっつけ本番で上手く撮れるはずがない。レンズは望遠を持って行ったものの、どこから出てくるのか予測がつかないため、ピンボケやブレなどポンコツ写真の量産だった。
1回はロケハン、2回目にアタックとすればマシになるかもしれないが…

イルカもじっとしていればブレない(当然!)
人にはピントは来ているんだが、総じてアウトだな

言い訳無用。
修行が足りん、ということやな(方法論だけではダメやってこと)。

大水槽の写真は問題ありません

無の境地で。

やはり最後はコイツです






Last updated  2019.10.19 17:13:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.18
カテゴリ:おでかけ♪
天皇陛下のご即位を記念して、正倉院の宝物、同時代の文化財を集めた展覧会が東京国立博物館で行われている。
これまで博物館は自転車で行ける距離だったので交通費はかからなかったが、横浜~上野はさすがにクルマでも片道60㎞にちかいため、行けないことはないにしても観覧するために自転車は現実的ではないため電車で行くことにした。

​平日なので混雑はなかった​​

展示内容は飛鳥、奈良時代のもので、正倉院と東京国立博物館が所蔵するもので構成されている。
正倉院の宝物では「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげのびわ)」や「平螺鈿背円鏡(へいらでんはいえんきょう)」などは有名で、過去にも正倉院展でお目にかかったことがある。
最初はメジャーどころのオンパレードかなと思っていたが、そうでもなく、「はじめまして」も多くあったため、コスパは悪くなかった(観覧料が高すぎるので)。
博物館にしては珍しく、模造品については写真撮影が可能で2種の「琵琶」を撮ってみた。
しかし反射があり、光量が十分でないため「撮影」というものではなく、撮ってみました程度だった。

​どうしても映り込みは避けられない​​

今回、前期展示分を見に行ったが、後期分はどうしようか迷うところだ。
しかし、奈良の正倉院展は行くつもりだ(そう言うとお金の感覚が変といわれそうだ)。






Last updated  2019.10.18 16:28:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.24
カテゴリ:おでかけ♪

アクアラインを通って、市原ぞうの国へ音符音符音符



13頭のぞうさんがいます。

今年1月に生まれた、ら夢ちゃんとお母さんのマミー。

ぞうさんショー広場まで移動中音符


















フラフープを回したり、タンバリンで演奏したり、ダンスしたり。


みんな芸達者ですびっくり

最後は、千葉で被災された方のために、一筆。




「ガンバレ!」と筆でエールを送りました。


みんな賢いのね~ぽっ

ありがと~~~~きらきらきらきらきらきら




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ






Last updated  2019.09.24 08:42:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.08
テーマ:城跡めぐり(960)
カテゴリ:おでかけ♪
​​​言わずと知れた上杉謙信の居城だった春日山城を訪れた。


戦国時代の山城で土塁や邸宅跡、空堀などの遺構が残っている。

​​​​虎口跡といっても形跡がないのでわからない
​直江兼続の屋敷跡だろう​
​もちろん天守閣があったと思わせる石の一つもない​

ただ、石垣や建築物はないので近世の城という感じはせず、180mの小山を散策したという印象しか残らない。
とはいえ、戦国の山城は石垣のような遺構そのものは少ないし、江戸時代になって廃城になっているからなおのこと何もないのかもしれない。
野戦の印象が強い謙信だけに城としての防御を固めるのではなく、敵を見つけたら撃って出るというための高見台といった位置づけだったのだろうか、と勝手に想像しながら城を後にした。




にほんブログ村 写真へ
​​
​​






Last updated  2019.08.15 13:34:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.21
テーマ:水族館(41)
カテゴリ:おでかけ♪
本当は「相模川ふれあい科学館」というのだが、科学といっても実際は相模川に生息する魚を中心に展示する水族館的要素の強い施設だ。そういう意味では「アクアリウム」という別称がわかりやすい。

かながわの博物館50選、かながわの建築物100選に選ばれている施設

そこに何を見に行ったかといえば、「カピバラ」。7/12~9/28の期間限定で親子のカピバラが展示されているというので行ってみたわけだ。
カピバラとふれあう施設といえば「伊豆シャボテン公園」が有名だし、昨年存分に触れ合ってきた。
しかし、このアクアリウムさがみはらのカピバラとは間近で見ることはできるものの、柵の中にいるため触れ合うには、餌やりを申し込んだ人しか触れないし、しかもカピバラ親子3匹のみの展示なので満足度数ではシャボテン公園と比べるまでもない。

カピバラ親子

それでも、比較的近場で安価な入場料(390円)で見れるのだからまあいいかという気持ちでいた。
しかし、カピバラを除く展示物については見ごたえのある(楽しい)ものが多く、当初の気持ちをいい意味で裏切ってくれるものだった(もちろん大型水族館と比べてはいけない。あくまでもこの入場料にしては、ということ)。

坂道お魚観察水槽
ハリネズミもいた


今回写真は撮らなかったが、魚に餌やりができる水槽があるのだが、思わず「キモッ!」て言ってしまうぐらい、人が近づくと魚がうじゃうじゃやってくる。その様は話のタネに見ておいてもいいんじゃあないかなって思う。
やっぱり、カピバラには癒される。
泰然自若にふさわしい




にほんブログ村 写真へ






Last updated  2019.07.25 08:06:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.07
カテゴリ:おでかけ♪
このところ雨続きでどこにも行けてませんしょんぼり

土日もずっとだしね~雫雫雫

うだうだうちにいるのにも飽きてきたので、買い物しようと横浜に出かけると、

そごうでヨシダナギ写真展をやってました!

(アフリカの少数民族の写真展です)

ご本人もトークショーに来ていて、間近でナギちゃんを見ることができました~音符

前回、大阪で見たときは会えなかったけど、今回は偶然来たのにグッドタイミング~~~グッド

テレビで見るのとお変わりなくとってもかわいらしい女の子でした!

トークショーは、7/6.7だけですが、写真展は、7/15(月)までそごう横浜店で開催中ですきらきらきらきらきらきら





ヨシダナギさんの写真展は、カメラ撮影OKなんですよ~








来週の3連休は、晴れ晴れるかな~

そろそろ山富士山が恋しくなってきました。。。しょんぼり




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







Last updated  2019.07.07 17:10:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.31
テーマ:城跡めぐり(960)
カテゴリ:おでかけ♪
​​​旧江戸城の遺構は近くで見ることができるものと遠くから見ることができるもの、そもそもその角度から見ることは非常に困難なものがある。
もちろんどうやっても見ることができないものもある。

旧江戸城の中で「その角度から見ることが困難な」遺構を見るチャンスが訪れた。
それは、毎年春と秋に一般公開されている皇居乾通りの通り抜けだ。
城好きとしては訪れたい場所(エリア)の一つなのでこの機会を逃すことはできない!

富士見櫓、富士見多門櫓を近くで見ることができるチャンスは少ない。この2棟は皇居東御苑を散策すれば内側から眺めることはできる。また、遠望であるが外苑から富士見櫓を見ることはできる。しかし通常近くでその姿を見ることはできない。

この乾通り一般公開を利用して桜と櫓、北詰橋(きたはねばし)、西詰橋(にしはねばし)など普段容易に見ることができない遺構を見に行った。

入場は9:00からということで、8:40頃外苑に到着したが、すでに多くの人が並んでいた。それでも動き出したらスムースに移動できるので人は多いがストレスは特に感じなかった。

​開門前から長蛇の列​
​坂下門をくぐる​

坂下門をくぐり、宮殿正面を少し離れたところから眺めたあと、右手に富士見櫓が現れた。近くに寄ることはできなかったがそれでも石垣を含む全貌を見ることができたのはよかった。一般参賀に行けばこの櫓の下を通るのでさらに間近に見ることができるがそれでも十分その迫力を感じ取ることはできた。

間近で見る富士見櫓​​

富士見櫓から乾通りを進むと石垣の上にポツンとたたずむ富士見多門櫓が見えてくる。東御苑からだと木々に隠れて内側を垣間見るしかできないが、乾通りからだとその姿をはっきりと眺めることができる。富士見櫓のようなカッコよさはないがここを通らないと見ることができない貴重な景観だ。

​ひっそりたたずむ富士見多門櫓​

乾通りの脇に「門長屋」という建物がある。「長屋門」というとよく武家屋敷などに残る遺構として耳にすることがあるが、「門長屋」とは何だ?現存の遺構なのかわからない(調べてみたがよくわからない)。ただその傍に咲く桜とは絵になる風情があった。

​門長屋​

江戸城創建者の一人、太田道灌時代の遺構と思われる道灌堀を過ぎると、西詰橋(にしはねばし)が見えてくる。この橋も乾通りを通らないと見ることができない遺構(橋そのものは現代のものだがその橋を架ける石垣)だ。この橋を渡ると本丸天守台方面に抜けられるが、戻って来れないのでスルーして乾門方面に向かう。

​東京の中心にあるとは思えない景色が残る道灌堀​
西詰橋

乾堀に沿って進むと北詰橋(きたはねばし)が見えてくる。この橋は東御苑に出入りする際に通るので珍しいものではないが、横から見る切れ込んだ石垣の造形を見るのはここからしかない。

​北詰橋と重厚な石垣​

これで見たかった江戸城の遺構を見ることができ、かなり満足できた。
乾門から退場後は千鳥ヶ淵、桜田門、二重橋などを眺めて帰った。

ボートが密集する千鳥ヶ淵
​桜田門​
​二重橋​



ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2019.03.31 22:54:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.10
カテゴリ:おでかけ♪
東山動物園へシャバーニに会いに行きましたぽっ



お~カッコいいどきどきハートどきどきハートどきどきハート







シャバーニは、ハリウッド映画の日本版ポスターに採用されたり、

バナナやコーヒー豆のパッケージに描かれたり、

写真集やフィギアまであるそう。

シャバーニ大人気ダブルハート

今度会うときは、屋外で走り回ってる姿がみたいなぁウィンク




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ









Last updated  2019.03.10 19:03:36
コメント(0) | コメントを書く

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.